通話機能付きスマートウォッチのおすすめ

【2022最新】通話機能付きスマートウォッチのおすすめ10選【1万円以下もあり】

更新日:  著者:RUNNAL編集部

今、スマートウォッチを選ぶなら通話機能付きを選んでみるのがオススメ。時計本体にスピーカーとマイクを内蔵し時計単体で通話(Bluetooth通話)出来る機種なら、仕事や家事、育児、趣味の時間も作業を一旦中断することなく作業しながらハンズフリー通話出来て便利です。

この記事では、時計側で電話を受けたり、電話をかけたり出来る通話機能搭載スマートウォッチのオススメ機種を紹介しています。AppleやGARMIN、HUAWEI、Galaxyいった人気メーカー製だけではなく、1万円以下で買える格安機種(コスパ最強機種)も紹介しています。また、通話機能があるとどう便利なのかメリットについても紹介しているので、通話機能は必要か(要らないか)どうか迷っている方も是非参考にしてみてください。

通話機能付きスマートウォッチとは

スマートウォッチで通話する人

通話機能付きスマートウォッチとは、時計本体にスピーカーとマイクを内蔵し、時計単体で通話出来るスマートウォッチのことです。

スマホとBluetooth接続で連携しているスマートウォッチは、スマホに届く着信の通知を手元で受け取れますが、通話機能付きスマートウォッチはその着信通知画面からそのまま電話応答が可能です。そして、手元のスピーカーとマイクを活用しそのまま通話が出来ます。そして、時計側で連絡先や通話履歴、ダイヤルパッド等から電話発信も可能となっています。

スマホに電話があった際にわざわざポケットやカバンの中からスマホを取り出すことなく手元のスピーカーとマイクでハンズフリー通話出来るため、仕事や勉強、家事、育児、趣味と何らかの作業をしている最中にとても便利です。

他のスマートウォッチとの違いは??

スマートウォッチを操作する男性

通話機能付きスマートウォッチは他の普通のスマートウォッチとどう違うのか。その大きな違いは、時計本体へのスピーカーとマイクの有無と、時計側で通話出来るかどうかです。

普通のスマートウォッチは、時計本体にスピーカーとマイクは内蔵していません。スマホに着信があった際に時計側でその着信通知を受け取り電話応答することは可能ですが、時計側でそのまま通話することは出来ません。通話する際は通常通りスマホのスピーカーとマイクを活用し、スマホ側で通話する必要があります。一方、通話機能搭載スマートウォッチなら、時計本体内蔵のスピーカーとマイクを活用しそのまま時計側で通話するハンズフリー通話が可能となります。

通話機能付きスマートウォッチのメリット

①手元で着信通知を受け取れる

スマートウォッチに着信が届く

通話機能付きスマートウォッチはどのように便利なのか。これは通話機能付きスマートウォッチだけではなく、スマートウォッチ全般に言えることですが、着信通知を含む通知機能(が凄く便利です。

スマートウォッチがあれば、いつでもどこでも手元の振動(バイブレーション)で着信通知を受け取ることが出来ます。通常はスマホをポケットやカバンの中に入れていると着信に気づかないなんてこともありますが、スマートウォッチであれば手元の振動で確実に着信に気付けます。そのため、重要な電話連絡を見逃すなんてことがなくなります。

②手元で電話を受けてハンズリー通話出来る

スマートウォッチで電話を受けて通話する

普通のスマートウォッチではなく、通話機能付きの機種を選ぶ最大のメリットは、手元の操作で電話応答しそのまま手元で通話出来ることです。

着信中に丁度手がふさがっていてすぐにスマホをポケットやカバンの中から取り出せないという場合でも、手元の簡単な操作だけですぐに電話に出られるのが大きな魅力です。さらに電話中もスマホを持つ手がふさがってしまうことなく、ハンズフリー通話が出来るのも魅力。仕事や学校の授業用の資料作成にPC作業をしている時も、料理を作ったり洗濯物を畳んだり、子供の相手をしている時でも、通話機能付きスマートウォッチなら作業を止めることなく、作業しながら通話出来ます。

