陸上短距離におすすめのランニングシューズ(アップシューズ)8選

陸上短距離におすすめのランニングシューズ・アップシューズを紹介させて頂きます。陸上短距離用シューズの選び方のポイントも一緒に紹介しているので、是非シューズ選びの参考にしてみてください。

短距離用トレーニング・アップシューズの選び方の3つのポイント

ポイント1.軽量性と反発性を重視

陸上短距離の練習用シューズを選ぶ時のポイントは、軽量性と反発性に優れたシューズを選ぶこと。

軽いシューズは軽やかで走りやすく、靴底が薄いため、地面との接地感を掴みやすい特徴があります。また、蹴り出し時の感覚がスパイクを履いた時の感覚とも似ているため、靴底の薄い軽量性に優れたシューズがおすすめ。さらに速いスピードのトレーニングに対応出来るよう、反発性に優れたミッドソールを採用しているシューズを選ぶと良いでしょう。

ポイント2.怪我のリスクを減らすためにも適度なクッション性のあるものを選ぼう!

軽量性に優れた靴底の薄いシューズを選ぶことも大切ですが、適度なクッション性も必要です。クッション性の低いシューズの場合、練習で怪我をしてしまうリスクが高くなります。そのため、ある程度のクッション性を備えたものを選びましょう。特に陸上初心者の場合は、上級者が履くような超軽量シューズではなく、クッション性にも優れている軽量性とクッション性のバランスの良いシューズを選ぶことが大切です。

また、ある程度のクッション性と言っても、フルマラソンを走るシューズほどの高いクッション性は必要ありません。フルマラソンを走る初心者向けの厚底シューズの場合、履いた時の地面との接地感覚がスパイクと大きく異なってしまい変な癖が付いてしまう可能性があるため、クッション性はある程度のものに抑えることが大切。

ポイント3.すぐダメになってしまわないように耐久性も大切

陸上短距離のアップシューズはあくまでも練習用。そのため、耐久性も大切です。耐久性が低く、グリップ部分がすぐにすり減ってしまったり、アッパー部分がすぐに破れてしまうようなシューズでは、練習用として使えません。短距離選手の場合、長距離選手に比べて、走行時にアッパー部分やグリップ部分に大きな負荷がかかります。耐久性の低いシューズだとすぐにダメになってしまうことも多いので、耐久性にも優れたものを選ぶようにしましょう。

陸上短距離におすすめのランニングシューズ・アップシューズ

アシックス ライトレーサー TS

陸上短距離種目に取り組む学生さんのアップシューズとして人気の高いアシックスのライトレーサーシリーズ。ライトレーサーシリーズは同じく人気の高いターサージールよりも耐久性やクッション性に優れたシューズで、短距離種目のトレーニング用におすすめ。また、TSはライトレーサーの高耐久性モデルで部活動で陸上短距離に取り組む中学生、高校生に最適。

【メンズ用】
参考価格:10,584円(税込)
サイズ:23.0~29.0cm

【レディース用】
参考価格:10,584円(税込)
サイズ:22.5~25.5cm

アシックス ターサージール TS 4

アシックスの人気シューズ「ターサージール」。軽量性に優れたシューズで、グリップ力も高く、スピード練習に最適なシューズ。また、TSモデルは耐久性が高く、部活動として陸上短距離種目に取り組む人に最適。軽くて、耐久性にも優れたアップシューズが欲しいという人におすすめ。

【メンズ用】
参考価格:14,040円(税込)
サイズ:24.5~29.0cm

【レディース用】
参考価格:12,150円(税込)
サイズ:22.5~26.0cm

ミズノ ビルトトレーナー 2

トップアスリートも愛用するミズノの人気の陸上短距離・跳躍種目専用トレーニングシューズ。短距離選手のための万能厚底シューズで、ウエイトトレーニングからスプリントトレーニングまで幅広く使える使い勝手の良いトレーニングシューズ。走り込み量が増える冬季トレーニングでも、怪我のリスクを抑えつつ高いパフォーマンスを発揮できる、おすすめのトレーニングシューズです。

【ユニセックス】
参考価格:18,360円(税込)
サイズ:23.0~29.0cm

ミズノ ウエーブエンペラー3

反発性が強く、スピードを出しやすいように設計されたミズノのウエーブエンペラーは陸上短距離種目のアップシューズとしても人気のシューズ。踵部にはミズノ独自のミズノウエーブを採用しているので、クッション性と安定性も抜群。適度に足を走行時の衝撃から守り、走行中の横へのズレを軽減。軽量性にも優れ、短距離種目の練習用シューズとしておすすめ。

【メンズ用】
参考価格:15,012円(税込)
サイズ:25.0~28.0cm

【レディース用】
参考価格:15,012円(税込)
サイズ:23.0~25.0cm

アディダス アディゼロタクミセンブースト3

長距離選手や駅伝選手に人気のアディダスのアディゼロタクミセンは陸上短距離種目のスピード練習にもオススメのシューズ。アディダス独自のBOOSTフォームを小指の付け根から前足部に搭載。優れた反発力によってスプリンターの走りをサポート。

【ユニセックス】
参考価格:17,820円(税込)
サイズ:22.5~29.5cm

アディダス アディゼロジャパンブースト 3

アディゼロジャパンブーストはアディゼロタクミシリーズよりもクッション性が高く、陸上短距離初心者にもおすすめ。もちろん、アディダスが誇る高反発素材BOOSTフォームを搭載しているので、スピード感ある走りを実感できます。陸上短距離初心者を始め、短距離種目に取り組むすべての人におすすめのアップシューズ。

【メンズ用】
参考価格:15,660円(税込)
サイズ:24.5~31.0cm

【レディース用】
参考価格:15,660円(税込)
サイズ:22.0~27.0cm

ナイキ エアズームスピードレーサー

ナイキの陸上短距離用シューズと言えば「スピードレーサー」が人気。ソールに硬度の硬いミッドソール素材を使うなど、反発性にこだわって開発されたスピードシューズ。軽量性にも優れ、陸上短距離の練習用シューズとして最適。また、アッパーには通気性の良いメッシュを採用しているので、夏場のトレーニングにもぴったりです。

【ユニセックス】
参考価格:13,500円(税込)
サイズ:23.0~28.0cm

ナイキ エアズームスピードライバル 6

部活用シューズとして人気のナイキシューズ。レーシングシューズとトレーニングシューズの両方の側面を持つハイブリッドシューズで、部活動で陸上競技に取り組む学生さんにおすすめ。反発性に優れたクッショニングシステム、優れた軽量性によって軽やかな走り心地を体感できます。また、価格も1万円以下と手ごろなシューズ。

【ユニセックス】
参考価格:9,180円(税込)
サイズ:22.5~30.0cm
足幅:レギュラー

RUNNAL編集部

走るをもっと楽しく、もっと快適にするためのランニングメディア「RUNNAL(ランナル)」の公式アカウント。ランナルは、健康のために、ダイエットのために、マラソン大会での自己記録更新のために走るすべての人を応援しています。