ダイエット遺伝子検査キットのおすすめランキングTOP3

ダイエット遺伝子検査キットのおすすめを紹介させていただきます。ダイエット遺伝子検査を受けることで、どういった効果やメリットがあるのか、肥満遺伝子とはどのようなものなのか、まとめて紹介させていただきます。

ダイエット遺伝子検査とは

ダイエット遺伝子検査(肥満遺伝子検査)とは、肥満との関係の深い遺伝子を調べる検査のことです。肥満遺伝子を調べることで、元々体質的に太りやすいのか、または痩せやすいのかを調べることが出来ます。また、親からどの肥満遺伝子を受け継いでいるのかを把握することで、ダイエットするためにどんな運動を行ったらよいのか、食事では何に気を付ければ良いのかを把握することが出来ます。

遺伝子が肥満に与える影響は、生活習慣と比べると3:7の割合です。3割が遺伝子の影響で、残りの7割は生活習慣によるもの。つまり、3割は遺伝による影響ではあるものの、残りの7割は生活習慣による影響のため、努力で痩せることは可能なのです。

ダイエット遺伝子検査は、3割の影響を与える遺伝子の情報を分析し、残りの7割の影響を与える生活習慣の改善のための参考資料にして、ダイエットをより効率よく行っていこうというものです。そのため、ダイエット遺伝子検査は、ダイエットに成功するための大きな手助けとなります。

ダイエット遺伝子検査を受けることでダイエット効果が高まる5つの理由

その1、太る原因がわかる

ダイエット遺伝子検査を受けることで、自分はどうして太りやすいのか、または太ってしまうのかを知ることが出来ます。生まれつき糖分或いは脂質の代謝が悪く消費カロリーが増えにくいのか、または高カロリー食を好む傾向があり摂取カロリーが増えやすいのか、といった”太る原因”が把握できるようになります。

ダイエットを成功させるためには、まずは太る原因を知ることが大切です。太る原因を正しく把握することで、どんなダイエット方法に取り組めば良いのか、日ごろの食事では何に気を付けるべきかわかるようになります。

その2、体のどこに脂肪が付きやすいのかわかる

ダイエット遺伝子検査を受けることで、どの部位に脂肪が付き太りやすいのか把握することが出来ます。お腹周りに脂肪が付きやすいのか、それともお尻や太ももなど下半身に脂肪が付きやすいのかを把握することが出来ます。

普段からなんとなく「お腹周りに脂肪が付きやすいな」とか「太ももがなかなか痩せにくい」と思っている人でも、遺伝的に脂肪が付きやすい部位をはっきりと把握することが出来ます。脂肪が付きやすい部位が分かれば、ダイエットをしていく上で大きな参考になります。

その3、ダイエットを成功するための食事のポイントがわかる

ダイエット遺伝検査によって、効率よく痩せるための食事のポイントを把握することが出来ます。普段はなんとなくやっている糖分控えめの食事や脂質控えめの食事が、実は遺伝の体質的に見ると非効率であることもあります。

例えば遺伝的に糖分の代謝が悪い人は、脂肪を抑える食事をするよりも糖分を抑える食事をした方が効率よく痩せることが出来るのです。また、脂肪の代謝が悪い人は逆に脂質を抑えることを意識する方がダイエットに成功しやすいのです。また、タンパク質を多く摂ることを意識した食事を摂ることで減量に成功しやすいタイプもあります。

このように、遺伝の体質によって、どんな食事を意識すれば効率よく痩せられるのかは変わってきます。そのため、ダイエット遺伝子検査を受けることで、自分に合った効率の良い食事の摂り方が分かってくるのです。

その4、ダイエットを成功するための運動のポイントがわかる

ダイエット遺伝子検査を受けることで、効率よく痩せるためにはどんな運動をすれば良いのか把握することが出来ます。

一般的に皮下脂肪を燃焼させるためには筋トレのようなウェイトトレーニング、内臓脂肪を燃焼させるためには有酸素運動が効果的と言われています。

ダイエット遺伝子検査で、遺伝的に皮下脂肪が付きやすい体質であることが分かれば、筋トレを優先し、内臓脂肪が付きやすい体質であれば有酸素運動を優先し、といったように効率よく痩せるための運動が分かります。

