初心者のためのランニングシューズの正しい選び方

初心者の場合、どのランニングシューズを選べば良いのか分からない場合が多いです。ランニングシューズは初級、中級、上級向けのもの、足幅が狭め、足幅が広めのもの、トレーニング用、レーシング用など多様な種類があります。多種多様なランニングシューズがあるため、迷ってしまう人が多いです。そこで、初心者のランニングシューズの正しい選び方を紹介していきます。

ランニングシューズの必要性を知っておこう

まず、ランニングシューズの必要性を知っておきましょう。

「気軽にランニングを始めるだけなら、スニーカーやウォーキングシューズでも大丈夫では?」と思うこともあると思いますが、ランニングには、ランニングシューズが必要です。

もちろん、スニーカーやウォーキングシューズでも走ろうと思えば走れます。ただ、スニーカーやウォーキングはそもそも走る目的に作られたものではないことが多いため、走るためのシューズとしてはオススメ出来ません。

スニーカーはクッション性が乏しい

feet-349687_640

スニーカーがバスケ用のスニーカーであれば、クッション性は問題ありません。しかし、テニス用のスニーカーであったり、カジュアル使用のスニーカーである場合はクッション性は期待出来ません。

私たちは走ることで、足に大きな衝撃を受けます。走る時、硬いアスファルトの上に片足が接地し、片足に大きな衝撃がかかります。この衝撃を上手く吸収し緩和してくれるのがシューズの底部に内臓されているクッション機能です。

ランニングシューズはこのクッション機能がしっかり内臓されています。しかし、カジュアル使用のスニーカーはランニングシューズほどのクッション性はありません。もし、スニーカーで走ることになれば、足に大きな負担がかかるため、足や腰を痛めてしまう可能性があります。

ウォーキングシューズは重く走ると疲れやすい

hiking-358555_640

スニーカーの場合はクッション性が乏しいことが問題ですが、ウォーキングシューズの場合は重いことが問題です。ウォーキングシューズは、シューズの重みで一歩一歩を踏み出しやすいように作られています。そのため、ウォーキングシューズはある程度の重みがある設計になっています。

もし、このウォーキングシューズで走ったらどうなるでしょう。走ることは出来ますが、多くの人が靴の重みを感じ、疲れを感じやすくなります。ランニングシューズは走っても疲れにくいように、ウォーキングシューズよりも軽い設計になっています。

ランニングシューズの代表的な機能を知っておこう

shoes-1881618_640

クッション性

ランニングシューズの代表的な機能の一つが「クッション性」です。人は走る時に体重の約3倍の加重がカカトに受けます。この衝撃は膝や腰の負担になります。その負担を和らげる役割を果たすのがクッション性です。

ランニングシューズでは、カカト部分にクッション機能を持つ素材を使用し、走る時の衝撃を和らげる工夫を行っています。

安定性

ランニングシューズの代表的な機能の一つは「安定性」です。ランニングシューズの安定性とは、着地時の安定性のことです。歩いている時は着地時は両足ですが、走っている時の着地時は片足です。片足で着地をすることになるため、ランニングシューズでは足が左右にブレないように安定させる機能が必要になります。

反発性

ランニングシューズはシューズの底に反発性の高い素材を使用しています。反発性の高い素材があるおかげで、着地時に地面から受ける反発力を上手く利用し、次の一歩がスムーズに出るようになります。

つまり、大袈裟に言うと、電動自転車のように、自動的に次の一歩が出るという事です。反発性の強いランニングシューズは、次の一歩が出やすいため、筋力が弱い女性でも快適に走れるようになっています。

軽量性

ランニングシューズの重さはシューズによって全く違います。180gほどのシューズもあれば、400gほどのシューズもあります。たかが数百gの差と思うかもしれませんが、足に装着して走ると大きな差となります。

