Mandukaヨガマットのおすすめ

Manduka(マンドゥカ)の人気ヨガマットを比較!選ぶならおすすめはコレ

投稿日:  著者:RUNNAL編集部

人気ブランドの高品質ヨガマットを選びたいという本物志向の方に、Manduka(マンドュカ)の高級ヨガマットがオススメ。世界最高峰の品質であり一生モノと評されるブラックマットに代表されるように、Mandukaのヨガマットは滑らないグリップ力と足元がグラつかない安定性、衝撃を緩和するクッション性、半永久的に使える耐久性と、あらゆる機能面で優れていると評判。

今回の記事では、そんな最高品質のMandukaのヨガマットシリーズの種類やそのシリーズ別の違いの比較を紹介しつつ、数あるManduka製ヨガマットの中から本当に選ぶべきおすすめ商品を紹介しています。Mandukaのヨガマットが気になっている方は是非参考にしてみてください。

Manduka(マンドゥカ)とは

Manduka(マンドュカ)とは、米国発の高級ヨガマットブランドです。現在もMandukaを代表する人気ヨガマットである「ブラックマット(Black Mat)」の高いグリップ力と優れたサポート力がヨガインストラクターの間で瞬く間に話題となり、世界を代表する最高峰のヨガマットブランドであるMandukaが誕生しました。また、現在ではヨガマットだけではなく、ヨガサポートグッズとしてヨガブロックやヨガブルスター、ヨガストラップに、ヨガウェアなども展開しています。

Mandukaのヨガマットは、「本当に滑らない」「安定感がある」「特別分厚い訳じゃないのにしっかりとしたクッション」「長く使っても全然劣化しない」といった口コミが目立つように、価格に見合うだけの機能性に優れているのが特徴。さらに、ヨガマットを置く大地(地球環境)を破壊しないものづくりを第一に考え、ヨガマットをはじめすべての製品で環境廃棄物を最小限に抑える工夫をしているのもMandukaが多くのヨギーに愛される理由となっています。

世界中で大人気!Manduka(マンドュカ)のヨガマットの魅力とは??

ヨガインストラクターの間でヨガマットといえばManduka(マンデュカ)と言われるぐらいに、Mandukaのヨガマットは世界中のヨガインスラクター、ヨガ愛好家に機能面、品質面で認められた特別なものとなっています。最初は安いヨガマットを試してみても、ヨガを続けていく中で最終的にはMandukaのヨガマットにたどり着くと言われるように、多くのヨギーにとってMandukaは憧れのブランドです。

そんなMandukaのヨガマットの魅力は、「高いグリップ力」と「衝撃吸収性」「抜群の耐久性」です。

理由①滑らない抜群のグリップ力

Mandukaの高級ヨガマットと一般的なヨガマットとの大きな違いは、マット表面のグリップ力です。Mandukaのヨガマットは高品質素材を採用し、マット表面に特殊な滑り止め加工を施しているために、どんなヨガポーズでも滑る心配から解放されるのが魅力です。汗をかいても滑りにくく、さらに使い込むほどに手への吸い付き具合が増していくののもManduka製マットの魅力であり、Manduka製マットが一生モノと言われる理由でもあります。

理由②身体への負担を軽減できる衝撃吸収性

Mandukaのヨガマットは、特に痛めやすい関節を含む身体への負担をしっかりと軽減出来る衝撃吸収性に優れているのも魅力です。Mandukaのヨガマットは通常のヨガマットよりも高密度素材を採用しているため、他社の同じ厚みのマットと比べても底つき感や痛みなく身体への負担を軽減できます。さらに、高密度で弾力もしっかりあり、安いヨガマットのようにクッション性がすぐに損なわれることもありません。

