サブ4.5用シューズのオススメ

フルマラソンサブ4.5用ランニングシューズのオススメ10選【4時間30分切り達成へ】

投稿日:  著者:RUNNAL編集部

秋冬のフルマラソンでサブ4.5(4時間30分切り)を目指すなら、クッション性と安定性、反発性、軽量性と4つの機能性全てでバランスの取れた万能型のランニングシューズを選んでみるのがオススメ。

今回の記事では、42.195kmを走るフルマラソンの大会で4時間30分以内でのゴールを目指す初級者〜中級者レベルのランナー向けに、サブ4.5用に全ての機能面でバランスの取れたオススメのランニングシューズを紹介しています。また、フルで4時間30分切りを達成するための相棒となるサブ4.5用ランニングシューズの選び方についても紹介しています。次回参加予定のフルマラソン大会で絶対に4時間30分を切りたいという人は是非参考にしてみてください。

フルマラソンでサブ4.5を達成するためのシューズの選び方

サブ4.5用シューズを履くランナー

フルマラソンでサブ4.5(4時間30分切り)を達成出来るランナーは全完走者のうちの50%未満。特に女性ランナーとなると30%未満と意外と狭き壁です。そんなサブ4.5を達成するためには本番当日に履くシューズ選びが重要です。そして、シューズ選びでは「反発性」「クッション性」「軽量性」「安定性」の4つの機能に注目しておく必要があります。平均6分20秒ペースで走り続けることで達成出来るサブ4.5においては、基本的に反発性・クッション性・軽量性・安定性の4つの機能面全てにおいてバランスの取れたシューズを選ぶことが大切です。

1、楽にサブ4.5ペースで走り続けるための反発性が重要

反発性を備えたランニングシューズ

まず、フルマラソンで4時間30分を切るためには、平均6分20秒ペース(完走タイム4時間27分14秒)で楽に走り続けれるように十分な反発性を備えていることが重要です。また、エイドステーションでの給水や給食、トイレ休憩でのタイムロスや、レース後半での失速等を考慮すると、余裕を持った平均6分10秒〜6分15秒ペース(完走時間4時間20分12秒〜4時間23分43秒)で走れる必要があります。そのため、尚更シューズの反発性が大事になります。

もちろん、上級者ほどに反発性が高過ぎるのはNGです。サブ4.5レベルのランナーなら当然クッション性も大事になってきます。そのため、サブ4.5用シューズとしては、ソール全体にクッション性の高いミッドソール素材を採用しつつ、前足部のみに高反発素材を採用し蹴り出し時に高い反発力を得られるようなシューズが理想的となります。

例えば、アシックスなら前足部のみに反発素材のFLYTEFOAM Propelを搭載したGT2000、ニューバランスであれば前足部下層のみ反発性に優れた硬度を採用したフレッシュフォーム880、ナイキであれば前足部下に高反発のZoom Airバッグを搭載したエアズームペガサスなどがそれに該当します。こういった前足部に反発力があるシューズは蹴り出し時に反発力を得られる、つまりシューズの力を借りられる訳なので、楽にサブ4.5ペースで走り出すことが出来ます。

2、30km以降で失速しないためにもクッション性も欠かせない

クッション性の高いランニングシューズ

フルマラソンでサブ4.5を目指すなら、クッション性も絶対におろそかにしてはいけません。特に上級者向けのクッション性が低く、反発性に全振りしたようなシューズを履いてしまうと、20〜30kmあたりまではサブ4.5達成ペースで順調に走れていても間違いなく30km以降のどこかのタイミングで失速してしまいます。早ければ20km手前で足が動かなくなり大失速する可能性もあります。

サブ4.5を目指すレベルのランナーの場合、42.195kmもの距離を着地衝撃に耐えながら走るだけの筋力は備わっていない人がほとんどです。そのため、クッション性の低いシューズで走ると当然足への負担が大きくなり、途中で足が動かなくなり失速したり、途中リタイアしてしまうなんてことになりかねません。クッション性の高いシューズであれば、シューズのクッションがランナーの代わりに着地衝撃をカバーしてくれるため、30km以降で例え足が疲れていてもなんとか粘ることが可能です。

また、クッション性の低いシューズを履くと、失速するだけではなく、足を痛める可能性もあります。それを避けるためにも、アシックスなら衝撃緩衝材であるGEL素材を、ミズノなら反発性とともに高いクッション性を誇るMIZUNO ENERGYを、ニューバエランスならフレッシュフォームを採用したモデルを選んでみるのがオススメです。

