ミズノランニングシューズのおすすめ

【2022年最新】ミズノランニングシューズのおすすめ10選【初心者から中上級者用まで】

更新日:  著者:RUNNAL編集部

国内メーカーの人気ランニングシューズを選びたいなら、ランニング初心者もマラソン中上級者も、中学校・高校で陸上競技を頑張る部活生も、MIZUNO(ミズノ)を選んでみるのがオススメ。ミズノのランニングシューズは、柔らかい履き心地なのに高い反発力もあるMIZUNO ENERZY(ミズノエナジー)や、クッション性と安定性の両立を実現するMIZUNO WAVE(ミズノウエーブ)など日本の高い技術力が詰まった高機能シューズとなっているのが特徴です。

ランニング・マラソン初心者ならミズノを選ぶことで、走りやすさや足へのやさしさ等を実感出来るはずです。中上級者や部活生ならシューズとの一体感や高い反発力によるスピードの出しやすさ等を実感出来るはずです。

今回の記事では、そんなミズノランニングシューズの数あるラインナップの中から特にオススメしたいシューズを超初心者用(ライトラン)、初心者用(フル完走〜サブ5)、中級者用(サブ4〜サブ3.5)、上級者用(サブ3〜サブ2.5)とレベル別に分けて紹介しています。さらに、一目で走力レベルやフルマラソンの目標完走時間に合ったシューズが見つかるように、ミズノランニングシューズチャートも紹介しています。ミズノのシューズが気になっている方は是非参考にしてみてください。

ミズノとは

MIZUNO(ミズノ)とは、大阪府大阪市住之江区南港北に本社を置く日本の大手スポーツメーカーです。ミズノは総合スポーツメーカーとして、野球、ソフトボール、ゴルフ、陸上競技、マラソン、サッカー、バレーボール、テニス、バドミントン、卓球と様々なスポーツのシューズや用品、ウェア等を展開しています。そのため、様々なスポーツジャンルのトップアスリートから中学校・高校・大学の部活生、そして余暇にスポーツを楽しむ社会人に定番のスポーツメーカーとして広く認知されています。

また、ミズノはランニング関連にも力を入れており、市民ランナーの間ではクッション性と安定性に優れた万能シューズであるWAVE RIDER(ウエーブライダー)シリーズが大人気。さらに、マラソン中上級者向けの反発性に優れたレーシングシューズ(厚底も含む)も多数展開し、中学生や高校生向けにも陸上競技用スパイクを多数展開しています。そのため、ミズノはランニング初心者からマラソン上級者まで、さらには部活動に励む中学生や高校生にも大人気のブランドとなっています。

ミズノランニングシューズの特徴

国内メーカーだから日本人の足によく合う

日本人の足に合いやすい幅広のシューズ

ミズノランニングシューズの魅力は、日本人の足によく合うこと。海外メーカーのシューズは主に欧米人の足に合わせてシューズを作っているため、足幅は狭め。そのため、一般的な足幅の日本人が海外メーカーのシューズを履くと足を入れた瞬間に横幅が狭く窮屈感を感じることが多いです。一方、1906年の創業以来一貫して日本人の足に合うシューズ作りをおこなってきたミズノのシューズなら、そんなことはなく日本人の足にぴったりと合います。さらに、ミズノのランニングシューズは標準の2Eだけではなく、平均よりも幅幅が広い人のために3EのWIDEモデル、4EのSWモデルが用意されているのも嬉しいところです。

本来相反するはずのクッション性と安定性を高い次元で両立

クッション性と安定性に優れたランニングシューズ

ミズノランニングシューズの機能面での大きな特徴は、クッション性と安定性に優れているところ。本来、着地時の衝撃を吸収するための柔らかいクッション性と、着地から地面の蹴り出しまでの足元のグラつきを抑えるための安定性(足元の硬さ)は相反するものです。しかし、ミズノはミズノ独自の波状形状プレートであるMIZUNO WAVE(ミズノウエーブ)を搭載することで、縦方向の衝撃を吸収するクッション性と、横方向のズレを抑える安定性を高い次元で両立させています。そのため、ランニング初心者もマラソン初心者も柔らかい履き心地ながらも安定した走りが可能となります。

