サブ5用シューズのオススメ

フルマラソンサブ5用ランニングシューズのオススメ10選【5時間切り達成へ】

投稿日:  著者:RUNNAL編集部

フルマラソンで完走時間5時間以内のサブ5(SUB5)を目指すなら、最後まで足を痛めることなく快適に走れるようにクッション性や安定性に優れた機能性の高いランニングシューズを選んでみるのがオススメ。さらには、平均6分30秒〜7分ペースで42.195kmを走り続けられるように適度な軽量性と反発性を備えるシューズを選べば、サブ5達成がより現実的なものとなります。

今回の記事では、初マラソンで制限時間内の完走ではなく思い切って5時間切りを狙いたいランニング初心者や、サブ5達成のリベンジをしたいという初級者レベルのランナー向けに、フルマラソンでのサブ5達成に最適なオススメのランニングシューズを紹介しています。さらに、フルマラソンで5時間切りを目指すレベルのランナーに丁度良いシューズの選び方も紹介しています。サブ5を目指してフルマラソンを走りたいけど大会へ向けての練習や本番当日に着用するマラソンシューズ選びに迷っているという人は是非参考にしてみてください。

フルマラソンでサブ5を達成するためのシューズの選び方

サブ5用シューズを履くランナー

フルマラソンでサブ5を目指すランナーが履くべきシューズは、スタートからゴールまで足を痛めることなく快適に走るための高いクッション性能と安定性を兼ね備えたランニングシューズです。さらに、5時間切り達成のために平均6分30秒〜7分ペース(完走時間4時間34分16秒〜4時間55分22秒)で走り続けられるように、重過ぎることなく、適度に反発性を備えていることも大切になってきます。

1、着地衝撃を緩和するクッション性が最重要機能

クッション性の高いランニングシューズ

フルマラソンで5時間切りを目指すランナーが、一番重要視すべき機能はクッション性能です。

硬いアスファルトの上を走ると、着地の際にその人の体重の約3倍(体重60kgの人なら約180kg)の着地衝撃が足にかかると言われています。中上級者レベルのランナーになるとある程度は筋力で着地衝撃をカバー出来るのですが、ランニング初心者(初級者)だとそれは難しくその着地衝撃がモロに足や膝、股関節、腰などへのダメージを与え、怪我につながる可能性があります。その着地衝撃をランナーの代わりに緩和し、怪我を予防してくれるのがランニングシューズのクッション機能です。足の筋肉(主に大腿四頭筋)などで上手く着地衝撃を吸収出来ない初心者(初級者)の場合は、ランニングシューズのクッション性能がすごく大事なものとなります。

そのため、フルマラソンでサブ5を目指すランナーは、最後まで足を痛めることなく走り切るためにも、アシックスであれば衝撃緩衝材であるGELやミッドソール素材のFLYTE FOAMを搭載したモデル、アディダスであればBOOSTフォームを搭載したモデル、ニューバランスだえればFRESH FOAMを搭載したモデルを選ぶなど、クッション性能の高いモデルを選ぶのがオススメです。

2、着地時の安定性も欠かせない

安定性能に優れたランニングシューズ

フルマラソンでサブ5達成を目指すなら、クッション性能だけではなく安定性も兼ね備えたモデルを選ぶのがオススメです。

クッション性の高いシューズは着地衝撃を緩和してくれるメリットがある反面、足元が柔らかく着地時の安定性に欠けるというデメリットもあります。フルマラソンで5時間切りを目指すレベルのランナーの場合、着地の際に足元が左右に横ブレするクセのあるランナーが多いため、クッション性能が高くても安定性に劣るシューズであれば、着地時の不安定さが原因で怪我をする可能性があります。特に42.195kmの長丁場となるフルマラソンでは着地時の不安定さは完走すら怪しくなるぐらい致命傷となり得ます。なので、クッション性と安定性を両立させたシューズを選ぶことが大切です。

本来相反するクッション性と安定性の両立させるためには、クッション性の高いミッドソール素材に硬度の高いサポートパーツを備え付ける、或いは外側と内側で硬度を変えるなどの工夫が一般的です。アシックスであればLITETRUSS(ライトトラス)、ミズノであればMIZUNO WAVE(ミズノウエーブ)、アディダスであればTORSION SYSTEM(トルションシステム)を搭載したモデルが有名です。