3、疲労の原因となる重たいハイクッションモデルは避けるべき

軽量性に優れたランニングシューズ

サブ4.5を目指して走るなら、反発性とともに高いクッション性も必要です。ただし、過度にクッション性を重視した分厚いミッドソールを採用したフルマラソン完走目標のハイクッションモデルは避けるべきです。その理由は、単純にシューズ重量が重く、その重みが疲労の原因となり、サブ4.5達成の支障となる可能性があるためです。特に、20kmを過ぎ、30kmを過ぎ、レース後半になればなるほどにシューズの重みが肉体的にも精神的にもこたえるようになります。

4時間30分切りを目指すシューズとしては、重量(メンズモデルの片足27.0cmの重量)が200〜280gあたりがオススメ。この重量のシューズが軽量性とクッション性などのバランスが良く、サブ4.5用にぴったりです。もし、4時間15分〜4時間あたりを狙うならスピードの出しやすさを重視して200〜250gを、4時間30分〜4時間15分あたりを狙うならクッション性や安定性を重視して250〜300gを選ぶのがオススメ。

逆に、200g未満のシューズはクッション性が低く、安定性も低く、反発力が強過ぎるためNG。さらに300gを大きく超えるようなシューズも重く負担が大きいため避けるようにしましょう。

4、足元に不安を感じる人は安定性の高いモデルがオススメ

安定性の高いサポートモデル

フルマラソン4時間30分レベルを狙うランナーだと、まだまだ足元の着地時の安定性に不安を抱えるランナーが多いのが事実。そのため、クッション性や反発性、軽量性だけではなく安定性に優れているかどうかも是非チェックしてみるのがオススメ。特に着地時に足部が内側に過度に倒れ込むオーバープロネーションの傾向がある人は安定性の高いサポートモデルを選ぶのが必須です。また、普段はオーバープロネーションの傾向がないランナーでもフルマラソンなどの長距離走で疲れてくるとともにその傾向が出てくるランナーも多いため、やはり安定性は重要。

ランニングシューズの安定性を高める機能としては、ミッドソールの中足部あたりの内側にのみ硬度の硬いサポートパーツを搭載するのが一般的です。例えばアシックスならLITETRUSS(ライトトラス)、ミズノならMIZUNO WAVE(ミズノウエーブ)、アディダスならTORSION SYSTEM(トルションシステム)、ナイキならクラッシュパッドなどを搭載しているシューズが安定性にも優れたシューズです。

サブ4.5用ランニングシューズのオススメ【メンズ・レディース】

アシックス GT-2000 10

サブ4.5用シューズのオススメ①

初めてフルマラソンに挑戦しサブ4.5(4時間30分切り)を目指す初心者ランナーにも、サブ4.5へのリベンジを果たしたいというランナーにも、まずオススメしたいのがasics(アシックス)の「GT-2000 10」です。GT-2000はアシックスを代表するロングセラーシューズで、フルマラソン完走からサブ4.5まで狙えるシューズです。

アシックスのGT-2000 10の最大の特徴は、サブ4.5用シューズに求められるクッション性・安定性・反発性・軽量性全てにおいてバランスの取れた丁度良いシューズであること。特に、アシックスを代表するテクノロジーであるGEL(ゲル)を踵部に採用しているため、クッション性が高く初めてのフルマラソンでサブ4.5を目指すというランナーでも安心です。そして、アシックスを代表するサポートパーツであるLITETRUSS(ライトトラス)を搭載しているため、着地時の足元の横ブレを抑制し安定性に優れているのも嬉しいところ。さらに、前足部には反発性を高めるためのFYTEFOAM Propelが搭載されておりサブ4.5ペースを維持しやすく、軽量性も問題なし。まさにサブ4.5用にベストなランニングシューズです。

また、その他にもかかと周りのフィット感も良く、通気性も良く、足運びもしやすく、アシックスらしい非常に機能性の高いシューズとなっています。

アシックス GT-2000 10 メンズ

【メンズ用】
商品名:asics GT-2000 10
参考価格:4,950円
サイズ:22.0-32.0cm
幅:2E,4E

アシックス GT-2000 10 レディース

【レディース用】
商品名:asics GT-2000 10
参考価格:14,080円
サイズ:22.5-26.5cm
幅:E,2E

ミズノ ウエーブライダーNEO2

サブ4.5用シューズのオススメ②

アシックス同様に日本人の足に合いやすく日本人ランナーに人気の高いmizuno(ミズノ)を選ぶなら、「WAVE RIDER NEO 2(ウエーブライダーNEO2)」がオススメ。

