夜間のランニングにおすすめのLEDライト10選【2018年最新版】

夜走るランナー達

夜間のランニングでは安全性のためにもランニングライト(LEDライト)を身に着けて走りましょう。ランニングライトは腕に固定するアームバンド、頭に固定するヘッドライト、腰に固定するウエストベルトライトなど、様々な種類があります。それぞれのライトにはそれぞれ良さがあります。今回は、ランニングライトの種類とともにその特長を紹介し、それぞれでおすすめのライトを掲載させて頂きました。

また、夜間のランニングにライトが必須な理由と、ランニング用ライトを選ぶ時に参考となるライトの機能性についても紹介しています。夜間用ランニングライトを探している人は是非参考にしてみてください。

夜間のランニングにLEDライトが欠かせない理由

夜走る男女4人

視認性アップで接触事故を防ぐ

夜間のランニングでは、接触事故に注意。歩道では歩行者、自転車、車道では車、バイク、自転車等との接触事故に注意する必要があります。夜間は暗く、対向してくれる車や自転車、歩行者等からランナーの存在が見えにくく、気付くまでに時間がかかることで接触事故を起こす可能性が高くなります。

そのため、夜走る時は自分自身を目立たせることが大切。ライトグッズを身に着けておけば、遠くからでもランナーの存在が分かるため、接触事故を防ぐことが出来ます。

足元を照らし予期せぬ怪我を防ぐ

昼間は何でもない道路の凹凸や段差も、夜間になると怪我を招く大きなトラップとなります。夜間は足元が暗くて見えにくいため、昼間にすぐ気づくような凹凸や段差にも気づかず、つまづいたり、足を捻ってしまったりするリスクが高くなります。

また、側溝に気付かず足を落としてしまい大怪我をしてしまう可能性もあります。そういった予期せぬ怪我を防ぐためにも、足元を照らしてくれる明るいLEDライトが必要です。

不審者から身を守る防犯対策

ライトを身に着けることは、防犯対策としても効果的。夜間の明るい光は、犯罪を抑止する効果があります。不審者にとって犯罪行為が周囲からバレるような明るい光の下には近づきたくないもの。明るい光を身に着けて走っていれば、事前に不審者が近づいてくるのを防ぐことが出来ます。

特に、夜間の女性一人でのランニングでは、防犯対策としてライトグッズは必須。ライトがあれば、万一何かあっても周囲の人にすぐに気づいてもらえます。

夜ランだけじゃなく早朝ランにもライトを!!

早朝に走るランナー

ライトが必要なのは夜だけではありません。早朝を走る場合にもライトは必要です。夏場は4時半~5時ぐらいに太陽が昇り、早朝の時間帯も明るいですが、秋、冬へと次第に日の出の時間が遅くなり、朝6時台でも暗いです。

夜間同様、早朝も外灯の少ない河川敷や、交通量の多い道路脇、自転車や歩行者との接触リスクの高い道を走る場合などには自己防衛のためにもライトを身に着けておきましょう。

LEDライトの主な機能性をチェック!ランニングライト選びの参考に!

夜にランニングライトを付けて走るランナー

電池式と充電式

LEDライトは電池式と充電式があります。電池式は電池が切れる度に電池を交換するコストと手間がかかるため、電池の交換が不要な充電式のライトが人気となっています。また、充電式は乾電池を数本入れる場合に比べて重量が軽く、走っていても電池の重みがストレスにならず快適という点も人気の秘密。

ただ、充電式にもデメリットがあります。充電式はトレーニング中にバッテリー切れを起こしたらすぐに対処できないこと。電池式なら予備の電池を携帯しておけばすぐにライトを復旧させることが出来ます。また、電池の方が点灯時間が長いというメリットも。そのため、用途に合わせて電池式か充電式かを選択してみると良いでしょう。

LEDライトの明るさ

LEDライトの明るさは主に「ルーメン(光束)」という数値で判断することが出来ます。ルーメンとは光源から放たれる光の総量のことで、ルーメンの値が大きいほど明るいライトと判断することが出来ます。

外灯の無い河川敷や森林公園、山等を走る場合は出来るだけ明るいライトを、外灯が多く比較的明るい道路沿いでは明るさ控えめのライトがおすすめです。

ライトの点灯時間

ランニング中に使用するライトは点灯時間が重要です。長時間走る場合に点灯時間の短いライトだと、トレーニング中にライトが消えてしまい困ったことに。特にトレイルランニングや距離走、通勤ランといった長い時間走るワークアウトでは、点灯時間をしっかりとチェックしておきましょう。

