ウォーキングにおすすめのリュック

ウォーキングするならリュックサックがおすすめ!使い勝手の良いおしゃれリュック10選

投稿日:  著者:RUNNAL編集部

ウォーキングをする時の持ち物の収納に便利なのがリュックサックです。歩く時は、スマホや財布、飲み物、タオル、上着、雨具と両手では持ちきれない荷物が意外とたくさん。特に暑い夏の時期は水分補給用の飲み物がたくさんいりますし、ハイキングやウォーキングイベントに出かけるとなると着替えやカッパ、お弁当、タオル、防寒アイテムと色々と持っていく持ち物がたくさん。おまけに通学や通勤の行き帰りでウォーキングをするなら、教科書や筆記用具、ノートPC、水筒といったものも持ち歩く必要があります。

そんな時の荷物の収納に便利なのがリュックサック。リュックなら、背負ることが出来るので、両手が空き、ウォーキングに最適。おまけにリュックの重りが良い負荷となるので、ダイエットのためにカロリーをたくさん消費出来るし、足腰も鍛えられるなどメリットがたくさん。この記事では、ウォーキング用におすすめのリュックサックを選び方とともに紹介させていただきます。

目次

ウォーキング用バッグはリュックがおすすめ!その理由は?

両手が自由になる

リュックを背負って両手が自由な人

ウォーキングバッグは、背中に背負えるリュックがおすすめ。両手が自由になるので、しっかりと腕を大きく振って歩くことが出来るし、夜間は懐中電灯を持って歩くことが出来ます。

歩きながらのどが渇いた時も、リュックのサイドポケットに手を伸ばすだけでペットボトルに手が届くので、かばんをわざわざ開けて取り出す必要もありません。小腹が空いた時用のおやつもリュックの外側のポケットに収納しておけば、歩きながら取り出して食べることが出来ます。

凸凹道の歩きづらい山道を歩く時も、ちょっとした川を渡る時も、両手が空いているので、機敏に動けます。万が一、道の凹凸につまづいて転倒してしまった時も手が使えるので安心です。

たくさん荷物を持ち運べる

たくさん荷物が入ったリュック

リュックはたくさん荷物を入れて歩くことが出来ます。ハンドバッグやショルダーバッグだと、あまりたくさん荷物を入れてしまうと、重さがつらくなってしまいますが、背中で背負うリュックなら、普通の重量なら問題ない場合がほとんどです。ハイキングへ出掛ける際に荷物が多くても、リュックなら重さを気にすることなく軽快に歩くことが出来ます。

ウォーキングイベントのように飲み物や食べ物、タオル、着替え、レインウェアといった荷物が多くなるシーンでは、多くの人がリュックを使っているので、ハイキングへ出掛ける際や初めてのウォーキングイベントへ参加する際はリュックサックを活用してみましょう。

重りを背負って負荷をかけられる

重いリュックを背負って歩く人

たくさん荷物が入ったリュックサックを背負うことで、重りを背負ったような状態で歩くことが出来ます。重い荷物を背負って歩くだけで簡単に運動負荷を高めることが出来るので、同じ時間歩くだけでも消費するカロリーを増やすことが出来ます。さらに脚の筋肉にも高い負荷をかけられるので、足腰を鍛えるトレーニングになります。

また、もともとウォーキング中に持ち歩く荷物が少ないという人は、敢えて負荷を上げるためにリュックに重りを入れて歩くのも有りです。あまり重くし過ぎると膝への負担が大きくなってしまい足や腰を痛めしてしまうことになるので良くありませんが、リュックの合計重量が5~15kg前後程度であれば良いトレーニングになります。家にウエイトが無い場合はペットボトルや水筒を入れたり、本や雑誌を入れたりして重さを出してみると良いでしょう。

通勤・通学バッグをリュックに変えると、会社・学校の行き帰りがウォーキングに変わる

リュックを背負って通勤する人

仕事や学校が忙しく、なかなか運動する時間を確保することが難しい人は、通勤・通学バッグをリュックに変えてみるのがおすすめ。会社や学校へ持っていくかばんをリュックサック(バックパック)へ変えるだけで、仕事や授業の行き帰りの時間をウォーキング時間へと変えることが出来ます。手に持つ一般的なビジネスバッグや通学に人気のボストンバッグやトートバッグだとウォーキングしにくいので、背中で背負って腕をしっかりと振ることが出来るリュックがおすすめ。

最寄り駅までバスや自転車で行くところを徒歩へ変えてみる、一駅・二駅分歩いてみる、遠回りしながら駅へ向かうといった工夫をするだけで日ごろの通勤・通学の時間をウォーキング時間へと変えることが出来るので、忙しい人は運動不足解消のためにも是非やってみましょう。

ウォーキング用のリュックはどう選ぶ?