ミズノのウエーブライダーNEO2は、ミズノの大人気の初心者向けモデルであるウエーブライダー25のプレミアムモデル。ウエーブライダー25のクッション性と安定性に優れた機能性そのままに、さらに足との一体感を高めたモデル。最大の特徴は、ベロ(タン)が履き口と一体となったブーティー構造。このブーティー構造によって足との一体感が高まり、ウエーブライダー25と比較しより快適に走れるシューズとなっています。ウエーブライダー25はフルマラソン完走〜サブ5あたりをメインターゲットとしたシューズであり、ウエーブライダーNEO2はサブ4.5あたりを狙うランナーをターゲットとしたモデル。

また、ミッドソールはミズノ独自の高反発ソールであるMIZUNO ENERGYを搭載しているため、サブ4.5を狙うための十分なスピードを余裕を持って出すことが出来ます。靴と足の最高の一体感による快適な履き心地を得てサブ4.5を狙いたい人にオススメ。

ミズノ ウエーブライダーNEO2 メンズ

【メンズ用】
商品名:MIZUNO WAVE RIDER NEO 2
参考価格:18,150円
サイズ:25.0-29.0cm
幅:2E相当
重量:265g

ミズノ ウエーブライダーNEO2 レディース

【レディース用】
商品名:MIZUNO WAVE RIDER NEO 2
参考価格:18,150円
サイズ:23.0-25.5cm
幅:2E相当
重量:225g

アディダス アディゼロSL20.3

サブ4.5用シューズのオススメ③

フルマラソンで4時間30分以内でのゴールを目標に勝負シューズはadidas(アディダス)を選ぶなら、「ADIZERO SL20.3(アディゼロSL20.3)」がオススメ。アディゼロSL20.3は、アディダスを代表する初級者〜中級者レベルのシューズで、サブ4.5を目指すランナーには丁度良いシューズです。

アディゼロSL20.3の最大の特徴は、海外ブランドのシューズでありながらも日本人の足型に合わせて作られた日本人の足に合いやすいサブ4.5用シューズであること。アディダスを代表する人気シリーズであるアディゼロは日本人ランナー向けに特別に開発されたもので、日本人ランナーの足にジャストフィットし、日本人ランナーの目標達成を後押ししてくれるものです。さらに、アディゼロSL20.3は、高いクッション性と安定性、耐久性、軽量性、反発性と様々な機能性を併せ持つ万能なミッドソール素材LIGHTSTRIKE EVA(ライトストライクEVA)を採用しているため、バランスの取れたシューズが望ましいサブ4.5周辺のランナーにベストと言えるシューズです。

さらに、通気性やアウトソールのグリップ力も高く、秋冬だけではなく春夏のマラソン大会でも雨の日のマラソン大会でも快適に着用出来ます。

アディゼロSL20.3(メンズ)

【メンズ用】
商品名:adidas ADIZERO SL20.3(アディゼロSL20.3)
参考価格:24.5-30.0円
サイズ:22.0-26.5cm
重量:240g

アディゼロSL20.3(レディース)

【レディース用】
商品名:adidas ADIZERO SL20.3(アディゼロSL20.3)
参考価格:13,200円
サイズ:22.0-26.5cm
重量:-

アディダス アディゼロジャパン7

サブ4.5用シューズのオススメ④

軽量性と反発性に優れたシューズで4時間〜4時間15分あたりを狙いたい、うまく行けば4時間切りも狙ってみたいという人にはadidas(アディダス)の「ADIZERO JAPAN 7(アディゼロジャパン7)」がオススメ。アディゼロジャパン7はサブ4用シューズとして人気で、サブ4.5(4時間〜4時間30分)の中でも4時間〜4時間15分あたりを狙うランナーにぴったりです。

