1万円以下と安い!コスパ最強ランニングシューズのおすすめ12選

更新日:  著者:RUNNAL編集部

何度も走ることでクッション性やグリップ力などの機能性が劣化していく、いわば消耗品であるランニングシューズは出来るだけ安く買いたいところ。特に、毎日ハードな練習に打ち込む部活生(中学生・高校生)やマラソンを走る市民ランナーなら尚更です。また、健康やダイエットのために走り始めるというランニング初心者の場合も、初めてのランニングシューズとしては出来るだけ安いモデルを選びたいはず。

そこで今回の記事では、数あるランニングシューズの中から1万円以下かつ高機能のコスパ最強と言えるおすすめランニングシューズを紹介しています。さらに、より安く買いたい初心者向けに、5000円以下で買える激安モデルも紹介しています。これから運動を始めたい、ジョギングを始めたいという超初心者や、毎日の走り込みでシューズの買い替え頻度の多い部活生や市民マラソンランナーの人は是非参考にしてみてください。

1万円以下で買える安いランニングシューズとはどんなシューズ?

安いランニングシューズを履く女性ランナー

今や、多くのトップマラソンランナーや箱根駅伝ランナーが着用する厚底カーボンシューズを始めとしたハイテクランニングシューズは、2万円オーバー、さらには3万円オーバーも当たり前となっています。最新ランニングシューズの価格が高騰する中、1万円以下で買えるランニングシューズとはどんなものか。

現在、1万円未満で買えるランニングシューズは大きく分けると、まさに今健康やダイエットのために運動やジョギングを始めようとしている人へ向けた「超初心者用ランニングシューズ」と、中学校や高校で陸上部を始め部活動に励む部活生をターゲットとした「部活生モデル」、最新モデルの登場に伴い価格が下がった「型落ちモデル」の3種類あります。ランニングシューズを少しでも安く買いたいなら、これらを狙ってみるのがオススメです。

①機能性を最小限に絞った超初心者向けランニングシューズ

超初心者向けランニングシューズ

今、1万円以下の安い価格で買えるランニングシューズの1つ目の種類は、健康やダイエット、体力作りのためにウォーキングやジョギングなどの軽めの運動を始めるという人へ向けた「超初心者用ランニングシューズ」です。

このタイプのランニングシューズは、ウォーキングや1〜5km程度の比較的短めの距離をゆったりとしたペースで走るジョギングでの使用を想定したシューズです。ハーフマラソンやフルマラソンなどの長距離ランニングも想定して作られている定価1万円以上の高機能ランニングシューズと違い、クッション性や安定性といった機能性がある程度カットされているため、市場価格で5,000円以下と安く買えるのが特徴です。

当然、10km以上のマラソン大会で着用するランニングシューズとしては機能性が心もとないシューズとなっていますが、軽めの運動を始めるという人にとってはかなりコスパの高いシューズとなっています。また、このタイプのランニングシューズは普段履き用の歩きやすいスニーカーとしても人気です。

②部活生(中学生・高校生)をターゲットにした軽量スピードモデル

部活用ランニングシューズ

安い価格で買えるランニングシューズの2つ目の種類は、主に毎日部活の練習に励む中学生や高校生をターゲットとした「部活用ランニングシューズ」です。

このタイプのランニングシューズは、軽量性と反発性に優れたミッドソール素材を採用し、軽やかな履き心地でスピードを出しやすいのが特徴です。クッション性や安定性などの機能性もある程度備えていますが、市民ランナー向けの高機能シューズのようなプレミアムクッションを採用している訳ではなく、着地時の安定性を高めるサポートパーツを贅沢に搭載している訳でもないために、定価でも1万円以下で買えるのが魅力です。

また、この軽量スピードモデルは学生さんだけではなく、マラソンを走る市民ランナー(中級者以上)のトレーニング用としても人気があります。ほどよくクッション性と安定性があり、さらに軽くてスピードを出しやすいということで中級者以上のレベルの市民ランナーにとってはトレーニングシューズとしては最高にコスパの高いモデルとなっています。

