帽子を被ってウォーキングする人

ウォーキング用の帽子は夏と冬でどう選ぶ?おすすめキャップ10選【メンズ・レディース】

投稿日:  著者:RUNNAL編集部

ウォーキングをするなら帽子をかぶるのがおすすめ。特に春夏の暖かい季節は、午前中から夕方にかけて紫外線量が多いので日焼け対策のためにもつば付きのキャップをかぶって歩きたい。また、帽子は単なる日よけだかじゃなく、雨対策や汗止め、ノーメイクでのスッピン隠しに使えるなど使える用途が多いです。夏は通気性の良いメッシュを選ぶことで、頭部が蒸れにくく快適に歩くことが出来、冬はニットキャップを選ぶことで頭部や耳の防寒対策としても使えます。

この記事では、帽子をかぶってウォーキングするメリットと用途別に合った帽子の選び方、そしてメンズ・レディース別におしゃれでおすすめの帽子を紹介させていただきます。運動として歩く時に適した、速乾性や軽量性に優れた帽子を探している人は是非参考にしてみてください。

ウォーキングで帽子を被る理由は?

日焼け対策

UVカット帽子を被ってウォーキングする人

ウォーキング中に帽子を被る一番の理由は、日中の紫外線を浴びて日焼けしてしまうのを防止するため。紫外線量が多い春夏の時期に帽子無しで歩くと、簡単に肌が焼けてしまいます。長めのつば付きの帽子を着用すれば、強い日差しが直接顔に当たるのを防ぐことが出来ます。また、炎天下の中での運動や作業用に日よけカバーが付いているものを選べば、横顔の部分と首までしっかりとカバーできるので、高いUVカット効果が期待出来ます。

日が出始めた朝方や日が沈みだす夕暮れの時間になると、昼間の時間帯に比べて地表に降り注ぐ紫外線量は少なくなっているものの、まだまだ紫外線自体は残っているので、朝や夕方にウォーキングする場合も日焼け対策としてキャップを被っておきましょう。

熱中症対策

日差しの強い日に帽子を被って歩く人

夏の炎天下の中で歩く時は熱中症予防として帽子を被っておくのが効果的です。帽子をかぶらないで長時間歩いていると、直射日光が直接頭部に当たり、頭部の温度がぐんぐん上がってしまい熱中症になるリスクが高まります。そうならないためにも帽子をかぶることが大切。帽子は頭部に日陰を作ることが出来ます。帽子を被ることで木陰にいるような状況を作り、体感温度を下げることが出来ます。

35度を超える猛暑日はもちろんのこと、最高気温が30度を超えるような日は必ずウォーキングに帽子を持っていきましょう。

汗止め

運動でかいた汗を拭く人

暖かい季節は、歩けば歩くほどたくさんの汗をかきます。頭部や額から滴り落ちてくる汗が、目に入ると痛くなったり、視界が悪くなったりと、汗は意外と厄介。汗を拭くのに、タオルを使ったり、直接手で汗をぬぐったりするのも良いですが、帽子を被っておくのが汗止めに便利です。

帽子は内側に汗止めバンド(スウェットバンド)が付いているので、ウォーキング中にかいた汗をそのバンドが吸い取ってくれます。顔や目に滴ってくる汗を止めることが出来るので、汗をたくさんかく時期も快適に長時間歩くことが出来ます。

雨対策

雨を帽子でしのぐ人

帽子が活躍するのは、晴れの日だけではありません。雨の日も帽子は大活躍。ウォーキングを長く続けていると、ちょっとした小雨程度であれば躊躇なく外へ歩きに行く人が多いです。でも、雨で髪の毛が濡れたまま長時間外にいると風邪を引いてしまわないか心配ですし、雨水が直接目に入ってしまい歩くことに集中出来ないことが多いです。風が強く斜めに降る雨だと顔にバンバン当たってしまいます。

そんな雨の中のウォーキングも帽子があると便利。撥水加工の帽子を被れば、小雨程度であれば髪の毛がビッショリ濡れてしまう心配がありません。それにつばが雨よけの役割を果たしてくれるので、雨が直接目に入ったり顔に当たるのを防ぐことが出来ます。

スッピン隠し

帽子でスッピンを隠す人

スッピンの顔を隠したい時にも帽子が効果的。朝方のウォーキングや夕暮れ時のウォーキングで、ほとんどノーメイクの状態でも人目を気にせず歩くことが出来ます。寝起きで寝ぐせが酷く、髪の毛がぐちゃぐちゃでも帽子を被るだけですぐに外へ行けます。

ウォーキング用の帽子はどう選ぶ?