③手元で電話をかけてハンズフリー通話出来る

スマートウォッチで電話をかける

通話機能付きスマートウォッチは、着信があった際に電話応答するだけではなく、時計側の操作で電話をかける(電話発信)することも可能です。

スマホに登録済みの連絡帳や通話履歴から、あるいは直接ダイヤル入力による電話発信が可能です。電話をかけたいけど手元にすぐにスマホがないなんて場面ですごく便利です。また、普通のスマートウォッチも電話発信ぐらいなら出来る機種もありますが、通話機能付き機種なら発信してそのまま通話自体も時計側でできるのが魅力です。

通話機能付きスマートウォッチの注意点

注意1、通話は近くにペアリング済みのスマホがあることが条件

スマートウォッチを装着しスマホを手に持つ男性

初めて通話機能付きスマートウォッチを購入する際に是非知っておきたい注意点があります。その一つ目が、スマホなしの完全なる時計単独での通話は利用出来ないことです。

通話機能付きスマートウォッチでの通話は、あくまでもBluetooth接続(ペアリング)済みのスマホの通話をスマートウォッチのスピーカーとマイクを介して行うだけです。そのため、Bluetooth接続可能な範囲内(約10m)にスマホがあることが絶対条件で、スマホが近くにない場合にはスマートウォッチでの通話(電話応答/電話発信)は不可となります。さらに言えば、電話着信通知を受け取ったり、その他の通知機能も利用出来なくなります。

近くにスマホがなくても通話出来る機種もある

Apple Watchのセルラーモデル

基本的にスマートウォッチは通話を始め様々な機能を利用するに当たってBluetooth接続で連携するスマホが近くにある必要があります。ただし、Apple Watchのセルラーモデル(GPS+Cellularモデル)やGalaxy WatchのLTEモデルのみが例外的に近くにスマホがなくても時計単独で通話機能が利用可能となっています。さらに、時計単独でメール受信やメール送信、天気予報などのチェックも可能となっています。

ただし、セルラーモデルとLTEモデルは通常のモデルと比べると価格は高めに設定されています。さらに、時計本体の購入料金とは別に月々のデータ通信料金も必要になってきます。例えば、Apple Watchのセルラーモデルの場合はdocomo或いはahamoの「ワンナンバーサービス(月額550円)」、auの「ナンバーシェア(月額380円)」、「softbankのApple Watch モバイル通信サービス(月額385円)」への加入が必要です。

注意2、LINE通話などの無料通話アプリには対応していない可能性が高い

LINEアプリ

通話機能付きスマートウォッチのもう一つの注意点は、LINE通話を始めサードパーティ製の無料通話アプリには対応していない可能性が高いことです。

例えば現状、Apple WatchにLINEの着信通知は届きません。届くのは着信不在通知のみです。当然、LINE通話を受けたり、かけたりすることも出来ません。これはApple Watch側のOSであるWatch OSがCallKitという技術に対応していないためです。Apple Watchには公式のLINEアプリがあり、LINEのメッセージを受信したり、メッセージ返信したり、直接メッセージを送ったりとLINEの多くの機能を時計側の操作で利用できるのですが、CallKit未対応の関係で通話のみ利用出来ません。これに関しては現状、Apple Watch以外のスマートウォッチもほぼほぼ同様です。

ただし、2022年秋リリース予定のWatchOS 9にはCallkitが組み込まれているため、WatchOS 9を導入することでApple Watchでも遂に純正電話アプリ同様にLINE通話も利用出来るようになる可能性が高いです。

【人気メーカー】通話機能付きスマートウォッチのオススメ

Apple Watch Series 8

通話機能付きスマートウォッチが欲しいというiPhoneユーザーには、「Apple Watch Series 8」がおすすめ。Apple WatchはiPhoneを始めApple製品との連携性に優れ、便利機能や健康関連機能が充実しており、iPhoneユーザーなら選んでおいて間違いのない機種です。

Apple Watchの魅力は、iPhoneに登録してある連絡先から電話発信出来るところ。さらに、通話中も時計操作で音量調整したり、ミュート(無音)に出来るのも魅力。通話機能以外で言えば、SuicaやiD、QuickPayなど他のスマートウォッチを圧倒する豊富な電子マネーに対応しているのも大きな魅力です。そして、1日を通してのバックグラウンド測定にも対応した血中酸素濃度測定機能に、心電図(ECG)機能、皮膚温測定機能、睡眠計測と、ヘルスケア機能も非常に充実し健康管理ツールとしても優秀です。Apple Watch Series 8は画面の常時表示にも対応し、ファッション性という点でも優れているため、iPhoneユーザーに一押しの機種です。