その5、一生続けられる自分だけのダイエット方法がわかる

ダイエット遺伝子検査を受ける大きなメリットは”自分に合った自分だけのダイエット方法”を知ることが出来る事です。なんとなくやっているダイエットではなく、自分の体質に合ったダイエット方法を把握できるので、効率よくダイエットを行うことが出来ます。

持って生まれた遺伝子は変わることはなく、一生付き合っていかなければいけないものです。その自分の遺伝子の特徴を把握できていれば、一生使える”自分だけのダイエット方法”を知ることが出来ます。そのため、遺伝子検査は一生使える自分だけのダイエット法を知る大きなきっかけとなります。

ダイエット遺伝子検査で調べられる!代表的な肥満遺伝子の種類

FTO遺伝子

FTO(fat mass and obesity associated)遺伝子は肥満に最も相関が見られる遺伝子と言われています。この遺伝子を調べることで、遺伝的に高カロリー食を好む傾向があるのか、過食の傾向があるのかを調べることが出来ます。

FTO遺伝子変異を持っている人は、食欲ホルモンと言われる”グレイン”の異常が起こりやすく、食後も短時間のうちに食欲を感じやすいという特徴があります。そのため、肥満に陥る可能性が高いのです。普段から、知らず知らずのうちに高カロリーの食事が多いという人は、生まれながらFTO遺伝子変異を持っている可能性があります。

FTO遺伝子変異を持つ人は、体質的に肥満になりやすいという特徴がありますが、ウォーキングやジョギングといった運動や健康的な食事を摂ることで、食欲ホルモン”グレイン”の量を減らすことが出来ると言われています。そのため、FTO遺伝子変異を持っているからと言って悲観的になる必要はなく、適切な対策を取ることで上手くダイエットに成功出来るようになるのです。

ADRB3(β3AR)遺伝子

β3アドレナリン受容体遺伝子(ADRB3、β3AR)は、脂肪細胞や腸、肝臓に存在する遺伝子で、糖質の代謝に関わっています。この遺伝子の変異型(Trp64Arg)を持つ人は、糖質の代謝が悪く、通常よりも1日の基礎代謝が約200~215kcalほど低い傾向にあります。糖分の分解を行うインスリンの分泌力が低いため糖質の代謝が悪くなってしまうのです。

このタイプの遺伝子は、日本人の約3人に1人が持っていると言われています。この遺伝子を持っていると、お腹周りに脂肪が付きやすく、ぽっこりとお腹が出てしまう”りんご型体型”になりやすいです。もし、お腹周りに脂肪が付きやすいという人は、β3AR(ADRB3)の変異型を持っている可能性が高いです。

この遺伝子を持つ人は、糖質の代謝が悪く、食事から摂った糖質が内臓脂肪として蓄積されやすいので、糖質の摂取量を抑えることで効果的にダイエットをすることが出来ます。また、内臓脂肪の燃焼に効果的な有酸素運動がおすすめです。

UCP1遺伝子

UCP1遺伝子は、脂肪の代謝に関わる遺伝子です。UCP1遺伝子の変異型を持っている人は脂肪の代謝が悪く、通常よりも基礎代謝が1日あたり85~100kcal程低くなります。1日の基礎代謝量が低くなる傾向にあるため、消費カロリーよりも摂取カロリーが大きくなってしまい、太ってしまう原因となるのです。

このタイプの遺伝子を持つ人は、日本人の約16~25%と言われています。このタイプは、皮下脂肪が付きやすく、お尻や太ももを中心に脂肪が付いて太りやすい傾向にあります。そのため下半身を中心に太る”洋なし型”とも言われます。