理由③半永久的に使える抜群の耐久性

Mandukaのヨガマットは、意外とコスパが良いのも魅力です。Mandukaのヨガマットは、人気のProliteヨガマット(5mm)が15,400円、上級者向けのProヨガマット(ブラックマットPro 6mm)が19,250円、初心者向けの廉価版であるBEGINヨガマット(5mm)でも7,480円と高価です。ただし、Mandukaのヨガマットは3万回以上の耐久実験をクリアしているように非常に耐久性に優れているのが特徴です。半永久的に使えるほどの耐久性を誇るため、今後長くヨガを続けていく予定なら、最初にMandukaのヨガマットを買っておいた方が意外とお得になります。

Manduka(マンドゥカ)のヨガマットの全5シリーズの特徴と比較

ヨガマットを敷く女性

Manduka(マンドュカ)のヨガマットは、たくさん種類がありますが大きく分けると全部で5シリーズあります。初心者向けの「BIGIN(ビギン)」と中上級者向けの最高峰である「PRO(プロ)」、地球に優しい素材のみ使った天然ゴム製の「eKO(エコ)」、ホットヨガ用の「GRP(ギーアールピー)」、アスリート向けの「X(エックス)」の5シリーズです。

初心者向けヨガマット「BIGIN(ビギン)」

ビギンヨガマット

価格:7,480円
素材:TPE
グリップ性:○
クッション性:○
軽量性:◎
耐久性:○

Manduka(マンドュカ)の全シリーズの中で一番安く買えるのが、ヨガ初心者向けであり、エントリーモデルである「BEGIN(ビギン)」。

MandukaのBEGINヨガマットシリーズは、1万円を切る7,480円でMandukaの高品質ヨガマットが買えるのが最大の魅力です。さらに、Mandukaの他のヨガマットと比べて軽いのも特徴で、ヨガスタジオへ持っていきやすいのも魅力です。そのため、ヨガ初心者だけではなく、ヨガ中上級者にも持ち運び用のセカンドヨガマットとしてBIGINは選ばれています。

また、BEGINだけの特徴としては、マット中央にガイドラインであるセンターラインがあるため、ヨガ初心者の人でも正しいポーズをとりやすくなっています。そのほか、表と裏で違うカラーであるリバーシブルカラーとなっており、その時々の気分に合わせて表のカラーを変えられるのもBEGINの魅力です。

ビギンとプロとの比較

【BEGINとPROとの違い】

BEGINはManduka定番のPROシリーズよりも安く買えるのが魅力ですが、PROシリーズと比べるとグリップ性に劣るというデメリットがあります。さらに、素材はヨガマットとしては最高品質と言われるPVCではなく比較的安価なTPE素材。ただし、ヨガ初心者にはBEGINで十分すぎるグリップ性を実感できます。さらに、TPE素材だからこそ軽くて持ち運びやすいというメリットがあります。

最高峰ヨガマット「PRO(プロ)」

ブラックマットプロ

価格:10,700円〜
素材:PVC
グリップ性:◎
クッション性:○
軽量性:△〜○
耐久性:◎

Mandukaは世界最高峰のヨガマットブランドと言われていますが、そのMandukaの代名詞であり、Mandukaを代表するのが「PRO(プロ)シリーズ」です。

PROヨガマットシリーズは、抜群のグリップ力と衝撃吸収性、耐久性を誇るハイエンドヨガマットシリーズです。大きな特徴は、やはり高いグリップ力。Mandukaヨガマットの中でも特別グリップ力と安定性に優れ、一度使うともう他のヨガマットは使えないぐらいにどれしもがすぐに虜になってしまう最高のヨガマットです。さらに、一番密度の高い最高品質のPVCを採用しているため、クッション性や耐久性も抜群です。

また、Mandukaの一番人気のシリーズということで、サイズや厚みが充実しているのも特徴です。サイズは定番サイズに加え、高身長やう男性でも安心して使えるロングサイズもあります。さらに、定番の6mmのPROヨガマットに加え、高いグリップ性と耐久性を保ちながら軽量化を図った5mmのPROliteヨガマットもあります。さらに、2.5mmのProトラベルヨガマットもあるなど、使用環境によって自分に合ったものを選ぶことができます。