3、ハイクッションモデルほど重すぎないことも大切

軽量性を備えた初心者向けランニングシューズ

フルマラソンで制限時間内での完走を目指すのが目標なら、シューズの重量はそこまで気にする必要性はありません。ただし、フルマラソンで5時間以内での完走を目指すなら、重すぎないシューズを選ぶことも大切になります。

サブ5を目指すランナーなら、重量(※ここで言う重量とはメンズモデルの片足27.0cmサイズの重量のこと)は250〜300gあたりのランニングシューズを一つの目安にしてみるのがオススメです。初心者向けのハイクッションモデルとなると分厚いミッドソール素材を採用していることもあり、300gオーバーとなるシューズも多いです。しかし、シューズの重量が重たいと走っている最中にそれだけ靴の重みを感じやすく、さらに足の疲労度も増し、フルマラソンで5時間切りを目指す上でネックとなる可能性があります。そのため、300gを大きく超えるような重過ぎるシューズは避けるのがオススメ。

ただし、逆に軽過ぎるシューズもNGです。軽いシューズの場合、軽量性を確保するために衝撃吸収のためのクッション素材や安定性を高めるためのサポートパーツを削っているのがほとんどです。こういった軽量性重視のシューズは中上級者向けのモデルで、初心者が着用しフルマラソンを走ると怪我をする可能性があります。そのため、250gを下回るようなシューズも避けるのがベターです。

4、適度な反発性も欲しい

適度な反発性を備えた初心者向けランニングシューズ

フルマラソンで5時間切りを達成するためには、エイドステーションでの給水や給食、さらにはトイレ休憩でのタイムロスを考慮し、1kmあたり平均6分30秒〜7分00秒ペース(完走タイム4時間34分16秒〜4時間48分20秒)と少し余裕を持ったペースで走る必要があります。

この5時間切りのペースを維持し42.195kmを走り切るためにも、適度にシューズの反発性も必要になってきます。反発性とは、着地の際の衝撃を前へと進むための推進力へと変換する機能のことです。サブ5レベルであれば中上級者向けシューズのように高い反発力は必要ありませんが、高いクッション性と安定性も備えながらも適度に反発力もある方がサブ5達成の可能性がグッと高くなります。

例えば、アシックスでは前足部のみにFLYTEFOAM Propelという反発性に優れた素材を採用することで初心者でも適度な反発力を得られるモデルを販売しています。さらに、ミズノやニューバランス、ナイキなどでもそれぞれ独自の反発素材を高クッションソールに付け加えることで、適度な反発性能を高クッショニングシューズにも備えているのです。

サブ5用ランニングシューズのオススメ【メンズ・レディース】

アシックス ゲルカヤノ29

サブ5用シューズのオススメ①

初めてのフルマラソンで完走はもちろん、サブ5(5時間切り)達成を目指してみたいという初心者には、asics(アシックス)の「GEL-KAYANO 26(ゲルカヤノ26)」がオススメ。アシックスのゲルカヤノは初マラソンに挑戦する初心者に人気NO.1のランニングシューズで、まず選んでおいて間違いのない一足です。

アシックスのゲルカヤノ26の最大の特徴は、高いクッション性とともに優れた安定性を兼ね備えているところ。アシックス独自の衝撃緩衝材であるGEL素材を踵部に採用し、さらに厚手のソールを採用しているため、クッション性抜群で着地時の衝撃から足を守ってくれます。そして単純に柔らかいだけではなく、シューズの内側にはLITETRUSS(ライトトラス)と呼ばれる硬い素材を搭載し着地時に足が過度に内側へ倒れ込むのを防止してくれるサポート機能も備えています。そのため、フルマラソン初心者でも最後まで安全に走り切ることが出来ます。

また、アシックスのハイクッションモデルであるいゲルニンバスよりは軽く、さらに適度に反発性も発揮してくれるFF BLAST PLUSを採用しているため、フルマラソン完走だけではなく、5時間切り(サブ5)も狙えるシューズとなっています。完走〜サブ5あたりを狙う初心者ランナーには最高の一足です。

アシックス ゲルカヤノ29 メンズ

【メンズ用】
商品名:asics GEL-KAYANO 29(アシックス ゲルカヤノ29)
参考価格:17,600円
サイズ:24.5-32.0cm
幅:2E,4E

