夜ランニングは食事の前?後?理想的なタイミングは?

夜のランニングを始める前に、食事は走る前か後どちらが良いのか、気になっている人も多いと思います。そこで、夜ランニングの際の食事の理想的なタイミングや摂り方を紹介させていただきます。

夜ランニングは食事の前がオススメ

夜に走るなら、食事の前に走るのがおすすめです。走る前に食事を摂ってしまうと、消化出来ていない食べ物がお腹の中に残った状態で走るため腹痛の原因となります。

特に晩御飯は、朝食や昼食に比べて、食べる量が多いため、消化に時間がかかります。朝や昼に比べ脂っこい食事を摂ることも多いだけに、出来るだけ走る前よりも走った後に食事はしたいものです。

食事前に走る方が脂肪が効率的に燃焼される

食事前に走るメリットは、お腹への負担を減らすだけではなく、脂肪の燃焼効率を高めることです。ダイエット目的でランニングをしている人も多いですが、そのような場合は、食事の前にランニングをしましょう。

食事を摂ると、摂った炭水化物(糖質)がエネルギー源となります。しかし、食事前に走ることで、体内に蓄積されている脂肪がエネルギー源として効率的に使用されるようになり脂肪燃焼が促進されます。

走る時のエネルギーは、主に糖質が使用されます。脂肪が燃焼されるのは、体内の糖質が減ってからです。走る前に食事をしてしまうと、その食事がエネルギー源となり、脂肪は上手く燃焼されません。しかし、食事の前に走れば、糖質が少ないため、脂肪が効率的に燃焼されます。

全く何も食べずに走るのはダメ!簡単な糖質補給は欠かせない!

食事の前に走る方が、お腹への負担が減り、脂肪燃焼にも良いことは確かです。ただ、何も全く食べずに走り出すのは良くありません。何も食べずに走っても力が出ず、良いことはありません。

とは言っても、しっかり晩御飯を食べるのも良いとは言えません。そのため、夜ランニングの前は簡単な糖質補給をしましょう。消化が良く、走るエネルギー源となる糖質を摂るのです。

例えばおにぎり一つだけ食べるというのがオススメです。または、バナナ1本だけ、ゼリー一つだけ、オレンジジュース1杯だけ、というように走るエネルギーとなる糖質をちょっと摂ることが大切です。

ダイエットをしている女性の人は、夜の炭水化物(糖質)の摂取は控えている人も多いですが、走るエネルギーは主に糖質です。そのため、ちょっとした糖質は摂るようにしましょう。この糖質は走る際中にエネルギーとして消費されるので、ダイエットには影響しません。

夜ごはんは走った後のご褒美として食べよう

夜ランニングの際は、夜ごはんは走った後がおすすめです。走る前は簡単な糖質補給のものを摂り、走った後にしっかりとした晩御飯を食べるようにしましょう。夜のご飯は走った後の自分へのご褒美として考えると、走るのが楽しくなります。

夜ごはんは出来るだけ早い時間帯に食べるのが良いと言われています。夜遅い時間帯に食べると、太りやすくなるためです。ただ、ランニング後の晩御飯のため、それほど太りやすくなるということはありません。もちろん早い時間帯に食べるに越したことはありませんが。

マラソン大会のために、体力を付けるためにランニングをしている人は夜の晩御飯では、しっかりタンパク質を摂るようにしてください。タンパク質はランニングで傷ついた筋肉を修復するのに大切な栄養素です。

ダイエットのためにランニングするなら朝と夜どっちがおすすめ??
朝と夜ではどっちの方が痩せやすいのか。ダイエットのためにランニングをするなら少しでも早くダイエットに成功したいものですよね。そこで...
夜のランニングの服装・ウェア選びの6つのポイント
夜のランニングの服装・ウェア選びのポイントを紹介させていただきます。夜は、昼間と同じ服装はおすすめしません。夜は出来るだけ明るく、...
RUNNAL編集部

走るをもっと楽しく、もっと快適にするためのランニングメディア「RUNNAL(ランナル)」の公式アカウント。ランナルは、健康のために、ダイエットのために、マラソン大会での自己記録更新のために走るすべての人を応援しています。