シニア向けスマートウォッチのおすすめ

高齢者の健康管理に!シニア向けスマートウォッチのおすすめ10選【見守り用にも】

更新日:  著者:RUNNAL編集部

40代・50代のミドル世代や60代・70代のシニア世代の毎日の健康管理にスマートウォッチが便利です。スマートウォッチがあれば、いつでも手元で歩数や心拍数、睡眠時間、血中酸素濃度等を確認できます。さらに、万が一の転倒・転落時の緊急通報機能や、GPSによる見守り機能など安心感をもたらせてくれる機能も満載です。

今回の記事では、主に中高年や高齢者の日々の健康管理にオススメしたい健康機能満載のスマートウォッチを紹介しています。さらに、スマートウォッチは自分に必要かどうか悩んでいるミドル世代やシニア世代の方や、高齢の両親に敬老の日や父の日、母の日のプレゼントとしてスマートウォッチを検討しているという方は是非参考にしてみてください。

高齢者に嬉しい!スマートウォッチの便利機能

健康管理

スマートウォッチで心拍数を確認する高齢者

今や、20代・30代の若い世代を中心にスマートウォッチが大人気。しかし、40代・50代のミドル世代や60代・70代のシニア世代もスマートウォッチを活用してみるのがオススメです。

中高年や高齢の人にスマートウォッチをオススメする理由は、スマートウォッチが健康管理用の道具として便利なためです。スマートウォッチには、歩数計(万歩計)や心拍計、睡眠計、血中酸素濃度測定機能、心電図機能、血圧測定機能など、本当に様々な健康機能が搭載されています。毎日の健康の目安となる数値を手元でいつでも確認できるのがスマートウォッチの魅力です。

歩数計(万歩計)

スマートウォッチは万歩計代わりに毎日の「歩数」「移動距離」「消費カロリー」を計測出来ます。中高年や高齢の人は、生活習慣病の予防や改善、心肺機能や足腰の強化、認知症予防に効果的と言われる散歩やウォーキングを日課としている人も多いと思います。歩数計を備えるスマートウォッチがあれば、いつでも手元で頑張った成果を客観的な数値で確認出来るため運動を継続していくための大きな励みとなります。

睡眠計

スマートウォッチは腕に装着し寝るだけで睡眠時間や睡眠の質(眠りの深さ)を計測出来る睡眠計(睡眠モニタリング機能)を搭載しています。加齢とともに睡眠が浅くなり睡眠の質が落ちてくるので、睡眠の質を改善するためにもまずは自分の睡眠時間や睡眠の質を客観的な数値で把握してみるのも大事です。また、機種によっては睡眠の質を上げるために毎回アドバイスをくれる機種もあります。

心拍計

スマートウォッチには手元で手軽に心拍数を測定できる光学式心拍計も搭載しています。心拍数は熱があったり、体調が悪かったり、強いストレスを抱えていたりすると高くなる傾向があるため、体調の変化を読み取るのに役立ちます。スマートウォッチがあれば、安静時はもちろん、運動中や睡眠中も心拍数を測定出来るため、体調の変化に気づきやすくなります。

血中酸素濃度測定

スマートウォッチの上位機種には、パルスオキシメーターを使わずとも手元で手軽に血中酸素飽和度(SpO2)を測定出来る血中酸素濃度測定機能も搭載されています。血中酸素濃度とは血液に含まれる酸素量を数値化したもので、肺炎になり肺がダメージを受けると肺から血液注に酸素が十分に行き渡らなくなり数値が低下します。そのため、血中酸素濃度測定機能はコロナ禍において非常に人気の機能となっています。

心電図測定

Apple Watchを始め一部の上位スマートウォッチには、心電図機能も搭載されています。手元で心電図を測定出来、心電図機能と不規則な心拍の通知機能によって、高齢者に多い不整脈である心房細動の兆候を素早く見つけるのに役立てることが出来ます。

血圧測定

OMRON(オムロン)のようにごく一部のメーカーのみですが、手元で手軽に血圧測定出来る機能を備えたスマートウォッチもあります。通常の家庭用血圧計同様にオシロメトリック法で血圧測定するためのカフ(通常の血圧計本体にチューブで繋がった腕に巻く部分のこと)をバンドに内蔵し、手首で最高血圧(収縮期血圧)と最低血圧(拡張期血圧)、脈拍を測定出来るようになっています。

