【春開催】おすすめのマラソン大会22選【3月・4月・5月】

3月、4月、5月の春に開催される、おすすめのマラソン大会を紹介させていただきます。気候の良い春にフルマラソンやハーフマラソンに挑戦したいという人や、10kmや5kmのロードレースを探している人、親子で参加するファミリーランイベントを探している人など、是非参考にしてみてください。

【3月開催】おすすめのマラソン大会

鴻巣パンジーマラソン

出典:http://www.konosupansymarathon.com/

埼玉県鴻巣市で開催される人気のマラソン大会。メイン会場は、2017年放送された人気ドラマ「陸王」の撮影地となった鴻巣市立陸上競技場。競技場からスタートし、田園地帯を走るフラットなコース設定。平坦で走りやすいため、自己新記録を狙うのに最適。また、人気のマラソン大会には珍しく土曜日開催。土曜日に走り翌日の日曜日にしっかりと体を休めることが出来るということも人気の秘密。また、レース後には豚汁が振舞われます。

開催日:3月上旬頃
開催地:埼玉県鴻巣市
種目:ハーフマラソン/5km/1.5km/ファミリー1km
制限時間:2時間30分/40分/15分/10分
参加人数:ハーフ4000人/5km1000人
参加費用:3,500円/2,500円/1,500円/2,500円

立川シティハーフマラソン

出典:http://www.tamatebakonet.jp/blog_detail2/blog_id=2&id=5929

普段立ち入ることが出来ない、陸上自衛隊立川駐屯地滑走路を走ることが出来る立川シティハーフマラソン。広大な滑走路を走ることが出来ることが魅力。また、本大会は全日本学生ハーフマラソン選手権大会を併催しているため、箱根駅伝出場選手を始め多くの学生ランナーが参加しています。全国トップレベルの学生ランナーの走りを間近にすることが出来ることでも有名。コースの高低差は15m以内でフラットな設定になっているため、記録も出やすい大会です。自己ベスト更新を狙いたいランナーにおすすめの大会です。

開催日:3月上旬頃
開催地:東京都立川市
種目:ハーフマラソン/3km/ファミリー1.4km
制限時間:ハーフ2時間40分
参加人数:5500人/2500人/300組
参加費用:4,000円/3,000円/2000円

三浦国際市民マラソン

出典:https://www.facebook.com/miura.marathon/

都心から電車で約70分でアクセス出来る、神奈川県三浦市で開催される大会。毎年1万5千人のランナーが集結する神奈川県を代表する人気のマラソン大会。JALホノルルマラソンの姉妹マラソン大会としても有名な大会です。大会には日本人だけではなく、外国からの参加者も多く、国際的な雰囲気を感じながら走ることが出来るのも、この大会の魅力です。高低差は約70mとややアップダウンのある大会ですが、畑や海沿いを走り眺めの良いコースになっています。完走賞には三浦の名産品である、大根を頂けます。

開催日:3月上旬頃
開催地:神奈川県三浦市
種目:ハーフマラソン/5km/キッズビーチラン800m
制限時間:3時間/50分/5分
参加人数:8500人/3500人/400人
参加費用:5,400円/3,240円/1,080円

静岡マラソン

出典:https://www.facebook.com/shizuoka.marathon/

静岡市街地の真ん中を走り抜けるシティマラソン。スタート地点はJR静岡駅から近く、ゴール地点はJR清水駅に隣接したアクセスに便利な都市型の大会。コースは、世界文化遺産である富士山を始め、駿河湾、久能山などの優れた景観と豊かな自然を満喫出来るコースです。エイドステーションには静岡の名産品である石垣イチゴや静岡おでん、安倍川もちなどが並びます。走りながら景観や食で静岡を堪能できる大会になっています。

開催日:3月上旬頃
開催地:静岡県静岡市
種目:フルマラソン/ファンラン11.6km/小学生1.6km
制限時間:5時間30分/1時間30分/15分
参加人数:12000人/1200人/600人
参加費用:10,000円/3,000円/500円