③値段が大きく下がった型落ちモデル

高機能ランニングシューズの型落ちモデル

最後の3つ目の種類は、「型落ちモデル」です。型落ちモデルとは、同じシリーズのランニングシューズから最新モデルが登場したことにより市場価格が大きく下がった旧モデルのことです。

現在、初心者でもハーフマラソンやフルマラソンなどの長距離を安全に走り切ることが出来るクッション性と安定性に優れた高機能ランニングシューズは定価で1万円を超える価格帯が主流となっています。しかし、これらの高機能モデルも新作の登場により、市場価格が1万円を切ることも珍しくありません。ランニング初心者で高機能なランニングシューズを安く買いたいという人は、この型落ちモデルを狙ってみるのがオススメです。

走力レベルや目的に沿った本当にコスパの良いランニングシューズの選び方

コスパの高いランニングシューズを履いたランナーの足元

1、比較的短めの距離を走る初心者には5000円以下のシューズがコスパ最強

5000円以下のランニングシューズ

もし、近い将来のマラソン大会への参加は検討していない、健康やダイエットのためにウォーキングやジョギングなどの軽い運動を快適に出来ればそれで十分という初心者は、5,000円以下の激安ランニングシューズを選んでみるのがオススメです。

ウォーキングや1〜5km程度のジョギングであれば、ハーフマラソンやフルマラソンを走ることを想定した定価1万円オーバーの高機能ランニングシューズはオーバースペックとなる可能性が高いです。アシックスやミズノ、ナイキ、アディダス、ニューバランスといった有名メーカーのランニングシューズであれば5,000円以下でもクッション性や通気性など十分な機能性を実感出来るはずです。

2、マラソン大会へ挑戦するなら高機能シューズの型落ちモデルがコスパ最強

高機能マラソンシューズの型落ちモデル

ランニング初心者で、10kmマラソンやハーフマラソン、フルマラソンなどへの参加してみたいと考えている人は、型落ちモデルを狙ってみるのがオススメです。

型落ちモデルなら、フルマラソンでも定番のアシックスやミズノなどのクッション性と安定性両面に優れた高機能ランニングシューズが1万円以下の格安価格で手に入る可能性があります。特に最新の1つ前のモデルなら機能性はほとんど変わらないため、かなりお買い得となります。また、初心者だけではなく、中上級者の市民ランナーも欲しいシューズの型落ちモデルを狙ってみるのがオススメです。

3、部活用や中上級者のトレーニング用なら耐久性の高いモデルがコスパ最強

耐久性に優れたランニングシューズ

陸上部はもちろん部活時のアップシューズやトレーニングシューズを探している中学生や高校生には、1万円以下で買える軽量スピードモデルが間違いなくコスパ最強です。さらに、中級者以上の市民ランナーも、日々のトレーニングシューズとして1万円以下で売っている軽量スピードモデルを選んでみるのがオススメです。

特に、その中でもアウトソールに耐摩耗性の高いラバー素材を使ったものや、つま先部分などに補強パーツが入ったような耐久性にも優れたモデルがオススメです。ハードに練習に打ち込む部活生や市民ランナーでは、すぐにシューズのクッション性やグリップ力が低下したり、アッパーが擦れたり破れたりする可能性が高いため、耐久性能にも優れた軽量スピードモデルを選んでみるのがベストです。

激安の5000円以下!コスパ最強ランニングシューズのおすすめ

アシックス ジョルト3

コスパ最強ランニングシューズのおすすめ①

ウォーキングや1〜5km程度のジョギングなど軽めの運動用としてランニングシューズを購入するなら、日本国内で人気NO.1ランニングシューズブランドであるasics(アシックス)の「JOLT 3(ジョルト3)」がオススメ。