通話機能付きスマートウォッチのおすすめ1

商品名:Apple Watch Series 8(45mm)
参考価格:64,800円
サイズ:45x35x10.7mm
重量:38.8g
ベゼル:アルミニウム
バンド:シリコン
ディスプレイ:AMOLED(396x484)
防水:5 ATM
バッテリー:18時間
通知機能:◯
通話機能:◯
GPS計測:◯
心拍数計測:◯
睡眠計測:◯
ストレス計測:-
血中酸素濃度:◯
心電図:◯
音楽保存&再生:◯(Apple Music/Spotify)
電子マネー:◯(Suica/PASMO/iD/QUICPay/Visaタッチ決済/PayPay/Tマネー/LINE Pay/メルペイ/au Pay/WAON/nanaco)

Garmin Venu 2 Plus

通話機能付きスマートウォッチが欲しいというAndroidユーザーにオススメしたいのが、GARMIN(ガーミン)の「Venu 2 Plus」です。Venu 2 Plusはランニングなどのフィットネス機能も非常に充実しているため、スポーツやアウトドアシーンでも積極的に活用したいという人にもお勧め。

Garmin Venu 2 Plusは、スポーツGPSウォッチメーカーとして人気の高いGarminが初めて通話機能を搭載して販売したスマートウォッチです。手元で通話出来るのはもちろん、音声アシスタントとしてAlexaとGoogleアシスタントに対応しているのも魅力。手元で簡単にスマートホーム機器を音声操作出来ます。さらに、Garminが誇るBody Battery(身体的エネルギーの残量)やストレスレベル計測、フィットネス年齢など健康関連機能が充実し、VO2MAX測定やGARMIN COACH(パーソナルランニングコーチによるアドバイス)などランニング関連の機能も充実しています。さらに、Androidスマホで使えるスマートウォッチにはなかなかないSuica対応である点も魅力です。

通話機能付きスマートウォッチのおすすめ2

商品名:GARMIN Venu 2 Plus
参考価格:66,800円
サイズ:43.6x43.6x12.6mm
重量:51g
ベゼル:ステンレススチール
バンド:シリコン
ディスプレイ:AMOLED(416x416)
防水:5 ATM
バッテリー:9日間
通知機能:◯
通話機能:◯
GPS計測:◯
心拍数計測:◯
睡眠計測:◯
ストレス計測:◯
血中酸素濃度:◯
心電図:-
音楽保存&再生:◯(Spotify/Amazon Music/LINE MUSIC/AWA)
電子マネー:◯(Suica/Visaタッチ決済)

HUAWEI WATCH GT 3 Elite

ビジネスシーンでも着用出来る、高級感がありカッコいいスマートウォッチが欲しいという人には人気スマートウォッチメーカーであるHUAWEI(ファーウェイ)の「WATCH GT 3 ELITE」がオススメ。

HUAWEI WATCH GT 3 Eilteの魅力は、ステンレススチールケースとステンレススチールバンドを採用し、高級感ある見た目となっているところ。さらに約1000種類もの豊富なウォッチウェイス(文字盤)が用意されており、その時々のシーンに応じた見た目を楽しむことが出来ます。機能面ではHUAWEIらしく最大14日間のロングバッテリーを搭載し、約5分の充電で約10時間使用出来る急速充電に対応しているのが魅力。さらに、常時計測可能な血中酸素濃度の測定機能や、精度の高い心拍数モニタリング、睡眠計測、ストレスモニタリング、体表面温度測定機能にと、健康関連機能も充実。ビジネスシーンでの高級感と、日常使いでの健康管理機能はバッチリなので、健康を意識するビジネスマンにオススメ。

