雨の日のウォーキング

雨の日のウォーキングの服装・靴選びのポイント!雨に濡れない場所も紹介

投稿日:  著者:RUNNAL編集部

雨の日に困るのが、ウォーキングを続けるべきか、辞めるべきかという選択。基本的には、雨が降る人もウォーキングをするのがオススメです。その方が、ウォーキングを習慣化でき、有酸素運動の効果も早く実感出来ます。また、どんな服装でどんな靴を履けば良いのか悩んでいる人も多いと思います。この記事では、雨の日に着る服選びのポイントと靴選びのポイントを紹介しつつ、お勧めのレイングッズを紹介しています。

さらに、「雨に濡れたくない」「雨の日は外へ行きたくない」という人のために、濡れずに屋内で歩ける場所と、自宅でウォーキングの代わりに出来るおすすめの運動も紹介しています。是非、雨の日の対策として参考にしてみてください。

雨の日もウォーキングをした方が良い?

雨の日に歩く人の足

晴れの日は毎日のようにウォーキングを頑張っているけど、雨の日となるとウォーキングをするべきか、辞めておくべきか悩むという人が多いです。もし、ダイエットや健康のためにと、しっかりとした目標を持ってウォーキングを頑張っているなら、雨の日も外へと歩きに行くべきです。

せっかく頑張ってウォーキングをしているのに、雨だからと辞めてしまうのは勿体ないです。有酸素運動の効果は1日休んだぐらいで、それまでの効果は水の泡となって消えてしまうようなことはありませんが、一度休んでしまうと、サボり癖が付いてしまうことがあります。特に、梅雨のように雨が多い時期になると、「今日は雨だから仕方ない」と歩くのやめて、そのままいつの間にか運動を辞めてしまったなんてこともあります。

そのため、雨の日でも歩く習慣を作っておくことが大切です。もちろん、警報や注意報が出るような大雨の時は休むべきですが、そうではない普通の雨であれば、天気に負けずウォーキングを続けていきましょう。

雨の日のウォーキングの服装選びのポイント

レインウェアを着て歩く女性

ポイント①レインウェアを着用する

雨の中、ウォーキングをする時に着用したいのが「レインウェア」です。雨がウェア内へ侵入するのを防ぐ防水性を備えたレインウェアを着ることで、雨の中でも濡れることなく快適に歩くことが出来ます。雨具としては、カッパやレインコートが定番ですが、出来ればパンツも防水性のあるものを着用しておきましょう。

ポイント②寒さ対策をしておく

雨の日は気温が低いので、その中長時間外にいることで風邪を引いてしまうことがあります。特に秋冬は雨が降ると体の芯から冷えるような寒さになるので、保温性のあるインナーウェアを着こむ、手袋やネックウォーマー、ニットキャップを身に着けるなど寒さ対策をしっかりしておきましょう。

ポイント③明るい色の服装を心掛ける

雨の日は空が黒い雲で覆われており、日中でも暗いです。また、雨で自転車も車も視界が悪い状態になっているので、自転車や車との接触事故を未然に防ぐためにも、視認性の高い明るい色のウェアを着ておくことが大切です。さらに光に反射する再帰反射素材を使ったウェアだと尚良いです。

雨の日のウォーキングの靴選びのポイント

防水シューズ

ポイント①防水シューズを履く

雨の日の靴は、防水シューズを選びましょう。防水シューズは、シューズ内への水の侵入を防ぐ作りになっているので、雨の中歩く時に快適です。また、長靴を履くのも良いですが、長靴はウォーキング用途としては使いにくいので、防水性のあるウォーキングシューズを選ぶと良いです。

ポイント②滑りにくいものを選ぶ

雨で濡れている路面は滑りやすくなっているので、雨の中でも高いグリップ性を発揮してくれる滑りにくい靴がオススメ。スポーツメーカー、アウトドアメーカーの靴はグリップ性が高いものが多いので、そういったブランドの防水シューズを選んでおくと安心です。

ポイント③クッション性も大事

雨の中で歩く時もシューズのクッション性は欠かせません。防水性を売りにした安いシューズはクッション性があまり無いものが多いので、しっかりとクッション性も優れたものを選んでおきましょう。

