ランニングシューズが長持ちする手入れ方法と洗い方

ランニングシューズは毎日の手入れ方法によって寿命が長持ちします。手入れを怠っていると早く劣化してしまう原因になります。また定期的に洗うことで気になる臭いを解消することが出来ます。今回は基本的な手入れ方法と洗い方を紹介させていただきます。

ランニングシューズを長持ちさせる基本的な手入れ方法

ステップ1.柔らかい布で汚れを拭き取る

出典:https://www.youtube.com/watch?v=XPpiFgAfucM

ランニングシューズは綺麗に見えても意外と多くの汚れが付着しています。土の上や芝生の上を走れば、当然汚れやすくなりますが、塗装されている道を走るだけでも、砂や塵、ほこりといった汚れが付着しています。

ランニング後はこの汚れをしっかり拭き取りましょう。ふき取る場合は硬いブラシでゴシゴシと落とすのではなく、柔らかい布で柔しくふき取ることが大切です。硬いブラシでゴシゴシしてしまうと、シューズの繊細な線維を傷つけてしまうため、逆に劣化が早くなります。そのため、柔らかい布で優しくふき取ることが重要です。

ステップ2.靴紐を外し風通しが良い日陰で乾かす

出典:http://www.aliexpress.com/store/product/New-models-Men-sneakers-Quick-dry-breathable-Running-shoes-Outdoor-walking-shoes-sports-shoes-Free-shipping/1415010_2031905724.html

汚れを拭き取ったら、風通しの良い日陰で乾かしましょう。ランニングシューズは走っている時の汗で湿気を帯びています。湿気を帯びた状態でそのまま下駄箱や袋に入れてしまうとシューズの劣化が早まります。ランニングシューズは通気性は良いものの、長持ちさせるためにはランニング後しっかり乾燥させることも大切です。

その際は直射日光が当たる場所は避けましょう。ランニングシューズは直射日光に弱く、日が当たるような場所で乾燥させると劣化します。特にミッドソールのクッション剤や接着部分は熱に弱いため、必ず日陰で乾燥させるようにすることが大切です。

また、その際には靴紐は外すか、ゆるめておき、インソールは外せるタイプなら外しておきましょう。

ステップ3.靴箱の上段で保管

出典:http://eat-spin-run-repeat.com/2014/06/09/how-to-buy-new-running-shoes/

ランニングシューズを靴箱で保管している場合は下段ではなく上段で保管するようにしてください。靴箱の下段は湿気がたまりやすいので、上段がおすすめです。

また、たまに靴紐を結んだまま保管している人がいますが、靴紐はほどいた状態で保管するようにしましょう。靴紐を結んだまま保管していると、甲の部分の線維が常に引っ張られている状態になるため、伸縮性が失われます。そうなると、走っている時の着地の足のブレを補正する力が弱くなり、着地時の安定性が悪くなってしまいます。シューズの靴紐は緩めて保管することが大切です。

洗濯の方法がわからないという人必見!ランニングシューズの気になる洗い方

ステップ1.ぬるま湯や水にシューズを浸ける

出典:http://imzkmc.blog60.fc2.com/blog-entry-831.html

まずはランニングシューズをぬるま湯や水に浸けます。水に浸けておくことで汚れを落としやすくなります。この時、靴紐やインソールは外しておきましょう。また、あまり長時間浸けた状態で放置しておくと、色落ちや色移りの原因となりますので置きっぱなしにしないように注意しましょう。

ステップ2.シューズ用洗剤や中性洗剤で丁寧に洗う

出典:http://openmemo.blog.fc2.com/blog-entry-406.html

ランニングシューズが十分に湿ったらシューズ用洗剤あるいは中性洗剤を使用して汚れを落としていきます。ランニングシューズの線維はデリケートなため、硬いブラシでゴシゴシ洗うのは厳禁です。ブラシを使う場合はシューズ用のブラシか柔らかめの歯ブラシを使用するようにしましょう。その際も強く擦って線維を傷つけてしまわないように注意しておいてください。

アウトソールのような硬い場所はブラシで洗っても大丈夫ですが、布やメッシュのようなデリケートな場所は出来るだけ手でもみ洗うようにしましょう。そうすることで、シューズを傷つけてしまったり、型崩れを起こしてしまうことを防ぐことが出来ます。

ステップ3.十分にすすぎを行い水を切る

出典:http://www.columbiasports.co.jp/mag/2016/11/post-27.html

シューズの汚れを落とすことが出来たら、十分にすすぎを行いましょう。すすぎが不十分でシューズに洗剤が残っていると、劣化や変色につながることがあります。すすぎを行う場合は洗剤がまだ残っていないか確認しながら十分にすすぎを行うようにしましょう。

ステップ4.風通しのいい日陰で乾かす

出典:http://swacmie.com/archives/348

水を切ったら、風通しのいい日陰で乾かしましょう。ランニングシューズは高温・湿気がある場所で保管すると劣化が早くなります。特にランニングシューズの重要な機能であるクッション性は熱による影響で劣化が早くなるため、日が直接当たる場所はダメです。必ず日陰で乾かすようにしてください。

また、早く乾かしたいからと言って衣類乾燥機やドライヤーで乾かすのは良くありません。日光で乾かすのと同様にシューズの劣化を早める原因となります。もし、どうしても早く乾かしたいなら扇風機の風を利用すると良いでしょう。扇風機の風であれば熱の影響はありませんので、劣化の心配はありません。

さらに、乾かす場合は白い布や新聞紙などを詰めることで乾燥の際に起こりやすい型崩れを防ぐことが出来ます。また、水分を吸収してくれるため早く乾燥しやすいです。

靴が乾燥したら、いつもと同じ場所で保管しておきましょう。

RUNNAL編集部

走るをもっと楽しく、もっと快適にするためのランニングメディア「RUNNAL(ランナル)」の公式アカウント。ランナルは、健康のために、ダイエットのために、マラソン大会での自己記録更新のために走るすべての人を応援しています。