転倒検知&緊急SOS機能

転倒したシニア

多くのミドル世代やシニア世代にとってスマートウォッチの健康機能は魅力的ですが、足腰が弱っている高齢者にとっては転倒検知機能も非常に魅力的な機能です。

転倒検知機能とは、スマートウォッチの着用者が転倒(或いは転落)した際の強い衝撃を検知し、着用者に反応がない場合に緊急通報サービス(119番)への通報を自動的に行ってくれたり、事前に登録しておいた家族の連絡先へ位置情報を添えた緊急メッセージを送信してくれるというものです。海外では実際にApple Watchの転倒検出機能と緊急SOS機能のおかげで命を救われたという報告も多数あるので、この機能があると安心感があります。さらに、本人だけではなく、高齢の両親が遠くに住んでいるという家族も、お父さん(義父)とお母さん(義母)が万が一転倒・転落してしまった場合でもすぐにその情報を受け取れるという安心感があります。

転倒検知機能&緊急SOS機能を利用するには、近くにBluetooth接続済みのスマホがあることが前提です。もし、スマホを持っていない高齢の両親にこの機能のためにスマートウォッチを持ってもらうなら、スマートウォッチ単体でデータ通信出来るセルラーモデル(又はLTEモデル)を購入し、スマートウォッチ用のデータ通信契約をする必要があります。

見守りGPS機能

高齢者の位置情報を確認する家族

認知症を患い徘徊の危険性がある場合、その家族にとって頼りとなるのがGPSによる見守り機能です。見守りGPS機能があれば、認知症の親の現在地を常にスマホ上で確認出来ます。徘徊は、事故に遭遇したり、転倒や転落などで怪我をしてしまったり、行方不明になってしまったり、夏場に脱水症状や熱中症になってしまったり、冬場に低体温症となってしまったりと、様々なリスクを伴います。そのため、守りGPS機能で親の居場所をすぐに特定できるのは、非常に心強いです。

現状、見守りGPS機能搭載のスマートウォッチはそこまで数は多くはありませんが、Apple Watch(GPSモデルではなくGPS+セルラーモデル)であればファミリー共有設定を利用し、自分のiPhone内の探すAppで親が装着しているApple Watchの現在地をマップ上ですぐに確認出来ます。また、SIM対応のGPS付きキッズスマートウォッチも着用者の現在地の特定やルート追跡などに活用出来ます。認知症の親を持つ家族は日々の精神的な負担をちょっとでも軽減するために、この見守りGPS機能を活用してみるのがオススメです。

通知機能

スマートウォッチの通知を確認するシニア

スマートウォッチの定番機能である、通知機能も40代・50代のミドル世代や60代・70代のシニア世代にも嬉しい機能です。

スマートウォッチを装着していれば、スマホに届く電話着信やメール受信、LINEメッセージ受信といった通知を手元の振動で受け取ることが出来ます。スマホだとすぐ近くにない時や、カバンやポケットの中に入れていて電話やメッセージに気づかないなんてこともあるのですが、スマートウォッチなら娘や息子、孫、友人からの電話やメッセージを見逃すなんてことがなくなります。

通話機能

スマートウォッチで通話する人

スマートウォッチがあれば、電話着信にすぐに気付けるだけではなく、電話にすぐに応答することが出来ます。ウォッチ本体にスピーカーとマイクを内蔵している通話機能付きのスマートウォッチであれば、着信時に手元の応答ボタンを押すだけですぐにハンズフリー通話が開始できます。電話中にスマホをずっと持っていなくても良いので楽です。さらに、何か作業をしながら電話するのにも便利です。

電子マネー機能

スマートウォッチでキャッシュレス決済する人

スマートウォッチの電子マネー機能も便利です。中高年や高齢の人にとっては電子マネーはハードルが高く感じるかもしれませんが、使ってみるとすごく便利です。会計の際に財布からお金を出したり、お釣りを受け取ったりとする手間が省けるため、楽に買い物ができます。さらに、完全に非接触で決済出来るのはコロナ禍で嬉しいところ。

