ハーフマラソン用ランニングシューズのおすすめ16選【目標完走タイム別】

更新日:  著者:RUNNAL編集部

ハーフマラソンを走るなら、asics(アシックス)やmizuno(ミズノ)、adidas(アディダス)、nike(ナイキ)などのスポーツメーカーの機能性の高いランニングシューズを準備してみましょう。特に、マラソン初心者ならクッション性や安定性の高いシューズを、ランニング中・上級者なら軽量性や反発性に優れたシューズを選んでみるのがオススメです。

今回の記事では、人気ランニングシューズブランドの中から機能性抜群のハーフマラソン用シューズのオススメを厳選し紹介しています。記事内では、ハーフマラソン初挑戦で制限時間(2時間30分〜3時間)以内での完走を目指す初心者ランナー向けシューズから、目標タイム別(2時間切り・1時間50分切り・1時間40分切り・1時間30分切り)のシューズを紹介しています。ハーフマラソンで履くマラソンシューズ選びで迷っているという人は是非参考にしてみてください。

※記事内で紹介している商品を購入した際、売上の一部がRUNNALに還元される場合があります。

ハーフマラソン用ランニングシューズの選び方

①ハーフマラソン初心者はクッション性を最重要して選ぶ

初めてハーフマラソンを走る初心者ランナーは、クッション性能の高さを重要視してランニングシューズを選ぶのがオススメです。

21.0975kmもの長い距離を走るハーフマラソンでは、硬い路面上でのジャンプ動作が何千回と繰り返されるため、着地衝撃による身体への負担が大きいです。普段5kmや10kmのマラソンに参加しているランナーでも、何度かハーフマラソンを走った経験があるランナーでも、完走後の疲労は相当なものとなります。ましてや、ハーフマラソン初挑戦のランナーや、長距離走自体が初挑戦という初心者ランナーの場合には、走行中に足を痛めたり、怪我をする危険性もあります。そのため、初めてハーフマラソンを走る初心者のシューズとしては、着地衝撃から足を守るための衝撃緩衝性能に優れた高クッションのシューズを選ぶことが重要となるのです。

初心者にはアシックスかミズノのシューズが無難!

アシックスのランニングシューズ

怪我なく安全にゴールを目指すことを考えるなら、asics(アシックス)やmizuno(ミズノ)といった国内メーカーのシューズがオススメです。国内メーカーのシューズはクッション性能に優れ、さらに着地時の安定性も優れているのが特徴です。さらに、靴幅も日本人の平均である2Eを採用しているため、海外製と違い横幅に窮屈感を感じることがないのも魅力です。実際、ハーフマラソンの制限時間である2時間30分〜3時間以内での完走を目指す初心者ランナーには、アシックスやミズノのシューズが圧倒的に人気です。

②2時間切りや1時間50分切りを目指すなら全ての機能面でバランスのとれたシューズを選ぶ

初めてのハーフマラソンで2時間切り(サブ2)や1時間50分切りを狙ってみたいというランナーには、クッション性や安定性、反発性、軽量性と全ての機能面でバランスの取れたランニングシューズがオススメです。

ハーフマラソンで2時間切りを達成するためには1キロあたり5分41秒以内のペースで、1時間50分切りを達成するためには1キロあたり5分21秒以内のペースで21.0975kmを走り続ける必要があります。制限時間(2時間30分)以内での完走を目指す1キロあたり7分7秒以内のペースに比べると結構速いペースで走り続ける必要があるという訳です。ハーフマラソンでの完走を目指すシューズだと、反発力が弱くスピードが出にくかったり、靴の重みが終盤に大きなストレスとなる可能性があります。もちろん、だからと言ってスピードの出やすい反発性と軽量性に偏ったシューズを選んでしまうと足を痛めるリスクがあります。そのため、2時間切りや1時間50分切りを目指すランナーが着用するシューズには、足を保護するためのクッション性や安定性と、スピードを出すための反発性や軽量性のバランスが重要となるのです。

初・中級者レベルのシューズがオススメ

ミズノのランニングシューズ

ハーフマラソンで2時間以内或いは1時間50分以内での完走を目指すなら、アシックスやミズノ、ニューバランスなどの初・中級者レベルのランニングシューズを選んでみるのがオススメです。初心者でも中級者でも履けるように設計されたランニングシューズは、クッション性や安定性に優れた上で、スピード感溢れる走りが体験出来るように適度な反発性や軽量性も備えたバランスの取れたシューズとなっています。そのため、初めてのハーフマラソンで2時間切りや1時間50分切りを目指すランナーには打ってつけのシューズとなります。

