【サブ4向け】おすすめのランニングシューズ8選

更新日:  著者:RUNNAL編集部

ランナーにとって大きな目標となる「サブ4」。

フルマラソン4時間切りを目指す人はシューズ選びが重要。サブ4は持久力はもちろん、ある程度のスピードも求められるタイムです。そのため初心者向けのクッション性重視で重たい靴だと、レース後半でバテてしまいます。それを防ぐためにも、サブ4ならある程度の軽量性も重視しておきたいところ。

この記事では、これからサブ4を目指すランナーのために、どんなシューズを選べば良いのかそのポイントとともに、各メーカーからサブ4に適したおすすめのシューズを紹介させて頂きます。

サブ4とは

サブ4とは、フルマラソンで4時間を切るタイムのことです。

サブ4を達成するためには、1km5分40秒のペースで走り続ける必要があります。4時間切りへ挑むランナーは、ハーフマラソンで2時間切りは達成出来ても、その倍の距離に当たるフルでは中々そのペースを維持することが出来ないといったランナーが多いです。

サブ4はマラソンを始めたランナーにとって最初の大きなハードルです。そのハードルを越えることが出来るのは男性は上位30%、女性は上位10%のみ。この高いハードルを越えることで、中級者へとステップアップすることが出来ます。

サブ4向けのシューズ選びのポイント!

サブ4というハードルを越えるためには、しっかりとサブ4レベルに合ったシューズを選ぶことが大切です。そして、サブ4を狙うためのシューズは、バランス重視型のシューズです。

サブ4を狙うには、クッション性、安定性、反発性、軽量性とそれぞれのバランスに優れたシューズが大事。どれかに偏っているのではなく、どれもほどよく備えているのがベスト。

例えば、軽量性や反発性を重視したサブ3やサブ3.5レベルのシューズはサブ4を目指すランナーにはまだ早いです。そういったシューズを履くと、足を痛めてしまう可能性が高いので、ある程度クッション性も大事。

また、逆にクッション性や安定性重視のシューズでは、十分なタイムを狙えません。クッション性や安定性重視のシューズはスピードが出にくいので、サブ4を狙うのは不向きです。

レース序盤からレース後半まで、5分40秒のペースを怪我なく維持するために、軽量性、反発性、クッション性、安定性とそれぞれにバランスの良いシューズを履くことが、サブ4には重要です。

アシックスのサブ4シューズ

GEL-DS TRAINER 22

アシックスを代表するサブ4定番のランニングシューズ「ゲルDSトレーナーシリーズ」。ゲルDSトレーナーは、サブフォー達成を目指す人や、サブフォー周辺のランナーに人気のランニングシューズです。ミッドソール全面に高機能素材FlyteFoamを採用し、軽量性とクッション性に優れたシューズになっています。

【メンズ用】
参考価格:12,960円(税込)
サイズ:24.5~29.0cm
足幅:レギュラー(ワイド有り)

【レディース用】
参考価格:12,960円(税込)
サイズ:23.0~26.0cm
足幅:レギュラー

GELFEATER GLIDE 4

ゲルDSトレーナー同様に、サブフォー周辺のランナーに人気のあるフェルフェザーグライド。ゲルDSトレーナーは靴底がセパレートタイプなのに対し、ゲルフェザーグライドはフラットソールになっています。ピッチ走法でサブ4を目指す人におすすめのシューズです。

【メンズ用】
参考価格:12,960円(税込)
サイズ:24.5~29.0cm
足幅:レギュラー(スリム有り)

【レディース用】
参考価格:12,960円(税込)
サイズ:22.5~26.0cm
足幅:レギュラー(ワイド有り)

ナイキのサブ4シューズ

エアズームストラクタチャー 21

ナイキ定番のサブフォー向けのランニングシューズ「エアズームストラクチャー」。抜群の安定感とスムーズな体重移動が魅力的なシューズです。安定性に優れたサブ4向けのシューズが欲しいランナーにおすすめのシューズになっています。また、適度なクッション性にも優れているので、走行時の衝撃から脚を守ってくれます。

【メンズ用】
参考価格:14,040円(税込)
サイズ:24.5~30cm
足幅:レギュラー(ワイド有り)

【レディース用】
参考価格:14,040円(税込)
サイズ:22.5~26.5cm
足幅:レギュラー(ワイド有り)