高い反発力による優れた推進力

ミズノの高反発ランニングシューズ

最新のミズノランニングシューズには、ミズノ史上最高の高反発ソール素材であるMIZUNO ENERZY(ミズノエナジー)が搭載されています。このソールは優れたクッション性をもたらす柔らかさを備えつつも、着地の衝撃を前へ進むための推進力へと変換する高い反発力を持ちます。マラソン初心者ならこの優れた推進力を利用し、楽に長い距離を走ることが出来ます。さらに、MIZUNO ENERZYは基本となるベーシックと、軽量性に優れたLITE、最上の柔らかさをもたらすCOREの3種類ありますが、中上級者向けレーシングシューズには軽いMIZUNO ENERZY LITEが搭載されています。そのため、サブ4やサブ3を目指す中上級者や、部活生は優れたスピード感を実感出来るようになっています。

ミズノランニングシューズレベルチャート2022

ミズノランニングシューズチャート2022

上記は、RUNNAL独自のミズノランニングシューズチャートです。本記事内で紹介しているオススメのミズノシューズを、1-10km、フル完走、サブ5(フルマラソン5時間以内)、サブ4(フルマラソン4時間以内)、サブ3.5(フルマラソン3時間30分以内)、サブ3(フルマラソン3時間以内)、サブ2.5(フルマラソン2時間30分以内)とレベル別に配置しています。

ミズノ公式のランニングシューズチャートもチェック

ミズノ公式ランニングシューズチャート

上記は、ミズノ公式のランニングシューズチャートです。「2022ミズノ春夏ランニングシューズカタログ」内に紹介されているタイム別チャート(フルマラソン完走レベル〜フルマラソン3時間切り)を引用しています。また、上記チャート表の右側の赤い範囲の部分がミズノ史上最高の高反発ソール素材であるMIZUNO ENERZY(ミズノウエーブ)搭載モデルとなっています。

【超初心者用】ミズノランニングシューズのおすすめ

ミズノの激安シューズ「マキシマイザー24」

健康のためにウォーキングや、1〜3km程度の軽いジョギングを始めたいという人には、ミズノの格安ランニングシューズである「マキシマイザー24(MAXIMIZER 24)」がオススメ。

マキシマイザー24は定価価格でも五千円以下で買えるミズノランニングシューズの中で一番安いシューズです。他の高機能シューズと比べるとクッション性や安定性には劣るものの、ウォーキングや軽いジョギング用途としては十分な性能を誇っています。また、足幅は通常の2Eよりも広い3Eを採用しているため、ゆったり楽に着用出来るのも魅力です。特にウォーキング用としては3Eぐらいで丁度良いので、ウォーキング用に歩きやすい靴を選びたいという人にオススメ。また、白色や黒色を選べば通学や通勤用シューズとしても使えます。

ミズノランニングシューズのおすすめ1(メンズ)

【メンズ用】
商品名:MIZUNO MAXIMIZER 24
参考価格:4,950円
サイズ:24.5-30.0cm
幅:3E相当
重量:250g

ミズノランニングシューズのおすすめ1(レディース)

【レディース用】
商品名:MIZUNO MAXIMIZER 24
参考価格:4,950円
サイズ:22.0-25.0cm
幅:3E相当
重量:205g

普段履きもしやすい「エスペランザー」

普通のおしゃれスニーカーとして普段履きも出来るカッコいいランニングシューズを選びたいという人には、ミズノのエスペランザー(ESPERUNZER)がオススメ。

ミズノのエスペランザーは、普段履き用スニーカーとして見てもおしゃれでカッコいいデザイン性が特徴のランニングシューズです。ハーフマラソンやフルマラソンのような長時間長距離を走るシューズとしてはクッション性が心もとないものの、5〜10km程度のランニングであれば十分なクッション性と安定性、耐久性を誇ります。また、235gと軽量性に優れているため、通学通勤時に着用する運動靴としてもオススメです。さらに、足幅は4Eと幅広であるため、1日お出かけや旅行の際に着用する場合も、ストレスのない楽な履き心地です。

ミズノランニングシューズのおすすめ2

【ユニセックス(メンズ・レディース兼用)】
商品名:MIZUNO ESPERUNZER
参考価格:5,390円
サイズ:22.0-30.0cm
幅:4E相当
重量:235g

【初心者用】ミズノランニングシューズのおすすめ

ミズノ人気NO.1シューズ「ウエーブライダー25」

ランニング・マラソン初心者の人で初めてのランニングシューズ選びに迷ったら、ミズノの人気NO.1シューズである「ウエーブライダー25(WAVE RIDER 25)」を選んでみるのがオススメ。ウエーブライダーシリーズはミズノのロングセラー商品で、特にランニング初心者や、初めてハーフマラソンやフルマラソンに挑戦する人に大人気のシューズとなっています。