③1時間40分切りや1時間30分切りを目指すなら軽量性や反発性を重視して選ぶ

中・上級者レベルの仲間入りと言えるハーフマラソンでの1時間40分切りや1時間30分切りを目指すランナーには、軽量性と反発性に優れたランニングシューズがオススメです。

ハーフマラソン1時間40分切りはキロあたり4分44秒以内ペースで、1時間30分切りはキロあたり4分15秒以内ペースでと、かなり速いペースで21.0975kmを走り続ける必要があります。そのため、スピードの出しやすさを最優先に、重量が軽くて、地面からの反発力をたくさん貰えるようなシューズを選ぶのが重要です。もちろん、スピード最優先とは言っても、21.0975kmもの距離を走るため、必要最低限のクッション性や安定性も必要です。また、走るペースが速くなるほどに、かかと着地ではなく中足部や前足部での着地となるランナーが多い傾向にあるため、ミッドフット走法やフォアフット走法で走りやすいシューズを選んでみるのもオススメです。

より高い反発力を求めるなら厚底カーボンシューズもオススメ

アシックスの厚底カーボンシューズ

目標の1時間40分切りや1時間30分切り達成のために、より反発力が高くスピードの出しやすいシューズを選ぶなら、近年国内外のトップアスリートや上級者レベルの市民ランナーに人気の高い厚底カーボンシューズ(通称厚底)を選んでみるのもオススメです。厚底カーボンシューズは弾力性の高いミッドソールの間にしなり剛性の高いカーボンプレートを搭載し、従来のシューズにはない爆発的な推進力を得られるのが最大の魅力です。とにかくスピードの出やすいシューズであるため、是が非でも目標タイムを達成したいというランナーにオススメです。

初心者必見!ハーフマラソン完走用シューズのオススメ

アシックス ゲルカヤノ30

ハーフマラソン用シューズのおすすめ1

初めてのハーフマラソン挑戦で制限時間以内での完走を目標に走るなら、まず一番にオススメしたいのが、国内の大手スポーツシューズメーカーであるasics(アシックス)の超人気ランニングシューズである「GEL-KAYANO 30(ゲルカヤノ30)」です。

アシックスのゲルカヤノ30の最大の魅力は、初心者ランナーに求められるクッション性能と安定性能の両方を高いレベルで兼ね備えているところです。シューズのクッション性能の大きな肝となるミッドソールには高性能クッショニング素材であるFF BLAST PLUS ECOを採用し、さらに着地の際に真っ先に地面に接するかかと部にはアシックス最高峰の衝撃緩衝テクノロジーであるPureGELテクノロジーを搭載し、クッション性抜群のシューズとなっています。さらに最新の4Dガイダンスシステムを搭載し走行中の安定性も抜群です。初心者ランナーの足を着地衝撃から守りつつ、横ブレも抑えてくれる非常に安心感のあるシューズとなっているため、初めて購入する長距離用シューズとしては最高のシューズとなります。

初心者用ランニングシューズとして非常に人気の高いモデルであり、初めてハーフマラソンに挑戦するランナーの間でも着用率の高いモデルとなっているため、ハーフマラソン用シューズで迷ったら選んでおいて間違いのない一足です。

アシックス ゲルカヤノ30(メンズ)

【メンズ用】
商品名:ASICS GEL-KAYANO 30(アシックス ゲルカヤノ30)
参考価格:19,800円
サイズ:24.5-32.0cm
幅:2E
重量:303g

アシックス ゲルカヤノ30(レディース)

【レディース用】
商品名:ASICS GEL-KAYANO 30(アシックス ゲルカヤノ30)
参考価格:19,800円
サイズ:22.5-26.5cm
幅:E

ミズノ ウエーブスカイ7

ハーフマラソン用シューズのおすすめ2

ハーフマラソン用シューズとしてクッション性能を最重要視して選びたいという初心者ランナーには、mizuno(ミズノ)が誇るクッション性最強ランニングシューズである「WAVE SKY 7(ウエーブスカイ7)」がオススメです。

ミズノのウエーブスカイ7の最大の魅力は、数あるランニングシューズの中でも最強レベルのクッション性を誇るところです。ミッドソール素材にはミズノ最高峰の柔らかさを誇るMIZUNO ENERZY COREを搭載し、さらにソールの厚みもボリュームある厚底仕様となっているため、最高に気持の良い履き心地を体験出来ます。初めてのハーフマラソン挑戦や、長距離走自体が初挑戦という初心者でも、クッション性が高いために走ることを存分に楽しむことが出来ます。また、MIZUNO ENERZY COREは適度に弾む反発力もあり、走行中の無駄な揺れを低減してくれるSmoothRideテクノロジーも搭載されているため、初心者ながらも快適な走りを体験出来ます。

