ランニング用におすすめの音楽プレーヤー5選

ジョギング・ランニングにおすすめの音楽プレーヤー(MP3)を紹介させていただきます。ランニングシーンに最適な軽量でコンパクトなものを中心に紹介しています。音楽を聞きながらのランニングをより快適に楽しくするために、是非参考にしてみてください。

ランニング中に使用する音楽プレーヤーを選ぶときのポイント

その1、自分に合った容量を選ぼう

音楽プレーヤーは機種によって容量が違います。音楽プレーヤーによって2GBのものから128GBの大容量のものまで様々です。では、一体どのぐらいの容量のものを選べば良いのでしょうか。それは、自分がどのぐらいの曲を入れるかによって変わってきます。

1GB(ギガバイト)は1000MB(メガバイト)のことです。曲はおおまかな目安として1分あたり1MBの容量になります。曲の長さが5分の場合は1曲あたり5MBです。そのため1GBの容量におさまる曲の数は約200曲です。2GBであれば約640曲、16GBであれば約3200曲となります。

容量が大きければ大きいほどたくさんの曲を入れることが出来ます。曲をたっぷり入れたいという人は、容量の大きいものを、あまり数はそんなに入れないという人は、容量の少ないものを選べば良いです。当然ながら、容量が大きいほど価格は高くなります。また容量で悩むのなら、余裕を持って容量の大きいものを選んでおくと良いかもしれません。

その2、ランニング中も邪魔にならない軽量・コンパクトなものを選ぼう

ランニングシーンで活用する音楽プレーヤーは軽量でコンパクトなものがおすすめです。大きく、重さも重いような音楽プレーヤーでは、ランニング中に邪魔になってしまいます。

音楽を聞きながら快適に走るためには、軽くて、小さい、持ち運びに便利なコンパクトサイズの音楽プレーヤーがおすすめです。

その3、防水機能やBluetooth機能があると便利

ランニングシーンであると便利なのが防水機能とBluetooth機能です。防水機能があれば、汗が音楽プレーヤーに落ちても安心です。また万一雨が降ってきたようなシーンでも、防水機能があれば快適です。

Bluetooth機能は、ワイヤレスイヤホンを使用したい人におすすめの機能です。一般的なイヤホンコード付きのイヤホンではなく、イヤホンコードのないワイヤレスイヤホンを使用出来るので、ランニングシーンにぴったりな機能です。

ランニング向けの音楽プレーヤーの種類と特長

その1、一般的な音楽プレーヤー

ランニングシーンに活躍する音楽プレーヤーの最も代表的なものが、アップルのiPod(アイポッド)やソニーのウォークマンシリーズといった一般的な音楽プレーヤーです。

携帯する音楽プレーヤー本体にイヤホンコードを指し、イヤホンで音楽を聞くというもの。また、Bluetooth機能付きのプレーヤーの場合は、イヤホンコードでイヤホンとつなぐ必要はなく、ワイヤレスイヤホンを使用することが出来ます。ランニングシーンや普段の音楽を聞くシーンで最も多く使われているのが、この一般的な音楽プレーヤーです。

その2、ヘッドホン一体型

一般的な音楽プレーヤーとは違って、ヘッドホンに音楽プレーヤーを内臓しているのがヘッドホン一体型の音楽プレーヤー。ヘッドホン自体に曲を保存することが出来、ヘッドホン自体で音楽のコントロール操作が可能。

ソニーが販売するスポーツ向けのWシリーズがまさにヘッドホン一体型の音楽プレーヤーです。ヘッドホン自体に曲が入っているので、従来のように音楽プレーヤーなるものは必要ありません。ヘッドホンを耳に付けるだけで、簡単に音楽を楽しみながら、快適に走ることが出来ます。

