陸上800m走の中学・高校男女別の平均タイム

陸上800m走の中学・高校生の男女別の平均タイムを紹介させていただきます。自分の持ちタイムと平均を比べてみたい方、これから800m走に取り組む初心者の方など、是非参考にしてみてください。また、800m走にチャレンジしてみようと思っている市民ランナーの方も是非中高生の平均タイムを参考にしてみると良いでしょう。

陸上800m走の中学生の平均タイム

男子:2分23秒

中学男子800mの平均タイムは、2017年4月8日に大阪で開催された第1回記録会のデータを参考にしています。このデータによると、800mを走った中学生男子286人の平均タイムは“2分23秒”。学年別に見てみると、3年生の平均タイムは2分20秒、2年生は2分27秒です。

これから中学校で800m走に挑戦するなら、中学生の平均タイム2分23秒を目標に設定してみましょう。

女子:2分53秒

中学生女子800mの平均タイムは、2017年4月29日に大阪で開催された第2回記録会(1B~4B)のデータを参考にしています。このデータによると、800mを走った115人の中学女子の平均タイムは“2分53秒”です。3年生の平均タイムは2分51秒、2年生の平均タイムは2分56秒です。

中学生女子なら800mでは平均タイムである2分53秒あたりが一つの目標となります。

陸上800m走の高校生の平均タイム

男子:2分10秒

高校男子800mの平均タイムは、2017年4月16日に2カ所で同日に実施された大阪高校地区別記録会(1・2地区)と大阪高校地区別記録会(3・4地区)のデータを参考にしています。この記録会で800mを走った全263人の平均タイムは“2分10秒”です。学年別に見ると、3年生の平均タイムは2分09秒、2年生は2分11秒、1年生は2分09秒となっています。

また、2分を切る1分台で走った選手は25人、全体の9.5%、2分5秒を切った選手は上位26.2%、2分10秒を切った選手は上位52.9%となっています。高校で800mの種目を選ぶなら、まずは2分10秒切りを目標に設定してみましょう。

女子:2分39秒

高校女子の平均タイムは男子同様、2017年4月16日に開催された大阪高校地区別記録会のデータを参考にしています。800mを走った149人の平均タイムは、“2分39秒”。3年生の平均は2分38秒、2年生は2分41秒、1年生は2分37秒となっています。

また、2分20秒を切った選手は僅か9人で上位6%。2分30秒切りは39人で上位26.2%、2分40秒切りは83人で上位55.7%となっています。高校女子の場合は、平均タイムであり、上位50%に入る目安となる2分40秒切りが大きな目標となります。

RUNNAL編集部

走るをもっと楽しく、もっと快適にするためのランニングメディア「RUNNAL(ランナル)」の公式アカウント。ランナルは、健康のために、ダイエットのために、マラソン大会での自己記録更新のために走るすべての人を応援しています。