アディダスのアディゼロジャパン7の最大の特徴は、サブ4.5向けシューズの中でも軽量性と反発性に優れたスピードの出しやすいシューズである点です。ミッドソールには、アディダス定番のLIGHTSTRIKEクッショニングに低密度高反発素材のLIGHTSTRIKE PRO(ライトストライクプロ)を組み合わせることで、高いクッション性で着地衝撃を緩和しつつも、優れた反発力で速いスピードで走りやすいシューズとなっています。さらに、アッパーにはアディゼロシリーズ最薄最軽量のメッシュアッパーLIGHTWEIGHT MONO MESH(ライトウェイトモノメッシュ)を採用し、215g(片足27.0cm)の軽量性も実現させています。そのため、軽量性と反発性を重視し、4時間〜4時間15分、さらには4時間切りも視野に入れておきたいという人にオススメ。

また、アウトソールには自動車のタイヤにも採用されるCONTINENTAL RUBBER(コンチネンタルラバー)を搭載しており、グリップ力が高くあらゆる天候化でも快適に走ることが可能です。雨の日のマラソン大会でも目標を確実に達成したいという時に非常に頼りになる一足です。

アディゼロジャパン7(メンズ)

【メンズ用】
商品名:adidas ADIZERO JAPAN 7(アディゼロジャパン7)
参考価格:15,400円
サイズ:23.5-31.0cm
重量:215g

アディゼロジャパン7(レディース)

【レディース用】
商品名:adidas ADIZERO JAPAN 7(アディゼロジャパン7)
参考価格:15,400円
サイズ:22.0-26.5cm
重量:-

ニューバランス フレッシュフォーム 880

サブ4.5用シューズのオススメ⑤

初めてフルマラソンを走るという初心者で4時間30分切りを目標に走ってみたいという人でも履きやすいのがNew Balance(ニューバランス)の「FRESH FOAM 880 v12(フレッシュフォーム880 v12)」。フレッシュフォーム880はフルマラソン完走からサブ4.5まで狙えるクッションと反発性の両面に優れたモデルで、フルマラソン初心者にも人気。

ニューバランスのフレッシュフォーム880の最大の特徴は、ランニング・マラソン初心者にも丁度良いクッション性と反発性を備えているところ。ミッドソールにはニューバランスを代表するクッショニング素材であるFRESH FOAMを採用し高いクッション性を実現させています。さらに、中足部から前足部にかけては硬めのFRESH FOAMを配した2層構造のFRESH FOAM Xミッドソールであるため、反発力も十分に得られるシューズとなっています。そのため、フルマラソン完走はもちろん、サブ4.5を目指す上でも非常に頼りになります。

また、ニューバランスのフレッシュフォームシリーズはデザイン性にも優れているため、おしゃれでカッコいいランニングシューズを選びたいという人にもオススメです。

fresh foam 880 v12 メンズ

【メンズ用】
商品名:NewBalance FRESH FOAM 880 v12(ニューバランス フレッシュフォーム 880 v12)
参考価格:14,300円
サイズ:25.0-29.0cm
幅:2E
重量:300g

fresh foam 880 v12 レディース

【レディース用】
商品名:NewBalance FRESH FOAM 880 v12(ニューバランス フレッシュフォーム 880 v12)
参考価格:14,300円
サイズ:22.0-25.5cm
幅:D
重量:235g

ナイキ エアズームストラクチャー24

サブ4.5用シューズのオススメ⑥

多くのトップ選手が愛用する世界的NO.1ブランドであるナイキのランニングシューズを選ぶなら、サブ4.5用には「(AIR ZOOM STRUCTURE) 24(エアズームストラクチャー24)」がオススメ。ナイキのエアズームストラクチャーは、安定性の高いシューズとしてナイキの数あるシューズの中でも人気の高いロングセラー商品です。

ナイキのエアズームストラクチャー24の最大の特徴は、着地時の横ブレを抑制するための安定性に優れているところ。エアズームストラクチャーはそもそもオーバープロネーション(着地時に足部が過度に内側に倒れ込む現象)対策のシューズとして開発されたもので、着地時の安定性を高めるためにサポート機能に重点を置いたシューズとなっています。そのため、ナイキシューズの中では足元の安定性に不安を感じる人や、足元が横ブレしやすい初心者〜初級者あたりの人に人気です。

また、単純にサポート機能が充実しているだけではなく、クッション性と反発性が高いのも特徴です。特に前足部にはZoom Airユニットが搭載されていて、これが高い反発力を生み出し、ランナーの4時間30分切りを後押ししてくれます。