当然、重いシューズであればあるほどスピードは出にくくなります。逆に軽いシューズであればあるほどスピードは出やすくなります。

ただ、”軽いシューズは疲れにくい”ということはありません。初心者の場合、足に十分な筋力がなく、足の負担を軽減させる正しいフォームも身についていないため、軽いシューズの場合は逆に足が疲れやすい原因となります。

通気性

歩くときは足に汗はかきにくいですが、走っている時は足に多くの汗をかきます。当然、靴の中は蒸れてしまいます。その対策として、ランニングシューズは通気性に優れたメッシュ素材を使用しています。

初心者にはクッション性と安定性が欠かせない

running-573762_640

これからジョギングを始める方やビギナーランナーの場合は、クッション性と安定性が欠かせません。ランニングシューズ選びでは、「クッション性」を重視するか、「安定性」を重視するかの選択になることが多いですが、初心者の場合はどちらも高い水準で安定しているシューズを選ぶことが重要です。

軽いシューズは中・上級者向け!初心者はクッション性を重視

ランニングシューズは軽いシューズの方がスピードは出やすいです。しかし、軽いシューズは、クッション機能を大きく削っています。クッション機能は重く、シューズの重みを増します。そのため、中・上級者のようにスピードを意識するシューズでは、クッション性を削る代わりにシューズを軽くしてスピードを向上させています。

軽いシューズはスピードが出る一方、クッション性が劣るため、足や腰に負担が増します。足の筋力が強い人や関節の機能が高い人の場合は、衝撃に耐えることが出来ますが、初心者の場合はその衝撃に耐えることが出来ず、怪我につながる可能性があります。

「軽い方が疲れにくそうだから良い。」と思う人もいますが、軽いシューズは初心者向きではありません。

クッション性だけではダメ!安定性も欠かせない

初心者にはクッション性の高いシューズが向いていますが、同時に安定性も欠かせません。初心者の場合、着地時に足が左右にブレて足に負担がかかりやすくなります。また、前へ進む推進力が左右に分散してしまうことで、疲れやすくなってしまいます。

着地時の左右へのブレを防ぐためにも安定性は必要です。ただ、クッション性は本来、安定性と相反する関係にあります。クッション性を追求するとシューズは柔らかくなり安定性が落ちます。一方、安定性を追求するとシューズは硬くなりクッション性が落ちます。

この相反するクッション性と安定性を両立させるランニングシューズが各社から販売されているため、クッション性と安定性を同時に期待出来るシューズを選びましょう。

ランニングシューズの主な種類を知ろう

run-1804557_640

クッション系のシューズ

クッション系のシューズは、ある程度シューズの軽量性を犠牲にして、クッション性を高めたシューズです。ランニング時に受ける衝撃をクッションが上手く吸収してくれるため、足への負担を最小限にとどめることが出来ます。

クッション系シューズの場合、厚いクッションを入れているため、靴底は厚くなっています。ランニング初心者にはこのクッション系のシューズが合っています。

トレーニング系のシューズ

トレーニング系のシューズはクッション性と軽量性を併せ持つタイプです。クッション性と軽量性をバランス良く合わせることで、スピードを意識しつつ、足への負担を軽減することが出来ます。

ランニングに慣れてきて、マラソン大会への参加を目指すようになってきた中級者向けのシューズです。マラソン初参加やサブ5を目指すような人向きです。

レース系のシューズ

レース系のシューズはクッション性を犠牲にする代わり、軽量性を高めています。軽量性を高めることで、マラソン大会で十分なスピードを出せるようになっています。

マラソン大会でサブ4やサブ3を目指すような上級者向けのシューズです。初心者の場合、クッション機能が十分備わっていないため、レース系のシューズは向いていません。初心者がこのような軽量性の高いシューズを使用すると、膝や腰の故障に繋がる可能性があります。

ランニングシューズのサイズを知っておこう

shoe-489326_640

足長

足長とは、カカトの一番出っ張っている部分から、足指が最も長い部分までの長さの事です。一般的に靴を選ぶ際に見ている23.5cmや27cmの事です。ランニングシューズの場合は、指先に1cmほどの余裕を持たせるのが理想です。そのため、普段履いている靴よりも1cmほど大きいサイズになるのが一般的です。