アシックスのジョルト3の最大の特徴は、日本人の足に合うランニングシューズ作りをしてきた国内メーカーであるアシックスのランニングシューズが定価でも5,000円以下の激安価格で買えるところ。ブランドの安心感や機能性の高さを考えると、初心者が選ぶ最初のランニングシューズとしては間違いなくコスパ最強のシューズです。

まず、機能面ではインクジェクションEVAミッドソールを採用し、十分なクッション性を確保しています。さらに、アウトソールには耐久性に優れたソリッドラバーアウトソールを採用しているため、長持ちしやすいのも魅力です。そして、日本人の足にあったラスト(足型)を採用しているため、履き心地も最高です。足幅も幅広(4E)仕様で、普段履きでもウォーキングでも、ジョギングでもどんなシーンでもストレスなくゆったりと着用出来るシューズで、初心者用としてかなりオススメです。

アシックス ジョルト3 メンズ

【メンズ用】
商品名:asics JOLT 3
参考価格:4,950円
サイズ:22.0-32.0cm
幅:4E

アシックス ジョルト3 レディース

【レディース用】
商品名:asics JOLT 3
参考価格:4,950円
サイズ:22.0-26.0cm
幅:2E

ミズノ マキシマイザー24

コスパ最強ランニングシューズのおすすめ②

運動初心者の初めての運動靴として、mizuno(ミズノ)の「MAXIMIZER 24(マキシマイザー24)」もオススメ。マキシマイザーシリーズはアシックスのジョルトシリーズ同様に定価でも5,000円以下で買えるコスパ最強ランニングシューズでAmazonでも常にランキング上位に位置するシューズです。

ミズノのマキシマイザー24の最大の特徴は、国内を代表するスポーツシューズメーカーであるミズノらしい優れた機能性を備えながらも定価5,000円以下で買えるコスパの良さです。機能性としては、しっかりとした厚みのソールを備えているため十分なクッションを感じることができます。さらにアッパーにはメッシュ素材が採用され通気性が高く、汗をかいてもシューズ内が蒸れにくく快適性が高いのも特徴。アウトソールには耐摩耗性ラバーであるX10を採用しているため、ソールがすり減りにくい耐久性の高さも魅力的です。

おまけに、ライト等の光に反射し周囲にランナーの存在を知らせ安全性を確保してくれる再帰反射を備えているため薄暗い早朝や真っ暗な夜間のウォーキングやジョギングでも安心感があります。

ミズノ マキシマイザー24 メンズ

【メンズ用】
商品名:MIZUNO MAXIMIZER 24
参考価格:4,950円
サイズ:24.5-30.0cm
幅:3E
重量:250g

ミズノ マキシマイザー24 レディース

【レディース用】
商品名:MIZUNO MAXIMIZER 24
参考価格:4,950円
サイズ:22.0-25.0cm
幅:3E
重量:205g

アディダス ギャラクシー6

コスパ最強ランニングシューズのおすすめ③

おしゃれでカッコいいランニングシューズを安く買いたいなら、ファッションスニーカーとしても人気の高いadidas(アディダス)の「GALAXY 6(ギャラクシー6)」がオススメ。ギャラクシーシリーズはアディダスを代表するランニング初心者向けの低価格モデルです。

アディダスのギャラクシー6の最大の特徴は、アディダスのカッコいいデザインのランニングシューズが市場価格で5,000円以下で買えるところ。機能面では、アディダスが誇るミッドソールテクノロジーであるCloudfoamを搭載しているため、履き心地が柔らかく、十分なクッションを得ることが出来ます。また、適度に反発力もあり、初心者でも次の一歩を出しやすいシューズとなっています。

さらに、アッパーにはテキストスタイルアッパーを採用し、軽量で通気性に優れ夏場でも快適です。そして、アウトソールのグリップ力も高く、雨で濡れた路面でもしっかりと地面を捉えることができます。