ウォーキング用リュックの選び方

ウォーキング用のリュックはどんなものを選んだら良いのか。「普通のリュックではダメ?」と疑問に思っている人も多いでしょう。基本的には短い距離のウォーキングや、買い物へ出掛けるついでに多く歩くといった場合は普段使いのリュックで問題ありません。ただ、もう少し運動としてウォーキングをするなら、汗をたくさんかいても安心な通気性の良いもの、そして飲み物や行動食の収納に便利な外側のポケットが充実したものがあると便利です。

ウォーキング用リュックの容量選びは10~20Lあたり

ベンチに置かれたリュック

スポーツとしてウォーキングするなら容量10L前後

ダイエットや体力作りのためのフィットネスとしてウォーキングをするなら、小さめで軽いリュックがおすすめ。大きいリュックだと、邪魔になってしまうことが多いので。また、長時間歩く場合も、重いリュックだとリュックを背負っているだけですぐに疲れてしまうので軽いものが良いです。

通学・通勤ウォーキングなら容量20L前後

通学や通勤の行き帰りにウォーキングするなら、持ち物が多くなるので容量は20L前後は欲しいところ。通勤用なら黒色ベースで通気性が良いもの、通学用ならカジュアルなデザインのもので良いので背中が汗で蒸れないように通気性が良いものを選びましょう。

ハイキング・小旅行なら容量30L前後

長時間ウォーキングやウォーキングイベント、ハイキング、小旅行へ行くなら、リュックは大容量のものがおすすめ。飲み物や食べ物、そして万が一の時に備え雨具や防寒具、帰りの時用の着替えと荷物が多くなるので、容量30Lぐらいあると安心です。また、メーカーはカジュアルブランドのものよりも登山ブランドのリュックがおすすめです。

春夏のウォーキングはペットボトルが入るサイドポケットがあると便利

飲み物用サイドポケット付きリュック

春夏のウォーキングは、歩いているとのどが渇きます。比較的短いウォーキングでも体内の水分がたくさん失われてしまうので、ペットボトルを携帯出来るものがおすすめ。飲み物はメインポケットではなく、サイドポケットに収納出来るものが便利です。わざわざリュックを背中から降ろす必要がなく、手を背中側へ伸ばすだけで飲み物に手が届くのがサイドポケットです。

汗をかく季節のリュック選びは、背面がメッシュ構造のものが当たり前

メッシュ構造のリュック

汗をかく時期はリュック選びで慎重になりたい。特に背中と直接当たる部分はメッシュ構造のものを選びたいところ。暖かい時期は、すぐに汗をかきますが、リュックと直接触れる背中はたくさん汗をかきます。そのため、リュックの背面は通気性の良いメッシュになっているものを選びましょう。

長時間歩くなら肩ベルトは広めでクッションが効いたものを選びたい

肩ベルト広めのリュック

リュックを長く背負っていると肩が痛くなることがあります。特に肩ベルトの細いものがそうなりやすいです。ウォーキング用リュックを選ぶ時は、肩ベルトが広めでクッションの効いたものを選ぶと長時間背負って歩いても疲れにくいです。

突然の雨に備え、防水・撥水加工があると安心

リュックの防水生地

ウォーキング中に突然の雨に見舞われることもあります。特に山を歩くならなおさら。そんな時にリュックの中身が濡れてしまわないように、リュック表面に防水・撥水加工を施したものを選んでおくと安心です。

ウォーキング用リュックのおすすめ【小容量5~10L】

超軽量!「BODYMAKER」の小型リュック

ボディメーカーのウォーキングリュック

スマホ(携帯電話)、お金、ペットボトルと必要最低限の荷物を入れるリュックが欲しいという人におすすめの超軽量リュック。背中部分のメインポケットに小物を収納し、サブポケットに飲み物を収納するシンプルなリュック。かなり軽いので、ほとんど背負っている感覚はありません。ウォーキングに集中したいけど、最低限スマホや小銭、飲み物は持ち歩きたいという場合におすすめです。

おすすめのウォーキングリュック⑧

商品名:ボディメーカー ランニングバッグ ミニマム
参考価格:1,410円
サイズ:フリーサイズ(55-60cm)
容量:0.5L

歩きながらペットボトルの出し入れがしやすい!「アシックス」の通気性抜群リュック

通気性の良いウォーキングリュック

スポーツとしてウォーキングをする人におすすめしたい、アシックスのバックパック。ランナーから人気のバックパックはウォーキングにも最適。しっかりと体へフィットするので、走っても揺れないぐらい安定しています。当然、早いスピードでウォーキングしても揺れないので安心です。ショルダーベルトは胸当たりに左右ポケットがあり、それぞれペットボトルを入れることが出来ます。飲み物が胸元にあるので、歩きながらすぐに水分補給が可能です。また、片方に飲み物を片方にスマホを入れるのもおすすめ。