雨の日のウォーキングにオススメのレイングッズ

ザ・ノース・フェイスの「レインキャップ」

雨の日ウォーキングするなら、頭を雨から守るためにも帽子を被っておきたい。ザ・ノース・フェイスの「ゴアテックスキャップ」は、防水透湿性素材「ゴアテックス」を採用したキャップなので、外からの雨の侵入を防ぎつつ、汗や湿気や外へと逃がす優れたキャップ。さらにツバが長めで、顔に雨が当たるのを防ぐ効果も。雨の日に快適にウォーキングするなら、このレインキャップがあると便利。

レインキャップ

【ユニセックス(男女兼用)】
商品名:ザ・ノース・フェイス ゴアテックスキャップ(NN01606)
参考価格:5,940円(税込)
サイズ:フリーサイズ(58cm)

ミズノの「レインウェア上下セット」

雨の日に欠かせないレインウェア。雨の日は雨をしのぐためにも、防水性に優れたレインウェアを着用したいところ。ミズノのレインウェアは、防水性とともに透湿性にも優れている。肌を雨から守ると同時に、汗や湿気を素早く外へと逃がすので、ウェア内が蒸れにくく快適です。一般的なレインウェアだとウォーキングで汗をかくとすぐにウェア内が濡れてしまいますが、スポーツメーカーミズノのレインウェアはウェア内が濡れにくい。なので、雨の日のウォーキング用途として最適。高機能なレインウェアで上下セットでありながら、価格は割とリーズナブル。

レインスーツ(メンズ)

【メンズ】
商品名:ミズノ ベルグテックEXストームセイバーVレインスーツ(A2JG4A01)
参考価格:15,660円(税込)
サイズ:S、M、L、XL、2XL

レインスーツ(レディース)

【レディース】
商品名:ミズノ ベルグテックEXストームセイバーVレインスーツ(A2JG4C01)
参考価格:15,660円(税込)
サイズ:S、M、L、XL、2XL

ニューバランスの「防水ウォーキングシューズ」

防水性を備えたウォーキングシューズと言えば、ニューバランスの「880G」。ニューバランス人気の880の防水バージョン。ゴアテックスを搭載したシューズで、雨の日のウォーキングに最適。履き心地やクッション性、反発性にも優れているので、歩き心地は抜群。さらに防水ウォーキングシューズとしては見た目もスタイリッシュなので、街へそのまま履いて行くことも可能です。

防水シューズ(メンズ)

【メンズ】
商品名:ニューバランス MW880G
参考価格:15,120円(税込)
サイズ:24.0cm~29.0cm

防水シューズ(レディース)

【レディース】
商品名:ニューバランス WW880G
参考価格:15,120円(税込)
サイズ:22.0cm~25.5cm

「シューズカバー」

防水シューズを改めて用意する余裕が無い人には、シューズカバーがオススメ。靴の上にかぶせるだけで簡単に雨対策が出来ます。Smilefootのシューズカバーは、弾力性のあるシリコン素材で出来ているので、靴にしっかりとフィット。さらに洗いやすく長く使えます。また、靴底は凸凹のある作りになっているので、滑りにくい。コンパクトに折りたためるので、突然の雨に備えて持ち運ぶのにも便利です。

シューズカバー

【ユニセックス(男女兼用)】
商品名:Smilefoot シューズカバー
参考価格:1,180円(税込)
サイズ:S(18-22cm)、M(22.5-25.5cm)、L(25-27.5cm)

「防水スプレー」

今あるウェアやシューズで雨の中、ウォーキングするなら防水スプレーを活用するのもオススメ。防水スプレーは、布素材や皮素材にふきかけることで撥水性を持たせるスプレーのこと。この防水スプレーはふきかけた製品に強い撥水性を持たせ、雨から守ります。さらに、水は通さないものの空気は通す仕組みなので、ウェアやシューズの通気性はそのままに外側から入ってくる水を防ぐ防水性だけを備えることが出来ます。ウォーキング中の服や靴、カバン等にふきかけるのにおすすめ。