アディダス ギャラクシー6 メンズ

【メンズ用】
商品名:adidas GALAXY 6(ギャラクシー6)
参考価格:6,050円
サイズ:24.5-30.0cm
重量:-

アディダス ギャラクシー6 レディース

【レディース用】
商品名:adidas GALAXY 6(ギャラクシー6)
参考価格:6,050円
サイズ:22.0-26.0cm
重量:-

ニューバランス ダイナソフトフラッシュv6

コスパ最強ランニングシューズのおすすめ④

おしゃれでカッコいい低価格帯のランニングシューズを選びたいなら、ファッション性に優れたアイテムの多いnew balance(ニューバランス)の「DynaSoft flash v6(ダイナソフトフラッシュv6)」がオススメ。

ニューバランスのダイナソフトフラッシュの最大の特徴は、中上級者向けのような躍動感あるカッコいいデザインのランニングシューズが市場価格で5,000円近辺で買えるところ。さらに、機能面でもミッドソールにDYNASOFTミッドソールを採用し、弾むようなライド感を体験出来るのも魅力です。そのため、初心者でもスピードある走りを楽しめるようになっています。

また、通気性やサポート性に優れたアッパーを採用したり、グリップ力に優れたラバーアウトソールを採用したりと、市場価格5,000円程度のランニングシューズとしては非常に高機能なモデルとなっています。初心者はもちろん、部活のアップシューズとしてもオススメです。

dynasoft flash v6 メンズ

【メンズ用】
商品名:NewBalance DynaSoft flash v6(ニューバランス ダイナソフトフラッシュ v6)
参考価格:7,920円
サイズ:25.0-29.0cm
幅:D
重量:-

dynasoft flash v6 レディース

【レディース用】
商品名:NewBalance DynaSoft flash v6(ニューバランス ダイナソフトフラッシュ v6)
参考価格:7,920円
サイズ:22.0-25.5cm
幅:B
重量:-

ナイキ レボリューション6ネクストネイチャー

コスパ最強ランニングシューズのおすすめ⑤

トップランナー御用達ブランドである世界のnike(ナイキ)のランニングシューズを出来るだけ安く体験してみたいという初心者には、「REVOLUTION 6 NN(レボリューション6ネクストネイチャー)」がオススメ。レボリューションシリーズはナイキを代表する低価格帯ランニングシューズです。

ナイキのレボリューション6ネクストネイチャーの最大の特徴は、あのマラソン世界記録保持者も愛用するナイキ製ランニングシューズが市場価格5,000円以下で買えるところ。今や、厚底シューズを筆頭にランニング・マラソン業界を席巻するナイキのランニングシューズが5,000円以下で買えるため、かなりお買い得の一足です。機能面では、ナイキらしく柔らかいクッショニングと、適度にスピードの出せる反発力が特徴的です。さらに、通気性やフィット感にも優れています。

また、ファッション性にも優れているため、普段履き用スニーカーとしても人気があります。スポーツブランドの安くて機能性に優れたランニングシューズで、デザイン面もスタイリッシュなものを探しているという人にもオススメです。

ナイキ レボリューション6 ネクスト ネイチャー メンズ

【メンズ用】
商品名:ナイキ レボリューション 6 ネクスト ネイチャー(NIKE REVOLUTION 6 NN)
参考価格:6,600円
サイズ:24.0-30.0cm
重量:-

ナイキ レボリューション6 ネクスト ネイチャー レディース

【レディース用】
商品名:ナイキ レボリューション 6 ネクスト ネイチャー(NIKE REVOLUTION 6 NN)
参考価格:6,600円
サイズ:22.5-26.5cm
重量:210g