ハーフマラソン本番ではタイムよりも走ることを楽しみたい、制限時間以内での完走が出来れば十分というランナーには非常にオススメの一足です。また、クッション性能が高く着地衝撃による膝への負担を軽減する効果が高いため、体重が重たいランナーや膝周りに不安を感じるランナーにもオススメです。

ミズノ ウエーブスカイ7(メンズ)

【メンズ用】
商品名:MIZUNO WAVE SKY 7(ミズノ ウエーブスカイ7)
参考価格:18,480円
サイズ:25.0-29.0cm
幅:2E
重量:310g

ミズノ ウエーブスカイ7(レディース)

【レディース用】
商品名:MIZUNO WAVE SKY 7(ミズノ ウエーブスカイ7)
参考価格:18,480円
サイズ:23.0-25.0cm
幅:2E
重量:260g

ニューバランス フレッシュフォームX 1080 v12

ハーフマラソン用シューズのおすすめ3

ハーフマラソン完走用シューズとして、海外ブランドのオシャレかつ機能的なランニングシューズを選びたいという初心者ランナーには、New Balance(ニューバランス)の高機能ランニングシューズである「FRESH FOAM X 1080 V12(フレッシュフォームX 1080 V2)」がオススメです。

ニューバランスのフレッシュフォーム1080の最大の魅力は、ファッション性と機能性の両面で優れたランニングシューズである点です。まず、デザイン面は、ファッションスニーカーブランドとしても人気の高いニューバランス製であるため、非常にオシャレでカッコいい見た目となっています。カラー次第では普段履きシューズとしても着用出来るほどに洗練されたデザインとなっています。また、ミッドソールにはニューバランスが誇る究極のクッション素材であるFRESH FOAM Xを採用しているため、ハーフマラソンにおける足の保護力もバッチリです。さらに、横ブレを抑える安定性や滑りを防止するグリップ性などにも優れているため、初ハーフマラソンでも安心して快適にゴールを目指すことが出来ます。

おまけに、海外ブランドのランニングシューズとしては珍しく、日本人の平均的な足に合わせた2Eワイドを採用しているため、初心者ランナーでも楽に着用出来ます。初心者ランナーでも履きこなしやすい海外ブランドのランニングシューズを選びたいという人には非常にオススメです。

ニューバランス フレッシュフォーム1080(メンズ)

【メンズ用】
商品名:NEW BALANCE FRESH FOAM X 1080 v12(ニューバランス フレッシュフォームX 1080 v12)
参考価格:18,700円
サイズ:25.0-29.0cm
幅:2E

ニューバランス フレッシュフォーム1080(レディース)

【レディース用】
商品名:NEW BALANCE FRESH FOAM X 1080 v12(ニューバランス フレッシュフォームX 1080 v12)
参考価格:18,700円
サイズ:22.0-25.5cm
幅:D

ブルックス ゴースト15

ハーフマラソン用シューズのおすすめ4

ハーフマラソンを走る相棒のシューズとして、他のランナーと被らないブランドのランニングシューズを選びたいという人には、米国の老舗ランニングシューズブランドであるBROOKS(ブルックス)のベストセラーモデルである「GHOST 15(ゴースト15)」がオススメです。ブルックスは日本ではまだまだ知名度の低いブランドですが、アメリカでは日本のアシックスのような絶対的存在でその実力は本物です。

ブルックスのゴースト15の最大の魅力は、初代登場以来数々の業界賞を受賞してきた超高性能ランニングシューズである点です。ミッドソールにはブルックスが誇る軽量かつ高クッションのDNA LOFT V2を搭載しているため、300g以下の軽量性を誇りながらも柔らかく最高に気持ちの良い履き心地のシューズとなっています。また、このミッドソールとセグメントされたクラッシュパッドのアウトソールが連動することで、接地から蹴り出しまでの流れがスムーズになり、初心者ランナーでも安定した走りが可能となっています。また、高クッションなのに適度に反発力もあり、次の一歩を後押ししてくれるのも嬉しいところです。制限時間内での完走はもちろん、2時間切りや1時間50分切りを狙うことも可能です。

さらには、米国生まれらしい大胆かつ鮮やかなカラーリングも非常に魅力的です。他のランナーとは被りにくいブランドのランニングシューズを選びたいという初心者に、ブルックスのゴースト15はオススメです。