背中とショルダーベルトと広い範囲がメッシュ構造になっているので、春夏の暖かい時期のウォーキングでも快適です。

おすすめのウォーキングリュック②

商品名:アシックス ランニングバックパック5L
参考価格:6,480円
サイズ:タテ40cmxヨコ22cmxマチ3cm
容量:5L

山をウォーキングするなら、「ザ・ノース・フェイス」の高機能リュックがオススメ!

ザノースフェイスのウォーキングリュック
ザ・ノース・フェイスの人気バックパック。登山やトレイルランに人気のモデルで、ウォーキング中も使い勝手は抜群。長時間のウォーキングで小腹がついた時も素早くおやつを取り出すことが出来る便利な収納。ウォーキングだけではなく、ハイキング、低山登山などに最適。そのほかにもポケットはたくさんあるので、スマホや小銭、地図といったすぐに取り出したい小物を収納することが可能です。メインの収納部には汗をかいた時用のタオルや体温調節用の上着、雨具などを収納することが出来ます。

おすすめのウォーキングリュック③

商品名:ザ・ノース・フェイス マーティンウィング10L
参考価格:14,040円
サイズ:タテ45cmxヨコ25cmxマチ11cm
容量:10L

買い物やお出かけついでのウォーキングにおすすめの「アネロ」のリュック

小さいウォーキングリュック

お出かけや買い物ついでにウォーキングしたいという人にはアネロの大人気口金ミニリュックがおすすめ。このリュックは高校生、大学生から主婦まであらゆる世代の女性に人気のリュックです。特徴はリュックの間口をガバッと大きく開けることが出来ること。中身が全部見えるので、物の出し入れがとてもしやすく子育て中のママを中心に人気が出たリュックです。その使い勝手の良さとおしゃれなデザインで、今やお出かけや買い物の定番。ミニリュックは大きすぎず、小さすぎずお出かけや買い物に丁度いいサイズ感なので、外へ出掛ける時の「ついでウォーキング」のお供に最適です。

おすすめのウォーキングリュック①

商品名:アネロ 口金ミニリュック
参考価格:4,536円
サイズ:タテ35cmxヨコ24cmxマチ14cm
容量:10L

ウォーキング用リュックのおすすめ【中容量11~20L】

通学用に人気!学校の行き帰りのウォーキングにおすすめの「アウトドア」のリュック

アウトドアのウォーキングリュック

高校生や大学生の通学用リュックとして人気があるアウトドアの定番リュック。価格は安いけど、程よい光沢感があり、作りもしっかりしていると評判。水や汚れにも強いので、毎日使える。見た目は小さく可愛いのに、中には意外とたくさん入れるリュックです。学校へ持っていくA4サイズの教科書、ノートも問題なく入ります。また、ショルダー部分は厚みがある作りになっているので、長く背負っていても疲れにくい。学校の行き帰りにそのままウォーキングをしたいという学生さんにおすすめ。

おすすめのウォーキングリュック

商品名:アウトドアプロダクツ デイパック
参考価格:5,184円
サイズ:タテ41cmxヨコ34cmxマチ13.5cm
容量:13L

ハイキングにおすすめ!「コールマン」の人気リュック

コールマンのウォーキングリュック

日ごろのウォーキングからハイキングまでおすすめしたいコールマンの大人気リュック「ウォーカー」。突然の雨でも安心出来る撥水加工を施したリュックなので、遠くへウォーキングへ出掛ける、低山へハイキングへ行く時などに頼りになります。サイドにはペットボトルや水筒を収納出来るサイドポケットがあるので、リュックを背中からおろさず歩きながら飲み物を飲むことが出来ます。さらにうれしいのがトレッキングポール(杖)を留めておくアタッチメントが付いていること。ノルディックウォーキングやトレッキングへ出掛ける際にも便利。

おすすめのウォーキングリュック

商品名:コールマン ウォーカー15
参考価格:4,320円
サイズ:タテ41cmxヨコ28cmxマチ17cm
容量:15L

小旅行まで使える!ウォーキングにおすすめの「ミレー」のリュック

ミレーのウォーキングリュック

たっぷり20L入るミレーの人気リュック。中にたくさん入るので、買い物やハイキングはもちろん小旅行まで使えるバッグです。メイン収納部には、お弁当や上着、雨具とハイキングに持っていきたいものをたくさん入れることが出来ます。通勤で使う場合もノートパソコンやA4書類、着替えなどたっぷりと収納出来るので、通勤ウォーキングでも使えます。