淀川寛平マラソン

出典:https://www.facebook.com/kanpeimarathon/

吉本興業所属タレント、間寛平さんが発起人となり誕生した大阪屈指の人気のマラソン大会。「東日本大震災被災地支援」をメインテーマとしたチャリティーマラソンで、大会参加料1人あたり100円が東日本大震災被災地支援、熊本地震被災地支援、淀川の環境保全にあてられます。走るコースは、大阪を代表する一級河川・淀川の河川敷です。フラットで走りやすいコースが魅力的。また、吉本興業所属のお笑い芸人による「お笑いステージ」や「グルメブース」等、イベント性の高い大会で、ランナー以外にも多くの人が集まる人気イベントになっています。

開催日:3月上旬頃
開催地:大阪府枚方市
種目:フルマラソン/10km/3km/42.195km駅伝
制限時間:7時間/1時間30分/-/5時間
参加人数:7000人/4000人/2000人/200チーム
参加費用:6,500円/4,300円/1,500円/18,000円

鹿児島マラソン

出典:https://www.facebook.com/1866016576955973/

鹿児島のビッグイベントである鹿児島マラソン。鹿児島のシンボルである雄大な桜島や明治維新の史跡を満喫。さらに郷土料理や地域住民からの温かいおもてなしを体感することが出来ます。薩摩の歴史や爽やかな海風を感じながら走れる人気の大会。

開催日:3月上旬頃
開催地:鹿児島県鹿児島市
種目:フルマラソン/ファンラン8.9km
制限時間:7時間/1時間45分
参加人数:10000人/2500人
参加費用:10,000円/3,000円

さが桜マラソン

出典:https://www.facebook.com/sagasakuramarathon/

佐賀の春を彩る、人気の大会。桜の時期に開催される大会で、綺麗な桜が魅力的。コースは桜並木の美しい佐賀城のお堀周辺、多布施川沿いや吉野ケ里歴史公園内などを走るコース。コースの高低差は10mほどと低く、初めてのフルマラソン挑戦にもおすすめの大会。

開催日:3月中旬頃
開催地:佐賀県佐賀市
種目:フルマラソン/ファンラン9.8km
制限時間:6時間30分/1時間45分
参加人数:8500人/1500人
参加費用:9,500円/4,000円

サンスポ古河はなももマラソン

出典:http://www.sankei.com/sports/photos/150315/spo1503150037-p3.html

茨城県の西端にある古河市で開催されるマラソン大会。都心から電車で約1時間の好アクセスのロケーションということで、関東近郊で人気の大会です。高低差10m以内のフラットなコース設定で、フルマラソンの制限時間も6時間40分と長く、ビギナーランナーにおすすめの大会。初めてフルマラソンに挑戦するという初心者の方でも完走しやすい大会になっています。

開催日:3月中旬頃
開催地:茨城県古河市
種目:フルマラソン/10km/3km/ファミリー2km
制限時間:フル6時間40分
参加人数:10500人
参加費用:7,100円/4,300円/1,000円/3,000円

名古屋ウィメンズマラソン

出典:https://www.facebook.com/nagoya.womens.marathon/

世界最大の女子マラソンとしてギネス世界記録に認定されている、名古屋ウィメンズマラソン。女性限定のマラソン大会でありながら、全国各地から多くのランナーが集結。2017年には19,857人の女性ランナーが集結しました。名古屋ウィメンズマラソンの人気の秘密は、完走者全員にティファニーペンダントが進呈されること。完走後、タキシード姿のイケメン男性から完走者一人一人に憧れのティファニーペンダントが手渡しされます。また、女性限定の大会ということで女性視点で様々な配慮がなされた大会で、女性ランナーから圧倒的な人気を誇る大会です。

開催日:3月中旬頃
開催地:愛知県名古屋市
種目:フルマラソン
制限時間:7時間1分
参加人数:15000人
参加費用:12,000円

とくしまマラソン

出典:https://www.facebook.com/tokushima.marathon/

参加者1万5千人の四国最大規模のマラソン大会。雄大な吉野川の清流を眼下に走る清々しい大会。沿道からは徳島名物の阿波踊りによる応援がランナーを元気づけてくれます。アップダンが少なく、制限時間も7時間と長いため、初心者でも完走しやすい大会です。また、地元徳島の食事を使った多彩なエイドが魅力で、全国各地からランナーが集まる人気大会です。

