マラソン大会におすすめの着替えポンチョ3選

マラソン大会に持っておくと便利な着替え用ポンチョを紹介させていただきます。更衣室がいっぱいで着替える場所がない・・・そんなときに、廊下や外で人目を気にせず着替えることが出来る着替え用ポンチョがあると便利です。マラソン大会の会場での、着替えでいつも困っているという人は是非参考にしてみてください。

マラソン大会で着替え用ポンチョを持っておくと便利!

その1、更衣室が混雑していても一目を気にせず外で着替えられる

参加者が多く規模が大きいマラソン大会になると更衣室や更衣用テントは大混雑します。また、規模は比較的小さくても更衣室が小さいと、同じように更衣室は大混雑で自分のスペースを確保することが難しくなります。特に寒い冬のレースでは、着替え終わってもそのまま待機している人も多いので、なかなか着替えるスペースを確保出来ないという場合も多いです。その場合は、更衣室前の廊下や空きスペースを使ったり、男性の場合は外で着替えを済ますということも。

そんな時に大きい、着替え用ポンチョがあると便利です。着替え用ポンチョがあれば、更衣室がいっぱいでスペースを確保出来ない場合でも、廊下や外で人目を気にせず着替えることが出来ます。また、人通りの多い外で着替える場合は、着替え用ポンチョを使う事で周りの人に配慮を効かせることが出来ます。

その2、人目が気になる下着の着替えもしやすい

下着を着替える時は、例え更衣室であっても周りの人の目が気になるという人も多いのではないでしょうか。特に女性の場合、女性更衣室とは言っても見ず知らずの人の前で裸になってしまうのには抵抗を感じる人も多いと思います。そんなときにも、着替え用ポンチョがあると便利です。着替えポンチョがあれば、下着の着替えも人目を気にせず行うことが出来ます。

タオルやウェットシートでデリケートゾーンの汗を拭う時も、ポンチョがある方が快適です。

その3、レース前の防寒対策にもなる

着替え用ポンチョは着替えポンチョとしてだけではなく、レース前の防寒対策用ポンチョとして使うことが出来ます。冬のマラソン大会では、着替え終わってそのまま外に出てしまうと体が冷えてしまいます。そのため、何か羽織って防寒対策がとれるものがあると便利。着替え用ポンチョがあれば、着替え終わった後、そのまま防寒対策用ポンチョとしても使えるため、一石二鳥です。

防水性や撥水性に優れているポンチョなら、雨が降る大会でも、走る前に雨から体を守ってあげることが出来ます。着替え用ポンチョは何かと使い勝手のいいものなので、マラソン大会で活用してみましょう。

マラソン大会で着替える時に役立つ!おすすめの着替え用ポンチョ

フタバスポーツ お着替えポンチョ2

フタバスポーツが販売するオリジナルアイテム”お着替えポンチョ2”。2016年にマラソンランナー向けに「お着替えポンチョ」を販売し大ヒット。2017年に改良版「お着替えポンチョ2」を販売。防風性に優れ冷たい風から守り外での着替えも快適に。さらに撥水加工を行っているため雨からも身を守ってくれます。縦15cmx幅25cmのコンパクトサイズに折りたためるので、持ち運びに便利。マラソン大会用の着替えポンチョとしておすすめです。

出典:http://www.futaba-sp.com/

参考価格:2,999円(税込み)

モンベル クイックマント

モンベルのクイックマント。首から下をすっぽりと被うことができるマントで、外で着替える時に役立つグッズです。マントの内側には大きなカンガルーポケットを内臓。ポケットには着替え用のアンダーウェアなどを収納することが出来ます。また、このポケットに本体を収納出来るポケッタブルデザインのため、持ち運びにも便利。マラソン大会はもちろん、着替えの場所に困るような場所を走る普段のランニングシーンにも重宝します。

参考価格:4,800円(税込み)

ロゴス PVCポンチョ

ロゴスの使い勝手の良いPVCポンチョ。中が透けて見えないため着替えの時の目隠しに最適。さらに雨天時は通常のレインポンチョとしても使用できるなど、様々な使い方が出来ます。着替えた後の、レース前の防寒対策としてもおすすめ。

参考価格:1,296円(税込み)

RUNNAL編集部

走るをもっと楽しく、もっと快適にするためのランニングメディア「RUNNAL(ランナル)」の公式アカウント。ランナルは、健康のために、ダイエットのために、マラソン大会での自己記録更新のために走るすべての人を応援しています。