健康管理に最適!シニア向けスマートウォッチのおすすめ

Apple Watch Series 8

iPhoneユーザーなら、スマートウォッチはApple Watchがオススメ。

特に最上位機種であるApple Watch Series 8は血中酸素濃度測定機能と心電図機能、皮膚温測定機能を搭載しているため、毎日の健康管理に最適です。特に、心電図機能に付随する不規則な心拍の通知機能によって、心房細動の兆候を早期に発見するのに役立ちます。そのほかにも、歩数や消費カロリーを計測出来る歩数計に、高心拍と低心拍のアラート通知を備える心拍計、睡眠モニタリングと、健康関連の機能が非常に充実しています。

さらに転倒や転落を検出し、着用者の反応が見られない場合には速やかに緊急連絡先へメッセージを送る転倒検知&SOS機能もあり安心です。また、ウォッチ単体でデータ通信出来るセルラーモデルを選べば、ファミリー共有設定を利用することで家族が着用者の現在地をiPhone上のアプリからいつでも把握することが出来るため見守りウォッチとしても活用出来ます。

シニア向けスマートウォッチのおすすめ

商品名:Apple Watch Series 8(45mm)
参考価格:64,800円
サイズ:45x35x10.7mm
重量:38.8g
ディスプレイ:AMOLED
解像度:396x484
防水:5 ATM
バッテリー:18時間
通知機能:◯
通話機能:◯
電子マネー:◯
音楽保存:◯
GPS内蔵:◯
歩数計:◯
心拍計:◯
睡眠計:◯
ストレス測定:-
血中酸素濃度測定:◯
心電図測定:◯
血圧計測定:-
転倒検知:◯
緊急SOS:◯

Apple Watch SE

Apple Watchを選ぶなら、Series 8よりも安く買えるエントリーモデルのSE(第2世代)もオススメ。

Apple Watch SEは、血中酸素濃度測定機能と心電図機能、皮膚温測定機能を搭載していないものの、Series 8よりも約2万円安く買えるのが魅力の機種です。入門機ながらも、歩数や移動距離、消費カロリーを測定出来る歩数計に、高心拍と低心拍の検出に対応した心拍計に、睡眠計、距離計測出来るGPS機能、音楽再生出来る音楽保存機能、キャッシュレス決済出来る電子マネー機能と、魅力的な機能がたくさん詰まっています。

また、SEもSeries 8同様にセルラーモデルを選ぶことで、ウォッチ単体でデータ通信が可能です。そのため、iPhoneを持っていなくても万が一の転倒時に転倒検出し緊急SOS機能を利用し、家族へ位置情報を備えたSOSメッセージを自動的に送ることが可能です。さらに、ファミリー共有設定によってヘルスケア機能の共有や、現在の位置情報の共有も可能となります。

シニア向けスマートウォッチのおすすめ2

商品名:Apple Watch SE(40mm)
参考価格:37,800円
サイズ:40x34x10.7mm
重量:26.4g
ディスプレイ:AMOLED
解像度:324x394
防水:5 ATM
バッテリー:18時間
通知機能:◯
通話機能:◯
電子マネー:◯
音楽保存:◯
GPS内蔵:◯
歩数計:◯
心拍計:◯
睡眠計:◯
ストレス測定:-
血中酸素濃度測定:-
心電図測定:-
血圧計測定:-
転倒検知:◯
緊急SOS:◯

Galaxy Watch4

Androidスマホユーザーには、Galaxy Watch4がオススメ。

Galaxy Watch4は、健康関連の機能が非常に充実したスマートウォッチで毎日の健康管理にぴったりです。特に注目すべきが、体組成機能。スマートウォッチで骨格筋や体脂肪量、体脂肪率、体内の水分、BMIなどを測定出来るのがすごいところ。さらに、心拍数、血中酸素濃度、睡眠計測、ストレスチェック、水分摂取記録といった本当に便利な健康関連機能がたくさん搭載されています。おまけに、これは現状は日本未対応なのですが、血圧測定機能と心電図機能も搭載されており、日本でこれらの機能が解禁されれば、まさに最強の健康管理用ウォッチとなります。