ウォーキング帽子の選び方

帽子は普段使いのものからスポーツ用のものまでたくさんの種類があります。おまけに形も野球帽のものからツバ広めのハットタイプのものまで様々な形状のものがあります。あまり汗をかかないウォーキングなら家にある普段使いの帽子でも良いですが、長時間歩いて汗をかくなら、やはり運動に適した帽子がおすすめです。

夏用はメッシュ、冬用はニット

夏用のウォーキング帽子は、風通しの良いメッシュ構造のキャップがおすすめ。帽子の中で蒸れにくいので、春夏の暖かい時期に最適です。

反対に、寒い冬のウォーキング帽子は、ニット素材のキャップ(ビーニー)がおすすめ。真冬の時期は特に耳が冷たい風に当たって痛くなるので、ニットキャップで耳を覆うことで耳の防寒対策になります。

日焼け対策はつば長めで日よけカバーありが効果的

「絶対に日焼けだけはしたくない」という人は、つばが長い帽子がおすすめ。つばが広いと、それだけ顔に当たる紫外線量を減らすことが出来るので、肌が焼けてしまうのを防ぐ効果が高いです。さらに、炎天下の中では首の日焼けにも注意。首もしっかりカバーしたいなら日よけカバーがあるものがおすすめ。

風で飛ばないように顎紐があると便利

風が強い日の中、ウォーキングするとなると顎紐付きの帽子が便利。帽子が軽ければ軽いほど風で飛んでしまいやすいですが、紐がついていているものなら飛んでしまう心配がありません。また、紐が無いものでも、帽子の後ろのアジャスターで調整出来るものであれば、風で飛びにくいです。

夜用は反射素材があると安心

ウォーキングは夜にするという人は、光に反射する再帰反射素材を使った帽子がおすすめ。外灯や車のヘッドライトなどの光に反射するので、夜間でも歩行者が目立ちやすいです。

毎日使うなら丸洗い出来るものを選ぶ

帽子は毎日使うものなので、出来れば丸洗いできるものを選んでおくと良いです。特に夏のウォーキングでは1日で汗でビショビショになってしまうので、毎日洗うことも多いです。帽子を選ぶなら、丸洗い出来て、すぐに乾くもの、そして型崩れしにくいものがおすすめ。

【メンズ】ウォーキング帽子のおすすめ5選

夏に最適!通気性抜群のメッシュキャップ

おすすめのメンズウォーキングキャップ①

春から真夏の時期におすすめしたいメッシュタイプのスポーツキャップ。網目状のメッシュ構造を採用しているので、風通しが良く、帽子内の熱を素早く外へ逃がすことが出来ます。長時間のウォーキングで被っても、頭が蒸れにくいので暖かい時期におすすめです。生地自体は薄く、軽量なので、洗ってもすぐに乾くし、旅行先への持ち運びも楽々です。ウォーキング用途としてだけじゃなく、山へ行ったり、川へ行ったりと様々なアクティビティで利用出来るアイテム。

また、つばは長めの作りになっているので、日差しの強い日は眩しさを軽減しつつ、顔に当たるUVを効果的にカット出来ます。頭のサイズは55~62cmまで対応しているので、頭の大きい人も大丈夫。サイズの微調整は後ろのアジャスターで出来るので、しっかりと頭へ合わせることが出来ます。ノーブランドのスポーツキャップで、価格が1000円を大きく切る値段なので、非常にお買い得。

メンズウォーキング帽子①

商品名:Nスポーツ 帽子
参考価格:599円
サイズ:フリーサイズ(55-60cm)

真夏も安心!通気性抜群で涼しさ

おすすめのメンズウォーキングキャップ②

男性に人気のスポーツキャップと言えばアンダーアーマーの野球帽。アンダーアーマーは、トレーニングを頑張る人に人気のブランド。ウォーキングする時もアンダーアーマーのカッコいい帽子を被るだけで、モチベーションがグッと上がるはず。デザインはシンプルでカッコいいので、ウォーキング中はもちろん、スポーツジムでのトレーニングや日常使いも出来るアイテム。そして、何よりうれしいのが「HeatGearスウェットバンド」を搭載していること。このテクノロジーは、真夏のたくさん汗をかく時期でも、素早く汗を頭部から逃がし、常にサラッとした状態をキープしてくれるもの。たくさん汗をかく真夏のシーンに被っていても快適。