アシックス ゲルカヤノ29 レディース

【レディース用】
商品名:asics GEL-KAYANO 29(アシックス ゲルカヤノ)
参考価格:17,600円
サイズ:22.5-26.5cm
幅:E,2E

アシックス GT-2000 10

サブ5用シューズのオススメ②

2度目のフルマラソンでサブ5(5時間切り)達成へのリベンジをしたいという人や、サブ5達成はもちろんのことサブ4.5(4時間30分切り)あたりも狙ってみたいという人には、asics(アシックス)の「GT-2000 10」がオススメ。アシックスのGT-2000は、ゲルカヤノの1個上のレベルのシューズで、5時間〜4時間30分、さらには4時間近くを狙う初級者〜中級者レベルのランナーに人気です。

アシックスのGT-2000 10の最大の特徴は、初級者レベルに嬉しいクッション性と安定性に優れながらも、速いペースで走るための軽量性や反発性も備えた非常にバランスの取れたシューズであること。ミッドソール素材には高い衝撃吸収性を誇るFLYTEFOAMを採用し、さらにミッドソール内側には硬い素材であるLITETRUSSを搭載することでクッション性と安定性の両立を実現させています。また、前足部にはFLYTEFOAM Propleと呼ばれる反発性に優れた素材を採用し、地面を蹴り出す際に反発を受け初級者モデルの人でも適度にスピードを出しやすい作りとなっています。

アシックスの初心者〜初級者レベルのシューズの中では軽量性にも優れているため、サブ5〜サブ4.5あたりを狙うランナーにとっては最高にバランスの良いシューズとなっています。

アシックス GT-2000 10 メンズ

【メンズ用】
商品名:asics GT-2000 10
参考価格:4,950円
サイズ:22.0-32.0cm
幅:2E,4E

アシックス GT-2000 10 レディース

【レディース用】
商品名:asics GT-2000 10
参考価格:14,080円
サイズ:22.5-26.5cm
幅:E,2E

ミズノ ウエーブライダー25

サブ5用シューズのオススメ③

初めてのフルマラソンで思い切って5時間切り(サブ5)を目指したいという人には、mizuno(ミズノ)の「WAVE RIDER 25(ウエーブライダー25)」もオススメ。ウエーブライダーは国内メーカーであるミズノの人気NO.1のランニングシューズであり、アシックスのゲルカヤノと並ぶマラソン初心者の定番シューズです。

ミズノのウエーブライダー25の最大の特徴は、クッション性と安定性の両面に優れていて、さらに初心者向けのクッショニングモデルの中では軽量性にも優れているところ。ミッドソール素材には厚めのMIZUNO ENERZY(ミズノエナジー)を採用し、着時時の衝撃をしっかりと緩和。そしてミズノを代表するMIZUNO WAVE(ミズノウエーブ)と呼ばれる波形状のプレートをミッドソール内に搭載し、着地時に足が横ブレしないように安定性を高めた作りとなっています。さらに、クッションがしっかりしていて安定性を高めるサポートパーツ内蔵なのに、270gと比較的軽めなのも特徴。MIZUNO ENERZYは反発性にも優れているということもあり、ウエーブライダー25は初心者向けながらもスピードも出しやすいシューズとなっています。そのため、完走〜サブ5(5時間切り)達成はもちろんのこと、サブ4.5(4時間30分切り)あたりも十分に狙えます。

初心者ランナー御用達の人気クッショニングモデルの中で、軽量性にも優れたシューズを選びたいという人にミズノウエーブ25がオススメ。

ミズノ ウエーブライダー25 メンズ

【メンズ用】
商品名:MIZUNO WAVE RIDER 25
参考価格:14,850円
サイズ:25.0-29.0cm
幅:2E相当
重量:270g

ミズノ ウエーブライダー25 レディース

【レディース用】
商品名:MIZUNO WAVE RIDER 25
参考価格:14,850円
サイズ:22.5-26.0cm
幅:2E相当
重量:230g

ニューバランス フレッシュフォーム 880

サブ5用シューズのオススメ④

おしゃれでカッコいいニューバランスのランニングシューズを選ぶなら、「FRESH FOAM 880 v12(フレッシュフォーム880 v12)」がオススメ。フレッシュフォーム880は、ニューバランスの初心者向けモデルで、フルマラソン完走〜サブ5(5時間切り)はもちろん、サブ4.5(4時間30分切り)も狙えるレベルのシューズです。

