ランニング中にスマホはどうしてる?邪魔にならず上手く持ち運ぶ方法

ランニング中にスマホをどうやって持ち運びしたら良いのか迷っている人も多いと思います。スマホを持ち運べば音楽を聞いたり、ランニングアプリを活用出来るなどたくさん良い事があります。しかし、スマホは意外と邪魔です。そこで、邪魔にならないように上手くスマホを持ち運ぶ方法を紹介させていただきます。

ランニング中にスマホを持ち運ぶことで出来ること

音楽を楽しみながら走れる

上手く走ることを楽しむためには、音楽を聞くというのは非常に有効な手です。初心者ランナーの場合、なかなか走ること自体を楽しむことが出来ず、長い時間走っていると飽きてしまうことも多いです。そんな時に、音楽があれば、もっと長い時間でも楽しく走れるようになります。

そのため、音楽を聞きながら走っている人も多いです。スマホがあれば、手軽に音楽を楽しむことが出来るため、ランニング中にスマホで音楽を聞いているという人も多いでしょう。

ランニングアプリを活用出来る

iPhone、Androidスマホに関わらず、ランニングに便利なアプリが多く存在します。ランニングの距離を測定できるランスタティックやランキーパーといったランナーご用達の定番アプリを始め、走るのにぴったりなプレイリストを聞くことが出来る音楽系アプリ、ダイエットに欠かせない消費カロリーを計算出来るアプリなど、本当にたくさんの役立つアプリがあります。

スマホを持ちながら走れば、気軽に走行距離やペースを確認出来ます。高機能なランニングウォッチを持っていなくても、それ同等の機能をスマホで補えるわけです。

綺麗な風景を写真に収められる

ランニングの魅力の一つは、美しい景色を楽しめることです。河川敷の自然豊かな景色や沈んでいく夕日、雨上がりの虹といった写真を撮りたくなるような景色に遭遇することも少なくありません。

そんな場面でスマホがあれば、すぐにシャッターを押し写真に残すことが出来ます。マラソン大会でも走りながら、その記録を写真に収めることが出来ます。

ランニング中のスマホの持ち運びは大きな悩み

スマホを持って走れば、音楽を聞けたり、アプリを使えたり、写真を取れたりと色々出来ることが多くなります。スマホを持って走ることで、走ることをもっともっと楽しめるようになるのです。

ただ、ポケットにスマホを入れて走ると邪魔になることが多いです。普通にポケットに入れて走れば、揺れてポケットからスマホが落ちてしまうこともあります。それにポケットの中でスマホが揺れること自体、良いものではありません。それに何より、重いです。特に最近のスマホはどんどん大型化しています。iPhoneSEのような小さいスマホならなんとかなりそうですが、iPhone8やiPhoneX、特にiPhone8Plusのような大型スマホになると邪魔になってしょうがないです。

スマホを手に持って走るのはオススメ出来ない

ランニング中に音楽を聞いたり、ランニングアプリを使ったりする場合、スマホは欠かせない。ただ、どうやってスマホを持って走れば良いのか分からない。そんな時、スマホを手にそのまま持って走るという人も多いのではないでしょうか。ベテランランナーの場合は、そのような人は少ないでしょうが、初心者ランナーの場合はそのまま手に持って走っている人が見ることがあります。

ただ、スマホを手に持って走るのはおすすめ出来ません。スマホを手に持って走ると、誤って手を滑らせてスマホを破損させたり、紛失させたりする可能性があります。ランニング中は汗をおおくかくので、普段以上に手を滑らせる可能性は高くなります。それに、手に重いスマホを持ったまま走るのは、ランニングフォームが乱れてしまうことにもなります。ランニング中でもスマホを安全に携帯する方法はたくさんあります。そのため、出来るだけ手にそのまま持って走るというのは避けましょう。

ランニング中にスマホを上手く持ち運ぶ方法

その1.スポーツアームバンドで腕にスマホを固定

ランニング中に上手くスマホを持ち運ぶ方法の定番は、アームバンドで腕に固定してしまうという方法です。スポーツアームバンドは、スマホをバンドのケースに入れて、スマホを腕に固定出来ます。スマホの小さいものはもちろん、最近の大型機種も入れることが出来るので、スマホを持って走りたい人におすすめ。