連続点灯と点滅

ライトは連続点灯と点滅、二つのモードを切り替えることが出来るものがおすすめ。連続点灯は外灯の少ない道を走る時、しっかりと足元を明るく照らすのに最適。また、点滅は対向する自転車や歩行者、車等にランナーの存在をいち早く知らせるのに効果的。

防水性能

ライトの防水性能をチェックする場合は、「IPX〇」の〇部分を確認しましょう。〇部分の数値が大きければ大きいほど、防水性能が高いことを表します。この規格は、国際電気標準会議で定められた規格で防水性能を把握する上で重要なもの。

一般的にIPX1~IPX4が生活防水レベル。生活において受ける軽い水しぶきに耐えることが出来るレベルです。一方、IPX5~IPX8が完全防水レベル。こちらはシャワーのような強い水流を受けても大丈夫なレベル。ランニング用ライトを選ぶなら、IPX4以上あると心強いです。IPX4以上なら汗、雨でも安心。また、IPX6以上なら強い雨、長時間雨天の中でも安心して走ることが出来ます。

ランニング用のライトは主に7種類

  • ヘッドライト
  • キャップライト
  • ネックライト
  • アームバンドライト
  • ウエストベルトライト
  • シューズライト
  • クリップライト

夜間・早朝のランニング用ライトを選ぶなら、手持ちライトよりも、体のどこかに取りつけ固定出来るものがおすすめです。ライトを手に持って走ると、ランニングフォームが乱れてしまったり、余計に疲れてしまったりと良い事はありません。ランニング用にヘッドライト、アームバンドライト、ウエストベルトライトといった様々な種類のライトが発売されていますので、そういった両手が解放されるライトを活用してみましょう。

ヘッドライトタイプ

ランニング用ヘッドライト

頭に装着するヘッドライトは、ルーメンの数値が高く、照射距離も長く、照射範囲も広いものが多いです。暗い場所をより明るく照らすことが出来るのがヘッドライト。

真っ暗な河川敷を走るランナーや森林公園や山を走るトレイルランナーにおすすめのライトです。

キャップライトタイプ

ランニング用キャップライト

出典:amazon

ヘッドライトよりも手軽に身に着けられるのがキャップライト。キャップライトは帽子に取り付けるライト。ヘッドライト同様に遠くまで明るく照らすことが出来るのが特徴。

遠くだけではなく、ライトの角度を下方向に向けることで足元も明るく照らし予期せぬ怪我等を防ぐことが出来ます。キャップへの取りつけ・取り外しが簡単で、コンパクト設計なため、持ち運びにも便利です。

ネックライトタイプ

ランニング用ネックライト

出典:amazon

ネックライトは首にかけるライト。ペンダントのように首にかけることで、足元を照らすことが出来ます。足元を照らすだけではなく、遠くからみても目立つ明るいライトです。

ものによってはランニング中に揺れやすいため、速いスピードで走るよりもゆったりとジョギングする場合やウォーキングする場合に重宝します。

アームバンドタイプ

ランニング用アームバンドライト

出典:amazon

腕に装着するアームバンドタイプは、前や後ろから走ってくる自転車や車に自分の存在を知らせることが出来ます。腕はランニング中に腕振りをするため、ライトが常に揺れ、はっきりと人がいることを知らせることが出来ます。車や自転車の通りが多い場所なんかで重宝します。

ウェストベルトタイプ

ランニング用ウエストベルトライト

出典:amazon

腰に装着するウェストベルトタイプは、足元をしっかりと照らすことが出来ます。舗装されていないような場所や段差があるような場所を夜間に走る場合は腰に装着するベルトタイプがおすすめです。

シューズクリップタイプ

ランニング用シューズライト

出典:amazon

ランニングシューズ(靴)のかかとの部分に装着するヒールクリップタイプは、後ろから来る自転車や車に存在を知らせることが出来ます。特に歩道と車道の区別がないような場所を走る場合に役に立ちます。もちろん、前からの視認性もアップします。

どこでもクリップタイプ

ランニング用クリップライト

出典:amazon

ランニングウェアやポーチ・バッグなど、どこにでも挟んで使えるのがクリップタイプのライト。挟むことが出来る場所であれば、どこにでも取りつけることが出来るため汎用性の高いライトグッズです。

服の裾部分やポケット部分、バッグのポケット部分など、どこに取り付けてもバッチリ光ってくれます。

夜走るランナーにおすすめのLEDライト10選

Litom LEDヘッドライト

真っ暗な河川敷や森林公園、山を走るランナーにおすすめしたいのが、「Litom」のヘッドライト。168ルーメンの圧倒的な明るさで最大照射距離は110メートル。遠くまで明るく照らすことが出来る明るいヘッドライトで、ナイトトレイルでも活躍するおすすめのヘッドライトです。真っ暗な場所でも、足元とともに遠くまで明るく照らしてくれるため、安心安全に夜ランを楽しむことが出来ます。