開催日:3月下旬頃
開催地:徳島県徳島市
種目:フルマラソン
制限時間:7時間
参加人数:15000人
参加費用:9,000円

【4月開催】おすすめのマラソン大会

なにわ淀川ハーフマラソン

出典:https://www.facebook.com/naniwayodogawahalf/

毎年7000人が参加する、大阪の人気のマラソン大会。この大会の魅力は、大会のキャッチコピーとなっている「制限時間ありまへん!」。ハーフマラソンを始め、各種目に制限時間がなく、だれでも完走出来る大会です。コースもフラットで走りやすいため、マラソン初心者に人気があります。飲食販売ブースも充実しているなど、イベントとして楽しめる大会です。

開催日:4月上旬頃
開催地:大阪府大阪市
種目:ハーフマラソン/10km/5km/キッズラン1km
制限時間:制限時間無し
参加人数:7000人
参加費用:3,700円/3,200円/2,700円/1,000円

日立さくらロードレース

出典:https://www.facebook.com/hitachisakura/

「日本さくら名所100選」に選出された、桜の名所である日立市の平和通りの桜並木からスタートするマラソン大会。綺麗に咲き誇る満開の桜の下、1万人を超えるランナーが駆け抜けていきます。スタート地点の桜のトンネルだけではなく、コース上にはシーサイドコースがあり太平洋の海を望みながら走ることが出来る、景観の良い大会です。また、普段は走ることが出来ない日立シーサイドロード(国道6号バイパス)を走ることが出来るのも、この大会の魅力です。

開催日:4月上旬頃
開催地:茨城県日立市
種目:ハーフマラソン/10km/5km/2.2km/1.8km
制限時間:ハーフ2時間25分/10km1時間20分/5km1時間
参加人数:ハーフ4000人/10km4000人/5km3000人
参加費用:一般3,500円/小中学生1,000円/ファミリー2,500円

長野マラソン

出典:https://www.facebook.com/naganomarathon/

長野市で開催される、全国有数の人気大会。信州の冷涼な気候を利用して、4月に開催されるフルマラソンの大会で毎年多くのランナーが全国から集まってきます。中心市街地を駆け抜け、1998年開催の長野冬季五輪の競技会場を巡り、長野オリンピックスタジアムでフィニッシュするコース設定。4月開催のフルマラソン大会を探している人におすすめ。

開催日:4月中旬頃
開催地:長野県長野市
種目:フルマラソン
制限時間:5時間
参加人数:10000人
参加費用:10,800円

志摩ロードパーティハーフマラソン

出典:https://www.facebook.com/shima.roadparty/

三重を代表する観光スポット、志摩スペイン村をメイン会場とするマラソン大会。志摩地域の温泉、美食、志摩スペイン村や地元民のおもてなしの心を体感できる大会です。この大会の名物となっているのは、高低差100mを超える激坂。ハードな坂ですが、その分だけ走り終わった後の達成感は大きなものに。

開催日:4月中旬頃
開催地:三重県志摩市
種目:ハーフマラソン/10km/3km/2km
制限時間:19.8km地点2時間50分/1時間30分/1時間/45分
参加人数:4000人/3000人/2000人/50人
参加費用:4,000円/3,500円/2,000円/2,000円

佐渡トキマラソン

出典:https://www.facebook.com/pg/tokimarathon/

佐渡の観光名所をたっぷりと巡る、佐渡トキマラソン。走り終わった後はグルメイベント・さど食の陣で佐渡の食を満喫できます。レース中もレース後も佐渡を満喫できる大会です。

開催日:4月下旬頃
開催地:新潟県佐渡市
種目:フルマラソン/ハーフマラソン/10km/5km/3km
制限時間:フル6時間/ハーフ3時間
参加人数:3500人
参加費用:5,000円/4,000円/3,000円/3,000円/500円

高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン

出典:http://tb-sports.com/long-distance/news/news.html?id=260

高橋尚子さんが主催する岐阜市のハーフマラソン大会。高橋尚子さんが監修したコースは、平坦で走りやすいコースで初めてハーフマラソンを走る人にもおすすめ。清流の長良川や金華山にそびえる岐阜城といったコースからの眺めも抜群。沿道からの途切れない声援もうれしい、心温まる大会です。

開催日:4月下旬頃
開催地:岐阜県岐阜市
種目:ハーフマラソン/3km
制限時間:3時間5分/25分
参加人数:10000人/1000人
参加費用:7,000円/2,000円

