朝ランニングの3つの効果と知っておきたい3つの注意点

朝のランニングはダイエットやマラソン大会の後半のスタミナアップ、精神面などに効果があります。その詳しい効果について、また朝ランニングで注意すべき点をまとめて紹介させていただきます。

①朝ランニングはダイエットに効果的

出典:http://www.runningaddicted.com/benefits-of-running-in-the-morning/

出典:http://www.runningaddicted.com/benefits-of-running-in-the-morning/

朝のランニングはダイエットに効果的です。その理由は二つあり、一つは”朝のランニングはエネルギー源となる糖分が不足しているため、脂肪が効率的に燃焼されやすい”ためです。

私たちはエネルギー源として主に糖分を使用しています。しかし、寝ている時には多くの糖分がエネルギー源として消費されています。寝ている時は当然ながら、減っていく糖分を食事で補うことは出来ません。目覚めた時には体内の糖分が大きく減っている状態です。

その状態で運動をすれば、エネルギー源として脂肪が利用されるようになります。本来は脂肪より糖分が優先的にエネルギー源として利用されるのですが、糖分が不足しているような状態では、体内の脂肪がエネルギー源として使用され燃焼されるのです。

走るエネルギー源として脂肪が率先して使用されるため、脂肪が燃焼し、痩せやすくなります。

また、朝のランニングがダイエットに効果的な理由のもう一つは、”朝の運動によって基礎代謝が上がる”ためです。朝の運動は基礎代謝を上げ、痩せやすい体質になることが期待出来ます。

基礎代謝とは、生きていくために最低必要な生命活動に使われるエネルギーのことで、基礎代謝が高い人ほど何もしていない状態で多くのエネルギーが消費されるため痩せやすくなります。逆に基礎代謝が低い人は、なかなかエネルギーが消費されないため痩せにくく逆に太りやすくなります。

朝のランニングは基礎代謝を上げる効果が期待出来ます。朝早くに目覚め、コップ一杯の水を飲んだり、外で太陽光を浴びたり、動くことで、それら一つ一つが交感神経と刺激し、血流が促進され、基礎代謝が上がるのです。

朝のランニングは、このように、”脂肪が効率的に燃焼される時間帯”であること、”基礎代謝が上がる”ということから、ダイエットに効果が期待出来ます。

②マラソン大会後半の失速を防ぐのに効果的

出典:https://www.hss.edu/playbook/so-you-think-you-can-run-a-marathon/#.WIYWmvmLRPY

出典:https://www.hss.edu/playbook/so-you-think-you-can-run-a-marathon/#.WIYWmvmLRPY

朝のランニングは、ダイエットだけではなく、マラソンの強化トレーニングという意味でも効果的な練習方法です。

マラソン大会の後半に多くの人が直面する突然の失速。その原因の多くは、レース中のガス欠です。走る際のエネルギー源となる筋グリコゲーンが枯渇することで、走るための力がなくなり、大きく失速するのです。

レース後半の失速を防ぐためには、体内に貯蔵出来る筋グリコーゲンの貯蔵量を増やすこと、肝臓に貯蔵されている筋グリコーゲンが減少した時に脂肪を効率的にエネルギー源として使用する能力を高めることが大切です。

朝のランニングは、体内にエネルギー源が不足している状態、つまりレース後半と同じような状態でのランニングとなるため、肝臓における筋グリコーゲンの貯蔵量を増やすこと、脂肪をエネルギー源として利用出来る力を高めることが期待出来ます。

この朝の空腹状態でのランニングは、一流のマラソンランナーも実践する練習方法です。

③ストレス解消や集中力の向上など精神面の効果

出典:https://thegrumpyrunner.wordpress.com/2014/07/01/why-run-grumpy/

出典:https://thegrumpyrunner.wordpress.com/2014/07/01/why-run-grumpy/

朝のランニングは、精神面でも良い効果が得られます。朝早く目覚めて運動することで、充実感や爽快感を感じることはもちろんのこと、ストレス解消や仕事における集中力の向上などが期待出来ます。

その理由はセロトニンと関係しています。セロトニンとは、心のバランスを整える作用がある脳内伝達物質の事で、人間の精神面に大きな影響を与えるホルモンです。

セロトニンは心身の安定や心の安らぎに関与することから、”幸せホルモン”とも言われています。セロトニンの分泌量が増えることで、幸せを感じるようになったり、ストレス解消になったり、仕事における集中力が増すといった効果が期待出来ます。

セロトニンは太陽光を浴びることで分泌が促進されます。朝のランニングは、朝日を浴びながら走ることが出来るため、セロトニンの分泌が活性化され、精神面でもプラスの効果が期待出来るのです。

朝ランにおける3つの注意点

朝のランニングは低血糖症に注意!必ず糖分補給をしてから走ろう!

orange-1995044_640-min

朝は、前日の晩御飯から長い絶食状態です。体の中の糖分が不足している状態ですので、走ることによってさらに糖分が不足し、低血糖症を招きやすくなります。

そのため、朝走る前には糖分補給が欠かせません。何も食べずに走り出せば、低血糖症になるおそれがあるため、糖分補給におにぎり1つやバナナ1本などを食べるようにしましょう。また、オレンジジュースを1杯飲むのでも大丈夫です。

脱水症状に注意!寝る前・目覚め後・走る前にしっかり水分補給をしよう!

出典:http://www.livestrong.com/article/543086-how-much-water-should-a-moderate-runner-drink/

出典:http://www.livestrong.com/article/543086-how-much-water-should-a-moderate-runner-drink/

寝ている時は知らないうちに多くの水分を失っています。寝ている時は多くの汗をかきます。また、寝ている時は失った水分を補給することが出来ないため、脱水状態になりやすいです。

そのため、走る前にしっかり水分補給をしましょう。また、走る前だけではなく、起きた後に、さらには寝る前にも水分補給をすることが大切です。当然ながら、走った後にも水分補給をしましょう。

最初に多い日中の眠気に注意!昼に15分の仮眠を取ろう!

出典:https://michaelhyatt.com/why-you-should-take-a-nap-every-day.html

出典:https://michaelhyatt.com/why-you-should-take-a-nap-every-day.html

朝のランニングを始めたころは、日中にひどい眠気に襲われることも多いです。慣れない朝のランニングによって仕事中に眠気が襲ってくるため、昼休みの時間を利用して15分の仮眠を取りましょう。

15分以上寝てしまうと、深い睡眠まで入ってしまい逆に目覚めた後に眠気やだるさを感じるようになります。眠気を吹き飛ばすための目安となる仮眠時間は15分です。また、それでも眠気が襲ってくるような場合は、ランニング後にも15分ほどの仮眠を取るようにすると良いでしょう。

RUNNAL編集部

走るをもっと楽しく、もっと快適にするためのランニングメディア「RUNNAL(ランナル)」の公式アカウント。ランナルは、健康のために、ダイエットのために、マラソン大会での自己記録更新のために走るすべての人を応援しています。