プロとプロライトとの比較

【PROとPROliteの違い】

Mandukaのヨガマットの中でも特に人気が高いのが、同じPROシリーズのPROヨガマット(ブラックマット)とPROliteヨガマット。この二つの大きな違いは、マットの厚みと重量。グリップ性や耐久性は基本的に同じなので、自宅用ならPROヨガマット、スタジオなどへ持っていくこともあるならPROliteヨガマットを選んでおくのがオススメ。

天然ゴム製ヨガマット「eKO(エコ)」

eKOヨガマット

価格:7,700円〜
素材:天然ゴム
グリップ性:○
クッション性:△〜○
軽量性:△〜◎
耐久性:○

地球環境を破壊しないもの作りを第一に考えるMandukaの中でも特にエコ志向の高いヨガマットが「eKO(エコ)シリーズ」。

eKOヨガマットシリーズは、Mandukaらしいハイスペックな機能性そのままに、天然素材のみで作られていて廃棄時には土に還る究極のエコフレンドリーなヨガマットとなっています。そのため、エコ問題への関心が高い方も安心して使用できます。さらに、天然ゴム製マットということで、グリップ性が高いのも特徴です。乾いている時だけではなく汗で濡れている時でも高いグリップ力を発揮するため、汗をたくさんかくようなアクティブなヨガでも快適に使用できるのも魅力です。また、天然ゴム特有の美しい発色も魅力。

さらに、eKOヨガマットシリーズは、PROシリーズ同様に種類が豊富なところも魅力的です。スタンダードサイズだけではなく、ロングサイズがあるため、高身長の方も男性も安心。厚みは、5mmに、4mm、そして持ち運びに便利な1.5mmの超薄型軽量モデルもあるため、外ヨガイベントへ持っていくのにも最適です。

エコとプロとの比較

【eKOとPROとの違い】

MandukaのPROシリーズとeKOシリーズとの大きな違いは、使用している素材。PROは高品質ヨガマットに採用される機能性の高いPVC素材。一方、eKOは地球環境に優しい天然ゴム素材。基本的にPROのスペックに近い形で地球環境を破壊しないものづくりに徹底的にこだわって作られたのがeKOですが、やはりグリップ力や安定性、衝撃吸収性、耐久性など比べるとPROの方が上です。また、eKOは天然ゴムを使用しているため、ホットヨガ環境によっては変色や劣化の原因となる可能性もあります。

ホットヨガ用マット「GRP(ジーアールピー)」

GRPホットヨガマット

価格:10,780円〜
素材:ポリウレタン、天然ゴム
グリップ性:◎
クッション性:○
軽量性:○
耐久性:○

Mandukaのヨガマットの中で、たくさん汗をかくホットヨガ向けに特化して開発されたのが「GRP(ジーアールピー)シリーズ」。

GRPホットヨガマットは、ホットヨガやアシュタンガヨガのようにたくさん汗をかくシーンでもマット表面が滑らないのが特徴。表面にレザーのような質感で水分を含むことで高いグリップ力を発揮する素材を採用しているため、汗を気にすることなく快適にヨガを楽しめるのが魅力です。さらに、最先端のエアフロー技術を採用し、通気性と発散性に優れ汗などの水分を素早く外へと逃す吸汗吸湿性に優れているのも特徴です。また、マット中心部には活性炭成分を注入し、消臭・抗菌効果が期待できるのも嬉しいところです。

アスリート向けマット「X(エックス)」

Xヨガマット

価格:9,350円
素材:TPE
グリップ性:◎
クッション性:○
軽量性:○
耐久性:○

Mandukaのヨガマットの中で、特にアスリート向けに開発されたのが「X(エックス)」です。

Xヨガマットは、裸足だけではなく靴を履いた状態でも高いグリップ力を実感できるのが特徴です。さらに、マット表面の立体的なテクスチャ加工により、乾いていても汗で濡れていてもしっかりとマットを掴むことができます。ヨガだけではなく、クロスフィットや筋トレをするアクティブな方にぴったりのマットとなっています。また、耐久性に優れ、軽量性にも優れているため、自宅だけではなく、ヨガスタジオやスポーツジムへと持って行きやすいのも魅力です。