通気性と速乾性に優れた機能性の高い帽子なので、真夏の熱中症対策におすすめです。また、有名ブランドアンダーアーマーの帽子なので、作りがしっかりしており、型崩れもしにくく、耐久性も良いです。値段はノーブランドの帽子に比べると高いですが、長く使えるカッコいい帽子なので、買って損はありません。

メンズウォーキング帽子②

商品名:アンダーアーマー UAベントコアキャップ2.0
参考価格:3,240円
サイズ:フリーサイズ(57-60cm)

日よけ付き!真夏の炎天下の中のウォーキングにおすすめ

おすすめメンズウォーキングキャップ③

真夏の炎天下の中でウォーキングをする場合は、直射日光が直接当たるのを出来るだけ防ぎたい。一般的な帽子だと頭は守ることが出来るものの、首を守ることが出来ません。アシックスのサンキャップは、首を日差しから守るための日よけカバーが付いているので、日差しの強い昼間のウォーキングに欠かせない帽子です。日よけ部分が木陰のような状態を作るので、首が涼しく感じます。また、日よけはメッシュ構造になっており、風通しが良いので、蒸れてしまう心配もありません。

スポーツメーカーの大手アシックスがランニング用に作っている帽子なので、ウォーキングには最適。作りもしっかりとしているので、もの持ちもかなり良いです。

日よけ付きメンズウォーキング帽子

商品名:アシックス ランニングサンキャップ
参考価格:3,630円
サイズ:M(55-57cm)、L(57-59cm)

頭と耳が暖かい!秋冬の防寒に最適なニット帽

おすすめのメンズウォーキング帽子④

秋冬の時期のウォーキングにはニット帽がおすすめ。寒い季節になると頭と耳が冷たい風に当たりつらいです。特に耳は直接冷たい風に当たることで痛くなってしまうので、耳を冷たい空気から守ってあげることが大切。そんな時に役立つのがニット帽。ニット帽(ビーニー)は、耳を覆うことが出来るので、冬の時期の耳の防寒に役立つアイテムです。見た目もおしゃれなニット帽は、公園や河川敷でのウォーキングだけじゃなく、街中を歩いたりするときにも重宝します。

こちらのニット帽は生地は薄め。普段使いの冬用の厚手のニット帽に比べると、防寒性はそれほど高くありませんが、運動して汗をかくようなウォーキングでは丁度良い薄さ。しっかりと動くウォーキングでも、暑すぎないので、長時間のウォーキングにも最適です。また、デザインはシンプルでありながらさりげないお洒落が特長。ウォーキング用途だけではなく、普段使いも出来るアイテム。

秋冬向けウォーキングニット帽

商品名:ニット帽
参考価格:1,480円
サイズ:フリーサイズ(54-60cm)

真冬のウォーキングにおすすめ!ツバ付きニット帽

おすすめのメンズウォーキングキャップ⑤

真冬のウォーキングに、暖かい防寒対策の帽子が欲しい人にはこちらのニット帽がおすすめ。アディダスのツバ付きのニット帽で、耳も隠すことが出来るので暖かい。生地もウォーキングに丁度いい厚さで秋はもちろん、真冬も重宝する帽子です。

通常のニット帽と違い、ツバ付きなので、秋冬の日中の眩しさ対策や紫外線対策としても使えるアイテム。雪や小雨が降る中でのウォーキングにもおすすめです。

ウォーキングに最適なツバ付きニット帽

商品名:アディダス ツバ付きニット帽
参考価格:2,590円
サイズ:フリーサイズ(57-60cm)

【レディース】ウォーキング帽子のおすすめ5選

風通しが良く夏におすすめ!スポーツメッシュキャップ

おすすめのレディースウォーキングキャップ①

春から夏にかけて暖かい時期にウォーキングするなら、通気性の良いメッシュキャップがおすすめです。メッシュの帽子は風通しが良いので、春夏も帽子の中が蒸れにくいので快適です。普段使いするようなコットン素材の帽子だと、帽子の中が蒸れて汗でビショビショになってしまいます。そうならないためにも、速乾性や通気性に優れた帽子を選びましょう。

こちらのスポーツキャップは速乾性と通気性が良いメッシュキャップなので、春夏のウォーキングにおすすめです。ツバは長めなので、紫外線対策に効果的。また、つば長めの作りが顔を小顔に見せてくれる効果も。

夏用ウォーキングキャップ(レディース)

商品名:Nスポーツ 帽子
参考価格:599円
サイズ:フリーサイズ(55-60cm)

ツバ広めでウォーキング中の紫外線対策におすすめ!