高機能なのに1万円以下!コスパ最強ランニングシューズのおすすめ

ミズノ ウエーブリボルト2

コスパ最強ランニングシューズのおすすめ⑥

ランニング初心者向けで、ハーフマラソンやフルマラソンなどのマラソン大会でも着用出来る高機能ランニングシューズを安く買いたいという人には、mizuno(ミズノ)の「WAVE REVOLT 2(ウエーブリボルト2)」がオススメ。

ミズノのウエーブリボルト2の最大の特徴は、マラソンにも対応したクッション性と安定性に優れた高機能ランニングシューズが定価で1万円以下で買えるコスパ最強なところです。ミッドソールにはミズノを代表する最新テクノロジーであるMIZUNO ENERYが搭載されていて、柔らかく十分なクッションを感じることが出来ます。さらに、MIZUNO ENERGYは反発性能にも優れた素材であるため、初心者でも長距離を楽に走ることが出来ます。また、2層の異なるフォーム材を波形に重ね合わせたフォームウェーブを踵部に搭載するなど、1万円以下ながらも安定性にも優れたシューズとなっています。

安くても足を守るための機能性に優れたランニングシューズを選びたいという初心者には間違いのないコスパ最強ランニングシューズです。

ミズノ ウエーブリボルト2 メンズ

【メンズ用】
商品名:MIZUNO WAVE REVOLT 2
参考価格:9,350円
サイズ:25.0-29.0cm
幅:2E相当
重量:265g

ミズノ ウエーブリボルト2 レディース

【レディース用】
商品名:MIZUNO REVOLT 2
参考価格:9,350円
サイズ:22.5-25.5cm
幅:2E相当
重量:220g

ミズノ ウエーブライダー25

コスパ最強ランニングシューズのおすすめ⑦

ハーフマラソンやフルマラソンへ初挑戦したい、制限時間内での完走や5時間切り(サブ5)を狙いたいという人には、mizuno(ミズノ)の「WAVE RIDER 25(ウエーブライダー25)」がオススメ。

ミズノのウエーブライダー25の最大の特徴は、高い次元でのクッション性能と安定性能を備えた超高機能ランニングシューズ(通常価格約1万5千円)が市場価格で1万円以下で買えるところ。ミズノのウエーブライダーシリーズは、初心者ランナーが長距離を走る際に足を痛めないようにする保護機能に優れたランニングシューズで、初マラソン用として大人気のシューズです。そんなウエーブライダーシリーズが2022年に最新の26が登場したことにより、1つ前の2021年モデルである25が1万円以下で買えるので、かなりお買い得です。

ミズノのMIZUNO ENRZYをミッドソール全面に採用し、さらにサポートパーツであるMIZUNO WAVEを搭載することで、高いクッション性と適度な反発性、さらに優れた安定性を発揮してくれる初心者に非常に頼もしいランニングシューズとなっています。型落ちモデルですが、機能性は文句なしなので初マラソンへ挑戦する人にオススメです。

ミズノ ウエーブライダー25 メンズ

【メンズ用】
商品名:MIZUNO WAVE RIDER 25
参考価格:14,850円
サイズ:25.0-29.0cm
幅:2E
重量:270g

ミズノ ウエーブライダー25 レディース

【レディース用】
商品名:MIZUNO WAVE RIDER 25
参考価格:14,850円
サイズ:22.5-26.0cm
幅:2E
重量:230g

アシックス エボライド3

コスパ最強ランニングシューズのおすすめ⑧

初心者〜中級者レベルの高機能ランニングシューズを安く買いたいという人には、asics(アシックス)の「EVORIDE 3(エボライド3)」がオススメ。

アシックスのエボライド3の最大の特徴は、長距離を快適に走るためのアシックスの最新機能が詰まった高機能シューズであるのに市場価格で1万円以下で買えるところ。エボライド3は、より楽に、より長く走ることを追求したENERGY SAVING SERIESの最新シューズ。弓状にカーブしたソールデザイン(ガイドソールテクノロジー)が最大のポイントで、着地するとそのソールデザインのカーブに沿ってシューズが転がるようにスライドするため、自然と足が前に出るような楽な走り心地を体験出来るのが魅力です。また、ミッドソールにはFLYTEFOAMを搭載しているため、軽量でありながらもしっかりとしたクッションを感じられます。