特に、売れている人気商品の場合、アームバンドに入れたまま画面をタッチ出来るタッチパネルに対応しているもの、イヤホン専用の穴がありイヤホンコードを通すことが出来るもの、長時間着用してもストレスにならない密着面の通気性を高めているものなど、機能性に優れていることが多いです。

アームバンドは普段のランニングシーンはもちろんのこと、マラソン大会でも重宝します。GPSランニングアプリを使えば、現在のペースや距離がリアルタイムに把握できるので、ハーフマラソンやフルマラソンで重宝します。

▼スマホの携帯に便利なアームバンドを見てみる

ランニングにおすすめのスマホ用アームバンド人気10選!走っても落ちない!
ランニング中にスマホを持ち運び、音楽を聞いたり、ランニングGPSアプリを活用するなら、スポーツアームバンドがおすすめです。アームバ...

その2.ウエストポーチで腰にスマホを収納

アームバンド同様に、おすすめなのがウエストポーチです。ウエストポーチで腰部分にスマホを固定させることが出来るため、ランニング中でもスマホが邪魔にならず、走ることに集中出来ます。

ウエストポーチはスマホ以外にも小銭や鍵など小物を収納出来るため、スマホ以外にも何かものを持ち運びしたいという人におすすめです。アームバンドよりも、ランニング中にスマホを取り出しやすいので、写真を頻繁に撮るような場合にもウエストポーチが便利です。

マラソン大会では、このウエストポーチにスマホを入れて走っているランナーが多いです。ウエストポーチにはハーフマラソンやフルマラソンで欠かせない補給食用ジェル、熱中症対策の塩飴、天候悪化時用のパッカブルジャケット等、色々な小物を収納出来るので、大会での使用に便利。また、写真を撮りたい場合も、ウエストポーチからサッとスマホを取り出して写真を撮れるので、写真をいっぱい残したい人にもおすすめ。

▼大きいスマホも入る!人気ウエストポーチを見てみる

ランニング用ウエストポーチの人気おすすめ10選!走っても揺れない!ずれない!
ランニング中の小物の携帯に便利なランニン用ウエストポーチ。腰に装着することで、簡単にスマホや鍵、お金、その他小物を携帯して走ること...

その3.ファスナー付きのランニングウェアに収納する

アームバンドやウエストポーチといったものを身につけたくないという人には、ランニングウェアのポケットに入れるというのもおすすめ。ただ、その際は、ファスナー付きポケットに入れるようにしましょう。ファスナーの付いていないポケットに入れるとランニング中にスマホを落としてしまう可能性があります。スマホを安全に持って走るためにも、ファスナー・ジッパー付きで安全性の高いポケットに入れましょう。

また、ランニングパンツの左右のポケットに入れるのはおすすめ出来ません。そこにスマホを入れると走る度にスマホが揺れて足に当たりストレスとなってしまいます。出来るだけ影響のない、ランニングパンツの腰部分のポケット、ジャケットの胸元部分のポケットに入れるのがおすすめ。ポケットに入れて走ろうと思っている人は、ウェア選びの際に、パンツの後ろ側の腰部分にポケットがあるもの、ジャケットの胸元にジッパーポケットがあるものを選ぶと良いでしょう。

▼ランニングに人気のウェアを見てみる

ランニング初心者におすすめの服装・ウェア【男性・女性】
初心者の人はランニング(ジョギング)でどんな格好をして走れば良いのか分からない人も多いと思います。そこで、春・夏・秋・冬の季節ごと...

その4.ランニングバックパック・リュック

スマホとともに、たくさん荷物を携帯して走りたいという場合はランニングバックパック・リュックを活用するのもおすすめです。バックパック・リュックは荷物をたくさん入れる収納性に優れているアイテムです。通勤ランや遠出するような場合、バックパックがあればスマホ以に、タオル、着替え、飲み物、食べ物等を収納出来ます。

ランニング用バックパックは、背中のメインの部分にそのままスマホを入れるものもあれば、サイドにポケットがあり走りながらでもスマホを取り出しやすいもの、ハーネス部分にポケットがあり、スマホの取り出すが便利なものまで、様々な商品があります。たくさん荷物を持って走りたい場合なんかにバックパックが便利です。

RUNNAL編集部

走るをもっと楽しく、もっと快適にするためのランニングメディア「RUNNAL(ランナル)」の公式アカウント。ランナルは、健康のために、ダイエットのために、マラソン大会での自己記録更新のために走るすべての人を応援しています。