ランニングによる美肌効果とは?走ることで綺麗な肌を作ろう!

ランニング・ジョギングが肌にもたらす効果について紹介させていただきます。ランニングは肌を綺麗にする効果があるのか、それとも肌の老化を招く原因になるのか、多くの人が気になっている部分を詳しく紹介させていただきます。

運動不足は肌トラブルの原因

血行不良

運動不足が続くと、血行が悪くなります。血行が悪くなると、肌のトラブルが起こりやすくなります。肌の細胞に必要な栄養と酸素が行きわたらなくなり、老廃物の排出も上手く機能しなくなるため、肌荒れやニキビといったトラブルにつながります。

また、血液の巡りが悪いと、肌にうるおいも行きわたらなくなるため、肌は乾燥しがちになります。化粧水や乳液をしっかり塗ってお肌の手入れをしていても肌が乾燥してしまうという人は、運動不足による血行不良が乾燥の原因かもしれません。

新陳代謝の低下

運動不足で血行が悪くなると、新陳代謝が低下します。血行が悪くなり、新しい細胞を作るための栄養が行きわたらなくなることで、お肌の新陳代謝が悪くなってしまうのです。そうなると、古い角質が長く皮膚の表面に残ってしまい、シミやニキビといった肌トラブルの原因となります。

ランニングは活性酸素が発生するため肌の老化の原因になる!?

出典:http://www.thehealthsite.com/fitness/how-to-know-your-foot-type-to-choose-the-right-footwear-for-running-b1216/

運動不足は肌のトラブルの原因です。ただ、ランニングを始め運動は、体内で活性酸素が増えるため、肌の老化の原因になるのではないかと言われることもあります。活性酸素は、体内で発生すると、細胞を錆びつかせる働きをします。普段、活性酸素は体内に入ってくるウイルスや微生物などを撃退する役割を果たしていますが、活性酸素が増えすぎると、肌の老化の原因となります。

ただ、活性酸素は運動だけではなく、普段の呼吸や食事を摂る、歩くといった日常的な動作で常に体内で発生しています。また、ランニングによって活性酸素が増えすぎ、肌の老化の原因となってしまうのは、月間走行距離が1000kmを超えるようなアスリートランナーのような場合です。一般の人が健康やダイエットのためにランニングをする程度で、肌の老化につながるほど活性酸素が増えることはありません。

また運動によって活性酸素が増えやすいのは無酸素運動です。主に筋トレや短距離ダッシュといったハードな運動です。ランニングは無酸素運動ではなく、有酸素運動です。無酸素運動に比べ活性酸素が大きく増えすぎることはありません。また、ランニングは様々な健康効果があり、美肌に良い面がたくさんあります。そのため、肌を綺麗に若々しく保つためには、ランニングをおすすめします。

ランニングが美肌をもたらす5つの理由

その1.血行改善でお肌の血色が良くなる

出典:http://www.stylecraze.com/articles/asian-beauty-secrets-to-inspire-you/#gref

血行が悪いとお肌の血色も悪くなります。お肌の血色は第一印象に大きな影響を与えます。血色が悪いだけで、不健康で暗い印象になります。

ランニングは有酸素運動で、毛細血管が増え、体内の血液の巡りを良くします。血行不良を改善することで、お肌の血色を良くしてくれます。また、血行促進効果によって血行不良が原因となって起こる肌のくすみや目の下のクマといったお肌のトラブルを解消させることができます。

その2.新陳代謝が活性化しお肌のターンオーバーサイクルがあがる

出典:http://hbj.sg/tag/asian-beauty/

ランニングによって血行が良くなれば、体の各細胞に必要な栄養が行き渡るようになり、新陳代謝が活性化されます。お肌の細胞が生まれ変わる周期であるターンオーバーのサイクルも早くなります。お肌のターンオーバーは若い頃はサイクルが早く、年をとると段々サイクルが遅くなり、古い肌から新しい肌への生まれ変わりが遅くなり肌トラブルが起こりやすくなります。

ランニングによってお肌のターンオーバーを活性化させることが出来れば、肌の色素沈着によるシミやくすみ、ニキビといった肌トラブルを解消させることができます。

その3.成長ホルモンの活性化で美肌成分の分泌が促進される

出典:http://katjuju.com/beauty/peeling-gels-the-next-asian-beauty-secret-revealed/

運動をしている人は、運動をしていない人に比べて、お肌のコラーゲン量が多いと言われています。それは、運動によって成長ホルモンが活性化され、コラーゲンの分泌が促進されるからです。

ランニングのような運動をすることで、成長ホルモンの分泌を活性化できます。成長ホルモンは、肌の修復や水分を保つコラーゲンや肌の弾力性を保つヒアルロン酸といった美肌成分の分泌を促す役割があります。肌のためにはゴールデンタイム(夜22時~夜中の2時)にしっかり寝ることが大切が大切と言われますが、これはその時間帯に寝ていることで成長ホルモンの分泌が促進されるからです。

ランニングは、美肌の分泌に欠かせない成長ホルモンの活性化にも関係するため、美肌を作る上で効果的な運動となります。

その4.汗をかくことで不要な老廃物を排出できる

出典:http://diet-fitness.healthguru.com/video/do-you-have-to-sweat-to-have-an-effective-workout

ランニングで汗をかくことも美肌には大切なことです。汗をかくことで毛穴が開き、体内に溜まっている不要な老廃物を排出することができます。老廃物や毒素が体内にたまっていると、お肌のトラブルの原因となります。汗を流すことで、吹き出物が出来てしまうのを防ぐことができます。

また、汗をながすことで体内の余分な水分を排出することができるため、むくみの解消や予防にもつながります。さらに、汗には肌を保湿させる保湿成分が含まれています。汗をかくことで、肌を潤わせ保湿させる効果もあるのです。

その5.脂肪燃焼により顔が引き締まる

出典:http://www.livestrong.com/article/325976-easy-exercises-to-quickly-lose-belly-fat-for-women/

ランニングのような有酸素運動は脂肪燃焼に効果的です。運動中に体内の脂肪をエネルギーとして利用するため、脂肪の燃焼によるダイエット効果が期待できます。ランニングで脂肪の燃焼が進めば、顔についている無駄な脂肪を削ぎ落とすことも出来ます。

RUNNAL編集部

走るをもっと楽しく、もっと快適にするためのランニングメディア「RUNNAL(ランナル)」の公式アカウント。ランナルは、健康のために、ダイエットのために、マラソン大会での自己記録更新のために走るすべての人を応援しています。