ランナーに評判の”キャタピラン”の効果と気になる長さ選びの目安

靴紐を結ぶ必要がない靴紐としてランナーに人気の”キャタピラン”について紹介させていただきます。マラソンやランニングシーンでのキャタピランの効果や、気になる長さ(サイズ)選びの目安について紹介しています。

キャタピランとは

出典:https://www.amazon.co.jp/

キャタピランとは、株式会社ツインズが開発した”結ばない靴ひも”です。従来の靴ひもは、靴を脱ぐときに解き、靴を履くときに結ぶことが必要ですが、キャタピランは解いたり、結んだりする必要がない靴ひもです。シューズをスリッポンのように楽に脱ぎ履きが出来るようになるため、平成25年(2013年)の発売開始以降、シリーズ累計400万本を売り上げる大ヒット商品となっています。特にランナーから高い支持を集めています。

キャタピランはもともと靴ひもを結ぶことが出来ない子供が靴のかかとを踏んでしまっている姿から生まれたアイディア商品です。その後、自分の好みに合わせて靴のフィット感を調整出来ることが受け、ランナーの間で評判の靴ひもとなり、ランニング用品として大ヒットしたのです。今ではプロのマラソンランナーも愛用するなど、ランナーに人気のシューレースとなっています。

キャタピランの特長や効果

1、楽に脱ぎ履きが出来る

出典:https://moshicom.com/2202/

キャタピランの大きな特長は、靴を楽に脱ぎ履き出来ることです。ランニングシューズを脱ぐ時はひもを解く必要はありませんし、履く時もひもを結ぶ必要はありません。まるでスリッポンのように楽に脱ぎ履きが出来るのです。

毎回靴紐を解いたり、結んだりといった面倒なことが必要なくなるので、非常に便利なランニンググッズとしても有名です。

2、ランニング効率が良くなる

出典:https://www.caterpy.com/column/10

株式会社ツインズと筑波大学の共同調査によって、キャタピランを装着した場合、ランニング中の着地時の接地面積が増加することが分かりました。キャタピランは伸縮性のある靴ひもで、その伸縮性によってランニング中に足が自然と広がり接地面積が大きくなります。通常の靴紐の場合、キャタピランほど伸縮性はないため、足の広がりは妨げられ、それによって設置面積が大きくなるのも抑えられてしまいます。

キャタピランによって接地面積が大きくなれば、それだけ地面に力を上手く伝えられるようになります。地面に力が上手く伝わり、ランニング効率が良くなるので、ランニングパフォーマンスにも良い影響を与えてくれます。

3、高いフィット性による安定感

出典:https://www.caterpy.com/column/10

キャタピランはゴムのように伸び縮みする伸縮性と、締め具合を自在に調整出来るコブ状のふくらみを特徴とする靴紐です。そのため、自分の好みによってフィット感を簡単に調整することが出来ます。足の部位ごとに締め具合をきつくしたり、緩くしたりといった複雑な調整も可能になります。どんな足の形にもその形に合わせて調整出来るため、高いフィット性をもたらしてくれます。

筑波大学との共同調査では、「足の甲へのフィット感」の向上が顕著に見られました。このように、高いフィット性によってシューズのブレが少なくなり、安定した走りが出来るようになります。

キャタピランの長さ(サイズ)選びの目安

出典:http://new-hale.shop-pro.jp/?pid=85899543

キャタピランは長さが50cmのものと75cmのものと、2つのサイズがあります。基本的に50cmは子供向け・女性向けで、75cmは一般男性向けとなっています。ただ、靴の種類によっては50cmでは短いものもあります。穴の数が多い靴であれば女性でも、75cmを選んだ方が良い場合もあります。例えば、24cmの女性であれば6穴のシューズなら50cm、8穴のシューズなら75cm、7穴なら50cmまたは75cmといったように穴の数によっても50cmが合っている場合もあれば75cmが合っている場合もあります。

基本的に50cmの長さと75cmの長さで迷った場合は長めの75cmを選んでおく方が無難です。長さが短いと走っている途中で穴からひもが抜けてしまう可能性もあります。長さが長く余りがあるだけなら、余った部分を前に通したり、中へしまいこんだり、切ったりして簡単に対応できます。短いよりは長い方が安心なので、基本的に75cmがおすすめです。

【75cm】
参考価格:980円(税込み)

【50cm】
参考価格:980円(税込み)

RUNNAL編集部

走るをもっと楽しく、もっと快適にするためのランニングメディア「RUNNAL(ランナル)」の公式アカウント。ランナルは、健康のために、ダイエットのために、マラソン大会での自己記録更新のために走るすべての人を応援しています。