ニューバランスのフレッシュフォーム880の最大の特徴は、初心者に嬉しい抜群のクッション性とともに、サブ5(5時間切り)をアシストしてくれる反発性もしっかりと備えているところ。ミッドソールにはニューバランスを代表するクッショニング素材であるFRESHFOAM Xを採用していますが、2層構造となっているのが特徴。前足部から踵の上層部には着地衝撃を緩和するために柔らかい硬度のものを、前足部下層には反発性を発揮するために硬い硬度のものを組み合わせた2層構造により、高いクッション性とともに反発性も備えているのが魅力です。そのため、本気でサブ5以上の結果を出したいという人にオススメ。

また、フレッシュフォーム880は海外ブランドのシューズながらも足幅が日本人に多い2E仕様であるため初心者ランナーでも窮屈感を感じることなくゆったりと履きやすいのも魅力です。

fresh foam 880 v12 メンズ

【メンズ用】
商品名:NewBalance FRESH FOAM 880 v12(ニューバランス フレッシュフォーム 880 v12)
参考価格:14,300円
サイズ:25.0-29.0cm
幅:2E
重量:300g

fresh foam 880 v12 レディース

【レディース用】
商品名:NewBalance FRESH FOAM 880 v12(ニューバランス フレッシュフォーム 880 v12)
参考価格:14,300円
サイズ:22.0-25.5cm
幅:D
重量:235g

アディダス ソーラーグライド5

サブ5用シューズのオススメ⑤

トップ選手やマラソン中上級者にも人気のadidas(アディダス)のランニングシューズを選ぶなら、エントリーモデルでありフルマラソン完走〜サブ5(5時間切り)が狙える位置付けのランニングシューズである「SOLARGRIDE 5(ソーラーグライド5)」がオススメ。

アディダスのソーラーグライド5の最大の特徴は、クッション性と安定性、反発性のバランスに優れ、スピードも出しやすい初心者向けモデルであること。ミッドソールにはアディダスを代表するBOOSTフォームを搭載。BOOSTフォームは優れたクッション性と高い反発性を兼ね備えたソール素材で、着地衝撃から足を守りつつもバネのような反発力で自然と足が前へと進む感覚を得ることが出来ます。さらに、アディダスのサポート機能であるTORSION SYSTEM(トルションシステム)も搭載し、初心者ランナーに多い着地時の横ブレを抑制する効果も期待できます。

また、ソーラーグライド5はアウトソールに自動車のタイヤにも使われているContinentalソールを採用しており、グリップ性に優れているのも特徴です。そのため、雨の日のマラソン大会でもしっかりと路面を捉えることが出来、天候に左右されずサブ5達成をアシストしてくれます。

ソーラーグライド5(メンズ)

【メンズ用】
商品名:adidas SOLARGRIDE 5(ソーラーグライド5)
参考価格:17,600円
サイズ:24.5-31.0cm
重量:335g

ソーラーグライド5(レディース)

【レディース用】
商品名:adidas SOLARGRIDE 5(ソーラーグライド5)
参考価格:17,600円
サイズ:22.0-27.0cm
重量:335g

ナイキ エアズームボメロ16

サブ5用シューズのオススメ⑥

マラソン世界記録保持者のエリウド・キプチョゲ選手や日本のプロランナーである大迫傑選手など、国内外のトップ選手がこぞって愛用するのがナイキ。国内でのマラソン大会や駅伝大会など、トップアスリート御用達のブランドとなっているナイキのシューズを履いてフルマラソンサブ5を目指したいという人には、「AIR ZOOM VOMERO 16(エアズームボメロ16)」がオススメ。

ナイキのエアズームボメロ16の最大の特徴は、ナイキを代表する初心者向けモデルであり、ナイキを代表するクッショニングモデルであること。厚手のソールを搭載し、クッション性に優れているため、フルマラソン完走〜サブ5あたりを目指して走るランナーにぴったりです。また、ミッドソールにはトップ選手が着用するヴェイパーフライシリーズやアルファフライシリーズにも採用されているZOOM Xフォームを採用しているのも魅力。足を前へ踏み出すたびに勢いよく弾むような感覚を得られるため、スピードも出しやすくサブ4.5(4時間30分)も狙えます。何より、国内外のトップ選手が着用するレーシングシューズにも採用されているZOOM Xフォームを体験出来るのが大きな魅力です。

