長時間使用出来るエアロバイクのおすすめ

連続使用時間60分以上!長時間使えるエアロバイクのおすすめ10選

更新日:  著者:RUNNAL編集部

家庭用エアロバイク(フィットネスバイク)の連続使用時間は大半が「30分」。一人で健康維持やダイエット目的に使用する分には30分でも問題ありませんが、家族みんなで共有する、体重減量のために30分以上頑張りたい、マラソンやロードバイクといった持久系スポーツのために本格的なトレーニング目的で利用するといった場合には30分では物足りません。そういった人には、やはり連続使用時間60分以上は欲しいところ。

この記事では、60分、90分、無制限と長時間連続して使用出来るエアロバイクを紹介しています。

エアロバイクの連続使用時間とは

エアロバイクのペダルを漕ぐ足

そもそもエアロバイク(フィットネスバイク)の連続使用時間とは何か。連続使用時間とは、文字通りエアロバイクに乗りペダルを連続で漕ぐことが出来る時間のこと。例えば「連続使用時間30分」とスペック表に記載されているエアロバイクの場合、1回の運動で利用出来るのは30分まで。一度30分運動をすると、次に利用する際は1時間程度マシンを休ませる必要があります。

なぜ、エアロバイクにはこのように連続使用時間に制限があるのか。その理由は、エアロバイクが、ペダルを漕ぐことでマシン内部に熱が発生する構造となっており、一定の時間利用した後はその熱を帯びたパーツを冷却する必要があるためです。内部パーツの故障や消耗に繋がる程の熱を帯びるのが大体30分過ぎぐらいで、その熱を冷却するのに約1時間程度必要なため、多くの家庭用エアロバイクの連続使用時間は30分に制限されており、さらには使用後1時間マシンを使わないように推奨されているのです。

メーカー推奨連続使用時間を超えて長時間使用するとどうなる??

エアロバイクを漕ぐ人の手元

エアロバイク(フィットネスバイク)の連続使用時間を超えるとどうなるのか。連続使用時間はあくまでもメーカー推奨の連続使用時間の目安であるため、実際には連続使用時間30分と設定されているエアロバイクであっても使おうと思えば60分以上でも使うことは出来ます。連続使用時間の30分を超えたタイミングで急にペダルが焦げなくなる訳ではありません。そのため、実際には連続使用時間30分のマシンでも、30分という時間を無視しある程度短期間での故障も覚悟の上でハードに使っているという人もいます。

ただし、やはり連続使用時間を超える使い方はオススメ出来ません。その理由は、連続使用時間を無視して使い続ければ、エアロバイク内部の各パーツの劣化が早くなるため、購入して間もないのにペダルを漕ぐと異音がする、ペダルの負荷がおかしくなるといった故障に繋がるためです。エアロバイクを長く安心安全に使うためにも、メーカー推奨の連続使用時間は必ず守るようにしましょう。

エアロバイクで本格トレーニングをするなら、連続使用時間60分以上がオススメ!

エアロバイクを長時間漕ぐ人

家庭用エアロバイク(フィットネスバイク)は、ALINCO(アルインコ)やHAIGE(ハイガー産業)、DAIKOU(ダイコー)といった人気メーカーを始め、その多くは連続使用時間30分。特に1~3万円台で購入出来るものはほぼほぼ連続使用時間は30分と短いです。もし、30分では満足出来ないという場合は、上位グレードのエアロバイクを選びましょう。上位モデルとなる、連続で60分以上使用出来るものをチョイス出来ます。

また、マラソンやロードバイクといった持久系スポーツの本格トレーニング用に長時間使用出来るエアロバイクを買うなら、通常のエアロバイクではなく高負荷トレーニングが出来るスピンバイクがオススメ。スピンバイクは定期的に消耗するパーツは交換するのが前提するのが前提の商品であるため、基本的に時間を気にする必要なく無制限で利用出来ます。

連続使用時間60分以上!エアロバイク・フィットネスバイクのおすすめ

ALINCO プログラムバイクLUXE

自宅用エアロバイクを選ぶなら、やはり家庭用エアロバイク(フィットネスバイク)の人気メーカーであるALINCO(アルインコ)を選ぶのがオススメ。そのアルインコの上位モデルである「プログラムバイクLUXE」は、連続使用時間60分を誇る高機能モデル。静かなマグネット負荷方式を採用し、負荷は24段階と低負荷~高負荷まで様々なレベルに調節出来るため、家族みんなで使いたいという人にオススメ。メニューモードも、マニュアルモード、プログラムモード、持久力テスト、ワットコントロールモード、パーソナルプログラムモード、ハートレートコントロールモードと充実しているため、楽しく、効果的に鍛えることが出来ます。