足囲

足囲とは、親指と小指の付け根にヒモを一周させた長さを元に測定する足幅のことです。簡単に言うと、足の横の幅の広さのことです。足囲は「A、B、C、D、2E、3E、4E、F、G」の値です。日本人の平均はEまたは2Eと言われています。そのため、国産ランニングシューズの一般的なレギュラーサイズは2Eです。

メーカーによって、足幅が広い人向けにワイド、足幅が狭い人向けにスリムタイプを用意しています。また、欧米人は日本人に比べて足幅が狭いため、海外メーカーのランニングシューズは国産メーカーのランニングシューズに比べて足幅が狭くなっています。

足に合うランニングシューズのサイズの正しい選び方
自分の足に合うランニングシューズを見つけるためには、正しいサイズの選び方を知っておくことが大切です。そのためには、まずは自分の足の...

初心者ほどお店で試し履きをしよう

shoes-1390126_640

初心者の場合は、自分の足にフィットするシューズがどんなシューズなのかイメージ出来ません。ランニングシューズは各メーカーによって幅が狭めであったり、幅が広めであったりと違いがあります。特にアディダス、ナイキと言った海外ブランドのシューズは横幅が狭めです。

日本人は欧米人に比べて足幅が広いと言われています。もちろん、近年は欧米化により日本人の足幅も狭めになってきています。ただ、足幅は個人差があるため、実際に自分に合っている横幅のシューズをお店で見つけることが大切です。

また、シューズノフィット感はネット上では確認することが出来ません。

ランニングシューズ選びでやってはいけないこと

sneakers-1024974_640

見た目のカッコよさや可愛さのみで選ぶ

ランニングシューズを選ぶ際には、デザインも重要です。どうせ買うならカッコいいシューズが良いし、可愛いシューズが良いです。だから、最終的に迷ったらデザインで選ぶのは全く問題ありません。

ただ、最初から見た目のカッコよさや可愛さのみで選ぶのは危険です。見た目のみで選ぶと、初心者なのにクッション性が乏しく中・上級者向けのランニングシューズを選んでしまう可能性があります。

初心者の場合は、デザインでシューズを選ぶのは最後の最後にしましょう。まず、初心者の自分に合っているシューズなのかどうかを確認して、最後にデザインで決めましょう。

過去の運動経験から中・上級者向けを選んでしまう

学生時代に運動経験がある人は、社会人になってからのブランクが長い場合でも、自分の力を過大評価してしまう傾向があります。そのため、いきなり中・上級者向けの軽量のランニングシューズを選ぶ人もいますが、初心者向けのシューズを選ぶようにしましょう。

昔は中・上級者向けのシューズに合うだけの筋力があったとしても、今は運動不足で大きく筋力が落ちている場合が多いです。

初心者がランニングシューズ選びで意識すべきこと

shoes-1260718_640

①クッション性が高いシューズを選ぶ

足への衝撃を吸収してくれるクッション性が高いシューズを選ぶことが大切です。クッション性が高いシューズはクッション性が低いシューズに比べて重量が重く、軽量性はそこまで期待は出来ません。ただ、クッションがランニングによる足や腰への負担を軽減してくれます。

②安定性が高いシューズを選ぶ

初心者の場合は、着地時の足が左右にブレてしまうことが多いです。左右にブレて足の怪我に繋がることもあるため、安定性のあるシューズを選びましょう。クッション性と安定性は相反する関係にありますが、ランニングシューズでは上手くクッション性と安定性を備えたモデルも販売されているため、そのようなシューズを選ぶようにしましょう。

③自分の足に合ったものを選ぶ

初心者のためのランニングシューズ選びで大切な事は、「クッション性」と「安定性」といった機能面だけではありません。それらと同時に、いかに自分の足のサイズに合っているシューズを選ぶかどうかが大切です。