ブルックス ゴースト15(メンズ)

【メンズ用】
商品名:BROOKS GHOST 15(ブルックス ゴースト15)
参考価格:17,600円
サイズ:25.0-30.0cm
重量:280g

ブルックス ゴースト15(レディース)

【レディース用】
商品名:BROOKS GHOST 15(ブルックス ゴースト15)
参考価格:17,600円
サイズ:22.0-26.0cm
重量:250g

ハーフマラソン2時間切り用シューズのオススメ【サブ2】

ミズノ ウエーブライダー27

ハーフマラソン用シューズのおすすめ5

初めて走るハーフマラソンで2時間切り(サブ2)を狙ってみたいというランナーには、mizuno(ミズノ)のベストセラーシューズである「WAVE RIDER 27(ウエーブライダー27)」がオススメです。

ミズノのウエーブライダー27の最大の魅力は、クッション性と安定性、反発性、軽量性と全ての機能面で非常にバランスの取れた完成度の高いランニングシューズである点です。ミッドソールには軽量性と反発性に優れたクッショニング素材であるMIZUNO NERZYを採用しているため、しっかりと柔らかさもあり、適度にスピードも出しやすいシューズとなっています。また、ミッドソール内にはミズノの基幹機能であるMIZUNO WAVEを搭載し、高いレベルでのクッション性(柔らかさ)と安定性(硬さ)の両立も施されています。そのため、足元がブレにくく、初挑戦のハーフマラソンでも最後まで安定した走りが可能となります。また、通気性の高いアジャガードエアメッシュを採用しているため、長時間履いていても非常に快適です。

ハーフマラソンで2時間以内でのゴールを目指すランナーにはまず一番にオススメしたいシューズです。

ミズノ ウエーブライダー27(メンズ)

【メンズ用】
商品名:MIZUNO WAVE RIDER 27(ミズノ ウエーブライダー27)
参考価格:14,850円
サイズ:24.5-31.0cm
幅:2E
重量:280g

ミズノ ウエーブライダー27(レディース)

【レディース用】
商品名:MIZUNO WAVE RIDER 27(ミズノ ウエーブライダー27)
参考価格:14,850円
サイズ:22.5-26.0cm
幅:2E
重量:235g

アシックス ノヴァブラスト3

ハーフマラソン用シューズのおすすめ6

ハーフマラソン2時間切りへ向けて軽くて反発力もあるランニングシューズを選びたいというランナーには、asics(アシックス)の折り紙からインスピレーションを得たソールデザインが特徴的でカッコいいシューズである「NOVABLAST 3(ノヴァブラスト3)」がオススメです。

アシックスのノヴァブラスト3の最大の魅力は、厚底仕様で高いクッション性を誇りながらも軽量性と反発性に優れたシューズである点です。分厚いミッドソールには軽くて反発力もあるクッショニング素材であるFF BLAST PLUSを全面に採用しているため、着地衝撃から足をしっかりと保護しつつも、スピードも出しやすいシューズとなっています。さらに、シュータンとアッパーがシューズ内部で一体化された構造を採用し、中足部のサポート性とフィット性に優れているため、この点でも走行中のブレが抑制されスピードを出しやすくなっています。また、靴底中央部にくぼみが設けられた構造となっており、着地の度にトランポリンのように弾む感覚を得られるのも魅力です。

軽くて着地の度にポン!ポン!と弾む感覚のあるランニングシューズを選びたいというランナーにオススメです。

アシックス ノヴァブラスト3(メンズ)

【メンズ用】
商品名:ASICS NOVABLAST 3(アシックス ノヴァブラスト3)
参考価格:14,300円
サイズ:24.5-32.0cm
幅:2E
重量:250g

アシックス ノヴァブラスト3(レディース)

【レディース用】
商品名:ASICS NOVABLAST 3(アシックス ノヴァブラスト3)
参考価格:14,300円
サイズ:22.5-26.5cm
幅:E
重量:220g

アディダス アディゼロSL

ハーフマラソン用シューズのおすすめ7

ハーフマラソンでの2時間切りへ向けて海外ブランドの高クッションかつ高反発のランニングシューズを準備したいというランナーに、adidas(アディダス)の人気シリーズであるADIZEROシリーズのエントリーモデルに位置付けられる「ADIZERO SL(アディゼロSL)」がオススメです。

