走ることで仕事が捗る!ランニングがビジネスマンに与える7つのメリット

ランニングは仕事に様々なメリットをもたらしてくれます。デキるビジネスマンほどランナーであることが多いと言われているように、ランニングによる恩恵は大きいです。そこで、ランニングがビジネスマンにもたらすメリットを7つ紹介させていただきます。

1.脳が活性化する

走ることで脳が活性化します。走ると、脳に多くの血液が集まり、脳血流量が増加します。血液量が増えれば、脳に多くのブドウ糖が運ばれるようになります。ブドウ糖は脳のエネルギー源です。脳にエネルギー源であるブドウ糖が多く運ばれることで、脳が活性化するようになります。

多くの人が、お腹が空いている時は頭が回らないということを今までの経験の中から学んでいると思います。なぜ、お腹を空いている時は頭が冴えないのか。それは、脳のブドウ糖が不足しているからです。ブドウ糖が不足していると、脳の機能が低下するため、大したアイディアは湧いてきません。

走ることで脳にブドウ糖を効率よく運ぶことが出来れば、脳が活性化し、良いアイディアもどんどん湧いてくるようになります。

2.記憶力がアップする

ビジネスマンは記憶力が大事です。営業をしている人は取引先と良好な関係を築くためにも相手の事を知り、上手くコミュニケーションをとっていく必要があります。上手いコミュニケーションはいかに相手の関心のある事柄を知っているかがカギになります。相手の好きな事やお互いの共通項を出来るだけ多く記憶していれば、それだけコミュニケーションが捗り、商談も上手く進むようになります。

また、複数の案件を同時に進めていくような場合にも、しっかりそれぞれの情報を整理し記憶しておくことも大切です。

ランニングは記憶力を高める働きがあることが分かっています。2011年に発表されたピッツバーグ大学の研究論文によって、有酸素運動によって記憶力を司る脳の海馬が約2%大きくなるということが報告されています。

3.ストレスに強くなり精神的な余裕が生まれる

ランニングは精神的な余裕をもたらしてくれます。仕事では商談相手とのやり取りの中や同じ部署や他の部署の同僚との連携など様々なところにストレスの原因となる要素があります。ストレスを抱えていると、精神的な余裕がなくなり、仕事に大きな悪影響を与えるようになります。

逆に精神的な余裕がある人は、商談相手や同僚へ余裕のある気遣いが出来たり、前向きな気持ちで仕事に取り組むことが出来るため、仕事に良い影響が出やすいです。

ランニングは精神的な部分に作用する脳内ホルモンを増加させてくれます。例えば、幸福感に大きく関係するエンドルフィン、前向きで意欲的な気持ちを引き出してくれるドーパミン、自信をもたらしてくれるノルアドレナリン、心を落ち着かせてくれるセロトニンといったものがあります。

4.体が引き締まり第一印象が良くなる

営業をしている人は第一印象が大事だと言われます。第一印象はスーツの着こなしや清潔感、最初の会話の雰囲気など様々な要素がありますが、体型も大きなウェイトを占めます。

体が引き締まっていれば、デキる人に見えますし、頼りになりそうな印象を与えることが出来、その後の仕事もプラスになります。一方、お腹が出ていたり、ふっくらとしていると、ちょっと頼りない、自己管理が出来ない人に見えてしまいます。

ランニングは有酸素運動の一つで、脂肪を燃焼させることが出来ます。脂肪を燃焼させながら、引き締まった体を作ることが出来る運動のため、第一印象を良くすることが出来ます。

5.疲れにくくフットワークが軽くなる

ランニングをすることでスタミナが付けば、仕事でも疲れを感じにくくなります。疲れにくくなれば、それだけ仕事におけるパフォーマンスが向上するため、効率を一気に上げることが出来ます。また、前日の夜遅くまでの残業明けでも、貪欲に仕事に取り組めるようになります。

ランニングは精神的な面にもプラスになり、意欲を与えてくれます。そこに、さらに疲れにくい強靭な肉体が加わることで、フットワークも軽くなります。仕事ではフットワークが軽い人はとても頼りになるものです。商談相手からしても、フットワークが軽い人はいろんな提案がしやすい相手です。フットワークが軽くなることで、仕事の幅が拡がるようになります。

6.時間管理能力が身に着く

ランニングをする習慣を身に着ければ自然と時間管理能力が身に着くようになります。ランニングは仕事前の朝や仕事終わりの夜に取り入れる人が多いですが、その限られた時間の中でいかに走り、いかに仕事にも影響を与えないようにするかを考える中で時間を上手く管理できるようになります。

仕事では、社内のミーティングや取引先との商談、新規取引先のアポ、社内での事務作業など時間を上手く管理しながら最大限のベネフィットを得るために取り組むことが大切になってきます。ランニングによって時間を管理する能力が身に着けば、1日の仕事の運び方も上手くなり、仕事の効率が捗るようになります。

7.出会いが増える

ランニングを始めると、マラソン大会に参加したり、ランニングイベントに参加したりするなかで多くの出会いを経験するようになります。そこでは普段合わないような異業種の人との出会いがあるため、自分の価値観を広げることが出来ます。

ランニングイベント関係ではなくとも、取引先の人とランニングという共通点で盛り上がり強固な関係性を築くことも出来ます。仕事だけではなくプライベートでも関係を築けるようになるのも、ランニングの魅力です。今やランニング人口は1000万人以上いると言われているので、ランニングを趣味とすることで多くの人と出会うチャンスがあります。

ランニングによって出会ったことがきっかけで新しい仕事が生まれることも珍しくはありません。

RUNNAL編集部

走るをもっと楽しく、もっと快適にするためのランニングメディア「RUNNAL(ランナル)」の公式アカウント。ランナルは、健康のために、ダイエットのために、マラソン大会での自己記録更新のために走るすべての人を応援しています。