距離測定が出来るGPS付きランニングウォッチの選び方とおすすめの紹介

ランニングコースの距離測定が出来るGPS機能付きランニングウォッチの選び方とおすすめを紹介しています。また、GPS機能付きの人気メーカーも紹介しているので、是非参考にしてみください。

GPS機能とは

GPS機能とは、宇宙にある人工衛星からの電波によって、今自分がどこにいるのか現在地を確認出来る機能です。ランニングウォッチの場合は、GPS機能付きウォッチを身に着けながら走ることで、走行ルートや走行距離を確認することが出来ます。

以前はGPS機能搭載のランニングウォッチは目新しいものだったのですが、今ではGPS機能搭載モデルがごくごく一般的なものになっています。走行距離を測定できるため、ランニングウォッチの中でも特に人気の機能です。

GPS機能付きランニングウォッチで出来ること

走行距離を測定できる

出典:http://blog.neet-shikakugets.com/garmin-foreathlete-620j-gps-20140712

GPS機能付きウォッチの一番の良いところは、走行距離を測定できることです。従来のランニングウォッチの場合、走行時間は分かっても、走行距離までは分かりませんでした。

家の周辺のコースを走る場合も、30分や60分といった走る時間は分かるものの、その走った距離自体はなんとなくしかわからないことが多かったと思います。

しかし、GPS機能付きのランニングウォッチがあれば、走行時間だけではなく、走行距離を正確に知ることが出来ます。

もちろん、走った後に走行距離を確認出来るだけではなく、リアルタイムに走っている途中に走行距離を確認出来るため、距離を目標にして走ることが出来ます。

走行ルートを確認出来る

出典:http://blog.neet-shikakugets.com/garmin-foreathlete-620j-gps-20140712

GPS機能は、走行ルートの確認が出来ます。走った後に、自分が走った軌跡をマップ上で確認出来ます。フルマラソンやウルトラマラソンといった長い距離のランニングの場合、その長かった軌跡を確認することで、大会の余韻をたっぷり楽しむことが出来ます。

1kmのペースを確認しながら走れる

出典:http://hassuru-running.com/gps/product_019_ForeAthlete230J/

GPSは走行距離を測定できるため、1kmごとのペースを確認しながら走ることが出来ます。多くのGPS機能ウォッチには、自動ラップ機能が付いていて、1kmごとのラップを自動的に表示してくれます。

また、今現在走っている1kmごとのペースも確認出来るため、ペース走に打ってつけです。

コースの高低差を確認出来る

GPSによって、走ったコースの高低差も確認出来ます。どれだけアップダウンが激しかったのか、数字としてしっかり確認出来ます。

練習データの管理が出来る

GPS機能付きランニングウォッチは、各メーカー独自のデータの管理アプリを提供しています。そのアプリで、より詳しいランニングデータを確認・分析・保存することが出来ます。PCアプリのみのメーカーもあれば、PCとスマホアプリを用意しているメーカーもあります。

GPS機能付きランニングウォッチの選び方のコツ

おすすめは「みちびき」対応モデル

出典:http://www.epson.jp/products/wgps/sf720g/feature_1.htm

GPS機能付きランニングウォッチは各メーカーから様々なモデルが販売されています。ただ、そのGPS精度に関してはややメーカーによって程度の差があります。

GPS精度が高ければ、より正確に走った軌跡を計測してくれるため、走行距離が正確になります。高いビルが並ぶ都市部や山が多い山間部などでは、GPSの電波が届きにくいため、GPSの精度の差が大きく出やすいです。

そこで、おすすめなのが「みちびき」対応のモデルです。「みちびき」とは日本の真上を飛ぶ衛星システムで、従来のGPSよりも正確な測定をしてくれます。より正確なGPSウォッチが欲しい場合はみちびき対応のモデルを選びましょう。

GPS使用時の最大稼働時間を確認しよう

出典:https://www.thetrendspotter.net/2016/03/15-best-gps-running-and-fitness-watches-in-2016.html

GPS機能付きランニングウォッチは充電式です。そのため、フル充電の状態でどれだけバッテリーが持つのかが重要になります。特に、フルマラソンやウルトラマラソンのように長い時間走る場合には、途中でバッテリーが切れないような長持ちの時計を選ぶ必要があります。

バッテリーの持ちを確認する場合は、必ずGPS使用時の稼働時間を確認しましょう。GPSを使用していない時の稼働時間は、GPSウォッチにおいてあまり重要ではありません。

重量も確認しておこう

出典:http://www.digitaltrends.com/health-fitness-gear-reviews/garmin-forerunner-35-gps-review/

GPS機能搭載モデルは、非搭載のモデルに比べると、やや重量が重くなります。ランニング時は腕時計の重さも意外と気になることもあるので、出来るだけ軽いものを選ぶことが大切です。

重量が重いものを選んでしまってはランニング中にウォッチの重みが大きなストレスとなります。

管理データのアプリはPCのみ?スマホも?