エボライド3はフルマラソンで4時間切り(サブ4)も狙えるシューズなので、安くて高機能なランニングシューズが欲しいという初心者〜中級者レベルのランナーにオススメです。

アシックス エボライド3 メンズ

【メンズ用】
商品名:asics EvoRide 3
参考価格:11,000円
サイズ:24.5-32.0cm
幅:2E

アシックス エボライド3 レディース

【レディース用】
商品名:asics EvoRide 3
参考価格:11,000円
サイズ:22.5-26.5cm
幅:E

アシックス ライトレーサー4

コスパ最強ランニングシューズのおすすめ⑨

学校の部活動用に安く買える軽量スピードモデルのランニングシューズを選びたいという中学生や高校生には、asics(アシックス)の「LYTERACER 4(ライトレーサー4)」がオススメ。

アシックスのライトレーサー4の最大の特徴は、1万円以下ながらも軽量でスピードの出せるモデルで、さらに耐久性にも優れたザ・部活用シューズであるところ。陸上部を始め部活動で履くアップシューズやトレーニングシューズとしては間違いなくコスパ最強シューズであるため、部活用にランニングシューズを準備したい人には間違いのない一足です。また、学生さんだけではなく、日々マラソンのトレーニングに励む市民ランナーの人にもオススメです。

機能面では、ミッドソールに反発性に優れたFLYTEFOAM Propelを採用しているため、着地時の衝撃を次の一歩へのエネルギーへと変換しスピードの出しやすいシューズとなっています。また、アッパー全面には3Dプリントを施されており耐久性が高く、陸上短距離選手のドリルや補強などのトレーニング用としてもバッチリです。

アシックス ライトレーサー4 メンズ

【メンズ用】
商品名:asics LYTERACER 4
参考価格:9,350円
サイズ:24.5-30.0cm
幅:2E

アシックス ライトレーサー4 レディース

【レディース用】
商品名:asics LYTERACER 4
参考価格:9,350円
サイズ:22.5-26.5cm
幅:E

アディダス アディゼロRC4

コスパ最強ランニングシューズのおすすめ⑩

学校の部活動用や市民ランナーのマラソントレーニング用にコスパの高いランニングシューズを選ぶなら、adidas(アディダス)の「アディゼロRC4」もオススメ。

アディダスのアディゼロRC4の最大の特徴は、軽量性と反発性、安定性、クッション性、通気性、耐久性など学生さんや中級者以上のレベルの市民ランナーにとって非常にバランスの取れたランニングシューズであるところ。ミッドソールにはLIGHTSTRIKE EVAが採用されていて、軽量ながらも適度にクッション性があり、着地時の安定性にも優れたシューズとなっています。さらに反発性もあり、しっかりとスピードを出して走ることが可能です。

そして、アウトソールには耐摩耗性に優れたADIWEAR RUBBERが採用されており、長期間優れた機能性を発揮してくれるシューズとなっています。そのため、毎日ハードなトレーニングに励む学生さんや、マラソンへ向けて日々距離を踏む市民ランナーにぴったりな一足です。

アディゼロRC4(メンズ)

【メンズ用】
商品名:adidas ADIZERO RC 4(アディゼロアールシー4)
参考価格:10,450円
サイズ:24.0-30.0cm
重量:230g

アディゼロRC4(レディース)

【レディース用】
商品名:adidas ADIZERO RC 4(アディゼロアールシー4)
参考価格:10,450円
サイズ:22.0-26.5cm
重量:-

ナイキ エアズームライバルフライ3

コスパ最強ランニングシューズのおすすめ⑪

1万円以下と価格が安くて、高反発のランニングシューズを選びたいという人にはnike(ナイキ)の「AIR ZOOM RIVAL FLY 3(エアズームライバルフライ3)」がオススメ。