ナイキ エアズームストラクチャー24 メンズ

【メンズ用】
商品名:ナイキ エア ズーム ストラクチャー 24(NIKE AIR ZOOM STRUCTURE 24)
参考価格:14,300円
サイズ:24.0-30.0cm
重量:280g

ナイキ エアズームストラクチャー24 レディース

【レディース用】
商品名:ナイキ エア ズーム ストラクチャー 24(NIKE AIR ZOOM STRUCTURE 24)
参考価格:14,300円
サイズ:22.0-29.0cm
重量:234g

ナイキ エアズームペガサス39

サブ4.5用シューズのオススメ⑦

ナイキのランニングシューズを選ぶなら、「AIR ZOOM PEGASAS 39(エアズームペガサス39)」もオススメ。エアズームペガサスは、ナイキを代表するランニングシューズで、日本国内だけではなく世界中の初心者ランナーから上級者ランナーまで、あらゆるレベルのランナーから愛されている大人気シューズです。基本的にサブ4レベルのシューズですが、4時間〜4時間15分あたりを目指したいという人にオススメ。

ナイキのエアズームペガサス39の最大の特徴は、クッション性と安定性、反発性、軽量性、通気性、フィット感と全ての項目でバランスよく優れているところです。ミッドソールにはNike Reactテクノロジーを搭載し、高いクッション性とともに優れた耐久性と軽量性も実現。さらに、前足部と踵部には高反発クッショニングであるZoom Airユニットを搭載しているため、着地時から蹴り出しの流れの中で地面からの衝撃を強い反発力へと変換し、前へと進むための強い推進力を得ることが出来ます。ナイキのシューズは弾むような履き心地が人気ですが、このペガサス39はまさにナイキの良さを体験出来るベストシューズです。

フルマラソンで4時間〜4時間15分あたり、あわよくば4時間切りも狙いたい人にオススメ。また、トップ選手御用達のナイキの一番人気のシューズを体験してみたいという人にもオススメ。

ナイキ エアズームペガサス39 メンズ

【メンズ用】
商品名:ナイキ エア ズーム ペガサス 39(NIKE AIR ZOOM PEGASAS 39)
参考価格:14,300円
サイズ:24.5-30.0cm
重量:266g

ナイキ エアズームペガサス39 レディース

【レディース用】
商品名:ナイキ エア ズーム ペガサス 39(NIKE AIR ZOOM PEGASAS 39)
参考価格:14,300円
サイズ:22.0-28.0cm
重量:218g

ブルックス レビテイト5

サブ4.5用シューズのオススメ⑧

足との一体感が得られるフィット感抜群のランニングシューズを選ぶなら、BROOKS(ブルックス)の「LEVITATE 5(レビテイト5)」がオススメ。ブルックスは米国人気NO.1のランニングシューズブランドで、100年以上の歴史を持ち本場アメリカでは日本におけるアシックスのような存在で、初心者ランナーから上級者ランナーまで多くのランナーに愛されているブランドです。そして、レビテイト5はサブ4.5あたりを狙うランナーに人気です。

ブルックスのレビテイト5の最大の特徴は、シュータン(ベロ)とアッパーが一体構造となったブーティー構造を採用し足との一体感が最高に良いところです。また、アッパー素材にはフィットニットアッパーを採用し、足馴染みやフィット感抜群で、最高の履き心地を体験できます。また、ミッドソールにはブルックスの中でも最高レベルの衝撃吸収性と反発性を誇るDNA AMPを搭載しているため、しっかりとしたクッションがあり、反発性も抜群です。特にDNA AMPはシルバーラッピング処理を施し着地時のエネルギーが側面や底方向へと逃げない工夫がされているため、着地衝撃をエネルギーロスなく進行方向への推進力へと変換出来ます。

また、アウトソールにはクイックトラジションテクノロジーが搭載されており、着地から地面の蹴り出しまでの流れをスムーズにアシストしてくれます。足との一体感とともに優れたクッション性と反発性でサブ4.5を目指したい人にオススメ。

ブルックス レビテイト5(メンズ)

【メンズ用】
商品名:BROOKS LEVITATE5(ブルックス レビテイト5)
参考価格:18,700円
サイズ:26.5-28.0cm
重量:278g

ブルックス レビテイト5(レディース)