アディダスのアディゼロSLの最大の魅力は、クッション性の高さと反発力の強さの両方を兼ね備えたランニングシューズである点です。しっかりとボリュームのある厚底仕様であり、高いクッション性を備えるミッドソール素材を採用しているため、確かなクッションで足を保護することが出来ます。さらに、ミッドソール素材の一部には上級者向けモデルにも採用されている低密度高反発素材であるLIGHTSTRIKE PROが採用されているため、初・中級者レベルのシューズでありながらも、優れた推進力を得られるシューズとなっています。もちろん、上級者モデルとは違い、安定性のあるシューズとなっているため、初めてのハーフマラソンで2時間切りを目指すようなランナーでも安心して履くことが出来ます。

さらに、アッパー素材には柔らかい風合いとサポート性に優れたLIGHTWEIGHT SANDWICH MESHが採用されているため、履き心地の良さも抜群です。全体的にクセのないシューズとなっているため、幅広いランナーにオススメ出来ます。

アディダス アディゼロSL(メンズ)

【メンズ用】
商品名:ADIDAS ADIZERO SL(アディダス アディゼロSL)
参考価格:14,300円
サイズ:24.0-30.0cm
重量:240g

アディダス アディゼロSL(レディース)

【レディース用】
商品名:ADIDAS ADIZERO SL(アディダス アディゼロSL)
参考価格:14,300円
サイズ:22.0-26.0cm
重量:-

ニューバランス フューエルセルプロペル

ハーフマラソン用シューズのおすすめ8

ハーフマラソン2時間切りを目指すシューズとして、近年注目度の高いプレート入りの厚底シューズを試してみたいという初級者レベルのランナーには、New Balance(ニューバランス)のプレート入り厚底シューズの入門モデルである「FUELCELL PROPEL V4(フューエルセルプロペルV4)」がオススメです。

ニューバランスのフューエルセルプロペルV4の最大の魅力は、プレート特有の優れた推進力を得られるところです。もちろん、搭載されているプレートは上級者向けのしなり剛性の非常に高いカーボンプレートではなく、それよりもしなやかで身体への負担も軽くTPUプレートであるため、ハーフマラソン2時間切りを目指すランナーでも着用しやすくなっています。また、ミッドソールにはFUELCELLが採用されており、優れた反発力はもちろんのこと、高いクッション性も期待出来るシューズとなっています。さらに、全体的に接地時の安定性にも優れているため、プレート搭載シューズとしてはとても扱いやすくなっているのも魅力です。

初級者レベルでも履けるプレート入りシューズを履いてみたいというランナーや、2時間切りはもちろんあわよくば1時間50分切りも狙いたいというランナーにオススメの一足です。

ニューバランス フューエルセルプロペルV4(メンズ)

【メンズ用】
商品名:NEW BALANCE FUELCELL PROPEL V4(ニューバランス フューエルセルプロペルV4)
参考価格:12,100円
サイズ:25.0-29.0cm
幅:2E

ニューバランス フューエルセルプロペルV4(レディース)

【レディース用】
商品名:NEW BALANCE FUELCELL PROPEL V4(ニューバランス フューエルセルプロペルV4)
参考価格:12,100円
サイズ:22.0-25.5cm
幅:D

ハーフマラソン1時間50分切り用シューズのオススメ

アシックス エボライドスピード

ハーフマラソン用シューズのおすすめ9

初めてのハーフマラソンでいきなり1時間50分切りを目指したいというランナーには、asics(アシックス)の走行効率性に優れた軽量ランニングシューズである「EVORIDE SPEED(エボライドスピード)」がオススメです。

アシックスのエボライドスピードの最大の魅力は、より少ない力で楽に走れる走行効率性に優れたランニングシューズである点です。靴が自然と前へとコロンと転がっていくようなガイドソールテクノロジー(つま先前部が反り上がったソール形状)を搭載しているため、楽に足運び出来るのが魅力です。つまり、走行中のエネルギー消費量が抑えられるため、より楽にスピードを出せたり、レース後半に体力を温存出来たりと様々なメリットがあるのです。また、ミッドソールにはFF BLASTが採用され、クッション性と反発性を兼ね備えた作りとなっているため、その点でもハーフマラソンで1時間50分切りを目指す上で丁度良いシューズとなっています。

シューズの重量も215gと軽く、通気性やフィット性、耐久性にも優れたシューズとなっているため、1時間50分切りを目指すランナーの勝負シューズとしては間違いのない一足です。

アシックス エボライドスピード(メンズ)

【メンズ用】
商品名:ASICS EVORIDE SPEED(アシックス エボライドスピード)
参考価格:13,200円
サイズ:24.5-32.0cm
幅:2E
重量:235g

アシックス エボライドスピード(レディース)