また、転倒検知機能も搭載し、万が一の転倒・転落時に事前に登録した最大4件の連絡先にSOS通知を自動送信出来るようになっています。

シニア向けスマートウォッチのおすすめ3

商品名:Galaxy Watch4
参考価格:36,000円
サイズ:44.4x43.3x9.8mm
重量:30.3g
ディスプレイ:AMOLED
解像度:450x450
防水:5 ATM
バッテリー:40時間
通知機能:◯
通話機能:◯
電子マネー:-
音楽保存:◯
GPS内蔵:◯
歩数計:◯
心拍計:◯
睡眠計:◯
ストレス測定:◯
血中酸素濃度測定:◯
心電図測定:◯(日本未対応)
血圧計測定:◯(日本未対応)
転倒検知:◯
緊急SOS:◯

HUAWEI WATCH GT 3

どうせならオシャレでカッコいいデザインのスマートウォッチを装着したいという人には、HUAWEI WATCH GT 3がオススメ。

HUAWEI WATCH GT 3は、スマートウォッチとは思えないスタイリッシュな見た目が特徴。ベゼルはステンレススチールを、バンドはレザーバンドを採用し、高級感漂うハイテク時計となっています。もちろん機能面も非常に充実していて、毎日の健康のバロメーターとなる体表面温度測定機能も搭載しています。さらに、血中酸素濃度や精度の高い心拍数測定機能、深呼吸トレーニング出来る呼吸訓練機能も搭載するなど、健康管理用としても非常に優秀です。

また、数あるスマートウォッチの中でもバッテリー持ちの良さに優れていて、最大14日間連続使用出来ます。毎日のように充電する必要がないため、とても実用性の高いスマートウォッチとなっています。

シニア向けスマートウォッチのおすすめ4

商品名:HUAWEI WATCH GT 3
参考価格:31,800円
サイズ:45.9x45.9x11mm
重量:42.6g
ディスプレイ:AMOLED
解像度:466x466
防水:5 ATM
バッテリー:14日間
通知機能:◯
通話機能:◯
電子マネー:-
音楽保存:◯
GPS内蔵:◯
歩数計:◯
心拍計:◯
睡眠計:◯
ストレス測定:◯
血中酸素濃度測定:◯
心電図測定:-
血圧計測定:-
転倒検知:◯
緊急SOS:◯

OMRON HCR-6900T-M

毎年の健康診断で血圧が高いことを指摘される人には、OMRON(オムロン)のスマートウォッチであるHCR-6900T-Mがオススメ。

HCR-6900T-Mは日本で初めての血圧計測機能搭載のスマートウォッチ。通常の家庭用血圧計よりも小型化した独自のカフをバンドに内蔵し、手元で血圧測定が出来る凄い時計です。また、ネット通販には血圧測定機能搭載の怪しい商品も多数ありますが、この機種は日本国内で唯一厚生労働省より医療機器認可を受けており、その計測精度は一般的な家庭用血圧計同等です。また、血圧値が家庭血圧の基準値(135mmHg)以上の時にはディスプレイが赤色になって知らせてくれる機能も搭載されています。

さらに血圧測定だけではなく、睡眠計測機能や服用中の薬の飲み忘れ防止に役立つ服薬時間リマインド機能も搭載されています。他のスマートウォッチに比べると血圧測定以外の機能は少なめですが、正確な血圧測定搭載機種としては唯一無二の機種となっています。

シニア向けスマートウォッチのおすすめ5

商品名:OMRON HCR-6900T-M
参考価格:87,780円
サイズ:48x48x14mm
重量:115g
ディスプレイ:?
解像度:?
防水:-
バッテリー:2日間
通知機能:◯
通話機能:-
電子マネー:-
音楽保存:-
GPS内蔵:-
歩数計:◯
心拍計:-
睡眠計:◯
ストレス測定:-
血中酸素濃度測定:-
心電図測定:-
血圧計測定:◯
転倒検知:-
緊急SOS:-