この変異型は、脂肪の代謝が悪いため、食事では脂肪の摂り過ぎに注意する必要があります。糖質を抑えることよりも脂肪を抑えることで効果的にダイエットをすることが出来ます。また、運動では有酸素運動に加え、皮下脂肪の燃焼に効果的な筋トレを取り入れることもおすすめです。

ADRB2(β2AR)遺伝子

β2アドレナリン受容体遺伝子は、基礎代謝量に関わる遺伝子です。この変異型を持っている人は、通常よりも代謝量が大きくなり痩せやすいと言われています。通常のタイプよりも基礎代謝量が1日あたり170~200kcal程高く、太りにくく、痩せやすい体質なのです。そのため逆肥満遺伝子とも言われています。

このタイプの遺伝子は、日本人の約16%が保有していると言われています。食べてもなかなか太りにくい人は、このやせ型の遺伝子を持っている可能性が高いです。このタイプの人はバナナのような瘦せ型の体型から、バナナ型とも言われています。

また、このタイプの遺伝子を持つ人は筋肉がつきにくいという特徴もあります。筋肉は基礎代謝量に関わるため、加齢や運動不足によって筋肉量が低下してきて、太ってしまうとなかなか痩せにくいという側面もあります。太りにくい体質ですが、基礎代謝量を上げる筋肉が付きにくい体質のため、一度太ってしまうと痩せるのが大変なのです。

この遺伝子を持つ人が上手く減量するには、タンパク質を多く摂ることが効果的です。もともと筋肉が付きにくいので、筋肉をつけて基礎代謝量を上げるためにも、筋肉の減量となるタンパク質を摂るように意識することで、減量に成功しやすくなるのです。また、筋肉を増やすためには運動も大切です。そのため筋トレやランニングなどで筋肉量を増やすことを意識しましょう。

自宅で簡単に受けることが出来る!ダイエット遺伝子検査キットのおすすめランキング

NO.1 DNA SLIM

5種類の肥満遺伝子を一度に調べることが出来る本格的なダイエット遺伝子検査キット。詳細な検査結果を確認出来るので、医療機関でも使用されている信頼性の高い検査キットです。日本人と関係の深い3種類のエネルギー代謝に関わる肥満遺伝子(ADRB3・UCP1・ADRB2)と食事の嗜好や過食傾向に関わる2種類の肥満遺伝子を調べることが出来ます。その分析結果をもとに、ダイエットに最適な食事や運動方法などの具体的なアドバイスを提示してくれます。また、検査方法も簡単で気軽に取り組むことが出来ます。ダイエットの遺伝子検査を受けたい人におすすめNO.1の検査キットです。

販売元:株式会社ハーセリーズインターナショナル
販売価格:7,290円
検査対象:5種類の肥満遺伝子
検体採取:綿棒による口腔粘膜の採取

NO.2 FiNC 遺伝子検査キット

FiNCの生活習慣パッケージ。話題の肥満体質を調べることが出来る他に、肌質や睡眠の体質傾向を調べることが出来る検査キットです。肥満体質とともに生活習慣の体質傾向を知っておきたい人におすすめです。また、検査方法は唾液を採取して、返信用封筒で郵送するだけの簡単な検査キットです。

販売元:株式会社FiNC
販売価格:13,780円
検査対象:肥満、肌質、睡眠
検体採取:唾液の採取

NO.3 ジーンライフ ダイエット

ジーンライフのダイエット遺伝子検査キット。日本人に影響が大きいと言われる3種類の肥満遺伝子を検査することが出来ます。自分の肥満遺伝子を調べることで、どうして太りやすいのかを客観的に把握することが出来ます。検査結果はパソコンやスマホで簡単に確認することが出来ます。

販売元:ジェネシスヘルスケア株式会社
販売価格:5,980円
検査対象:3種類の肥満遺伝子
検体採取:綿棒による口腔粘膜の採取

RUNNAL編集部

走るをもっと楽しく、もっと快適にするためのランニングメディア「RUNNAL(ランナル)」の公式アカウント。ランナルは、健康のために、ダイエットのために、マラソン大会での自己記録更新のために走るすべての人を応援しています。