【レディース用】
商品名:BROOKS REVITATE5(ブルックス レビテイト5)
参考価格:18,700円
サイズ:23.0-25.0cm
重量:244g

ホカオネオネ リンコン3

サブ4.5用シューズのオススメ⑨

軽量性に優れたランニングシューズを選びたいという人には、HOKA ONE ONE(ホカオネオネ)の「RINCON 3(リンコン3)」がオススメ。

ホカオネオネのリンコン3の最大の特徴は、分厚いミッドソールを搭載しながらも218gの圧倒的な軽量性を誇るところです。ホカオネオネらしいボリュームたっぷりのミッドソールで高いクッション性が期待出来るのに超軽量であるため、足を守りながらもしっかりとスピードを出しやすいシューズとなっています。また、ホカオネオネのメタロッカーテクノロジーを搭載したソール形状となっているため、着地から地面の蹴り出しまでの流れがとてもスムーズで、靴が転がる中に身を任せ自然と次の一歩が踏み出せるといったライド感も体験できます。

また、通気性やフィット性にも優れ、軽量シューズを履いて軽やかに走りたいという人にオススメ。また、軽量性に優れているため、4時間〜4時間15分、さらにはサブ4切りも十分に狙えます。

ホカオネオネ リンコン3(メンズ)

【メンズ用】
商品名:HOKAONEONE RINCON 3(ホカオネオネ リンコン3)
参考価格:15,400円
サイズ:25.0-30.0cm
重量:218g

ホカオネオネ リンコン3(レディース)

【レディース用】
商品名:HOKAONEONE RINCON 3(ホカオネオネ リンコン3)
参考価格:15,400円
サイズ:22.0-25.0cm
重量:204g

アンダーアーマー UAホバー マキナ3

サブ4.5用シューズのオススメ⑩

画期的なランニングシューズを選びたいという人に、UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)のスマートシューズである「UA HOVER MACHINA 3(UAホバーマキナ3)」がオススメ

アンダーアーマーのUAホバーマキナ3の最大の特徴は、ランニングフォームを分析してくれるスマート機能を搭載しているところ。シューズのミッドソール内にセンサーが搭載されていて、走ることでピッチやストライドの長さ、接地時間などのランニングフォームに関するデータを収集することができます。さらに、走行タイムや走行距離のデータもスマートフォンアプリであるMY MAP RUN(マイマップラン)で確認可能です。また、走行中に収集したデータを元にリアルタイムにコーチングを受けることも可能で、非常に画期的なランニングシューズとなっています。

また、ミッドソールにはアンダーアーマーを代表するUAホバーテクノロジーが搭載されていて、高いクッション性が期待出来ます。また、前足部には硬い素材が使われており、蹴り出し時には強い反発力を得ることも出来ます。そのため、フルマラソンでサブ4.5を狙うランナーにオススメ。

UAホバー マキナ3(メンズ)

【メンズ用】
商品名:UNDER ARMOUR UAホバー マキナ3
参考価格:16,500円
サイズ:25.0-33.0cm

UAホバー マキナ3(レディース)

【レディース用】
商品名:UNDER ARMOUR UAホバー マキナ3
参考価格:16,500円
サイズ:22.5-26.0cm

バランスの取れたシューズを履いてフルマラソン4時間30分切りを達成しよう!

マラソンを走る男性ランナー

フルマラソンでのサブ4.5(4時間30分切り)達成は、初心者ランナーや中年ランナーにはなかなかハードルの高い目標ですが、事前にLSDやペース走といったマラソンの練習を積み重ねていけば十分に達成が見えてくる目標です。さらに、そこにサブ4.5達成をアシストしてくれる、クッション性・安定性・反発性・軽量性のバランスの取れたランニングシューズがあればさらに4時間30分以内での完走がグッと身近なものとなるはずです。

アシックスやミズノ、アディダス、ニューバランス、ナイキなど数多くのスポーツシューズメーカーよりサブ4.5用にぴったりなランニングシューズが販売されているので、是非それらのシューズを履いて目標のサブ4.5を達成してみましょう。

RUNNAL編集部

RUNNAL編集部

走るをもっと楽しく、もっと快適にするためのランニングメディア「RUNNAL(ランナル)」の公式アカウント。ランナルは、健康のために、ダイエットのために、マラソン大会での自己記録更新のために走るすべての人を応援しています。

Copyright© RUNNAL[ランナル] , 2022 All Rights Reserved.