その3、ランニングウォッチ型

ランニングウォッチ型の音楽プレーヤーもあります。ふつうのランニングウォッチに、音楽プレーヤーを内臓したもので、時計と音楽プレーヤー両方の機能を発揮してくれます。

音楽を聞いて走りたいランナーにおすすめ!ランニングシーンにぴったりな音楽プレーヤー

一般的なタイプ

TRANCEND MP350

コンパクトなサイズの中にフィットネスモードを搭載したスポーツ向けMP3プレーヤー。音楽を聞きながらエクササイズが出来るスポーツ向けの音楽プレーヤーで、ジムでのフィットネスやジョギングシーンに活躍します。IPX2規格相当の防滴性を備えるので、アクティビティでの使用に最適です。また、背面にスポーツクリップが付いているので、トレーニング中のウェアやポーチなどに簡単に取り付けることが出来ます。価格も安く、ランニング用の音楽プレーヤーとしてコスパに優れています。

参考価格:4,100円(税込)
サイズ:高さ67mmx幅26.5mmx奥行18.2mm
容量:8GB
重さ:22g
再生時間:16時間
防水:IPX2規格相当
Blutooth:無し

SONY ウォークマンSシリーズ NW-S313/NW-S315

ランニング中も音質にこだわりたい人におすすめなのがソニーのウォークマンSシリーズ。コンパクトでスリムなボディながらも、クリアで臨場感あふれる高品質の音を再現する機能を搭載。アクティビティシーンでも音楽を良質な音で楽しむことが出来ます。Blutetooth機能も搭載しているので、ワイヤレスイヤホンを使用することが可能です。ワイヤレスイヤホンを使用すれば、イヤホンコードがランニングの邪魔になることなく、快適なランを楽しめるようになります。

参考価格:12,830円(4BG)、17,150円(16BG)
サイズ:高さ94.6mmx幅44.3mmx奥行9.9mm
容量:4GB、16GB
重さ:53g
再生時間:52時間
防水:無し
Blutooth:有り

Apple iPod shuffle

とにかく軽量でコンパクトな音楽プレーヤーが欲しい人にはアップルのアイポッドシャッフルがおすすめです。僅か13gの超軽量で超コンパクトな音楽プレーヤーで、ランニング中に邪魔になりません。操作方法も簡単で、指先だけで簡単に再生、一時停止、早送り、巻き戻しといった音楽のコントロールが出来ます。簡単な操作でランダム再生も可能。ランニング時に少しでも、持ち運びやすい軽量でコンパクトなものを探している人におすすめ。

参考価格:5,940円(税込)
サイズ:高さ29mmx幅31.6mmx奥行8.7mm
容量:2GB
重さ:13g
再生時間:15時間
防水:無し
Blutooth:無し

ヘッドホン一体型

SONY ウォークマンWシリーズ NW-WS623/NW-WS625

ランニング・ジョギング向けに作られたソニーのヘッドホン一体型の音楽プレーヤー。IPX5/8相当の防水機能、IP6相当の防塵機能を搭載し、雨の中のランニングも、砂場でのトレーニングにも最適。汗をいっぱいかくランニングシーンだけではなく、プールでのスイミングとしても使えるほど高い防水性を発揮します。また、走りながらでも簡単に操作することが可能で、まさにランニング向けの音楽プレーヤーになっています。音楽を聞きながらのランニングを快適に楽しくしたいという人におすすめです。

参考価格:14,990円(4BG)、20,300円(16BG)
容量:4GB、16GB
重さ:32g
再生時間:12時間
防水:IPX5/8相当
Blutooth:有り

ランニングウォッチタイプ

TOMTOM RUNNER 3 Cardio+Music

オランダ発の音楽プレーヤー内蔵のランニングウォッチ。500曲以上を保存し再生することが出来る音楽プレーヤーとしての機能を果たしつつ、光学式心拍計・GPS機能を搭載した本格的なランニングウォッチです。腕に装着するだけで、簡単に心拍数を確認することが出来ます。またGPS機能によって、ランニング中にリアルタイムで走行距離やスピード、ペースなどを確認出来ます。

参考価格:35,780円(税込)
リストバンドサイズ:S、L
容量:3GB
再生時間:5時間(GPS+心拍計+音楽使用時)
防水:40m/130フィート(5ATM)
Blutooth:有り

RUNNAL編集部

走るをもっと楽しく、もっと快適にするためのランニングメディア「RUNNAL(ランナル)」の公式アカウント。ランナルは、健康のために、ダイエットのために、マラソン大会での自己記録更新のために走るすべての人を応援しています。