【レディース用】
商品名:ASICS EVORIDE SPEED(アシックス エボライドスピード)
参考価格:13,200円
サイズ:22.5-26.5cm
幅:E
重量:200g

ニューバランス フューエルセルレベルv3

ハーフマラソン用シューズのおすすめ10

ハーフマラソンでの1時間50分以内での完走を目指す上で、軽量性に優れたシューズを履いて軽快に走りたいというランナーは、New Balance(ニューバランス)のランニングシューズである「FUELCELL REBEL V3(フューエルセルレベルV3)」がオススメです。

ニューバランスのフューエルセルレベルV3の最大の魅力は、軽くて反発性に優れスピードを出しやすいマラソンシューズである点です。ミッドソールにはニューバランスを代表する軽量高反発素材であるFUELCELLフォームを採用しているため、重量が215gと軽く、卓越した反発力による優れた推進力を得られるシューズとなっています。そのため、1時間50分切りペースであるキロあたり5分12秒以内ペースを余裕を持って出すことが出来ます。また、アッパーには肌触りのよいニット素材が採用されているため、履き心地も良さも抜群です。おまけにクッション性も十分に備わっているため、足への負担もしっかりと軽減出来ます。

軽くてスピード感あるシューズを履いて気持ちよくハーフマラソンを走りたいというランナーにオススメの一足です。

ニューバランス フューエルセルレベルv3(メンズ)

【メンズ用】
商品名:NEW BALANCE FUELCELL REBEL V3(ニューバランス フューエルセルレベルV3)
参考価格:15,950円
サイズ:25.0-29.0cm
幅:D
重量:215g

ニューバランス フューエルセルレベルv3(レディース)

【レディース用】
商品名:NEW BALANCE FUELCELL REBEL V3(ニューバランス フューエルセルレベルV3)
参考価格:15,950円
サイズ:22.0-25.5cm
重量:175g

ナイキ ペガサス40

ハーフマラソン用シューズのおすすめ11

ハーフマラソンでの1時間50分切りを目指して反発力に優れたランニングシューズを選びたいというランナーには、nike(ナイキ)の定番ランニングシューズである「PEGASUS 40(ペガサス40)」がオススメです。

ナイキのペガサス40の最大の魅力は、国内外のトップ選手御用達ブランドであるナイキの優れた反発力を体験出来るシューズである点です。ミッドソールは軽量高反発クッショニング素材であるNIKE REACTフォームを採用し、前足部とかかと部には弾むような反発性を誇るZOOM AIRユニットが搭載されているため、プレート非搭載シューズながらも優れた推進力を得られるシューズとなっています。また、弾むような高い反発力を持ちながらも安定性にも優れたシューズとなっているのも特徴です。

テレビ中継でもよく見かける憧れのナイキのランニングシューズを履いてハーフマラソンを走りたい、1時間50分切りを目指したいというランナーにペガサス40はとてもオススメです。

ナイキ ペガサス40(メンズ)

【メンズ用】
商品名:NIKE PEGASUS 40(ナイキ ペガサス40)
参考価格:15,400円
サイズ:24.5-30.0cm
重量:288g

ナイキ ペガサス40(レディース)

【レディース用】
商品名:NIKE PEGASUS 40(ナイキ ペガサス40)
参考価格:15,400円
サイズ:22.0-29.0cm
重量:247g

ハーフマラソン1時間40分切り用シューズのオススメ

アシックス ハイパースピード3

ハーフマラソン用シューズのおすすめ12

ハーフマラソンで1時間40分切りを目指すなら、asics(アシックス)の中級者向けランニングシューズである「HYPER SPEED 3(ハイパースピード3)」がオススメです。

アシックスのハイパースピード3の最大の魅力は、軽量でスピードの出しやすい厚底シューズである点です。ミッドソールには軽量クッショニング素材であるFLYTEFOAMを採用し、重量190gと優れた軽量性を誇るランニングシューズとなっています。さらにボリュームのある厚底仕様で着地の際にしっかりと反発を得られる構造となっているため、スピードも出しやすいです。おまけにアシックスが誇る走行効率性に優れたガイドソールテクノロジーを搭載しているため、より楽に走れるようになっているのも魅力です。靴底のアウトソールには上級者向けモデルにも採用されている高グリップ素材のAICSGRIPが搭載されているため、どんな路面でも確かなグリップを発揮してくれます。

おまけに定価でも1万円以下で買えるコスパの良さも魅力的です。軽くてスピードの出しやすい厚底を探している人や、コストパフォーマンスに優れた安くて軽いシューズを探している人にオススメです。

アシックス ハイパースピード3(メンズ)