ミズノのウエーブライダー25は、ランニング初心者に欠かせない機能であるクッション性と安定性の両方を高い次元で両立させたシューズです。着地時の衝撃から膝を守る柔らかさと、足元のぐらつきを抑えスムーズに走れる安定感の両方を備えているため、ダイエットや健康のためにランニングを始めたばかりの人や、初めてのマラソン大会に挑戦する人にぴったりのシューズです。

また、ウエーブライダー25はクッション性と安定性に優れるだけではなく、頼もしい反発力も備えています。MIZUNO ENERZY(ミズノエナジー)を搭載し柔らかさとともに地面からの反発も得られるため、フルマラソンでは完走だけではなく5時間切り(サブ5)達成も目指せます。

ミズノランニングシューズのおすすめ3(メンズ)

【メンズ用】
商品名:MIZUNO WAVE RIDER 25
参考価格:14,850円
サイズ:25.0-29.0cm
幅:2E相当
重量:270g

ミズノランニングシューズのおすすめ3(レディース)

【レディース用】
商品名:MIZUNO WAVE RIDER 25
参考価格:14,850円
サイズ:22.5-26.0cm
幅:2E相当
重量:230g

クッション性最強シューズ「ウエーブスカイ5」

どの機能よりも膝を守るためのクッション性を重視したいという人には、ミズノの最強クッショニングシューズである「ウエーブスカイ5(WAVE SKY 5)」がオススメ。

ミズノのウエーブスカイ5は、膝が痛くならない最強のクッション性を誇るランニングシューズ。ミズノの最新ソールであるMIZUNO ENERZY(ミズノエナジー)の中でも特別柔らかさに優れたMIZUNO ENERZY CORE(ミズノエナジーコア)を搭載しているため、履き心地が抜群に柔らかく、地面からの衝撃から足をしっかりと守ることが出来ます。クッショニング素材が贅沢に使われいてる分、重量がやや重めでスピードは出にくいものの足を守る機能性は抜群のため、膝を痛めやすい人や体重が重めの人、初めてのハーフマラソンやフルマラソンで完走タイムよりも最後まで痛みなく走り切りたいという人にオススメ。

また、当然ミズノの基幹機能であるMIZUNO WAVE(ミズノウエーブ)を搭載しているため、単純に足元が柔らかい履き心地なだけではなく、しっかりとした安定感もあります。

ミズノランニングシューズのおすすめ4(メンズ)

【メンズ用】
商品名:MIZUNO WAVE SKY 5
参考価格:17,600円
サイズ:25.0-29.0cm
幅:2E相当
重量:310g

ミズノランニングシューズのおすすめ4(レディース)

【レディース用】
商品名:MIZUNO WAVE SKY 5
参考価格:17,600円
サイズ:23.0-25.0cm
幅:2E相当
重量:280g

コスパ最強ランニングシューズ「ウエーブリボルト2」

初めてのランニングシューズに、高機能かつ価格が安い高コスパのランニングシューズを選びたいというコスパ重視の人には「ウエーブリボルト2(WAVE REVOLT 2)」がオススメ。

ミズノのウエーブリボルト2は、ミズノを代表するコスパ最強ランニングシューズ。ミズノを代表する機能であるMIZUNO ENERZYとMIZUNO WAVEを搭載し、フルマラソンを安全に完走出来るクッション性と安定性を備えているのに定価価格1万円以下で買える、まさにコスパ最強中の最強シューズです。おまけに、軽量性や反発性にも優れているため、軽やかな履き心地でスピードも出しやすいのも魅力です。初めてのランニングシューズに安くても軽くてスピードも出しやすいシューズを探している人や、初めてのハーフマラソンやフルマラソン用に安くシューズを準備したいという人にオススメ。

また、ベーシックなデザインであるため、ランニングやマラソンシーンだけではなく通学や通勤、そしてお出かけ用のスニーカーとして普段履きするのもオススメです。

ミズノランニングシューズのおすすめ5(メンズ)

【メンズ用】
商品名:MIZUNO WAVE REVOLT 2
参考価格:9,350円
サイズ:25.0-29.0cm
幅:2E相当
重量:265g

ミズノランニングシューズのおすすめ5(レディース)

【レディース用】
商品名:MIZUNO REVOLT 2
参考価格:9,350円
サイズ:22.5-25.5cm
幅:2E相当
重量:220g

【中級者用】ミズノランニングシューズのおすすめ

人気NO.1シューズのプレミアムモデル「ウエーブライダーNEO2」

初心者用から少しだけワンランク上のランニングシューズを選ぶなら、ミズノ人気NO.1シューズであるウエーブライダーのプレミアムモデルに位置する「ウエーブライダーNEO2(WAVE RIDER NEO 2)」がオススメ。