走ったランニングデータを管理出来るアプリはPCのみなのか、スマホのアプリも提供されているのか確認しましょう。おすすめはやはりスマホアプリもあるモデルです。

PCのみでも十分という人もいますが、やはりスマホでサクッとランニングデータを閲覧・分析出来るというのは非常に便利です。スマホであればベッドで横になりながらでも気軽に確認できます。

GPS機能付きランニングウォッチの二大人気メーカー

ガーミン

出典:http://communitypark.jp/?p=1221

GPS機能付きランニングウォッチと言えば”ガーミン”と言われるほどGPS付きランニングウォッチでは絶対的に人気を誇るメーカーです。

ガーミンのランニングウォッチはとにかく高機能であることで有名です。ランナーのために役立つ機能をたくさん搭載しているのがガーミンの特徴です。

ガーミンランニングウォッチの選び方とおすすめの紹介
ガーミンのランニング時計の選び方と初心者・中級者・上級者におすすめのウォッチを紹介しています。ガーミンはGPS機能の精度が高いこと...

エプソン

出典:http://hashirou.com/article/page/epson-wristable-gps-renewal-2016

エプソンはガーミンと並ぶ二大メーカーの一つです。ガーミンに遅れてGPS機能付きランニングウォッチ市場に参入しましたが、今ではガーミンと並ぶ人気メーカーになっています。

エプソンの特徴は、とにかく稼働時間が長いことです。ウルトラマラソンにも対応出来る稼働時間が売りです。また、ガーミンほど機能がたくさん搭載されているわけではないため、シンプルで使いやすいウォッチです。

エプソンランニングウォッチの種類とおすすめの紹介
エプソンのランニング時計の種類とおすすめの紹介です。エプソンのランニングウォッチを検討している人は、モデルごとの比較や選ぶ際の参考...

GPS機能付きランニングウォッチのおすすめ(初心者向け)

ForeAthlete 15J【ガーミン】

“15J”はガーミンのGPSウォッチの入門編としておすすめです。みちびき対応の高感度GPSチップを搭載し、GPS使用時の稼働時間は8時間、防水機能は50m完全防水と入門編として十分な機能が備わっています。また、日常生活に使用出来るライフログ機能も付いているため、日常の健康管理のウォッチとして活用出来ます。

出典:https://www.amazon.co.jp

参考価格:16,800(税別)
カラー:Black/Blue、Red/Black、Teal/White、Violet/White
GPS:みちびき対応
稼働時間:約8時間(GPS使用時)
重量:43g
アプリ:PC、スマホ

ForeAthlete 220J【ガーミン】

ガーミンらしい大きい画面でタイム、走行距離、ランニングペースを確認出来るGPSウォッチが欲しい人には”220J”がおすすめです。ガーミンのランニングウォッチは高機能なゆえ、価格が3万円前後になることも多いですが、”220J”は2万円以下で購入出来ます。GPS使用時に10時間稼働出来るので、フルマラソン使用には十分なウォッチです。

https://www.amazon.co.jp

参考価格:18,334(税別)
カラー:Black/Red、White/Violet
GPS:みちびき対応
稼働時間:約10時間(GPS使用時)
重量:40.7g
アプリ:PC、スマホ

ForeAthlete 35J【ガーミン】

ガーミンのエントリーモデルとしては最高スペックの”35J”はコンパクトで高機能なウォッチを求める人や女性におすすめのモデルです。”35J”はGPS機能はもちろん、光学式心拍計を内臓しています。心拍数も確認出来るGPSと心拍数計両方内臓のウォッチです。