また、ライトの前に手をかざすだけでライトのON/OFFが出来るジェスチャセンサー機能を内蔵しているので、非常に快適。防水性能はIPX6の高性能防水で、大雨が降っても大丈夫。天候が変わりやすい山を走るトレイルランでも頼れるライトです。また、コンパクト設計なので長時間装着してもストレスなく快適に走ることが出来ます。

おすすめのランニングライト1

参考価格:1,599円(税込)
明るさ:最大168ルーメン
点灯時間:30時間(ハイ)/55時間(ミッド)/120時間(ロー)
電池式:単四アルカリ乾電池3本(別売)
防水:IPX6
重量:74g(電池含む)

Vansky LEDヘッドランプ

電池交換不要のUSB充電式のヘッドライト。1回の充電で最大20時間(ローモード時)連続点灯出来る長時間対応ヘッドライト。トレイルランニングやロング走といった長い時間走るランナーの頼れるライト。明るさは180ルーメンで最大照射距離は110メートルで、足元と遠くを抜群の明るさで照らしてくれます。

ヘッドバンドは伸縮性のあるゴムバンドを採用し、どんな頭にもしっかりフィットし、快適な着け心地。さらにライトユニットは軽量で僅か45g。軽くてコンパクトな設計のライトなので、長時間着用してもストレス無し。ライトは白色LEDライトと赤色LEDライトを切り替えることが出来るため、用途に合った最適な使い方が出来ます。

おすすめのランニングライト2

参考価格:1,280円(税込)
明るさ:最大180ルーメン
点灯時間:20時間(ロー)
充電式:USB充電
防水:IPX4
重量:45g

ジェントス HC-232B キャップライト

日本でトップシェアを誇るLEDライトメーカー「ジェントス」が販売する帽子に取り付けるタイプのキャップライト。簡単に帽子のツバ部分に取り付けることが出来、ヘッドライト代わりとして活用出来ます。

通常の明るいヘッドライトに比べると明るさは抑えめの20ルーメン。明るすぎないライトのため、歩行者やランナーが多い場所でも問題無く使用出来るライトです。重量も26.5gとヘッドライトよりも軽く、よりカジュアルに装着出来るライトとなっています。

おすすめのランニングライト3

参考価格:1,166円(税込)
明るさ:最大20ルーメン
点灯時間:25時間(白色2灯点灯時)/33時間(赤色1灯点灯時)
電池式:リチウムボタン電池CR2032x2個(付属)
防水:IPX4
重量:26.5g

パナソニック LEDネックライト BF-AF10P

パナソニックの人気のLEDネックライト。首にかけるだけのライトグッズで、両手が自由に使えるようになるハンズフリータイプのライト。7.5mmの白色LEDを使用し、足元を明るく照らしてくれるため、足元が見えにくい夜間に最適。ジョギング・ウォーキング・犬の散歩と様々な用途で活用出来るライトです。

おすすめのランニングライト4

参考価格:748円(税込)
点灯時間:15時間
電池式:リチウムボタン電池CR2032x2個(付属)
防水:IPX1
重量:40g

ジェントス LEDセーフティバンド AX-800シリーズ

ランナーに人気のジェントスのアームバンドタイプのLEDライト。腕に簡単に装着出来るLEDライトで、夜間の視認性アップに効果的。バンドの透明部分全体が明るく光るため、遠くにいる歩行者・自転車・車にいち早くランナーの存在を知らせることが出来ます。点灯モードは連続点灯と点滅点灯を選ぶことが出来るため、点滅モードに切り替えてより視認性を向上させることが出来ます。しっかり目立って安全に走りたい場合に最適。

また、LEDライトの色は緑、赤、青の3色を展開しています。自分の好きな色を選ぶことが出来るのも人気の秘密。どのカラーのLEDも発色が良く、暗闇の中で良く目立ちます。防水性もIPX4相当で突然の雨でも安心。

おすすめのランニングライト5

参考価格:1,814円(税込)
点灯時間:70時間(点灯)/100時間(点滅)
電池式:リチウムボタン電池CR2032x2個(付属)
防水:IPX4
重量:35g(電池含む)

ジェントス LEDセーフティバンド AX-R100

ジェントスのアームバンドライトの充電式モデル。乾電池の交換不要で半永久的に使える充電式モデル。3時間の充電で連続点灯モード最大21時間、点滅モード最大40時間持続します。また、LEDライトの光る色は赤、緑、青の3色を自由に切り替えることが出来ます。