連続使用時間60分のエアロバイク①

商品名:アルインコ プログラムバイクLUXE(BKJ7118)
参考価格:56,009円
サイズ:幅55x奥行92x高さ144.5cm
重量:32kg
サドル高調節:8段階(73-95cm)
負荷方式:マグネット式
負荷調節:24段階
連続使用時間:60分
心拍数計測機能:〇
ケイデンス機能:×

ALINCO アドバンストバイク7218

スポーツジムにあるエアロバイクに相当する高機能な家庭用エアロバイクが欲しいという人に、ALINCO最上位機種である「アドバンストバイク7218」がオススメ。アドバンストバイク7218の大きな特徴は、マグネット負荷方式を採用する一般的な家庭用とは違い、業務用に採用されている電磁負荷方式を採用しているところ。電磁負荷方式は、ペダルが360度どこにあるときも滑らかで均一な負荷を得られるエアロバイク最高峰の負荷方式。さらに負荷は36段階で調節出来るため、健康維持やダイエット目的の人だけではなく、高負荷で本格トレーニングをこなしたいというアスリートでも満足出来るレベル。そのほか、心拍数計測にペダル回転数を測るケイデンス機能も備え、ドリンクホルダーにタブレットホルダーに、さらにはUSB電源(電流定格最大1.5A)までもも備えるハイスペックな機種。見やすい大型カラーモニターも搭載するなど、とにかく高機能なエアロバイクを求める人にオススメ。

連続使用時間60分のエアロバイク②

商品名:アルインコ アドバンストバイク7218(AFB7218)
参考価格:56,425円
サイズ:幅54x奥行106x高さ136.5cm
重量:35.5kg
サドル高調節:9段階(85.5-109cm)
負荷方式:電磁式
負荷調節:36段階
連続使用時間:60分
心拍数計測機能:〇
ケイデンス機能:〇

Reebok エアロマグネティックバイク

大手スポーツ用品メーカーであるReebokとAlincoがコラボした高機能エアロバイク。「エアロマグネティックバイク」は、連続使用時間60分で、負荷は24段階で調節出来るため、家族みんなで健康維持やダイエット、スポーツの本格トレーニングまで、様々な使い方が出来るマシン。心拍数に加えケイデンス機能(ペダル回転数計測)も備えているため、目的に合った運動強度でしっかり取り組めているかどうかが一目瞭然。プログラムモードは12種類搭載され、持久力テストに体力評価機能もあるために、効果的にトレーニング出来、自分の成長度合いをしっかりと確認出来るバイクとなっています。

連続使用時間60分のエアロバイク③

商品名:リーボック エアロマグネティックバイク(ZJET460)
参考価格:64,990円
サイズ:幅53x奥行106x高さ128cm
重量:35.5kg
サドル高調節:10段階(84~106cm)
負荷方式:マグネット式
負荷調節:24段階
連続使用時間:60分
心拍数計測機能:〇
ケイデンス機能:〇

連続使用時間60分以上!折りたたみエアロバイク・フィットネスバイクのおすすめ

TIGORA フィットネスバイク

コンパクトに収納出来る折りたたみ式で、連続使用時間60分のエアロバイクが欲しいという人には、「TIGORAフィットネスバイク」がオススメ。ALINCOやHAIGEといった有名メーカーの折りたたみ式エアロバイクが全て連続使用時間30分という中、TIGORAは数少ない折りたたみ式で60分連続で使用出来る貴重なマシン。TIGORAはスポーツデポを展開するスポーツ専門店大手アルペンの独自ブランドであるため、ある程度品質面でも信頼出来ます。価格も1万円ちょっととかなり安いため、連続使用時間60分の安いエアロバイクが欲しいという人にかなりぴったりな商品。また、安いながらも、静音性に優れるマグネット式を採用し、負荷は8段階調節、幅広のサドルを採用、スマホ・タブレット置き場を備えるなど、機能性もそこそこしっかりとしています。

連続使用時間60分のエアロバイク④

商品名:ティゴラ フィットネスバイク(TR FB003-XB)
参考価格:10,989円
サイズ:幅43x奥行82x高さ114cm
サイズ(折畳時):幅43x奥行40x高さ143cm
重量:13.5kg
サドル高調節:7段階(72-81cm)
負荷方式:マグネット式
負荷調節:8段階
連続使用時間:60分
心拍数計測機能:×
ケイデンス機能:×