【メンズ用】
商品名:ASICS HYPER SPEED 3(アシックス ハイパースピード3)
参考価格:9,790円
サイズ:24.5-32.0cm
幅:2E
重量:190g

アシックス ハイパースピード3(レディース)

【レディース用】
商品名:ASICS HYPER SPEED 3(アシックス ハイパースピード3)
参考価格:9,790円
サイズ:22.5-26.5cm
幅:E
重量:155g

アディダス アディゼロジャパン8

ハーフマラソン用シューズのおすすめ13

ハーフマラソンでの1時間40分切りへ向けて、近年人気の高い厚底よりも接地感の得やすい薄底スタイルのランニングシューズを選びたいというランナーには、adidas(アディダス)の薄型軽量ランニングシューズである「ADIZERO JAPAN 8(アディゼロジャパン8)」がオススメです。

アディダスのアディゼロジャパン8の最大の魅力は、薄底ソールであるため地面との接地感を得やすいところです。厚底よりも地面からの反発をタイムリーに感じられ、ペースのコントロールもしやすくなっています。ミッドソールにはアディダスが誇る高反発素材であるLIGHTSTRIKE PROと安定性を備えるLIGHTSTRIKE EVAを採用し、その間に剛性のあるENERGYTORSION ROD 2.0を搭載しているため、厚底シューズのように優れた推進力も得ることが出来ます。さえらにENERGYTORSION ROD 2.0は安定性を高める効果もあり、エネルギーロスを最小限に抑えた走行効率性の高い走りも可能です。

もちろんハーフマラソンを最後まで安全に走るための適度なクッション性も備えているため、近年定番となりつつある厚底シューズよりも接地感を大事に出来る薄底タイプを選びたいというランナーにオススメです。

アディダス アディゼロジャパン8(メンズ)

【メンズ用】
商品名:ADIDAS ADIZERO JAPAN 8(アディダス アディゼロジャパン8)
参考価格:16,500円
サイズ:25.0-30.0cm
重量:215g

アディダス アディゼロジャパン8(レディース)

【レディース用】
商品名:ADIDAS ADIZERO JAPAN 8(アディダス アディゼロジャパン8)
参考価格:16,500円
サイズ:22.0-26.0cm

ナイキ ズームフライ5

ハーフマラソン用シューズのおすすめ14

ハーフマラソンでの1時間40分切り達成へ、反発性に優れたカーボンプレート搭載ランニングシューズを選びたいというランナーには、nike(ナイキ)のカーボンプレート入りシューズのエントリーモデルである「ZOOM FLY 5(ズームフライ5)」がオススメです。

ナイキのズームフライ5の最大の魅力は、カーボンファイバー製プレートによる爆発的な推進力を得られるところです。ミッドソールにはナイキ史上最もエネルギーリターン率の高いZoomXフォームを採用し、そのフォーム内にフルレングスのカーボンプレートを搭載した構造となっているため、着地の際に圧倒的な反発力を得ることが出来ます。1時間40分切りはもちろんのこと1時間30分切りも狙うようなシューズとなっています。また、ボリュームのあるクッション素材を採用しているため、反発力が高いながらも着地衝撃から足を守る効果もあり、レース終盤における失速を防止するのにも役立ちます。

ナイキのカーボンプレート搭載厚底シューズは3万円オーバーが標準となっているため、2万円以下で買えるというのはかなりお買い得です。厚底の代名詞的存在であり、国内外のトップ選手もこぞって着用するナイキの厚底をとりあえず試してみたいという人に非常にオススメです。

ナイキ ズームフライ5(メンズ)

【メンズ用】
商品名:NIKE ZOOM FLY 5(ナイキ ズームフライ5)
参考価格:19,800円
サイズ:24.0-30.0cm
重量:272g

ナイキ ズームフライ5(レディース)

【レディース用】
商品名:NIKE ZOOM FLY 5(ナイキ ズームフライ5)
参考価格:19,800円
サイズ:22.0-29.0cm
重量:212g

ハーフマラソン1時間30分切り用シューズのオススメ

アシックス マジックスピード3

ハーフマラソン用シューズのおすすめ15

上級者の証であるハーフマラソンでの1時間30分切りを目指すなら、asics(アシックス)の厚底カーボンシューズである「MAGIC SPEED 3(マジックスピード3)」がオススメです。