また、前足部の下にはZoom Airクッショニングも搭載されており、初心者向けモデルの中では非常に反発力に優れているのも特徴。

ナイキ エアズームボメロ16 メンズ

【メンズ用】
商品名:ナイキ エア ズーム ボメロ 16(NIKE AIR ZOOM VOMERO 16)
参考価格:18,150円
サイズ:24.0-30.0cm
重量:309g

ナイキ エアズームボメロ16 レディース

【レディース用】
商品名:ナイキ エア ズーム ボメロ 16(NIKE AIR ZOOM VOMERO 16)
参考価格:18,150円
サイズ:22.0-29.0cm
重量:236g

ナイキ エアズームストラクチャー24

サブ5用シューズのオススメ⑦

ナイキの初心者向けシューズの中で、クッション性と安定性に優れたランニングシューズを選びたいという人には「AIR ZOOM STRUCTURE 24(エアズームストラクチャー24)」がオススメ。

ナイキのエアズームストラクチャー24の最大の特徴は、高いクッション性を備えながらも安定性を高めるためのサポート機能にも優れているところ。ナイキを代表するサポートモデルであり、さらに前足部にZOOM AIRクッショニングを搭載するなど反発性にも優れているため、初めてのフルマラソンで思い切ってサブ5(5時間切り)を狙う人や、サブ4.5(4時間30分切り)を狙う人にオススメです。

特にエアズームストラクチャーは、ランニング中の着地時に足部が内側に角に倒れ込むオーバープロネーションの傾向を持つランナー向けに開発されているので、着地時の足元の安定性に不安を感じる人にオススメです。

ナイキ エアズームストラクチャー24 メンズ

【メンズ用】
商品名:ナイキ エア ズーム ストラクチャー 24(NIKE AIR ZOOM STRUCTURE 24)
参考価格:14,300円
サイズ:24.0-30.0cm
重量:280g

ナイキ エアズームストラクチャー24 レディース

【レディース用】
商品名:ナイキ エア ズーム ストラクチャー 24(NIKE AIR ZOOM STRUCTURE 24)
参考価格:14,300円
サイズ:22.0-29.0cm
重量:234g

ブルックス ゴースト14

サブ5用シューズのオススメ⑧

他のランナーと被りにくいランニングシューズを選びたいなら、米国人気NO.1ランニングシューズブランドであるBROOKS(ブルックス)のクッショニングモデルである「GHOST 14(ゴースト14)」がオススメ。BROOKSはまだまだ日本では知名度は高くないものの、100年以上の歴史を持ち商品開発力も確かで本場アメリカでは日本のアシックスのような存在で多くのランナーに愛されています。

ブルックスのゴースト14の最大の特徴は、フルマラソンでも最後までヘタらない耐久性抜群の高クッションを誇るところです。100年以上の歴史を誇るブルックスが開発したDNA LOFTはハイクッションソールの弱点であるヘタりやすさを解消した革新的なソール。そのため、フルマラソンを走る場合でもスタートからゴールまで最高のクッショニングで足を保護できます。また、ソール部分は余計なパーツを組み合わせた複合ソールではなく単一ソールであるため、変なクセのない滑らかな履き心地となっています。また、反発性やフィット性も良く、フルマラソン完走〜サブ5はもちろん、サブ4.5あたりも十分に狙えるシューズとなっています。

他の人と被りにくいブランドで、高機能なランニングシューズが欲しいという人に、ブルックスのゴースト14はかなりオススメです。

ブルックス ゴースト14(メンズ)

【メンズ用】
商品名:BROOKS GHOST14(ブルックス ゴースト14)
参考価格:14,300円
サイズ:25.0-28.0cm
重量:281g

ブルックス ゴースト14(レディース)

【レディース用】
商品名:BROOKS GHOST14(ブルックス ゴースト14)
参考価格:14,300円
サイズ:22.0-26.0cm
重量:255g

ホカオネオネ クリフトン8

サブ5用シューズのオススメ⑨

フルマラソンで5時間切りを達成するために、最後まで足を痛めない高いクッション性とともに、軽やかに走れる軽量性にも優れたランニングシューズが欲しいという人に、HOKA ONE ONE(ホカオネオネ)の「CLIFTON 8(クリフトン8)」がオススメ。