AKNIO フィットネスバイク

無名メーカーではあるものの、AKNIOのフィットネスバイクも折りたたみ式で連続60分使用出来る基調なエアロバイク。非接触式であるマグネット負荷方式を採用してるため、ペダルを漕ぐ時の音は静か。また、マグネット式に通常使われる磁石よりも磁力や保持力に優れたネオジム磁石を採用しているために、ペダルが滑らかで負荷が均一的。おまけにハンドルを握るだけで簡単に心拍数を計測出来るため、効果的に脂肪燃焼したいという人にもぴったり。1万円台で、折りたたみ式で、連続で60分使えて、心拍数計測機能も備えたエアロバイクとなると、このAKNIOが数少ない選択肢となります。

連続使用時間60分のエアロバイク⑤

商品名:AKNIO フィットネスバイク
参考価格:15,800円
サイズ:幅40x奥行70x高さ110cm
サイズ(折畳時):幅40x奥行27x高さ134cm
重量:13.5kg
サドル高調節:7段階
負荷方式:マグネット式
負荷調節:8段階
連続使用時間:60分
心拍数計測機能:〇
ケイデンス機能:×

BTM フィットネスバイク

折りたたみ式で連続使用時間60分のエアロバイクを選ぶなら、「BTMフィットネスバイク」もオススメ。BTMはAmazonを中心に、安くて高機能なフィットネスマシン・トレーニング器具を販売するメーカーとして有名。このBTMのフィットネスバイクも1万円台でありながらも、機能性に優れているのが特徴。連続使用時間は60分なので、1回の運動でたっぷりとカロリーを消費することが可能。負荷調節は折り畳み式ではかなりの多段階となる10段階で調節出来るため、家族みんなで様々な目的で利用出来ます。もちろん静音性に優れるマグネット負荷方式であるため、マンションでも利用可。さらにスマホホルダーもあるため、動画を見ながら運動出来ます。

連続使用時間60分のエアロバイク⑥

商品名:BTM フィットネスバイク
参考価格:13,800円
サイズ:幅50x奥行67x高さ114cm
サイズ(折りたたみ時):幅50x奥行53x高さ136cm
重量:20kg
サドル高調節:-
負荷方式:マグネット式
負荷調節:10段階
連続使用時間:60分
心拍数計測機能:×
ケイデンス機能:×

連続使用時間60分以上!リカンベントバイク(背もたれ付きエアロバイク)のおすすめ

DAIKOU リカンベントバイク

高齢者も安心して利用出来るエアロバイクを選ぶなら、リカンベントバイクがオススメ。リカンベントバイクは座面の位置が低く、背もたれもあり通常のエアロバイクよりも楽に乗り降り出来、楽な姿勢で足腰を鍛えることが出来ます。足の位置が高くなることで上半身への負担が軽減出来、現在多くの医療現場や介護施設等で高齢者のリハビリ用にも使われている程。そのため、あばあちゃん、おじいちゃんと一緒に住む人にオススメ。

特に業務用リカベントバイクも販売するDAIKOUのリカンベントバイクがオススメ。DAIKOUのリカンベントバイクは家庭用ではなかなかない連続使用時間60分を誇るマシン。心拍数も計測出来て、スマホも置くことが出来るモニターもあり、価格は3万円以下とかなりコスパの良い商品。

連続使用時間60分のエアロバイク⑦

商品名:ダイコー リカンベントバイク(DK-1021RB)
参考価格:29,800円
サイズ:幅64x奥行138.5x高さ103cm
重量:24kg
サドル前後調節:0-19cm
負荷方式:マグネット式
負荷調節:8段階
連続使用時間:60分
心拍数計測機能:〇
ケイデンス機能:×

連続使用時間60分以上!スピンバイクのおすすめ

FITBOX

通常のエアロバイクよりも長時間使いたいという人には、スピンバイクがオススメ。特に「FITBOX(フィットボックス)」は、静音性に優れる新世代マグネット負荷方式(MAGPOWER Σ)を採用しており、一般的なマグネット式エアロバイクよりも音が静かで、ペダリングが滑らかで、連続で90分も使用出来る優れもの。さらに無骨な印象を与えるエアロバイクやスピンバイクのイメージを大きく払拭する、そのスタイリッシュな見た目がとにかく好評。部屋の雰囲気を壊すことがないためリビングにインテリアの一部として置いておけるぐらいデザイン性に優れています。男性はもちろん、ダイエットや健康維持のためにお洒落なエアロバイクが欲しいという女性にもオススメ。