防水スプレー

商品名:コロンブス アメダス(2000)防水スプレー
参考価格:2,160円(税込)
容量:420ml

雨の日でも濡れずにウォーキング出来る場所

スポーツジム

スポーツジムでウォーキングする人

雨の日でも濡れずにウォーキングがしたいという人は、「スポーツジム」へ行くのがオススメ。ジムへ行けば、ウォーキングマシンを使って屋内で濡れずにウォーキングを楽しむことが出来ます。ウォーキングマシンは速度や傾斜を自由に調整出来るので、自分に合った負荷で運動出来ます。

スポーツジムは基本的に月額利用の会員制ですが、ビジター利用として一日利用出来るところもあるので、近くのジムを探してみると良いです。また、ジム以外にも市民体育館のトレーニングルームが利用出来るところも多いので、ジム以外に市民体育館へ行ってみるのも良いでしょう。

ショッピングモール

ショッピングモールを歩く人

雨の日のウォーキングは、「ショッピングモール」を利用するという方法もあります。大型のショッピングモールなら、中が広いので、端から端まで移動するだけでもかなりの良いウォーキングになります。もちろん、たくさんの人が買い物に訪れているので、速いスピードのウォーキングは出来ませんが、ゆったりめのウォーキングなら全く問題なし。ウインドウショッピングも兼ねて、モール内をたくさん歩き回ることで、気分転換とともに脂肪をたくさん燃やすことが出来ます。

地下街

地下街を歩く人

地下鉄直結の地下街も雨の日のウォーキングには恰好の場所です。たくさんの人が行き交う場所なので、ぶつからないように注意する必要がありますが、割と速く歩いている人も多いので、かなりの良い運動が出来そうです。歩くのに疲れたら、休憩するカフェや食堂もあるので、大変便利。大きいショッピングモールに直結しているところが多いので、ウォーキングの前後に買い物を楽しむことも出来ます。また、だれかと待ち合わせする前にちょっとした運動をするという時にも駅直結の地下街が便利です。

雨の日は外へ出たくない人必見!自宅でウォーキングの代わりになる有酸素運動

踏み台昇降運動

踏み台昇降運動をする人

「雨の日は外へ出たくない」という人には、自宅で出来る「踏み台昇降運動」がオススメ。踏み台昇降運動は、外でのウォーキングの代わりに自宅で出来る有酸素運動。台へ上ったり下りたりを繰り返す運動で、ウォーキング同様に脂肪燃焼や下半身の引き締めに効果があります。おまけに、外の硬いアスファルトの上をウォーキングする時と違って、着地時の衝撃が弱いので、膝にも優しい。あまり運動に慣れていない人でも実践しやすい人気のエクササイズです。

踏み台昇降運動は専用台を使って取り組む運動ですが、台は雑誌を重ねたものや階段等で代用可能です。

その場ジョギング

その場ジョギングをする人

踏み台昇降運動以外では、その場ジョギングもオススメ。その場ジョギングは、その場で足踏みする運動。この運動も自宅で手軽に取り組める有酸素運動。外でのウォーキングやジョギング同様に脂肪の燃焼効果が期待出来るので、雨で外へ行けない時に取り組みたい。その場ジョギングをする場合は、単純に下半身のみを使うのではなく、腕もしっかりと振って全身運動にしましょう。全身を使った方が、脂肪燃焼効果は高まります。

雨の日も工夫をして運動を続けよう

レインウェアを着た女性

雨だからと毎日続けている運動を辞めてしまうのは勿体ないです。雨の日でも、レインウェアを着用すれば雨を気にせず歩くことが出来ます。雨に濡れたくないなら、ジムやショッピングモールで歩くといった方法もありますし、外へ出掛けたくないなら自宅で出来る運動をするといった選択肢もあります。雨の日も工夫次第で運動を続けることは可能です。ダイエットや健康のために毎日頑張っているなら、雨の日も工夫をして運動を続けてみましょう。

RUNNAL編集部

RUNNAL編集部

走るをもっと楽しく、もっと快適にするためのランニングメディア「RUNNAL(ランナル)」の公式アカウント。ランナルは、健康のために、ダイエットのために、マラソン大会での自己記録更新のために走るすべての人を応援しています。

Copyright© RUNNAL[ランナル] , 2019 All Rights Reserved.