ランニングはどの部位から順番に痩せる?お腹や顔はいつごろ?

ランニングをして痩せることができる部位はどこか気になっている人も多いと思います。基本的にランニングは、全身の脂肪燃焼に効果があるため、全身のダイエットに効果的です。ただ、痩せる部位には順番があります。そこで、ランニングをして、どこの部位がどの順番で痩せていくのか目安を紹介させていただきます。

ランニングは全身の部位に効果的

ランニングは全身運動のため全身の部位にダイエット効果が期待出来ます。多くの人が気になる、顔周りやお腹周り、お尻周り、二の腕、太もも、ふくらはぎといったあらゆる部位の脂肪燃焼に効果的です。

男性の場合は、お腹周辺に内臓脂肪が蓄積し、ビール腹や中年太りといったような、ぽっこりお腹になってしまうことが多いです。ランニングは、内臓脂肪を落とすのに効果的です。そのため、ぽっこりお腹の解消にも、はランニングをおすすめします。

また、女性の場合は男性よりも皮下脂肪がつきやすい特徴があります。下腹部や腰回り、太ももや下半身に皮下脂肪がつきやすいのです。皮下脂肪は内臓脂肪に比べて落としにくいですが、ランニングのような有酸素運動を取り入れることで効果的に落とすことが出来ます。

ダイエットで痩せるには順番がある

先に痩せるのは内臓から遠い場所

ランニングによるダイエットを始め、ダイエットでは最初から全部の部位がいっぺんに痩せるわけではありません。個人差はありますが痩せるには、痩せる順番があります。

基本的に、内臓から遠い部位ほど痩せやすくなっていますので、内臓から遠い部位から痩せていきます。内臓から遠い場所とは、足首や手首といった場所です。こういった場所の脂肪はもともとつきにくく、落ちやすい特徴があります。

足首や手首といった遠い場所から、ふくらはぎや腕といった場所が順番に痩せていきます。

内臓から近い場所ほど痩せるのは後になる

脂肪は身体への衝撃から内臓を守る役割があります。そのため、内臓に近い場所ほど、脂肪がつきやすく、脂肪が落ちにくいようになっています。ランニングでダイエットをするにしても、その他の有酸素運動でダイエットをするにしても、同じように、内臓から遠い場所から痩せていき、内臓から近い場所は痩せる効果が出るのは後になります。

胃や腸、肝臓、腎臓といった内臓が集中しているお腹周りや、脳がある頭周辺の脂肪はなかなか落ちにくいのが特徴です。そのため、ここらへんのダイエット効果が出るのは、ダイエットの最後の方になります。

知っておきたい!ランニングで痩せる順番の目安

1、手首や足首

ランニングによって最も最初に痩せやすい場所は、手首や足首です。マラソンランナーや陸上競技の長距離選手の足首を見れば分かりますが、みんな足首が細いです。

手首や足首は、もともと脂肪がつきにくく、脂肪が落ちやすい部位になっています。そのため、ランニングのように脂肪燃焼効果の高い有酸素運動をすることで、手首や足首に効果が出やすくなっています。

2、ふくらはぎ

ふくらはぎは、手首や足首に次いでランニングによって痩せやすい部位です。ふくらはぎは、心臓や肝臓といった重要な内臓から遠い場所にあるため、脂肪が落ちやすい部位です。有酸素運動をすることで、効果的にふくらはぎの脂肪を落とし、痩せることが出来ます。

また、ふくらはぎは第二の心臓と言われるように、下半身に溜まりやすい血液を心臓に送り返す役割を果たす部位です。その働きによって、血液循環が良くなります。ランニングのように足を使う運動は、ふくらはぎの血液循環の機能を刺激できます。それによって血行が促進されることでも、ふくらはぎ周辺の脂肪が落ちやすくなります。

3、二の腕

肌の露出が増える暖かい季節になると、二の腕が気になるという人も多いと思います。そんな二の腕の脂肪を落とすのにも、有酸素運動であるランニングは効果的です。ランニングは全身運動のため、下半身の脂肪だけではなく、上半身である二の腕の脂肪を落とすのにも効果的です。

二の腕の脂肪が落ちるのは、足首や手首、ふくらはぎの次あたりです。

4、太もも

細身のパンツやタイトなスカートを可愛く、カッコよく着こなしたい時に気になりやすい太もも。ランニングは足を使う運動のため、下半身の血液循環に効果的で、足痩せにも効果的な運動になっています。

ただ、太ももはふくらはぎに比べると、やや落ちにくい部位です。体に付いている脂肪は、内臓に近い場所ほど落ちにくい性質があります。

足首や手首、ふくらはぎといった部位は内臓から遠い場所にあり脂肪も落ちやすいですが、太ももはそれらに比べると落ちにくいです。そのため、太ももを痩せるためにランニングするなら、すぐに効果を期待せず、じっくりと取り組みましょう。

▼ランニングの脚痩せ効果について詳しく見てみる

ランニングによる脚やせ効果と知っておきたい3つのこと
自分の脚に自信がない・・・そんな人のためには、脚痩せに効果的なランニングがおすすめ。ランニングをすると逆に脚が太くなってしまうとい...

5、お腹、お尻周り

お腹やお尻周りは、なかなか脂肪が落ちにくい部位です。有酸素運動であるランニングは、脂肪燃焼に効果的です。ランニングは全身の脂肪燃焼に効果があります。ただ、お腹やお尻周りの脂肪は、大切な内臓を守る役割があります。そのため、足首や手首、ふくらはぎ、二の腕といった部位に比べて脂肪が落ちにくい特徴があります。

そのため、お腹やお尻の脂肪が落ちるのは、ダイエットが上手くいった最後のあたりになります。最初からお腹周りやお尻周りが痩せるということはほとんどありません。順番的には最後の方になります。

6、顔周り

顔周りの脂肪を落とすのに苦労している人も多いと思いますが、顔周りの脂肪は体の部位の中でも最も落ちにくい部位です。顔周りの脂肪は、衝撃から脳を守る大切な役割があります。体の中で脳はもっとも大切な場所。そのため、その脳を守る顔周りの脂肪はなかなか落ちにくいのです。

頬の肉や、あご周りの肉が気になっている人が多いですが、これらの脂肪が落ちるのはダイエットの最後の最後の方です。お腹やお尻の脂肪も落ちにくく、効果が出るのは最後の方になりますが、顔周りの脂肪が落ちるのはそれよりも後で、本当に最後の最後になります。

ランニングでダイエットする場合、顔周りの脂肪が落ち、顔痩せするのは、ふくらはぎや太もも、二の腕、お腹の脂肪が落ち、ダイエットも成功した後にようやく表れるようになります。そのため、顔痩せを狙って走る場合は、焦らず、じっくりと取り組むようにしましょう。

▼ランニングの顔痩せ効果について詳しく見てみる

顔痩せへのランニングの効果と知っておきたい3つのこと
ランニングは顔痩せに効果があるのか、どういった形で顔痩せに効くのか、その効果について紹介させていただきます。また、顔痩せのためにラ...
RUNNAL編集部

走るをもっと楽しく、もっと快適にするためのランニングメディア「RUNNAL(ランナル)」の公式アカウント。ランナルは、健康のために、ダイエットのために、マラソン大会での自己記録更新のために走るすべての人を応援しています。