連続使用時間60分のエアロバイク⑧

商品名:FITBOX
参考価格:49,800円
サイズ:幅43.6x奥行113x高さ116cm
重量:33kg
サドル高調節:7段階(64-82cm)
ハンドル高調節:5段階(83-95cm)
ホイール重量:-
負荷方式:新世代マグネット負荷調整システム
負荷段階調節:8段階
連続使用時間:90分
心拍数計測機能:〇
ケイデンス機能:×

HAIGE スピンバイク

マラソンやトレラン、ロードバイクといった持久系スポーツの競技力向上のために時間を気にすることなく屋内トレーニングに集中したいという人には、「HAIGEスピンバイク」がオススメ。ハイガー産業はスピンバイクの人気メーカーであるため、初めてのスピンバイクにハイガー産業製を選んでおいて間違いはありません。HAIGA製スピンバイクの大きな特徴は、連続使用時間が無制限であること。さらに心拍数計測機能とケイデンス機能を備え、負荷も無段階で調整出来るためダイエット目的することも出来、高負荷で本格トレーニングもこなすことが出来るハイスペックなスピンバイク。さらに、純正サドルやペダルを市販のサドルやペダルと交換出来るため、カスタマイズをしたいという人にもオススメ。

連続使用時間60分のエアロバイク⑨

商品名:ハイガー産業 スピンバイク(HG-YX-5006S)
参考価格:30,101円
サイズ:幅48x奥行115x高さ110.5cm
重量:28.7kg
サドル高調節:7段階(67-85cm)
ハンドル高調節:6段階(97-109cm)
ホイール重量:10kg
負荷方式:摩擦式
負荷段階調節:無段階
連続使用時間:無制限
心拍数計測機能:〇
ケイデンス機能:〇

LEADINGEDGE スピンバイクAe

通常のエアロバイクよりも高負荷トレーニングが出来るスピンバイクを選ぶなら、リーディングエッジの「スピンバイクAe」もオススメ。リーディングエッジはeSPORTSのオリジナルブランド。リーズナブルな価格帯でありながらも機能性が高いことで有名。製造は国内最大手の家庭用エアロバイク製造メーカーであるALINCOが担当しているということもあり、HAIGE同様にリーディングエッジのスピンバイクも大人気。

リーディングエッジの定番モデルであるスピンバイクAeの最大の特徴は、ハンドル角度がロードバイクに限りなく近くなっているところ。数あるスピンバイクの中でもロードバイクに限りなく近い感覚で乗ることが出来るため、特にロードバイクやクロスバイクに乗るサイクリストの屋内トレーニングに最適。もちろん、心拍数計測機能に加えケイデンス機能も備えています。負荷は無段階で調節出来、一般的なエアロバイクよりも高負荷でトレーニング出来るために、本格トレーニングがしたいという人にオススメ。

連続使用時間60分のエアロバイク⑩

商品名:リーディングエッジ スピンバイクAe(BK-SPN13)
参考価格:32,780円
サイズ:幅53x奥行123x高さ121cm
重量:36kg
サドル高調節:9段階(80-100cm)
ハンドル高調節:6段階(95-107cm)
ホイール重量:13kg
負荷方式:摩擦式
負荷段階調節:無段階
連続使用時間:60分
心拍数計測機能:〇
ケイデンス機能:〇

長時間使えるエアロバイクで本気でダイエットに、トレーニング!!

エアロバイクで運動をする男性

本気でダイエットをしたいなら1回30分よりも、40分、50分と少しでも長く運動する方が効果的。その方が1回の運動で消費出来るカロリーをグッと増やすことが出来ます。当然、マラソンやロードバイクのトレーニングも30分以上、1時間ぐらいは出来る方が圧倒的に良いです。

本気でダイエットしたい、本格的にトレーニングをしたいという人は是非連続使用時間60分以上のエアロバイク(フィットネスバイク)を選びましょう。

RUNNAL編集部

RUNNAL編集部

走るをもっと楽しく、もっと快適にするためのランニングメディア「RUNNAL(ランナル)」の公式アカウント。ランナルは、健康のために、ダイエットのために、マラソン大会での自己記録更新のために走るすべての人を応援しています。

Copyright© RUNNAL[ランナル] , 2021 All Rights Reserved.