ランニングするモチベーションを維持する7つの方法

ランニングするモチベーションを維持させるための方法を紹介しています。初心者の場合、特に毎日走るモチベーションを維持することは大変な事です。続ける自信がない人や、走るモチベーションを高める方法が知りたい人は是非参考にしてみてください。

①自分なりのルーティーンを作る

sports-watch-1823865_640-min

ランニングを長く続けるためには、自分なりのルーティーンを作ることをおすすめします。ルーティーンとは、日々の決まりきった仕事や作業のことです。

走る場合のルーティーンとは、ある程度決まった時間帯に決まったコースを走るというものです。決まった時間に決まったコースを走るルーティーンを作ることで、走る習慣が根付きやすくなります。

毎日走る時間やコースがバラバラの場合、どうしても走らない日が出てきて、走る頻度や時間、距離もバラバラになってしまい、いつの間にか走る習慣自体なくなってしまうことも多いです。

それらを避けるためにも出来るだけ走る時間、走るコースは決めておきましょう。

②大きい目標だけではなく小さな目標を定期的に作る

person-731280_640-min

何かを継続させるためには、目標が大切です。人は目標があることで頑張れます。例えば、好きな人がいるからこそ、その人に好かれるという目標のために、つらいダイエットを続けられます。

弁護士になるという目標があるからこそ、毎日好きなことをする時間を削って勉強することが出来ます。目標は私たちが他に好きなことをする時間を削ってまでも、頑張る大きな原動力になります。

目標が具体的ではっきりしていればいるほど、頑張るモチベーションが自然と湧いてきます。ランニングを続けるモチベーションにも、目標は大事です。

ただ、「フルマラソンでサブ4を達成する」「来年の健康診断では数値を改善する」「5km痩せる」といった大きな目標だけではダメです。大きな目標はとても大切ですが、その間の小さな小さな目標も欠かせません。

大きな目標だけでは、いつまで経っても達成感を味わることが出来ません。ただ、小さな目標があれば、達成感を感じながら大きな目標に向かって走っていくことが出来ます。そして、その小さな目標を達成することが大きな目標へのモチベーション維持に繋がっていきます。

「今月は合計50km走ろう」「今日は5分長く走ってみよう」「今週は1周多く走ってみよう」「今月の10kmの大会で自己ベストを出そう」といったように、ほどほどに達成できそうな目先の小さな目標を作りましょう。それを達成出来れば、わずかながらも、充実感や達成感を感じることが出来ます。

その小さな充実感や達成感が大きい最終的な目標を達成するためのモチベーションとなっていきます。

③身近な目標となる人を作る

sidewalk-657906_640-min

小さな目標を作るという事と似ていますが、目標となる人を作ることも大切です。目標となる人がいた方が、自分が目指すべき姿が明確になり、ランニングを続けるモチベーションとなりやすいです。

もちろん、いきなり「高橋尚子のようになりたい」「モデルのように細く綺麗になりたい」といったような大きい目標で遠い存在を目指してはいけません。あくまでも身近にいる近い目標となる人を見つけることが大切です。

例えば、職場にいる人を目標にしてダイエットを頑張る、ランニングコースで良く見かける人を目標にして少しでも追いつけるように頑張るといったように身近な人を目標に頑張りましょう。

④SNSやブログで自分のことを発信する

mac-459196_640-min

自分ひとりで黙々と走る努力を続けることはなかなか大変です。そこで、SNSやブログなどで、ランニングに関する情報を発信していきましょう。

毎日のランニング記録や大会の記録、ダイエットの状況などの情報を他の人に見てもらうようにしましょう。そうすることで、自分自身に対してプレッシャーをかけることが出来ますし、「他の人も見ているから、頑張ろう!」という気持ちになります。

他の人に頑張っているところを見てもらうだけでも、小さな目標を達成できたことや、毎日継続してやり続けていることが報われる気持ちになります。

それに、情報を発信することで、自分の日々の頑張りを記録として残すことが出来ます。

⑤毎月新しいランニンググッズを買う

nike-458042_640-min

毎日頑張っている自分のために、ご褒美として毎月新しいランニンググッズを買いましょう。自分へのご褒美は、日々頑張っていくためのモチベーションとなります。

もちろん、ご褒美は必ずしもランニンググッズである必要はありません。ただ、どうせなら、ランニンググッズの方が良いです。新しいランニンググッズを買うことで、そのグッズを身に着けて走るのが楽しみになり、走るワクワク感がやってきます。

毎月のように、走るワクワク感がやってくると、自然と走ることがどんどん楽しくなっていき、走る習慣が長く定着しやすいです。

「今月はTシャツを買おう」「頑張ったご褒美に良いランニングウォッチでも買おう」「寒くなってきたから防寒グッズでも買ってみよう」など新しいグッズを買うことで、走るワクワク感が長く続き、走るモチベーションが維持されやすくなります。

⑥気分転換に走るコースを変える

出典:http://www.stepweb.jp/?p=215

出典:http://www.stepweb.jp/?p=215

毎日同じランニングコースばかり走っていると、どうしても飽きてきてしまいます。基本的に、ランニングの習慣を作る場合は毎日走るコースを決めてしまった方が良いのですが、コースに飽きてしまったような場合は、気分転換の意味で走るコースを変えてみると良いです。

走るコースが変われば、すれ違う人や風景が変わります。そうなれば新たな刺激を受け、走ることへの意欲が湧いてきたりするものです。また、改めて走る楽しさを感じることも出来るでしょう。

⑦気分が乗らない時はスパッとやめる

出典:https://www.asics.co.za/running/knowledge/my-asics-rest-as-a-part-of-training/

出典:https://www.asics.co.za/running/knowledge/my-asics-rest-as-a-part-of-training/

ランニングを続けていると、どうしても気分が乗らないような時もやってきます。そんなとき、「頑張りたい!けど気分が乗らない・・・」なんて考えながらダラダラと無駄な時間を過ごしていませんか。

そんなときはスパッとやめましょう。気分が乗らず、ダラダラしていると、走ることの嫌なイメージだけが後に残るだけです。そんなときは走るのはササッとやめて帰宅しましょう。

そうすると、不思議なもので、「明日は切り替えて頑張ろう!」と翌日への強い意欲が湧いてくるものです。逆にダラダラして帰宅すると、翌日のランニングも苦痛なものとなってしまいます。気分がどうしても乗らないような時は途中でスパッとやめてしまいましょう。