ナイキのエアズームライバルフライ3の最大の特徴は、1万円以下のランニングシューズの中では最強レベルと言える反発力を備えた軽量スピードモデルであるところ。ミッドソールには軽量なクッショニング素材であるクシュロン素材を採用。そして、前足部にはZoom Airユニットが内蔵されていて、高い反発力を得ることが出来ます。Zoom Airユニットは1万円オーバーのシューズにも搭載されている高反発クッショニング素材で、Zoom Airユニット搭載シューズが1万円以下で買えるのはかなりお買い得です。

また、つま先を包み込むオーバーレイや、アウトソールの耐摩耗性ラバーなどが採用されていて、耐久性に優れているのも特徴です。そのため、毎日のトレーニングでも安心してスピードを出せるシューズとなっています。

ナイキ エアズームライバルフライ3

【ユニセックス(メンズ・レディース兼用)】
商品名:ナイキ エア ズーム ライバル フライ 3(NIKE AIR ZOOM RIVAL FLY 3)
参考価格:9,350円
サイズ:23.0-30.0cm
重量:236g

アンダーアーマー UAチャージドローグ3

コスパ最強ランニングシューズのおすすめ⑫

1万円以下の軽量スピードモデルを選ぶなら、UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)の「UA CHARGED ROGUE 3(UAチャージドローグ3)」がオススメ。

アンダーアーマーのUAチャージドローグ3の最大の特徴は、1万円以下ながらも優れた衝撃吸収性能と反発性を備えているところ。ミッドソールにはアンダーアーマー独自の考えるクッショニング素材であるチャージドクッショニングを搭載しています。このチャージドクッショニングは着地衝撃に応じて反発性能が変化するテクノロジーです。ゆったりとしたペースで走る時には優れたクッション性を、速いペースで走る時には優れた反発性を発揮してくれるため、どんなトレーニングにも活用しやすいランニングシューズとなっています。

また、アウトソールはポッドを巧みに配置したソリッドラバーアウトソールとなっており、摩耗しやすい部分の耐久性を強化する工夫も施されています。アッパーには軽量で通気性に優れたツートンメッシュアッパーが採用され、長時間のトレーニングでも快適に着用できます。

UAチャージド ローグ3(メンズ)

【メンズ用】
商品名:UNDER ARMOUR UAチャージド ローグ3
参考価格:9,350円
サイズ:25.0-33.0cm

UAチャージド ローグ3(レディース)

【レディース用】
商品名:UNDER ARMOUR UAチャージド ローグ3
参考価格:9,350円
サイズ:22.5-26.0cm

安いシューズで十分!高コスパのランニングシューズの走りを体験してみよう

カーボンプレート搭載厚底シューズを始め、2万円台、3万円台と高価格帯のランニングシューズが増える中、1万円以下でも意外と高機能な高コスパシューズも販売されています。走力レベルや用途によっては1万円以下でも十分に満足出来るシューズがあるため、是非それらの高コスパモデルを試してみましょう。

特に、運動未経験者の初めての運動靴選びに5,000円以下の機能性を絞ったモデルが、マラソン初挑戦者に高機能ながらも1万円以下で買える型落ちモデルが、中学校や高校の部活生に1万円以下の軽量スピードモデルがオススメです。是非、それらのコスパ最強ランニングシューズの走りを体験してみましょう。

RUNNAL編集部

RUNNAL編集部

走るをもっと楽しく、もっと快適にするためのランニングメディア「RUNNAL(ランナル)」の公式アカウント。ランナルは、健康のために、ダイエットのために、マラソン大会での自己記録更新のために走るすべての人を応援しています。

この記事のキーワード:

Copyright© RUNNAL[ランナル] , 2022 All Rights Reserved.