【関東編】おすすめのフルマラソン大会11選

関東で開催される、おすすめのフルマラソンの大会を紹介させて頂きます。初めてフルマラソンの大会に参加する初心者ランナーも安心して参加出来るよう、「参加者が多い」、「制限時間が長い」、「走りやすい」、「運営体制がしっかりしている」といった条件を元に、関東で開催されるフルマラソンの大会から厳選しています。フルマラソン初心者の人でも安心して参加出来る大会ばかりですので、是非参考にしてみてください。

また、自己記録更新やサブ3やサブ4を目指すベテランランナーのためにも、「フラットで記録が狙いやすい」、「人気の大会と時期が被らない」といった条件の大会も多く紹介しています。ベテランランナーの方も是非大会選びの参考にしてみてください。

1月開催

館山若潮マラソン【千葉】

出典:http://navi.tateyamacity.com/?p=174

千葉県館山市で開催される毎年人気のマラソン大会。千葉県で開催される大会では「ちばアクアラインマラソン」に次ぐ人気。ベテランランナーから初心者ランナーまで、多くのランナーが、地元の温かい声援を受けながら館山市を疾走します。

館山若潮マラソンの魅力は地元の温かい声援はもちろん、景観の良さが魅力です。普段は景観の良さからドライビングに人気がある房総半島の海岸線を走ることが出来ます。海を眺めながら走ることが出来るため、疲れが吹き飛びます。

また、「房総フラワーライン」で見えるたくさんの菜の花は格別。黄色く綺麗に咲き誇る菜の花が多くのランナーを出迎えてくれます。海と菜の花と自然の豊かさを楽しむことが出来る大変清々しいコース。

初心者ランナーも多い大会ですが、コースは後半にキツイアップダウンがあります。平坦なコースではなく後半のメリハリのあるアップダウンが大きなポイントになります。

出典:http://www.awa-school.ac.jp/campus-life/tateyama.html

名称館山若潮マラソン(公式HP)
場所千葉
開催1月
参加料5,000円
定員7,500人
参加資格15歳以上(中学生を除く)
制限時間6時間

▼館山若潮マラソンの大会参加レポートを見てみる

館山若潮マラソン2018出走レポ!~菜の花咲くコースと温かなおもてなし~
2018年1月28日(日)に開催された「館山若潮マラソン」フルマラソンの部に参加しました。 今年で第38回を迎えた老舗大会。...

勝田全国マラソン【茨城】

出典:https://www.youtube.com/watch?v=eEIl6pM5aho

茨城県で開催される伝統あるマラソン大会。60年以上の歴史を誇る老舗のマラソン大会で、多くのランナーに人気。地元で定番のイベントということで、とにかく地元の盛り上がりが凄く、地元の人々によって支えられている大会。そのため、スタート前からフィッシュ後まで地元の温かいおもてなしを感じることが出来ます。都会型のマラソン大会とは異なり、地元との温かいふれあいを感じることが出来ます。

また、道が平坦で走りやすいというのも特徴。大きなアップダウンはなく、適度なアックダウンがあるのみで、走りやすい。初めてフルマラソンを走る初心者でも、完走を目指しやすいのが特徴です。また、ベテランランナーの場合でも、平坦で走りやすいためプライベートベストを狙いやすいですが、サブ3やサブ4といった節目の記録も狙いやすい。勝田全国マラソンは、記録が狙いやすいということで、サブ3やサブ4を狙う人にも人気。

出典:http://freeweblog.tk/post.php?165=1491

名称勝田全国マラソン(公式HP)
場所茨城
開催1月
参加料6,000円(高校生3,000円)
定員15,000人(先着順)
参加資格高校生以上
制限時間6時間

2月開催

東京マラソン【東京】

出典:http://goddy-layout.com/tokyo-runrunrun/

出典:http://goddy-layout.com/tokyo-runrunrun/

日本全国各地で開催される人気のマラソン大会の中でも、特に人気が高いのが東京マラソン。沿道からの物凄い声援を受けながら、普段は走ることが出来ない都会のど真ん中を駆け巡ることが出来ます。コース上には東京を代表する名所「東京駅」「浅草」「スカイツリー」「東京タワー」等多数あり、走りながら東京観光が出来ます。大会は市民ランナーだけでなく、日本そして世界のトップ選手が世界記録、日本記録を目指して走るため、世界的にも注目度の高い大会です。