メイン収納部の中に貴重品を入れるのに最適なメッシュポケット、リュック正面の下に折り畳み傘を入れるポケット、サイドにペットボトルや水筒を入れるサイドポケットなど収納ポケットが充実しているので、様々なシーンで使い勝手が抜群。背中や肩ベルトにクッションが効いているので、長時間背負っていても疲れにくいです。ウォーキング大会へ参加する際にもおすすめです。

おすすめウォーキングリュック④

商品名:ミレー マルシェ20
参考価格:8,532円
サイズ:タテ43cmxヨコ28cmxマチ16cm
容量:20L

ウォーキング用リュックのおすすめ【大容量21~30L】

通勤・通学ウォーキングに使える!「アディダス」のカッコいいリュック

アディダスのウォーキングリュック

アディダスのビッグロゴがカッコいいスクエアフォルムのバックパックです。カッコよく収納性にも優れているので通学用におすすめ。さらにキレイ目なデザインでスーツにも合うので、通勤用リュックとしても人気。雨でも安心の撥水コーティング、夜間でも安心の反射材、春夏でも安心の通気性の良いメッシュを採用するなど、アディダスらしい実用性に優れたリュックです。

おすすめのウォーキングリュック⑤

商品名:アディダス スクエアフォルム バックパック
参考価格:599円
サイズ:タテ43cmxヨコ30cmxマチ17cm
容量:23L

たくさん荷物が入る!「ナイキ」のかっこいいリュック

ナイキのウォーキングリュック

ナイキのカッコいいリュック。背中とショルダーベルトのスウッシュマークがカッコいいバッグで、お出かけ用の普段使いはもちろん、通学・通勤用にもおすすめ。マチが深いので、見た目以上にたっぷりと入る作り。背中当たりの通気性も良いので、背中がむれにくく長時間背負っていても快適です。側面にある「JUST DO IT」のマークもカッコいいです。ジムへ持っていくリュックとしてもおすすめ。

おすすめのウォーキングリュック⑦

商品名:ナイキ リュックサック
参考価格:3,940円
サイズ:タテ45cmxヨコ31cmxマチ18cm
容量:24L

スーツ通勤におすすめ!「ザ・ノース・フェイス」の3WAYリュック

通勤におすすめの3wayリュック

会社へスーツ出勤する人にもおすすめ出来るザ・ノース・フェイスのリュック。このリュックは3WAYタイプで、リュックとして背負えることはもちろん、肩に掛けるショルダーバッグとしても、手に持つブリーフケースとしても使えるビジネスバッグです。大事な取引先へ行く時はブリーフケースとして、会社の行き帰りはウォーキングをするためにリュックとして使えるなど、TPOに応じた使い分けが出来る便利なかばんです。

もちろん、収納力も抜群。ビジネスの重要な書類やノートPCを入れるのに十分な収納性はもちろんのこと、ジムやウォーキング用の着替えを入れておくことも可能です。デザインは非常にシンプルな作りになっているので、仕事だけじゃなくプライベートでも使えます。

おすすめのウォーキングリュック⑩

商品名:ザ・ノース・フェイス 3WAY
参考価格:23,760円
サイズ:タテ44cmxヨコ31cmxマチ16cm
容量:25L

リュックを背負ってウォーキングへ出掛けよう

リュックを背負ってウォーキングする人

ウォーキング用のリュックを持っていれば、普段ウォーキングする時よりもたくさんの荷物を持って歩くことが出来ます。お弁当や水筒も持ち歩けるので、少し足を伸ばしてピクニックへ出掛けてみるのも良いでしょう。また、タオルや着替え、雨具などを持ってハイキングへと出かけることも出来ます。さらに、普段の通勤や通学の時間帯もリュックを使ってウォーキングを楽しめることが出来るなど、リュックがあると様々なウォーキングを楽しむことが出来ます。自分好みのおしゃれなリュックを背負ってウォーキングへと出かけていきましょう。

RUNNAL編集部

RUNNAL編集部

走るをもっと楽しく、もっと快適にするためのランニングメディア「RUNNAL(ランナル)」の公式アカウント。ランナルは、健康のために、ダイエットのために、マラソン大会での自己記録更新のために走るすべての人を応援しています。

Copyright© RUNNAL[ランナル] , 2019 All Rights Reserved.