キョリ測でランニングコースを作る

ランニングコース作成に“キョリ測”アプリが便利!その使い方を解説!

投稿日:  著者:RUNNAL編集部

ジョギング・ランニングコースを作る時に、距離を測定する無料アプリ「キョリ測」が便利。キョリ測を使えば、自由自在に自分オリジナルの走るルートを作成することが可能です。毎日同じコースばかりを走っていると、どうしても飽きてしまいがち。また、インターバル走やペース走をする時は1周の距離が1000m(1キロ)のコースがあると便利。キョリ測であれば、家の近くでも、土地勘のない旅行先でも、すぐに自分好みのコースを見つけることが出来るので、全てのランナーにおすすめ。

この記事では、キョリ測を使って新規のコースを作成する方法を図解付きで解説させていただきます。また、キョリ測の嬉しい機能についても詳しく紹介しているので、是非参考にしてみてください。

キョリ測とは

キョリ測とは、地図検索サイト「マピオン(Mapion)」が提供するサービスで、地図をタップするだけで指定したルートの距離を計測出来るサービスのことです。キョリ測はランナー向けに開発されたアプリではありませんが、直観的に操作出来る使い勝手の良さから、ジョギング・ランニングコースの作成に人気があるアプリです。

作成するコースは自由自在。ウォーミングアップとしてストレッチが出来る公園を起点としたコースを作ったり、ランニング後に温泉に入れるコースを作ったり、旅行先で観光地や自然豊かな場所を巡るコースを作ったりと、本当に色々なコースを作ることが出来ます。もちろん、ランニング用途だけではなくウォーキング用の散歩ルート、自転車用のバイクロードを作成するのにも最適です。

キョリ測を使ってランニングコースを作成する方法

①キョリ測アプリを起動

キョリ測の使い方①

キョリ測はパソコンでもスマホでも使うことが可能です。パソコンならPCサイトへとアクセスし、スマホならキョリ測アプリをダウンロードします。

②距離を計測する場所を検索する

キョリ測の使い方②

キョリ測アプリをダウンロードしたら、ランニングコースを作成したいエリアを検索します。「品川」といった地名を検索して、地図上で良さそうな道を探してみるのも良いし、「駅名」や「公園名」で検索してその周辺の道を探ってみるのも良いでしょう。今回は東京都品川区にある「大井埠頭海浜公園」を検索してみます。

③スタート地点をタップする

キョリ測の使い方①

キョリ測の使い方は至って簡単。基本的に地図上をタップするだけでコース作成が可能です。まずは、スタート地点となる場所をタップします。そうすると、「0m」と表示されたマークが現れます。このマークがスタート地点の印です。

④曲がり箇所をタップする

キョリ測の使い方③

スタート地点が決まったら、後は同じように地図上をタップするだけ。今回は「大井埠頭海浜公園」の信号の無い周回コースを作ってみたいので、信号の無い周辺の道をぐるっと回るように作ってみました。キョリ測はタップした地点を直線で自動的に結んでくれるので、曲がるところをタップしていくだけで簡単にコースをつくっていくことが出来ます。道が真っすぐじゃなく、曲がりくねったような道になっている場合は、タップする地点を多くすることで、より正確に距離を計測することが可能です。その際は、地図を拡大したり縮小したりしながら、タップしていくと良いでしょう。

また、タップする位置を間違えてしまった場合は右下にある「一つ戻す」か「削除(全削除)」を押すことでタップしたものを取り消すことが出来ます。

⑤ゴール地点をタップして終了

最後はゴール地点をタップして終了です。これでランニングコースの作成が完了。コースを作り終えたら、上の方でルートの合計距離を確認出来ます。今回作ったコースの走行距離は「2389m」でした。また、1周1kmのコースが作りたいと思ったら、家の近くの地図で1周1kmになるような道を探してみると良いでしょう。また、走って帰りは電車で帰るルートが良いなら、最寄り駅からスタートして、線路沿い或いはその近くを走るようなコースを作ってみると良いでしょう。

キョリ測はロングコース作成も可能!

キョリ測でロングコース作成

キョリ測はロングコースを作ることも可能です。フルマラソンやハーフマラソンの練習では30km走や20km走、LSDといった長い距離を走る練習が必要になってきます。でも、1周1kmちょっとの周回コースを何十周もするのはつらい。そんな時は近くの河川敷など長い距離を取れそうなところを利用してロングコースを作成するのがおすすめ。

キョリ測であれば、タップを何回も繰り返していけば、10km超え、20km超えのコースも見つけることが可能です。ロングコースで無事家まで帰ってこれるかどうか不安な時は、地図で確認しながら近くに電車が走っているようなコースにすることも可能です。

距離を計測するだけじゃない!キョリ測の便利な3つの機能

①消費カロリーが分かる

キョリ測の消費カロリー機能

キョリ測はコースを走った時に消費するカロリーを計算することが出来ます。消費カロリーは、移動方法「徒歩/ジョギング/自転車/車」、移動ペース、性別、年齢、体重を設定することで詳細にわかります。また、食べ物「おにぎり/あんぱん/ラーメン/ハンバーガー等」の何個分を消費出来るかといったこともすぐにわかるので非常に便利です。

②コースの高低差が確認出来る

キョリ測の標高グラフ機能

「標高グラフ機能」があるので、走るコースの高低差も確認可能。どのぐらいのアップダウンがあるのか分かるので、走りやすい平坦なコースを作ることも、敢えて上りや下りが多いきついコースを作ることも出来ます。初心者の場合は高低差を確認しながら平坦で走りやすいコースを作ってみると良いでしょう。ベテランランナーの場合は、自分が参加するマラソン大会のコースを想定し、アップダウンが多い大会であれば敢えてアップダウンの多いコースを作って練習してみるのも良いでしょう。

③ランニング仲間と共有できる

キョリ測の保存・共有機能

作ったランニングコースは、保存することが出来ます。また、メールで送ったり、ツイッターに投稿したり出来るので、一緒に走る家族や友人と共有することが可能です。せっかく作った良いコースを自分だけで楽しむのはもったいないので、周りのランナーにも教えてあげると良いです。

キョリ測を使って自分だけのオリジナルランニングコースを作ろう

オリジナルコースを走る

マピオンのキョリ測アプリは、新しいランニングコースを作成するのに便利。そして今走っているコースの距離が分からない時にもすぐに距離を計測出来ます。走ることを趣味にしているランナーや、ダイエットや健康のために頑張っている方々はキョリ測アプリをダウンロードしておくのがおすすめ。キョリ測を使って、今までとは違った新しいルートを開拓してみましょう。

RUNNAL編集部

RUNNAL編集部

走るをもっと楽しく、もっと快適にするためのランニングメディア「RUNNAL(ランナル)」の公式アカウント。ランナルは、健康のために、ダイエットのために、マラソン大会での自己記録更新のために走るすべての人を応援しています。

Copyright© RUNNAL[ランナル] , 2019 All Rights Reserved.