おすすめのレディースウォーキング帽子②

女性の天敵である紫外線量が多い春夏のウォーキングでは、つば広めの帽子を選ぶことが大切。通常のスポーツキャップだと、つばが前方しかついていないので、顔の横が紫外線にさらされてしまいます。日中の日が出ている時間帯にウォーキングするなら、UV対策として360度つばが付いているハットを被るのがおすすめ。顔の正面だけじゃなく、横顔、そして首までカバーできるので、日焼け対策として効果的です。

キャプテン・ケイの日よけ帽子は、おしゃれなデザインのハット。広めのつばでしっかりと紫外線から肌を守りつつ、見た目に可愛いのが特徴。デザインは可愛すぎず、大人の女性もエレガントに被れます。また、風が強い日は帽子が飛んでしまい困ってしまいますが、こちらは顎紐が付いているので飛ぶ心配もありません。

ツバ広めのウォーキング帽子(レディース)

商品名:キャプテン・ケイ 日よけ帽子
参考価格:1,780円
サイズ:フリーサイズ(54-59cm)

夏のウォーキングも日傘要らずのUVカット帽子

おすすめのレディースウォーキングキャップ③

紫外線が多い夏の時期は、ウォーキング中も日傘が欲しくなります。でも、日傘を持って歩くと腕を振って正しいフォームで歩くことが出来ないので、ウォーキングダイエットの効果も下がってしまいがち。そんな時におすすめしたいのが、こちらの日よけ帽子。顔はもちろん、横顔、口元、首、肩までカバーする範囲が広く、まるで日傘を差しているような感覚で使えるUVカット帽子です。絶対に焼けたくないという人におすすめ。

また、リバーシブルデザインになっているので、一つで二つ分のデザインを楽しむことが出来ます。無地でシンプルなデザインと花柄のデザインをその日の気分に合わせて選ぶことが出来ます。

夏のウォーキングに最適な日よけ帽子(レディース)

商品名:ラ・クエスト 日よけ帽子
参考価格:1,180円
サイズ:フリーサイズ

裏地付きで暖かい!真冬のウォーキングの頭と耳の防寒に最適

おすすめのレディースウォーキングキャップ④

秋冬のウォーキングは、防寒効果が高いニット帽がおすすめ。ニット帽(ビーニー)は、頭と耳を冷たい風から守ることが出来るので、寒い秋冬の快適にウォーキングを楽しむことが出来ます。

キャプテイン・ケイのニット帽は、裏地が付いているのが特徴。ニット帽の内側に手足の長いボア素材が付いているので、暖かい。真冬の時期でも、暖かいので防寒対策の一つとしておすすめです。また、デザインもおしゃれなので、ウォーキングだけじゃなく、普段使いとしても使えるアイテムです。

裏地付きで暖かいウォーキング帽子(レディース)

商品名:キャプテイン・ケイ ニット帽
参考価格:1,480円
サイズ:フリーサイズ(54-60cm)

秋冬のウォーキングにおすすめ!暖かいニット帽

おすすめのレディースウォーキングキャップ⑤

かわいらしいデザインが特徴のニット帽。編みが可愛いので、普段使いでもたくさん使いたい帽子です。深めなので、耳も隠すことが出来、秋冬の防寒対策として最適。裏地はありのものと無しのものがあり、裏地ありなら真冬でも使える便利な帽子。ツバも付いているので、秋冬の日中の紫外線対策にもおすすめ。

レディースニット帽

商品名:シッギ ニットキャスケット
参考価格:2,200円
サイズ:フリーサイズ(55-59cm)

帽子があれば夏も冬のウォーキングも快適

帽子を被ってウォーキングする人

ウォーキングするなら、夏は通気性の良いメッシュキャップ、冬は暖かいニットキャップがおすすめ。暖かい時期にしっかりとUV対策をしたいなら、フェイスカバーや日よけ付きで肌の露出を減らしてくれるUVカット帽子がおすすめ。ウォーキング中は帽子は日焼け防止、熱中症予防、雨対策、汗止め、スッピン隠しと大活躍してくれるアイテム。お気に入りの帽子を見つけて、ウォーキングをもっと快適なものにしましょう。

RUNNAL編集部

RUNNAL編集部

走るをもっと楽しく、もっと快適にするためのランニングメディア「RUNNAL(ランナル)」の公式アカウント。ランナルは、健康のために、ダイエットのために、マラソン大会での自己記録更新のために走るすべての人を応援しています。

Copyright© RUNNAL[ランナル] , 2019 All Rights Reserved.