ウエーブライダーNEO2は、ウエーブライダー25の優れたクッション性と安定性そのままにフィット性が向上しより上質なランニング体験が出来る、ウエーブライダーシリーズのプレミアムモデルとなっています。大きな特徴は、ベロ(シュータン)が履き口と一体構造となったブーティー構造を採用しているところ。これにより足とシューズの一体感が高まり、より快適に走ることが出来ます。さらに、軽量性や通気性に優れるモラフィラメント・エンジニアード・メッシュを採用し、その点でも快適性が向上しています。

通常のウエーブライダー25はフルマラソン完走からサブ5(5時間切り)も狙えるシューズですが、ウエーブライダーNEO2はさらにサブ4.5(4時間30分切り)も狙えるシューズとなっています。ランニング・マラソン初心者定番のウエーブライダー25よりも少しだけワンランク上のシューズを選びたいという人にウエーブライダーNEO2はぴったりです。

ミズノランニングシューズのおすすめ6(メンズ)

【メンズ用】
商品名:MIZUNO WAVE RIDER NEO 2
参考価格:18,150円
サイズ:25.0-29.0cm
幅:2E相当
重量:265g

ミズノランニングシューズのおすすめ6(レディース)

【レディース用】
商品名:MIZUNO WAVE RIDER NEO 2
参考価格:18,150円
サイズ:23.0-25.5cm
幅:2E相当
重量:225g

ミッドフット走法が身に付く「ウエーブシャドウ5」

ランニング・マラソン初心者から中級者へと本気でステップアップしたいと考える人に「ウエーブシャドウ5(WAVE SHADOW 5)」がオススメ。

ミズノのウエーブシャドウ5は、初心者に多いヒールストライク(かかと着地)から中上級者に多いミッドフット走法(中足部着地)へと走り方を変えるためのシューズです。つま先とかかとの高さの差が少ない8mm底ドロップ設計であるため、このシューズを履いて走るだけでミッドフット(中足部)〜フォアフット(前足部)での接地をしやすくなり憧れのミッドフット走法へと近づくことが出来ます。また、底ドロップ設計以外にも、衝撃吸収や安定性に関与するMIZUNO WAVE(ミズノウエーブ)を踵部ではなく中足部外側から前足部内側にかけて配置することでよりミッドフット接地の恩恵を受けやすいシューズとなっています。

また、ボトムミッドソール全体に反発性に優れたMIZUNO ENERZYを搭載し、走力レベルとしてはサブ4(フルマラソン4時間切り)が狙えるシューズ。そのため、初級者からの脱却を目指しサブ4達成へともがいているランナーにオススメ。

ミズノランニングシューズのおすすめ7(メンズ)

【メンズ用】
商品名:MIZUNO WAVE SHADOW 5
参考価格:13,090円
サイズ:25.0-28.0cm
幅:2E相当
重量:250g

ミズノランニングシューズのおすすめ7(レディース)

【レディース用】
商品名:MIZUNO WAVE SHADOW 5
参考価格:13,090円
サイズ:22.5-25.5cm
幅:2E相当
重量:215g

本気のサブ3.5シューズ「ウエーブエアロ20+R」

フルマラソンで本気でサブ3.5(完走タイム3時間30分切り)を目指す人には、「ウエーブエアロ20+R(WAVE AERO 20+R)」がオススメ。

ミズノのウエーブエアロ20+Rは、市民ランナーの悲願のサブ3.5達成を本気でアシストするために開発されたサブ3.5用厚底ランニングシューズ。「サブ3.5突破性能」というキャッチコピーの元、数々の最新テクノロジーを搭載し3時間30分切りをサポートしてくれます。まず、ミッドソールには踵部にミズノ史上最高の高反発ソールであるMIZUNO ENERZYを採用し、さらにトップミッドソールにはより反発性と軽量性に優れるMIZUNO ENERZY LITEを採用。厚底による柔らかさで最後までバテないように足をケアしつつ、高反発でしっかりとスピードを出せるようになっています。

さらに、ミズノの重要機能であるMIZUNO WAVEは、従来のナイロンプレートではなくより剛性の高いグラスファイバー入りナイロンプレートを採用しているため、より力強い推進力とともに高い安定性も期待出来ます。3時間〜3時間30分の間を狙うなら間違いなくウエーブエアロ20+Rがオススメ。また、スピード型ランナーの場合は少し背伸びをしてサブ4(3時間30分〜4時間)用に使ってみるのも有りです。

ミズノランニングシューズのおすすめ8

【ユニセックス(メンズ・レディース兼用)】
商品名:MIZUNO WAVE AERO 20+R
参考価格:16,500円
サイズ:22.5-29.0cm
幅:2E相当
重量:250g