Manduka(マンドゥカ)のヨガマットのおすすめ

1万円以下で買える初心者向けヨガマット「ビギン(5mm)」

Mandukaのヨガマットはたくさん種類がありますが、その中でもヨガ初心者の方にはBEGINヨガマット(5mm)がオススメです。

Mandukaのビギンヨガマット(5mm)の魅力は、最高級ブランドであるManduka製高品質ヨガマットが1万円以下で買えるコスパの良さです。Mandukaヨガマットの中ではエントリーモデルに位置づけられるリーズナブルなマットですが、他社のヨガマットと比べると十分すぎるグリップ性と安定性、クッション性、耐久性を実感できます。また、Manduka製マットの中で最軽量である1kgであるため、ヨガスタジオや外ヨガイベントへ気軽に持って行きやすいのも魅力です。

また、ヨガ初心者向けということで、マット表面には正しいポーズをアシストしてくれるセンターライン(ガイドライン)が印されています。そのため、これからヨガを始めるという人も正しい位置に手や足を置きやすくなり、正しいポーズで正しいヨガ効果を得ることができます。さらに、表裏で異なる2色使いのリバーシブルデザインもおしゃれで、きっとヨガのモチベーションアップにもつながるはずです。

Mandukaヨガマットのおすすめ③

商品名:Manduka BEGIN ヨガマット
参考価格:7,480円
サイズ:長さ173x幅61x厚さ0.5cm
丸めた時の直径:12cm
重量:1kg
素材:TPE

Mandukaヨガマットの一番人気「プロライト(5mm)」

他社製ヨガマットから憧れのManduka製ヨガマットへと乗り換えたいというヨガ中上級者の方には、Manduka一番人気のPROliteヨガマット(5mm)がオススメ。

プロライトヨガマット(5mm)は、世界最高峰と言われるMandukaの代名詞であるブラックマットプロ(プロヨガマット)の機能性そのままに約50%の軽量化を図ったモデルです。Mandukaらしい滑らない抜群のグリップ力と、安心の安定感、身体への負担を軽減できる優れた衝撃吸収性、一生モノと言われる耐久性を備えながら1.8kgと軽いため、自宅だけではなくヨガスタジオへ持っていく持ち運び用マットとしても重宝できます。家でも、ヨガスタジオへも持って行きやすいということで使い勝手抜群であるため、初めてのMandukaヨガマット選びにぴったりです。

Mandukaヨガマットのおすすめ①

商品名:Manduka PROlite ヨガマット
参考価格:15,400円
サイズ:長さ180x幅60x厚さ0.5cm
丸めた時の直径:11cm
重量:1.8kg
素材:PVC

世界最高峰のヨガマット「ブラックマットプロ(6mm)」

自宅専用に良いヨガマットが欲しいというヨガ中上級者の方には、Mandukaの代名詞であり、世界最高峰のヨガマットと言われるTHE BLACK MAT PRO(6mm)がオススメ。

ブラックマットプロは、世界中の一流ヨガインストラクターが愛用する最高級ヨガマットです。一番の特徴は、抜群のグリップ力。まるで手のひらに吸い付くような感覚が得られる抜群のグリップ力で、どんなヨガポーズの際も滑る心配がなくなります。さらにマット裏面とフロアもバッチリ固定されるため、安定感も抜群。超高密度素材を採用しているため衝撃吸収性にも優れ、怪我や痛みの不安も解消できます。さらに、一生モノと言われるように耐久性にも優れていて、本当に長く使っても機能性が落ちないため、一生モノとして買っておいて間違いのないヨガマットです。どうせなら一番良いものが欲しいという方にぴったりです。