Garmin Venu Sq 2

4万円以下で選ぶなら、Garmin Venu Sq 2がオススメ。

Garmin Venu Sq 2は、4万円以下ながら高機能な機種。定番の心拍計や睡眠計に、コロナ禍で話題の血中酸素濃度に、電子マネーで人気の高いSuicaにも対応するなどと、リーズナブルながら高機能。さらに、ガーミン独自のBody Battery機能によって身体のバッテリー残量を可視化出来、活動と休息の目安として活用出来ます。また、ストレス計測を備え、ストレスを強く感じた時には深呼吸を促してくれるリラックスリマインダー機能も搭載し、心身ともに健康をアシストしてくれるウォッチとなっています。

また、ガーミンは様々なスポーツやフィットネス、アウトドアにも対応しているため、アクティブなセカンドライフを楽しみたいという人にもオススメ。

シニア向けスマートウォッチのおすすめ6

商品名:GARMIN VENU Sq 2
参考価格:39,800円
サイズ:40.6x37x11.1mm
重量:38g
ディスプレイ:AMOLED
解像度:320x360
防水:5 ATM
バッテリー:11日間
通知機能:◯
通話機能:-
電子マネー:◯
音楽保存:-
GPS内蔵:◯
歩数計:◯
心拍計:◯
睡眠計:◯
ストレス測定:◯
血中酸素濃度測定:◯
心電図測定:-
血圧計測定:-
転倒検知:◯
緊急SOS:◯

Fitbit Versa 3

2万円前後で選ぶなら、Fitbit Versa 3がオススメ。

Fitbit Versa 3は、2万円前後で買えるスマートウォッチとして貴重なSuica対応機種。電子マネーのSuica機能に魅力を感じる人にはかなりコスパの高いウォッチとなっています。また、Fitbit Versa 3は健康機能が充実しているのも魅力です。約2万円ながら、血中酸素濃度の測定にも対応し、さらに皮膚温変動もチェック出来るなど、かなりお買い得です。

また、Fitbit Versa 3は、休息充電に対応し12分間の短い充電で最大1日使用出来ます。満充電の状態だと最大6日間連続使用出来るように、バッテリー持ちも良好です。さらに、スピーカーとマイクを内蔵し通話機能にも対応するなど、本当にコスパの高い機種です。

シニア向けスマートウォッチのおすすめ7

商品名:Fitbit Vearsa 3
参考価格:22,800円
サイズ:40.48x40.48x12.35mm
重量:?
ディスプレイ:AMOLED
解像度:?
防水:5 ATM
バッテリー:6日間
通知機能:◯
通話機能:◯
電子マネー:◯
音楽保存:◯
GPS内蔵:◯
歩数計:◯
心拍計:◯
睡眠計:◯
ストレス測定:-
血中酸素濃度測定:◯
心電図測定:-
血圧計測定:-
転倒検知:-
緊急SOS:-

Xiaomi Redmi Watch 2 Lite

1万円前後のスマートウォッチを選ぶなら、Xiaomi Redmi Watch 2 Liteがオススメ。

Xiaomi Redmi Watch 2 Liteなら、Apple Watch風のおしゃれなスクエアデザインのスマートウォッチが1万円ちょっとで買えます。もちろん、機能性も充実していて、約1万円のスマートウォッチながらGPSセンサーを内蔵しています。そのため、ウォーキングやジョギングなどのワークアウトをする場合でも時計単体で距離計測やペース計測が可能です。さらに、全部で100種類以上のワークアウトに対応するなど、アクティブな人にもぴったり。もちろん、健康機能も充実していて、血中酸素濃度測定や、睡眠モニタリング、ストレスモニタリングも搭載っしています。

また、最大10日間連続使用出来るなどバッテリー持ちが良いのも魅力です。

シニア向けスマートウォッチのおすすめ8

商品名:Xiaomi Redmi Watch 2 Lite
参考価格:12,800円
サイズ:41.2x35.3x10.7mm
重量:35g
ディスプレイ:LCD
解像度:320x360
防水:5 ATM
バッテリー:10日間
通知機能:◯
通話機能:-
電子マネー:-
音楽保存:-
GPS内蔵:◯
歩数計:◯
心拍計:◯
睡眠計:◯
ストレス測定:◯
血中酸素濃度測定:◯
心電図測定:-
血圧計測定:-
転倒検知:-
緊急SOS:-