アシックスのマジックスピード3の最大の魅力は、厚底カーボンシューズ特有の反発力の高いシューズでありながら、安定性にも優れたシューズである点です。アシックスが誇る軽量高反発素材であるFF BLAST PLUSをトップミッドソールとボトムミッドソールの全面に採用し、その間にフルレングスのカーボンプレートを挟み込んだ構造となっているため、得られる推進力は驚異的です。それなのに、接地面積が広く、アッパーやかかと部のサポート性も高いため、安定した接地が可能となっています。厚底カーボンシューズは一般的に安定性に劣り履きこなしにくいと言われるのですが、マジックスピード3は初めて厚底カーボンシューズを履くランナーでも履きこなしやすいシューズとなっています。

さらに、フルレングスのカーボンプレートを搭載した厚底シューズとしては破格の安さを誇るため、初めての厚底カーボンシューズとして導入しやすいのも大きな魅力です。コスパの高い厚底カーボンシューズを求めるランナーや、高反発かつ安定性にも優れた厚底を選びたいというランナーに非常にオススメの一足です。

アシックス マジックスピード3(メンズ)

【メンズ用】
商品名:ASICS MAGIC SPEED 3(アシックス マジックスピード3)
参考価格:16,500円
サイズ:24.5-30.0cm
幅:2E
重量:220g

アシックス マジックスピード3(レディース)

【レディース用】
商品名:ASICS MAGIC SPEED 3(アシックス マジックスピード3)
参考価格:16,500円
サイズ:22.5-26.5cm
幅:E

ナイキ ヴェイパーフライ3

ハーフマラソン用シューズのおすすめ16

念願の目標であるハーフマラソン1時間30分切りを何としても達成したいというランナーに、nike(ナイキ)の超人気高反発レーシングシューズである「VAPORFLY 3(ヴェイパーフライ3)」がオススメです。

ナイキのヴェイパーフライ3の最大の魅力は、国内外のトップ選手も認める爆発的な推進力を得られるシューズである点です。ナイキが誇る高反発素材であるZOOM Xフォームをたっぷりと搭載し、そこにカーボンファイバー製プレートを搭載した構造となっているため、最高のエネルギーリターンを得られるシューズとなっています。数あるレーシングシューズの中でも圧倒的な反発力を誇るため、非常にスピードの出しやすいシューズとなっています。そのため、1時間30分切りはもちろん、1時間25分切りや1時間20分切りも優に狙えるシューズとなっています。また、重量は187gと厚底なのに驚異的な軽さを誇ります。

1時間30分切りを目指して本気で取り組むランナーの勝負シューズとして非常にオススメです。また、ナイキにはアルファフライシリーズもありますが、ヴェイパーフライの方がよりスイートスポットが広く、接地時の安定性にも優れ履きこなしやすいシューズとなっているため、まずはヴェイパーフライから試してみるのがオススメです。

ナイキ ヴェイパーフライ3(メンズ)

【メンズ用】
商品名:NIKE VAPORFLY 3(ナイキ ヴェイパーフライ3)
参考価格:35,750円
サイズ:24.0-30.0cm
重量:187g

ナイキ ヴェイパーフライ3(レディース)

【レディース用】
商品名:NIKE VAPORFLY 3(ナイキ ヴェイパーフライ3)
参考価格:35,750円
サイズ:22.0-29.0cm
重量:148g

最高の相棒となるシューズを見つけて、ハーフマラソンを快適に走ろう!

ハーフマラソン用シューズを履いたランナーの足元

初めてのハーフマラソンで完走を目指す、2時間切りや1時間50分切り、1時間40分切り、1時間30分切りなどの目標タイム達成を目指すなら、21.0975kmの道のりをともに走破する相棒となるシューズ選びが重要となります。ランニングシューズにはクッション性や安定性を重視したモデル、全ての機能面でバランスのとれたモデル、軽量性や反発性を重視したモデルなど様々な種類があります。それらの中から自分自身の走力や目標に合ったシューズを選ぶことで、本番のハーフマラソンにおいて最高の走りが出来るようになります。

ハーフマラソンで着用するのに最適なランニングシューズは、asics(アシックス)やmiuzno(ミズノ)、adidas(アディダス)、nike(ナイキ)などのスポーツメーカーより多数のモデルが販売されています。是非それらの中から最高の相棒となるシューズを見つけて、ハーフマラソン大会本番で最高の走りをしてみましょう。

RUNNAL編集部

RUNNAL編集部

走るをもっと楽しく、もっと快適にするためのランニングメディア「RUNNAL(ランナル)」の公式アカウント。ランナルは、健康のために、ダイエットのために、マラソン大会での自己記録更新のために走るすべての人を応援しています。

この記事のキーワード:

Copyright© RUNNAL[ランナル] , 2024 All Rights Reserved.