通話機能付きスマートウォッチのおすすめ3

商品名:HUAWEI WATCH GT 3 Elite
参考価格:39,380円
サイズ:45.9x45.9x11mm
重量:42.6g
ベゼル:ステンレススチール
バンド:ステンレススチール
ディスプレイ:AMOLED(466x466)
防水:5 ATM
バッテリー:14日間
通知機能:◯
通話機能:◯
GPS計測:◯
心拍数計測:◯
睡眠計測:◯
ストレス計測:◯
血中酸素濃度:◯
心電図:-
音楽保存&再生:◯(HUAWEI MUSIC)
電子マネー:-

Galaxy Watch4

Androidユーザーには、Galaxy Watch4も人気がありオススメ。Galaxy Watch4はGalaxy独自の最新機能を多数搭載し、Android向けの高機能スマートウォッチを求める人にぴったり。

Galaxy Watch4の目玉機能は、体組成計機能。時計単体で骨格筋や体脂肪量、体脂肪率、体内の水分、BMIなどを求めることが出来るのが魅力。ほかにも健康機能として血中酸素濃度や睡眠計、ストレスチェック、水分摂取記録などを搭載。さらに、現状は日本未対応ながらも心電図機能と血圧測定機能も搭載するなどとにかく最先端で高機能。そして、OSはWear OSを搭載しているため、Google Playストアが利用でき、数あるアプリの中から好みのアプリをインストールし機能性を拡張することが可能です。デザインもシンプルかつスタイリッシュで、Android用の高機能スマートウォッチを求める人にオススメ。

通話機能付きスマートウォッチのおすすめ4

商品名:Galaxy Watch4
参考価格:36,000円
サイズ:44.4x43.3x9.8mm
重量:30.3g
ベゼル:アルミニウム
バンド:シリコン
ディスプレイ:AMOLED(450x450)
防水:5 ATM
バッテリー:40時間
通知機能:◯
通話機能:◯
GPS計測:◯
心拍数計測:◯
睡眠計測:◯
ストレス計測:◯
血中酸素濃度:◯
心電図:◯※日本未対応
音楽保存&再生:◯(Spotify)
電子マネー:-

Amazfit GTR 3 PRO

ビジネスウォッチとしてもオシャレなファッションウォッチとしても使えるクラシックデザインの通話機能付きスマートウォッチを求める人には、Amazfit(アマズフィット)の「GTR 3 PRO」がオススメ。

Amazfit GTR 3 PROは、スマートウォッチらしくないフォーマルで高級感漂う雰囲気のデザインが魅力。アルミニウム製のボディに、バンドはブラウンレザーを採用し、ビジネスにもお出かけにもカッコよく決まるウォッチとなっています。さらに、機能性も抜群です。高精細なAMOLED(有機EL)ディスプレイを採用し、最大12時間のロングバッテリーを搭載。健康面では心拍数モニタリングや血中酸素濃度測定(24時間対応)、睡眠計、ストレスモニタリング、心電図(※現状は日本未対応)と嬉しい機能がたくさん搭載されています。また、Alexa内蔵で、さらにオフラインにも対応した音声アシスタント機能を搭載しているなど、非常に高機能なウォッチとなっています。

通話機能付きスマートウォッチのおすすめ5

商品名:Amazfit GTR 3 Pro
参考価格:39,800円
サイズ:46x46x10.7mm
重量:32g
ベゼル:アルミニウム
バンド:レザー
ディスプレイ:AMOLED(480x480)
防水:5 ATM
バッテリー:12日間
通知機能:◯
通話機能:◯
GPS計測:◯
心拍数計測:◯
睡眠計測:◯
ストレス計測:◯
血中酸素濃度:◯
心電図:◯※日本未対応
音楽保存&再生:◯
電子マネー:-

Xiaomi Watch S1

デザイン重視でカッコいいスマートウォッチを求める人には、Xiaomi(シャオミ)の「Watch S1」もオススメ。

Xiaomi Watch S1は、ステンレススチールのケースに、レザーストラップを採用し、大人の男性の手元にもぴったりと似合うクラシックなデザインのウォッチとなっています。さらに、バンドはレザーストラップに加えスポーツシーンに重宝するフッ素ゴムタイプのバンドも一緒に付属されています。そのため、ビジネスシーンにもスポーツシーンにもどちらでもカッコよく快適に着用出来ます。機能面では、Xiaomiらしく高機能。最大12時間のロングバッテリーで、1.43インチで326ppiの高精細AMOLEDディスプレイを搭載。健康機能として血中酸素濃度測定や睡眠計、ストレスモニタリングを備え、スポーツ機能として117種類のワークアウトモードに、精度の高いGPS計測機能も搭載。おまけに、Alexa内蔵で音声操作で様々な操作やスマートホーム機器の操作が出来るのも魅力です。見た目が非常にカッコよく機能なウォッチです。