出典:https://www.amazon.co.jp/

参考価格:24,800(税別)
カラー:Black、LimeGreen、FrostBlue、White
GPS:みちびき対応
稼働時間:約13時間(光学式心拍計・GPS使用時)
重量:37.3g
アプリ:PC、スマホ

Wristable SF-120【エプソン】

“SF120″は、シンプルで直感的に操作出来るエプソンのエントリーモデル(入門向け)です。GPS機能、防水機能、活動量計(ライフログ)機能を搭載しています。軽量で簡単に操作が出来、カラーリングの女性向けのホワイトグリーンやローズゴールドが展開されているなど、女性にも人気のモデルです。

出典:https://www.amazon.co.jp

参考価格:19,800(税別)
カラー:クールブラック、ローズゴールド、ホワイトグリーン
GPS:みちびき対応
稼働時間:約10時間(GPS使用時)
重量:46g
アプリ:PC、スマホ

AG01【アシックス】

ランニングウォッチとしても人気があるアシックスはGPSウォッチも販売しています。それが”AG01″です。ガーミンやエプソンに比べると、GPSウォッチとしては性能面は劣りますが、アシックス好きの人にはもってこいのウォッチです。GPS使用時の稼働時間はフルマラソンに十分な約10時間です。

出典:https://www.amazon.co.jp/

参考価格:18,000(税別)
カラー:ブラック/ゴールド、ホワイト/ゴールド、ブラック、ブルー
GPS:みちびき非対応
稼働時間:約10時間(GPS使用時)
重量:61g
アプリ:PC

GPS機能付きランニングウォッチのおすすめ(中級者以上)

Wristable SF-720【エプソン】

エプソンの”SF720″はGPS使用時の稼働時間が約30時間です。GPS使用時の稼働時間が長いことで人気があるエプソンのシリーズの中でも最も稼働時間が長いモデルです。そのため、100kmを超えるようなウルトラマラソンに挑むランナーにおすすめ出来ます。また、その他のランナーの場合も、充電の回数が減り、便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

参考価格:27,800(税別)
カラー:ブラック、グリーン、ホワイトブルー
GPS:みちびき対応
稼働時間:約30時間(GPS使用時)
重量:54g
アプリ:PC、スマホ

Wristable SF-850【エプソン】

エプソンの最上位モデルである”SF850″はGPS機能に加え、光学式の心拍数計を内臓しているモデルです。心拍数計を内臓しているため心拍トレーニングのウォッチとしても活用出来ます。また、活動量計(ライフログ)機能では歩数や消費カロリー、移動距離だけではなく心拍数も計測出来るため、より日常の健康管理がはかどります。

出典:https://www.amazon.co.jp/

参考価格:32,184円(税込)
カラー:クールホワイト、ジェットブラック、スポーティングブルー
GPS:みちびき対応
稼働時間:約20時間(GPS使用時/脈拍計測時)
重量:54g
アプリ:PC、スマホ

ForeAthlete 235J【ガーミン】

ガーミン自慢のランニングに役立つ機能をたっぷり詰め込んだ”235J”はガーミンウォッチの中でも特に人気が高いモデルです。GPS機能に加え、光学式心拍計を内臓しています。また、VO2max、レース予想タイム機能、リカバリーアドバイザー機能など高機能なウォッチになっています。さらに、GPSはみちびきに加え、ロシアのGLONASSにも対応しているため、よりGPS精度が高くなっています。

出典:https://www.amazon.co.jp/

参考価格:36,800(税別)
カラー:BlackRed、BlackOrange、BlackGreen
GPS:GLONASS、みちびき対応
稼働時間:約11時間(GPS使用時)、約9時間(GLONASS+GPS使用時)
重量:42g
アプリ:PC、スマホ

ForeAthlete 630J【ガーミン】

ガーミンランニングウォッチの最上位モデルです。ガーミンの機能がすべて入ったフルスペックのランニングウォッチです。ランニングフォームの分析に定評があるランニングダイナミクスの進化版を搭載し、より深くランニングを分析出来るようになっています。ただ、心拍計機能は本体内蔵タイプではなく、胸バンド装着タイプです。

出典:https//www.amazon.co.jp

参考価格:44,800(税別)
カラー:Marsala/Pink、Marsala/Pink、MidnightBlue/White
GPS:GLONASS、みちびき対応
稼働時間:約16時間(GPS使用時)、約12時間(GPS+GLONASS使用時)
重量:44g
アプリ:PC、スマホ