HUAWEI Band 7

1万円以下の安い機種でスマートウォッチデビューしたい人には、HUAWEI Band 7がオススメ。

HUAWEI Band 7は1万円以下で買える機種であるため、初めてスマートウォッチを利用するという人にぴったりです。機能面は、格安ながらも心拍数計測に、血中酸素濃度測定、睡眠計測、ストレスモニタリングと、健康関連の人気機能はしっかりと搭載されています。また、睡眠計は、HUAWEI独自のTruSleep 2.0を搭載し、各睡眠ステージをしっかりと検出。その上で睡眠の質をスコアでわかりやすく教えてくれ、さらに200種類以上の睡眠に良い情報も提供してくれます。

通常のスマートウォッチよりもスリムな形状のスマートバンドタイプであるため、初めてスマートウォッチを活用するという人でも24時間装着しやすいウォッチとなっています。

シニア向けスマートウォッチのおすすめ9

商品名:HUAWEI Band 7
参考価格:7,800円
サイズ:44.35x26x9.99mm
重量:16g
ディスプレイ:AMOLED
解像度:194x368
防水:5 ATM
バッテリー:14日間
通知機能:◯
通話機能:-
電子マネー:-
音楽保存:-
GPS内蔵:◯
歩数計:◯
心拍計:◯
睡眠計:◯
ストレス測定:◯
血中酸素濃度測定:◯
心電図測定:-
血圧計測定:-
転倒検知:-
緊急SOS:-

QISHUO キッズスマートウォッチ

認知症の親の徘徊に悩んでいるという人には、QISHUOのキッズスマートウォッチ(LT25)がオススメ。

QISHUOのLT25は、nanoSIMカードを挿し時計単体で4G通信を利用出来ます。そしてGPSセンサーを内蔵しているため、着用者の家族はスマホですぐに着用者の位置情報を把握出来ます。さらに、事前に設定しておいたエリアから着用者が出て行くと通知を受け取れる機能もあります。本来は子供の見守り用ウォッチとして人気の商品ですが、高齢者の見守り用ウォッチとしてもオススメです。

また、カメラも内蔵しており気軽にビデオ通話することも可能です。そのほかの機能としては緊急SOSボタンがあり、SOSボタンを押すことで事前設定しておいた連絡先に電話発進が出来るようにもなっています。遠くに住む親が心配という家族にもオススメです。

シニア向けスマートウォッチのおすすめ10

商品名:QISHUO キッズスマートウォッチ LT25
参考価格:12,750円
サイズ:?
重量:140g
ディスプレイ:?
解像度:?
防水:IP67
バッテリー:?
通知機能:◯
通話機能:◯
電子マネー:-
音楽保存:-
GPS内蔵:◯
歩数計:◯
心拍計:-
睡眠計:-
ストレス測定:-
血中酸素濃度測定:-
心電図測定:-
血圧計測定:-
転倒検知:-
緊急SOS:◯

いつまでも健康に元気にいるためにも、スマートウォッチを活用してみよう

スマートウォッチを活用するシニア世代

加齢とともに健康への意識が高まってくる中高年や高齢者にこそスマートウォッチがオススメ。スマートウォッチがあれば、いつでもどこでも手元で健康のバロメーターとなる活動量や心拍数、血中酸素濃度、心電図などを測定出来ます。さらに、万が一の転倒時に緊急連絡先へメッセージ送信してくれる機能や、守りGPS機能があるなど、高齢の親を持つ家族も安心出来ます。

是非、健康で元気で楽しいセカンドライフを満喫するために、健康管理機能が充実したスマートウォッチを活用してみましょう。また、高齢の両親を持つ家族も是非、敬老の日や誕生日のプレゼントとしてスマートウォッチを選んでみましょう。

RUNNAL編集部

RUNNAL編集部

走るをもっと楽しく、もっと快適にするためのランニングメディア「RUNNAL(ランナル)」の公式アカウント。ランナルは、健康のために、ダイエットのために、マラソン大会での自己記録更新のために走るすべての人を応援しています。

Copyright© RUNNAL[ランナル] , 2022 All Rights Reserved.