通話機能付きスマートウォッチのおすすめ6

商品名:Xiaomi Watch S1
参考価格:32,980円
サイズ:46.5x46.5x11mm
重量:52g
ベゼル:ステンレススチール
バンド:レザー
ディスプレイ:AMOLED(466x466)
防水:5 ATM
バッテリー:12日間
通知機能:◯
通話機能:◯
GPS計測:◯
心拍数計測:◯
睡眠計測:◯
ストレス計測:◯
血中酸素濃度:◯
心電図:-
音楽保存&再生:-
電子マネー:-

Fitbit Versa 3

有名メーカーの音声通話機能付きスマートウォッチは3万円オーバーが普通ですが、もっと安く買いたいという人にはFitbit(フィットビット)の「Versa 3」がオススメ。Versa 3は人気メーカーであり、信頼出来る品質レベルを誇るFitbit製ながらも約2万円で買えるのが魅力です。

Fitbit Versa 3は品質の高いスピーカーとマイクを備えながらも約2万円台で買えるコスパの高い機種です。さらに、最大6日間のバッテリーに、GPS機能内蔵、血中酸素濃度測定にも対応し、Suicaも使えて、音声アシスタントとしてAlexaやGoogleアシスタントも使えるなど、通話機能付きの高機能スマートウォッチとしては非常にコスパが高く、魅力的です。Fitbitは健康を意識するユーザーに非常に人気の高いブランドなので、健康管理用にスマートウォッチが欲しいという人にぴったりです。

通話機能付きスマートウォッチのおすすめ7

商品名:Fitbit Vearsa 3
参考価格:24,991円
サイズ:40.48x40.48x12.35mm
重量:?
ベゼル:アルミニウム
バンド:シリコン
ディスプレイ:AMOLED
防水:5 ATM
バッテリー:6日間
通知機能:◯
通話機能:◯
GPS計測:◯
心拍数計測:◯
睡眠計測:◯
ストレス計測:◯
血中酸素濃度:◯
心電図:-
音楽保存&再生:◯(Deezer)
電子マネー:◯(Suica/Visaタッチ決済)

【1万円以下の格安】通話機能付きスマートウォッチのオススメ

KYOKA スマートウォッチ

通話機能付きスマートウォッチを安く買いたいという人には、KYOKAのスマートウォッチがオススメ。KYOKAのスマートウォッチは通話機能付きながら6千円以下で買えるコスパ最強機種です。

KYOKAの2022年最新スマートウォッチは、5千円台の格安価格ながらもスピーカーとマイクを内蔵しBluetooth通話に対応しているのが魅力。ウォッチ側の操作で電話に出たてそのまま通話したり、連絡先から電話発信することも可能です。さらに、格安機種では珍しいGPS機能を内蔵しているのも魅力。スマホを持たずに内蔵GPSセンサーより、距離やペース計測が出来ます。また、128MBのストレージを確保しているため、時計本体に音楽データを保存し時計単体での音楽再生(オフライン再生)も可能となっています。バッテリーも最大7日間持つなど非常に高機能な時計となっているので、通話機能付きスマートウォッチを試してみたいという人にぴったりです。

通話機能付きスマートウォッチのおすすめ8

商品名:KYOKA スマートウォッチ(X8)
参考価格:5,780円
サイズ:43.59x37.39x9.95mm
重量:?
ベゼル:アルミニウム
バンド:シリコン
ディスプレイ:LCD
防水:IP67
バッテリー:7日間
通知機能:◯
通話機能:◯
GPS計測:◯
心拍数計測:◯
睡眠計測:◯
ストレス計測:-
血中酸素濃度:-
心電図:-
音楽保存&再生:◯
電子マネー:-

ceyot スマートウォッチ

コスパの良さで選ぶなら、ceyotのスマートウォッチもオススメ。ceyotのスマートウォッチも通話機能を始め嬉しい機能をたくさん搭載しながらも、7千円以下で買えるコスパの良さが魅力の機種です。

