野菜ジュースの効果とおすすめ5選

健康のために、野菜不足を解消するために、野菜ジュースを飲むことをおすすめします。野菜ジュースで不足しやすい野菜の栄養素を手軽に補うことが出来るので。そこで、本当に野菜ジュースには野菜不足を解消するための効果があるのか、どんな野菜ジュースを選べば健康に良いのかをまとめて紹介させていただきます。

野菜ジュースの気になる効果

野菜を食べるそのままの効果は期待出来ない

出典:http://clown.gamecs.jp/e46252.html

野菜ジュースは、野菜を食べるそのままの効果を期待出来るものではありません。厚生労働省は1日あたり350gの野菜を摂取することを推奨しています。野菜350g分の野菜を使用した野菜ジュースでも、野菜350g分の栄養素をそのまま摂れるわけではありません。

野菜ジュースは、濃縮還元製法による製造過程において、熱に弱いビタミンCを失います。また、水に溶けにくい不溶性食物繊維も取り除かれます。そのため、野菜ジュースを飲んだからといって野菜を食べるそのままの効果を期待できるわけではありません。

野菜も食べつつ野菜ジュースを活用することで効果が高まる

出典:http://bitiku.com/report/juice.php

野菜ジュースは野菜をそのまま食べる効果は期待出来ないため、野菜ジュースを飲んでいれば野菜を食べなくても大丈夫ということではありません。

ただ、野菜ジュースにはリコピンやβ-カロテンといった栄養素を生野菜よりも効率的に摂取出来るというメリットもあります。トマトに多く含まれるリコピンやニンジンに多いβ-カロテンは生で食べるよりも、加熱を加えた加工食品の方が吸収率が高まる栄養素です。

野菜ジュースはビタミンCや不溶性食物繊維といった栄養素の摂取にはあまり向きませんが、リコピンやβ-カロテンの摂取には優れた食品です。

野菜も食べることを意識しつつ、野菜ジュースを飲むことで、野菜不足を解消させることが出来ます。

健康に良い野菜ジュースの選び方で重要な三つのこと

1.砂糖や食塩不使用のものを選ぶ

出典:http://magazine.shokuikuclub.jp/health/20150826_050000/

野菜ジュースは、多くの場合、健康のために野菜不足を解消させるために飲む飲み物です。野菜ジュースの味が好きだから飲んでいるという場合は除いて、健康のために野菜ジュースを飲むなら、砂糖や食塩が使用されているものは避けましょう。

砂糖の摂り過ぎは糖尿病の原因となりますし、食塩の摂り過ぎは高血圧の原因となります。砂糖や食塩は摂り過ぎると生活習慣病を招きますので、野菜不足を解消するために飲む野菜ジュースでは無駄に砂糖や食塩が使われていないものを選ぶことが重要です。

2.香料・着色料・保存料など無添加のものを選ぶ

健康のために野菜の栄養素を補う目的で野菜ジュースを飲むなら、香料や着色料、保存料といった添加物を使用していない無添加の野菜ジュースを選ぶようにしましょう。香料や着色料、保存料は摂り続けて健康に良いものではありません。健康には、無駄なものが添加されていないものが一番です。

3.果物メインではなく野菜を多く使用しているものを選ぶ

出典:https://secure.padonavi.net/event/shuto/saitama/11105/87/

野菜ジュースは、飲みやすく美味しくするために果物を多く使用しているものがあります。しかし、果物が多いと重要な野菜の栄養素が少なくなり、糖質の量が多くなります。それではほとんどふつうのジュースを飲んでいるのと変わりがありません。果物中心ではなく、野菜中心の野菜ジュースを選びましょう。出来れば野菜のみを使用したものが理想的です。

また、厚生労働省が策定している「健康日本21」における目標値である1日あたり350gを目標に野菜を摂りたいので、野菜を350g使用しているものが安心です。

おすすめの野菜ジュース5選

緑でサラナ

青野菜8種類と果物2種類を使用した野菜ジュース。余計な砂糖、香料、食塩、保存料は一切不使用。コレステロールを下げる野菜由来の天然アミノ酸SMCSを含んだ日本唯一の特定保健用食品。コレステロールが気になる人におすすめの野菜ジュースです。

栄養成分:52kcal/タンパク質1.0g/脂質0g/糖質11.5g/食物繊維1.2g/ナトリウム10~40mg/カリウム260mg/ビタミンK27µg/ショ糖1.4~2.8g

緑黄色野菜ジュース350

厚生労働省が推奨する350gの野菜を使用。野菜特有のくさみは一切なく、にんじんの甘味を活かした濃厚でなめらかな飲みごたえ。野菜が苦手な人でも美味しく飲める野菜ジュースです。また、腹持ちも良いためダイエットにもおすすめ。

栄養成分:97kcal/タンパク質2.2g/脂質0g/炭水化物22.1g/ナトリウム73~370mg/食物繊維2.1g/βカロテン13000µg

1日分の野菜

伊藤園の定番の野菜ジュース。にんじん、トマトを主体に30種類の野菜を350g分使用。砂糖と食塩不使用で安心して飲むことが出来ます。

栄養成分:73kcal/タンパク質1.9g/脂質0g/糖質14.8g/ナトリウム22~221mg/食物繊維2.0~4.2g/カルシウム135mg/鉄0.2~1.0mg/マグネシウム51mg/カリウム770mg/亜鉛0.1~0.6mg/ビタミンA420~1790µg/ビタミンE1.0~3.3mg/葉酸4~83µg/ビタミンC60~134mg/ビタミンK10µg/ショ糖3.7~12.1g/リコピン11mg/

野菜一日これ一本

カゴメの定番の野菜ジュース。30品目の野菜350gをぎゅっと濃縮した野菜ジュースで、葉・果・茎・根など様々な野菜をバランス良く使用しています。

栄養成分:179kcal(タンパク質9.5g/脂質0g/炭水化物37g/ナトリウム490mg/カリウム200mg)
アミノ酸:10000mg(BCAA8000mg)
クエン酸:5000mg

野菜生活100オリジナル

21種類の野菜と3種類のフルーツで作られた野菜ジュース。3種類のフルーツを使用しているため、野菜ジュースが苦手な人でも比較的飲みやすいものです。また、不足しがちな野菜を120g使用。

栄養成分:64kcal/タンパク質0.8g/脂質0g/糖質14.8g/食物繊維0.3~1.2g/ナトリウム0~150mg/カルシウム13mg/カリウム340mg/ビタミンK0~13µg/葉酸1~12µg/α-カロテン1100~6100µg/βカロテン3900~12000µg/ショ糖3.4~6.7g

RUNNAL編集部

走るをもっと楽しく、もっと快適にするためのランニングメディア「RUNNAL(ランナル)」の公式アカウント。ランナルは、健康のために、ダイエットのために、マラソン大会での自己記録更新のために走るすべての人を応援しています。