アディダスのサブ4シューズ

adizero japan boost 3

アディダスの人気のサブ4向けシューズ「アディゼロジャパンブーストシリーズ」。アディゼロジャパンブーストは、日本人の足に向けて設計されたmicrofitという技術を採用しているので、抜群のフィット性を誇ります。また、アディダス独自のBOOSTフォームの強い反発力によりサブ4ランナーのスピードのある走りをサポートしてくれます。反発力のあるスピードの出やすいシューズが欲しい人におすすめ。

【メンズ用】
参考価格:15,660円(税抜)
サイズ:24.5~31.0cm
足幅:レギュラー(ワイド有り)

【レディース用】
参考価格:15,660円(税抜)
サイズ:22.0~27.0cm
足幅:レギュラー(ワイド有り)

ミズノのサブ4シューズ

ウェーブエアロ 16

ミズノ定番のサブ4向けランニングシューズ「ウェーブエアロシリーズ」。9mmの低ドロップ設計で、スピードのある軽快な走りを実現させてくれます。約230gの軽量設計で、靴の重さによる足の疲労を極力軽減してくれます。また、軽いながらもミズノウェーブによる優れたクッション性を備えており、全体的にバランスのとれたサブ4向けシューズと言えます。バランスのいいサブ4向けシューズを求める人におすすめ。

【メンズ用】
参考価格:13,500円(税抜)
サイズ:24.5~29.0cm
足幅:レギュラー(ワイド有り)

【レディース用】
参考価格:13,500円(税抜)
サイズ:22.5~25.5cm
足幅:レギュラー(ワイド有り)

ニューバランスのサブ4シューズ

FRESH FOAM ZANTE

ニューバランスの人気のランニングシューズ「フレッシュフォームザンテ」。ザンテはフルマラソン4時間前後のランナーにおすすめのモデルで、軽いことが売りのシューズです。重さは僅か約230g(27.0cmの場合)で、軽量性重視のサブ4向けシューズが欲しい人におすすめとなっています。

【メンズ用】
参考価格:11,000円(税抜)
サイズ:25.0~29.0cm
足幅:2E(D有り)

【レディース用】
参考価格:11,000円(税抜)
サイズ:22.5~25.5cm
足幅:D(B有り)

VAZEE PRISM

ニューバランスの反発性に優れたVAZEEシリーズ。高い反発性を誇るVAZEEシリーズは流れるような心地よい走りを体感したい人におすすめ。バジープリズムは、スピードと反発性を重視したモデルで、レース使用やスピードトレーニングに最適なモデルになっています。今までにないライド感でサブフォーを達成したい人におすすめです。

【メンズ用】
参考価格:12,500円(税抜)
サイズ:25.0~29.0cm
足幅:D

【レディース用】
参考価格:12,500円(税抜)
サイズ:22.0~25.5cm
足幅:B

プーマのサブ4シューズ

スピード500 イグナイト

プーマのスピード500イグナイトは、キロ4~5分台のペースで走る人におすすめのモデルです。キロ5分40秒で走ることが求められるサブ4達成にぴったりなシューズです。また、サブ3.5も視野に入れることが出来ます。ミッドソールにはプーマ独自のミッドソール素材IGNITEを搭載し、反発性とクッション性を高い水準で両立させています。スピードを重視しながらも、足を衝撃からしっかり守ってくれます。

【メンズ用】
参考価格:13,500円(税抜)
サイズ:25~29、30cm
足幅:レギュラー

【レディース用】
参考価格:13,500円(税抜)
サイズ:22.5~25.5cm
足幅:レギュラー

サブ4周辺のランニングシューズ

サブ4向けランニングシューズだけではなく、サブ3.5シューズ、サブ5シューズもチェックしてみてください。

【サブ3.5向け】おすすめのランニングシューズ7選

サブ3.5を目標にするランナーやサブ3.5周辺のレベルのランナーにおすすめのランニングシューズを紹介させていただきます。 ...

続きを見る

【サブ5向け】おすすめのランニングシューズ11選

フルマラソンでサブ5を目標に走るランナーにおすすめのランニングシューズを紹介させていただきます。目標の5時間切り(4時間 ...

続きを見る

RUNNAL編集部

RUNNAL編集部

走るをもっと楽しく、もっと快適にするためのランニングメディア「RUNNAL(ランナル)」の公式アカウント。ランナルは、健康のために、ダイエットのために、マラソン大会での自己記録更新のために走るすべての人を応援しています。

この記事のキーワード:

Copyright© RUNNAL[ランナル] , 2019 All Rights Reserved.