これ一つで赤色、緑色、青色、3色の色を楽しむことが出来る優れもの。もちろん連続点灯モードだけではなく、点滅モードも3色を切り替えることが出来ます。その時の気分によってLEDライトの色を切り替えることが出来るのも、この商品の大きな魅力です。

おすすめのランニングライト6

参考価格:2,700円(税込)
点灯時間:15~21時間(点灯)/21~40時間(点滅)
充電式:USB充電
防水:IPX4
重量:40g

SGODDE LEDランニングライト

体に取り付けることで前方、足元を明るく照らしてくれるLEDランニングライト。最大250ルーメンの圧倒的な明るさで、真っ暗な道も明るく照らしてくれます。もちろん、明るさはローモードの180ルーメン、ハイモードの250ルーメンと切り替えることが出来るため、走る環境によって明るさを調整可能。連続点灯だけではなく視認性向上に役立つ点滅モードもあるため、使い勝手は抜群。

ライトはしっかり胴体部分に固定出来るため、ランニング中も揺れ等や重み等を気にせず快適に走ることが出来ます。背中部分には赤色ランプもあり、安全性もバツグン。

おすすめのランニングライト7

参考価格:1,899円(税込)
明るさ:最大250ルーメン
点灯時間:3時間(ハイモード)/4時間(ローモード)/6時間(点滅モード)
充電式:USB充電
防水:IP65
重量:160g

ReUdo ランニングライト ウエストベルトタイプ RE-RNL2

腰に装着するウエストベルトタイプのランニングライト。腰に装着することによって、より足元を照らしやすい明るいライト。最大170ルーメンで照射距離は最大100m以上のライト。広角照射とスポット照射を切り替えることで、近くを広範囲に、そして遠くのものをはっきりと照らすことが出来る優れもの。明るさ、照射角は走りながらでも簡単に変更できるため、走る環境の変化に即座に対応。

重みの原因となるバッテリーパックは背面に配置することで、走行中の光のブレを極限に抑え、安定した視界をランナーに提供してくれます。また、しっかりと前を見通すことが出来る前照射性に優れているので、サブ3レベルの速いランナーにもおすすめ。初心者ランナーからベテランランナーまでおすすめ出来る、ランニングに特化したランニングライト。

おすすめのランニングライト8

参考価格:2,980円(税込)
明るさ:最大170ルーメン
点灯時間:5時間(90ルーメン)/3時間(150ルーメン)/1時間(170ルーメン)
電池式:単四アルカリ乾電池3本(別売)
防水:IPX3
重量:105g

MayAi ランニングライト シュークリッパー

靴に取り付けるタイプのランニングライト。ランニングシューズのかかと部分に装着することで、ランニング中の視認性を向上させてくれる優れたアイテム。走る度に明るい光が上下・前後に揺れるため、前から見ても後ろから見ても横から見ても、ランナーの存在が分かりやすい。夜間や早朝など暗い時間帯の視認性向上に最適。

また、ランニング用途だけではなくイベント・フェス等のライトグッズとしても人気のアイテムです。靴に取り付けるだけで華やかでおしゃれな光を放ってくれます。ライトの色は青、緑、青の3色を切り替えることが出来、さらに点滅モードに切り替えることも可能です。電池交換不要のUSB充電式なのもうれしいところ。

おすすめのランニングライト9

参考価格:1,699円(税込)
点灯時間:3.5時間(赤/緑点灯時)/20時間(青点灯)/5時間(赤・緑点滅時)/30時間(青点滅時)
充電式:USB充電
防水:IPX5
重量:100g(2足分)

Salerno LEDクリップライト

ランニングウェア、ランニングポーチ、アームバンドなどクリップで挟むことが出来る場所にはどこでも取りつけることが出来るLEDクリップライト。装着する場所を選ばず、どこにでも取りつけ可能で、どの部位も光らせることが出来るため、使い勝手は抜群。高輝度LEDを3個使用しているので、非常に明るく視認性は抜群です。

点灯モードは常時点灯、高速フラッシュ、低速フラッシュの3モードに切り替え可能で、しっかり目立ちたい時には高速フラッシュや低速フラッシュ等の点滅モードを利用出来ます。コンパクトで軽量設計のため、持ち運びにも便利です。

おすすめのランニングライト10

参考価格:880円(税込)
点灯時間:60時間(常時点灯)/80時間(点滅)
電池式:リチウムボタン電池CR2032x2個(付属)

RUNNAL編集部

走るをもっと楽しく、もっと快適にするためのランニングメディア「RUNNAL(ランナル)」の公式アカウント。ランナルは、健康のために、ダイエットのために、マラソン大会での自己記録更新のために走るすべての人を応援しています。