Mandukaヨガマットのおすすめ②

商品名:Manduka ブラックマットPRO
参考価格:19,250円
サイズ:長さ180x幅66x厚さ0.6cm
丸めた時の直径:13cm
重量:3.4kg
素材:PVC

持ち運びに便利な最薄最軽量ヨガマット「エコスーパーライト(1.5mm)」

外ヨガイベントや旅行用に持ち運びしやすいヨガマットが欲しいという方には、Ekoスーパーライト(1.5mm)がオススメ。

Mandukaのエコスーパーライト(トラベルマット)は、Manduka製ヨガマットの中で最薄(厚み1.5mm)で、最軽量(1kg)のヨガマットです。薄いためA4サイズ相当のサイズに折り畳んでトートバッグへ収納し外へ持ち出すことが可能です。また、クッション性は劣るものの、芝生やビーチなど地面が柔らかいところに敷くマットとしては丁度良い厚みです。さらに、ヨガスタジオのレンタルマットの上に敷けば、滑りやすいレンタルマットも抜群のグリップ力を誇るヨガマットへと変貌します。レンタルマットだと衛生面が気になるところですので、レンタルマットの上に敷くマットとしてもオススメです。

また、素材は天然ゴムを使用しており、地球環境に優しく、色合いも自然に溶け込む綺麗な色味であるため、外ヨガイベントにぴったりです。

Mandukaヨガマットのおすすめ④

商品名:Manduka eKOスーパーライト
参考価格:7,700円
サイズ:長さ180x幅61x厚さ0.15cm
丸めた時の直径:-
重量:1kg
素材:天然ゴム、リサイクルシルク

汗に強い「GRPホットヨガマット(6mm)」

ホットヨガやアシュタンガヨガのようにたくさん汗をかくヨガシーン用に汗をかいても滑らないヨガマットが欲しいという方には、GRPホットヨガマット(6mm)がオススメ。

GRPホットヨガマットは、ホットヨガ向けに開発されたヨガマット。そのため、たくさん汗をかいてマット表面が濡れた状態でも滑りにくいのが特徴です。マット表面にはPUレザーが採用されており、ホットヨガのような高湿度の環境下で高いグリップ力を発揮してくれます。汗をかいても手に吸い付くような感覚にきっと虜になるはずです。さらに、最先端のエアフロー技術を採用し、汗などの水分を素早く外へと逃す吸汗吸湿性に優れているのも特徴。おまけに活性炭成分を注入しているため消臭・抗菌効果もあり、快適にホットヨガを楽しむことができます。

Mandukaヨガマットのおすすめ⑤

商品名:Manduka GRPホットヨガマット
参考価格:15,400円
サイズ:長さ180x幅66x厚さ0.6cm
丸めた時の直径:-
重量:2.5kg
素材:ポリウレタン、天然ゴム

ワンランク上のMandukaヨガマットを体感してみよう

ヨガマット上でポーズを決める女性

ヨガマットを販売するメーカーはたくさんありますが、その中でも機能性の面で群を抜いているのがManduka(マンドュカ)のヨガマット。Mandukaのヨガマットは、Mandukaの代名詞でもあるブラックマットプロをはじめ、滑らない最高のグリップ性と一生モノと言われる圧倒的な耐久性を誇ります。Mandukaのヨガマットを手にとってみればすぐにでもモノの良さを実感できると思います。是非一度Manduka製の最高品質のヨガマットを体感してみましょう。

RUNNAL編集部

RUNNAL編集部

走るをもっと楽しく、もっと快適にするためのランニングメディア「RUNNAL(ランナル)」の公式アカウント。ランナルは、健康のために、ダイエットのために、マラソン大会での自己記録更新のために走るすべての人を応援しています。

Copyright© RUNNAL[ランナル] , 2022 All Rights Reserved.