ホカオネオネのクリフトン8の最大の特徴は、ホカオネオネの代名詞ともなっているボリュームたっぷりのミッドソールを採用しているところ。分厚いミッドソールを採用し高いクッション性を誇るため、履き心地が柔らかく快適で、そして長距離走における着地衝撃から足を守ることができます。さらに、分厚い厚底からは想像も出来ないぐらい軽量性に優れているのも特徴です。重量は250gと、厚手のミッドソールを採用した初心者向けのクッショニングモデルの中では最高レベルに軽いシューズとなっています。そのため、高いクッション性がありながらも、シューズの重みを感じることなく軽やかな走りが可能です。

また、ロッキングチェアのように靴底が自然と転がるロッカー形状のソールを採用しているため、着地から蹴り出しまでの流れがスムーズで、初心者(初級者)ランナーでもスムーズな体重移動に、足運びが可能となっています。軽いクッショニングモデルが欲しい人にかなりオススメです。

ホカオネオネ クリフトン8(メンズ)

【メンズ用】
商品名:HOKAONEONE CLIFTON 8(ホカオネオネ クリフトン8)
参考価格:17,600円
サイズ:25.0-30.0cm
重量:250g

ホカオネオネ クリフトン8(レディース)

【レディース用】
商品名:HOKAONEONE CLIFTON 8(ホカオネオネ クリフトン8)
参考価格:17,600円
サイズ:22.0-25.0cm
重量:215g

アンダーアーマー UAホバー インフィニット4

サブ5用シューズのオススメ⑩

ランニングシューズのメジャーブランドを避けるなら、UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)の「UA HOVER INFINIT 4(UAホバーインフィニット4)」を選んでみるのもオススメです。

アンダーアーマーのUAホバーインフィニット4の最大の特徴は、高いクッション性とともにフルマラソンサブ5をアシストしてくれる適度な反発力も得られるところです。ミッドソールにはアンダーアーマーの代表的なソール素材であるUAホバーが採用されています。UAホバーは着地衝撃を緩和するクッション性とともに、着地衝撃を推進力へと変換しランナーにエネルギーを与えてくれる反発性も備えたソールとなっています。そのため、初心者ランナーもその反発性を利用してフルマラソン5時間切りが狙えます。

また、踵部には安定性を高めるためのヒールカウンターが内蔵されているため、踵部のフィット感もよく着地時の安定性も高くなっています。さらに、アッパーには軽量で通気性に優れるメッシュアッパーが採用されており、フルマラソンで最初から最後まで足元快適に走ることができます。

UAホバー インフィニット4(メンズ)

【メンズ用】
商品名:UNDER ARMOUR UAホバー インフィニット4
参考価格:14,300円
サイズ:25.0-30.0cm

UAホバー インフィニット4(レディース)

【レディース用】
商品名:UNDER ARMOUR UAホバー インフィニット4
参考価格:14,300円
サイズ:22.5-26.0cm

高機能ランニングシューズを履いて目標のフルマラソン5時間切りを目指そう!

フルマラソンを走るランナーの足元

フルマラソンでの5時間切り(サブ5)の達成者は例年通りだと全完走者のうちの上位60〜65%(女性の場合は上位40〜45%)あたり。サブ5達成はそこまでハードルの高い目標ではないため、本番前にしっかりと練習を積んでおけば誰でも十分に達成可能です。そして、サブ5用にぴったりな高機能ランニングシューズを履いて走ればよりサブ5達成がグッと近づくはずです。

是非、アシックスやミズノ、アディダスなどのクッション性と安定性に優れた、さらに適度な軽量性と反発性も備えた高機能シューズを履いて目標のフルマラソン5時間切りを目指してみましょう。

RUNNAL編集部

RUNNAL編集部

走るをもっと楽しく、もっと快適にするためのランニングメディア「RUNNAL(ランナル)」の公式アカウント。ランナルは、健康のために、ダイエットのために、マラソン大会での自己記録更新のために走るすべての人を応援しています。

Copyright© RUNNAL[ランナル] , 2022 All Rights Reserved.