【上級者用】ミズノランニングシューズのおすすめ

ミズノ厚底サブ3シューズ「ウエーブリベリオン」

市民ランナーの憧れであるフルマラソン3時間切り(サブ3)を目指す上級者ランナーには、ウエーブリベリオン(WAVE REBELLION)がオススメ。

ミズノのウエーブリベリオンは、ミズノを代表するサブスリー用厚底ランニングシューズ。ウエーブリベリオンの最大の特徴は、ミッドソール全体にミズノの最新ミッドソールであるMIZUNO ENERZY LITE(ミズノエナジーライト)を採用しているところ。MIZUNO ENERZYは従来のミッドソールよりも柔らかさと反発性が大きく向上していますが、その軽量版であるLITEはさらに反発性が向上し、軽量性も抜群。そんなLITEがミッドソール全体に使われ、サブ3を目指すランナーには最高に頼りになるシューズとなっています。

さらに、ウエーブリベリオンは他社の厚底シューズに搭載されているカーボンプレートの代わりとして、グラスファイバー入りナイロンプレートを搭載しています。プレートのしなりにより、推進力を生む高い反発を得られるのが特徴ですが、カーボンプレートよりも癖が少ないのが魅力。そのため、他社カーボンプレート内蔵厚底シューズよりも扱いやすく、カーボンプレート入りの厚底シューズが苦手という人でも履きやすいシューズとなっています。

ミズノランニングシューズのおすすめ9(メンズ)

【メンズ用】
商品名:MIZUNO WAVE REBELLION
参考価格:19,800円
サイズ:24.5-29.0cm
幅:2E相当
重量:235g

ミズノランニングシューズのおすすめ9(レディース)

【レディース用】
商品名:MIZUNO WAVE REBELLION
参考価格:19,800円
サイズ:22.5-25.5cm
幅:2E相当
重量:210g

駅伝用高速シューズ「ウエーブデュエルNEO2」

駅伝用に軽くてスピードの出せるランニングシューズを選ぶなら、「ウエーブデュエルNEO2(WAVE DUEL NEO 2)」がオススメ。駅伝などのロードレースはもちろん、トラックレースの長距離種目(800m以上)の規定(靴底25mm以下)もクリアしているため陸上競技場での800m、1500m、3000m、5000m、10000m、3000mSC用シューズとしてもオススメ。

ミズノのウエーブデュエルNEO2は、主に駅伝を走るランナー向けに開発された薄底レーシングシューズ。2020年箱根駅伝で創価大学の島津雄大選手が初代モデルのプロトタイプを着用し10区区間賞を獲得した際に、謎の真っ白のシューズとして話題にもなったシューズです。大きな特徴は、厚底ブームの中、流行りに逆行する薄底であること。しっかりと自分の足で地面を蹴る感覚を得られるシューズで薄底の方がしっくり来るというランナーにぴったりです。また、レースでは厚底を使っているけれど、練習では薄底を使いたいという人にもぴったり。

また、フルマラソンシューズとしても使えるので、サブ3(あるいはサブ2.5)を目指すランナーで薄底派という人にもオススメ。

ミズノランニングシューズのおすすめ10

【ユニセックス(メンズ・レディース兼用)】
商品名:MIZUNO WAVE DUEL NEO 2
参考価格:20,900円
サイズ:22.0-28.5cm
幅:2E相当
重量:175g

ミズノランニングシューズを履いて目標タイム達成を目指そう

ミズノランニングシューズを履いて走るランナー

ミズノランニングシューズは、1〜5km程度走るライトラン向けから、フルマラソン完走を目指すシューズに、さらにサブ4やサブ3を目指す中上級者向けシューズに、駅伝や陸上競技向けのシューズにと、本当にたくさんのカテゴリー、様々な走力レベルに合ったシューズがあります。

是非、自分自身の走力レベルや目標に合ったランニングシューズを見つけて、マラソン大会や駅伝、陸上競技会で目標タイム達成を目指して見ましょう。もちろん、ミズノのシューズはクッション性や安定性に優れ初心者でも快適に走れるため、競技志向の高いランナーだけではなく、健康やダイエットのために走る人にもオススメです。

RUNNAL編集部

RUNNAL編集部

走るをもっと楽しく、もっと快適にするためのランニングメディア「RUNNAL(ランナル)」の公式アカウント。ランナルは、健康のために、ダイエットのために、マラソン大会での自己記録更新のために走るすべての人を応援しています。

この記事のキーワード:

Copyright© RUNNAL[ランナル] , 2022 All Rights Reserved.