ランニングをする男性が女性にモテる5つの理由

モテたい男性にはランニングがおすすめです。ランニングを始めると女性にモテる要素がいっぱいあります。そのモテる理由をまとめて紹介させていただきます。なぜ走ることで女性にモテるようになるのか、理由が気になっている人は是非参考にしてみてください。

ランニングをする男性が女性にモテる理由

1、引き締まった体になる

運動によって引き締まった体は異性を惹きつける大きな要因です。アメリカのカリフォルニア大学の研究でも、引き締まった男性の体は女性を惹きつける効果を発揮したという結果が出ています。外見上の大きなウェイトを占める体型は、モテる大きなポイントです。

ランニングは有酸素運動の代表的な運動の一つで、脂肪燃焼効果の高い運動です。走る時のエネルギー源として、体に蓄積されている脂肪をエネルギーに変換し走ることで、脂肪をどんどん燃やしていきます。それによってモテる引き締まった体を手に入れることが出来ます。

2、”モテホルモン”と言われるテストステロンの分泌量が増える

テストステロンは、筋肉や骨の成長、肥満の予防、男性らしい体作りを支えるホルモンで、男性にとって重要なホルモンです。このホルモンは、科学的にその数値が高いほど異性にモテることが分かっています。そのため別名”モテホルモン”とも言われています。

テストステロンは男性らしい引き締まった体を作ったり、異性を惹きつける男性フェロモンを放出する役割があることで、女性を惹きつける効果を発揮します。女性は、無意識のレベルで男性のテストステロン量を測って、付き合うかどうか、配偶者としてどうか選別しているともいわれています。

女性にモテる大きな要素となる男性のテストステロンは残念ながらピークは20歳代半ば。その後減少し続け40歳代頃からは急激に減少し続けます。しかし、そのテストステロンは筋力トレーニングやランニングといった運動によって分泌量を増やすことが出来ます。走ることでテストステロンの量を増やすことが出来れば、異性にモテやすい男性になることが出来ます。

3、自分に自信が湧いてくる

女性から見て自分に自信がある男性は魅力的に見えるものです。自分に自信がある男性の方が頼りになる男性に見えるため、自信を付けることで女性から見て魅力的な男性に変わることが出来ます。

ランニングのようなスポーツは自分に自信を付けるのに効果的です。多くの人は過去の人生の中で、何かを頑張った後や、何かをやり遂げた後は自然と自信が湧いてくるという経験をしていると思います。ランニングも、目標の時間や距離を走ることが出来たり、自己記録を更新したりする中で、自分自身に自信が自然と湧いてくるようになります。

また、運動によって分泌されるテストステロンは、精神面にも良い影響を与え、自分自身に自信を付ける、やる気を引き起こす、前向きな志向になるといった効果もあります。こういったことも走ることでモテるようになる理由です。

4、若々しくいられる

ランニングはいつまでも肉体的にも、精神的にも、若々しくいられる運動の一つです。ランニングは体全身の血液の巡りを良くし、新陳代謝を活性化する効果があります。それによって肌のターンオーバーを活性化して、年齢による肌のトラブルを予防する効果が期待出来ます。また肌の弾力を保つのに必要なコラーゲンやヒアルロン酸といった美肌成分の分泌を促すヒト成長ホルモンの活性化にも効果があるので、見た目に若々しい印象を与えることが出来ます。

精神的にも、テストステロンの分泌によって元気でやる気のみなぎる若々しい心を保つことが出来ます。いつまでも、同世代に比べて若々しくいることは異性にモテる大きなポイントです。やはり、同世代の男性よりも若々しく、元気な男性ほど魅力的に見えるものです。

5、出会いが増える

モテるためには出会いが何より大切です。どんなに魅力的な男性でも、異性との出会いがなければモテることはありません。普段の生活の中で、女性と出会う機会が少ないという場合は、出会いの少なさがモテない大きな原因です。そのため、モテるようになるには、やはり出会いの数を増やすことが大切です。

ランニングをしていれば、スポーツショップや教室が主催しているランニング教室やイベントに参加することで同じランニング好きの女性との出会いを増やすことが出来ます。マラソン大会に参加することでも、マラソン好きの人との出会いの機会を作ることが出来ます。また、仕事で出会う人や普段の出会いでも、ランニングがきっかけで交流が深まることもあります。

RUNNAL編集部

走るをもっと楽しく、もっと快適にするためのランニングメディア「RUNNAL(ランナル)」の公式アカウント。ランナルは、健康のために、ダイエットのために、マラソン大会での自己記録更新のために走るすべての人を応援しています。