東京マラソンはとにかく人気。走りたいと思っても中々走ることが出来ないランナーが多い。人気のマラソン大会でも倍率は2~3倍程度ですが、東京マラソンの倍率は10倍以上。そのため、多くの市民ランナーにとって東京マラソンは憧れの大会。マラソンをしているなら、人生で一度は絶対に走っておきたい大会です。

出典:http://cyclestyle.net/article/2016/02/29/33157.html

出典:http://cyclestyle.net/article/2016/02/29/33157.html

名称東京マラソン(公式HP)
場所東京
開催2月
参加料10,800(国内)、12,800(海外)
定員35,500人
参加資格大会当日満19歳以上(6時間40分以内に完走出来る者)
制限時間7時間

3月開催

横浜マラソン【神奈川】

出典:http://www.welcome.city.yokohama.jp/ja/tourism/hottopics/2014/08.php

関東で東京マラソンに次ぐ人気の高いと言われるのが横浜マラソン。横浜マラソンも普段走ることが出来ない大都会横浜を走りながら、「みなとみらい」「赤レンガ倉庫」「横浜スタジアム」「山下公園」といった横浜定番の観光名所を巡ることが出来ます。そのため、関東のランナーだけではなく、遠方からも多くの申込が殺到。特に、普段は車でしか走ることが出来ない首都高速を走ることが出来るのも魅力。参加するランナーも2万人以上と多く、多くのランナーと横浜マラソンというイベントを楽しむことが出来ます。

首都高のバンクはややキツイものの、その他は走りやすいコース設定。大都会横浜で開催されるということで、沿道からの声援が大きく、ランナーの大きな励みとなります。また、エイドステーションの内容も充実しているので、初めてのフルマラソンでも楽しむことが出来ます。

出典:http://ameblo.jp/kusamatsuyoshi/entry-12001876164.html

名称横浜マラソン(公式HP)
場所神奈川
開催3月
参加料15,000円
定員23,950人(抽選)
参加資格19歳以上でフルマラソン6時間以内で完走出来る人
制限時間6時間

板橋Cityマラソン【東京】

出典:http://blog.goo.ne.jp/shigecrane/e/5e9f2a798c9cb01186ada22ba0b2b64f

荒川の河川敷で開催される人気のマラソン大会。東京マラソンや横浜マラソンといった都市型マラソンに比べると派手さはないものの、大会を支える学生ボランティアを含めローカルの良さを感じる大会。

板橋Cityマラソンのコースはとにかく走りやすいのが特徴。荒川河川敷をひたすら走るだけのコースで、アップダンがなく平坦なコース。記録を出しやすいということで、マラソン上級者や中級者に特に人気が高い。ただ、大会によっては強風に見舞われることもあります。

もちろん、初心者ランナーにも板橋Cityマラソンはおすすめ。景観が代わり映えしないものの、フラットで走りやすいので、初めてのフルマラソンでも完走しやすい。制限時間も7時間と通常のフルマラソン大会に比べて長めに設定されているので、フルマラソン初心者も安心して参加出来ます。エイドステーションも充実しています。

出典:http://blog.neet-shikakugets.com/itabashi-city-marathon-2016-entry-info

名称板橋Cityマラソン(公式HP)
場所東京
開催3月
参加料6,500円
定員15,000人(先着順)
参加資格不問
制限時間7時間

▼板橋Cityマラソンの大会参加レポートを見てみる

板橋Cityマラソン2018出走レポ~初マラソンにおすすめ~
東京都内で開催される数少ないフルマラソンで、高低差が少ないコースは陸連公認。 制限時間もゆるく(7時間)、レース後に町内会の...

佐倉朝日健康マラソン【千葉】

出典:http://warabikazuo.com/?p=12040

千葉県佐倉市で開催されるマラソン大会。コースが比較的平坦で走りやすいのが特徴。都会の謙遜を忘れて、のどかな田園風景を楽しむことが出来ます。

走るコース上には桜並木があり、開催年によっては桜を楽しむことが出来ます。

出典:http://warabikazuo.com/?p=12040

名称佐倉朝日健康マラソン(公式HP)
場所千葉
開催3月
参加料5,000円
定員6,500人(先着順)
参加資格18歳以上
制限時間6時間

4月開催

かすがうらマラソン【茨城】

出典:http://jbma.or.jp/news/news_event/event20160417r/

茨城県かすみがうら市で開催されるマラソン大会。コースは、日本国内第二位の湖である霞ヶ浦の北を周回するコース。かすみぐらマラソンは、2010年までマラソン参加者数が日本国内で3番目に多かったため「日本三大市民マラソン」の1つとされていたほど知名度の高いマラソン大会です。