【5月開催】おすすめのマラソン大会

春日部大凧マラソン

出典:https://twitter.com/odakomarathon54

埼玉県春日部市と大凧あげを全国に周知するために開催される、春日部大凧マラソン。毎年ゴールデンウィークに開催される大会で、毎年1万人以上のランナーが参加するほど人気の大会になっています。埼玉県内では2番目に匹敵する大規模大会。コースは美しい田園風景を眺めながら走るフラットで走りやすいコース。マラソン初心者にも人気の大会です。

開催日:5月上旬頃
開催地:埼玉県春日部市
種目:ハーフマラソン/10km/5km/2km
制限時間:2時間56分/2時間56分/2時間56分/2時間56分
参加人数:6000人/3000人/1000人/300人
参加費用:3,500円

日刊スポーツ豊平川マラソン

出典:http://www.northstyle.jp/features/detail.asp?id=112

北海道札幌市では、シーズン最初となるハーフマラソンの大会。関門や制限時間がないのが大きな特徴で、初めてのハーフマラソンでの安心して完走することが出来ます。真駒内公園をスタートし、新緑まぶしい豊平川河川を走る心地よいコース。

開催日:5月上旬頃
開催地:北海道札幌市
種目:ハーフマラソン/10km/5km/3km
制限時間:制限時間無し
参加人数:6000人
参加費用:5,000円/4,000円/3,600円/3,600円

仙台国際ハーフマラソン

出典:https://www.facebook.com/sendaihalf/

東北屈指の人気を誇る、大規模大会。大会には国内を代表するトップランナーから完走を目指す初心者ランナーまで1万人を超える様々なレベルのランナーが集結します。コースは仙台を象徴する並木通り・定禅寺、青葉通り、東二番丁通りなど、仙台中心部を満喫出来るコースです。

開催日:5月中旬頃
開催地:宮城県仙台市
種目:ハーフマラソン/5km/2km
制限時間:2時間30分
参加人数:10000人/2000人/500人
参加費用:6,000円/2,000円/1,000円

軽井沢ハーフマラソン

出典:https://www.facebook.com/karuizawa.hm

避暑地で有名な軽井沢で開催される人気のマラソン大会。軽井沢駅付近からスタートし軽井沢の市街地を駆け抜けていく清々しい大会。新録あふれる軽井沢を満喫することが出来る、初夏におすすめのマラソン大会です。

開催日:5月下旬頃
開催地:長野県軽井沢市
種目:ハーフマラソン/ファミリー2.1km
制限時間:2時間35分/20分
参加人数:5500人/250組
参加費用:6,500円/3,000円

カーター記念黒部名水マラソン

出典:http://www.hokurikushinkansen-navi.jp/pc/news/article.php?id=NEWS0000007195

第39代アメリカ合衆国大統領「ジミー・カーター」が参加した由緒あるマラソン大会。山、川、海を満喫できる、北陸を代表する自然豊かなコース。レース後には美味しい名水鍋やますの寿司を食することが出来ます。

開催日:5月下旬頃
開催地:富山県黒部市
種目:フルマラソン/10km/7.5km車いす/5km/3km
制限時間:6時間/1時間30分/35分/45分/35分
参加人数:フル5500人/10km2000人/7.5km車いす15人
参加費用:7,000円/3,000円/3,000円/3,000円/1,500円

スポニチ山中湖ロードレース

出典:https://www.facebook.com/yamanakako.roadrace/

全国から1万人を超えるランナーが集まる人気のマラソン大会。関東屈指のリゾート地「山中湖」周辺で開催されるマラソン大会です。この大会の魅力は、標高1000mの大自然の中を駆け抜けること。世界文化遺産の富士山に一番近い湖・山中湖の湖畔を走ることが出来る、初夏にふさわしい大会です。レース後は「ランナーズヴィレッジ」にて地元山梨県の名産品を堪能することが出来ます。

開催日:5月下旬頃
開催地:山梨県山中湖村
種目:ハーフマラソン/13.6km
制限時間:2時間45分/2時間30分
参加人数:13000人
参加費用:5,000円
RUNNAL編集部

走るをもっと楽しく、もっと快適にするためのランニングメディア「RUNNAL(ランナル)」の公式アカウント。ランナルは、健康のために、ダイエットのために、マラソン大会での自己記録更新のために走るすべての人を応援しています。