大きな特徴としては、1万円以下の格安機種ながらも高精細なAMOLEDディスプレイを採用しているところ。390x390ピクセルと解像度も高いため、画面が非常に綺麗です。さらに、メタルケースを採用し、バンドはレザーバンドとメタルバンド両方が付属しており、見た目も非常にスタイリッシュ。1万円以下で買えるスマートウォッチは思えないぐらいおしゃれでカッコいいウォッチとなっています。さらに、心拍数モニタリングや睡眠計測、血中酸素濃度、血圧測定といった機能を搭載しているのも魅力的です。

通話機能付きスマートウォッチのおすすめ9

商品名:ceyot スマートウォッチ(Watch3 Classic Pro)
参考価格:6,980円
サイズ:?
重量:61.7g
ベゼル:メタル
バンド:レザー/メタル
ディスプレイ:AMOLED(390x390)
防水:IP68
バッテリー:10日間
通知機能:◯
通話機能:◯
GPS計測:-
心拍数計測:◯
睡眠計測:◯
ストレス計測:-
血中酸素濃度:◯
心電図:-
音楽保存&再生:-
電子マネー:-

Lanavida スマートウォッチ

安くても高級感があるカッコいい通話機能付きスマートウォッチが欲しいという人には、Lanavidaのスマートウォッチがオススメ。1万円以下ながらも3円以上の機種に匹敵するぐらいスタイリッシュで、高級感もある見た目の時計となっています。

Lanavidaのスマートウォッチは格安機種とは思えないぐらいにスタイリッシュなデザインが魅力的。さらに機能面では、最大5-7日間のロングバッテリーを搭載し、Bluetooth通話(電話応答や電話発信、通話履歴表示)に対応。定番の心拍数計測に加え、血中酸素濃度測定や血圧測定機能も搭載しています。さらに、珍しいゲーム機能も搭載し、手元で2種類のゲームを楽しむことも出来ます。Lanavidaのスマートウォッチは安くても高級感がある、カッコいいデザインが欲しいという人にぴったりです。

通話機能付きスマートウォッチのおすすめ10

商品名:Lanavida スマートウォッチ(K28H)
参考価格:6,480円
サイズ:?
重量:?
ベゼル:?
バンド:シリコン
ディスプレイ:LCD(360x360)
防水:?
バッテリー:7日間
通知機能:◯
通話機能:◯
GPS計測:-
心拍数計測:◯
睡眠計測:◯
ストレス計測:-
血中酸素濃度:◯
心電図:-
音楽保存&再生:-
電子マネー:-

通話機能付きスマートウォッチで便利なハンズフリー通話を体験してみよう

スマートウォッチを操作するビジネスマン

時計本体にスピーカーとマイクを備える通話機能付きスマートウォッチの最大の魅力は、手をどちらもふさぐことなくハンズフリー通話出来るところ。仕事でPC作業をしていたり、車の中にいたり、家事で料理を作ったり、洗濯物を干していたり、掃除をしていたり、子供と一緒に遊んでいたりする場面などで通話のために一旦作業を止めることなく、作業を続けながら通話が出来るのが通話機能付きスマートウォッチの大きなメリットです。

通話機能を備えるスマートウォッチはAppleやGalaxy、HUAWEI、GARMINなどたくさんのメーカー(ブランド)より販売されています。さらに、1万円以下で買える格安機種の中にも搭載されいることもあります。スマートウォッチでのハンズフリー通話は特に作業中での通話にすごく便利な機能のため、是非その便利さを体験してみましょう。

RUNNAL編集部

RUNNAL編集部

走るをもっと楽しく、もっと快適にするためのランニングメディア「RUNNAL(ランナル)」の公式アカウント。ランナルは、健康のために、ダイエットのために、マラソン大会での自己記録更新のために走るすべての人を応援しています。

Copyright© RUNNAL[ランナル] , 2022 All Rights Reserved.