特に地元の熱が強く、コース上には地元中学生によるブランスバンド演奏や私設エイドなど、多くの地元の人々がランナーを盛り上げてくれます。地元の人々からの温かい声援で、最後まで頑張ることが出来ます。また、コースは比較的平坦で走りやすいのが特徴。関門も少なくフルマラソン初心者でも完走を目指しやすい。さらにベテランランナーには、記録を狙いやすいフラットなコースとして人気。

出典:http://ameblo.jp/roadotokasumara/entry-12149176002.html

名称かすがうらマラソン(公式HP)
場所茨城
開催4月
参加料6,000円
定員15,000人
参加資格不問
制限時間6時間

10月開催

ちばアクアラインマラソン【千葉】

出典:http://mainichi.jp/graphs/20161023/hpj/00m/040/001000g/1

神奈川県・川崎と千葉県・木更津を結ぶ東京湾アクアラインを走ることが出来る「ちばアクアラインマラソン」。まるで海の上を走っているみたいな感覚を味わうことが出来るため、ランナーに人気の大会。その眺望の良さから、多くのランナーが東京湾アクアライン上でカメラを構えるほど。普段は海ほたるへと車で走っているところを、自分の足で走ることが出来るので、非常に爽快。

出典:http://yoshiyuki23.cocolog-nifty.com/acorn/2014/10/post-bfcf.html

名称ちばアクアラインマラソン(公式HP)
場所千葉
開催10月
参加料12,500円
定員12,000人(抽選)
参加資格18歳以上
制限時間6時間

11月開催

つくばマラソン【茨城】

出典:http://nogawa-no-karugamo.cocolog-nifty.com/runrun/2010/11/post-8acd.html

秋の紅葉を楽しみながら気持ちよく走ることが出来る「つくばマラソン」。イチョウの並木通りを走るため、開催年にもよりますが、綺麗な紅葉を楽しむことが出来ます。また、ランナーのことを考えた大会作りがなされており、運営は非常にスムーズでエイドも充実しており、気持ちよく参加することが出来ます。

さらにコースは高低差が少なく平坦で走りやすい。制限時間も6時間と設定されているので、初めてのフルマラソンの人でも安心。初めてでの完走を目指しやすいです。また、秋のマラソンでしっかり自己記録を狙いたいランナーも場合も記録を狙いやすいのが特徴。初心者ランナーからベテランランナーまで様々なレベルのランナーが多数参加しています。

出典:http://blogs.yahoo.co.jp/hideki_takagi_98/64539882.html

名称つくばマラソン(公式HP)
場所茨城
開催11月
参加料7,000円
定員15,000人(先着順)
参加資格18歳以上
制限時間6時間

ぐんまマラソン【群馬】

出典:https://www.youtube.com/watch?v=Rc0dEwxmFNw

地元密着型で温かみのあるマラソン大会として人気の「ぐんまマラソン」。地元の人に支えられた地元愛を感じる大会。地元の高校生による応援や、地元の人による差し入れ、ぐんまの名産品を楽しめるエイドステーションなど、ぐんまの魅力が詰まった大会になっています。都会型のマラソン大会では味わえないローカルな温かみがぐんまマラソンにあります。

コースも走りやすいので初心者にもおすすめ。さらに大きな声援も多くの初心者ランナーの背中を後押ししてくれます。東京周辺のベテランランナーにも、記録が狙える秋の一発目のレースとして人気。

出典:http://takasaki.rakuhodou.com/?p=6017

名称ぐんまマラソン(公式HP)
場所群馬
開催11月
参加料8,000円
定員5,000人
参加資格18歳以上で6時間以内に完走出来る
制限時間6時間

12月開催

湘南国際マラソン【神奈川】

出典:http://www.spot.town/news/shonan_jane/

神奈川県内で横浜マラソンに次ぐ大規模のマラソン大会。湘南海岸を一望しながら走ることが出来るコースが魅力。大規模マラソン大会で、沿道からの応援が凄いです。また、コースは平坦なので走りやすいのが特徴です。

出典:http://oisoaobato.exblog.jp/19424501/

名称湘南国際マラソン(公式HP)
場所神奈川
開催12月
参加料12,500円
定員19,000円(先着順)
参加資格大会当日満18歳以上(高校生は除く)で5時間45分以内で完走出来る
制限時間6時間30分
RUNNAL編集部

走るをもっと楽しく、もっと快適にするためのランニングメディア「RUNNAL(ランナル)」の公式アカウント。ランナルは、健康のために、ダイエットのために、マラソン大会での自己記録更新のために走るすべての人を応援しています。