マラソン初心者におすすめのシューズ10選【5キロ・10キロ・ハーフ・フル対応】

マラソン初心者の人におすすめのマラソンシューズを紹介させて頂きます。5km、10km、ハーフマラソン、フルマラソンとそれぞれの距離に対応しているおすすめのシューズを厳選しています。是非、マラソンシューズを選ぶときの参考にしてみてください。

マラソン初心者のためのマラソンシューズの選び方のポイント

ポイント1、マラソン初心者はソール部分が厚いクッション性に優れたものを選ぼう!!

マラソン初心者はどんなシューズを選べば良いのか。マラソン初心者にぴったりなシューズを見分けるポイントはソールが厚いものを選ぶこと。マラソンシューズのミッドソールは着地時の足への衝撃を緩衝するクッショニングシステムを搭載しています。このソールが分厚いほどクッション性が高くなる傾向があるため、マラソン初心者にはソール部分が分厚くクッション性に優れたものがおすすめです。

ソールが薄いシューズの場合、着地時の衝撃がもろに足や腰に伝わってくるため、マラソン初心者が履くと怪我をするリスクが高まります。マラソン初心者はまだ着地時の衝撃に耐えるだけの十分な筋肉、腱、関節が出来上がっていない場合が多いため、クッション性に優れたシューズを選ぶことは必須です。

ポイント2、走る距離が長くなるほどクッション性、安定性が重要になってくる

マラソン大会は主に3kmマラソン、5kmマラソン、10kmマラソン、ハーフマラソン、フルマラソンとあります。当然走る距離が長くなるほど足へかかる負担は大きくなります。そのため、距離が長くなればなるほどシューズに求められるクッション性は高くなります。また、それと同時に長い距離を走っていると足元の安定性も低下してくるため、安定性にも優れたシューズを選ぶことが求められます。

3kmや5kmといった短めのマラソンであればクッション性や安定性はそこまでなくても問題なく走れることはあっても、10km以上の距離になると足に問題が出て途中で止まってしまう可能性が高くなります。特にハーフマラソンやフルマラソンではシューズの持つクッション性や安定性の水準が無事完走出来るかどうかに大きく関わってきます。そのため、ハーフマラソンやフルマラソンを走る場合はクッション性と安定性に優れたシューズを選びましょう。

ポイント3、初心者には国内メーカーが無難!反発性や軽量性も重視したいなら海外メーカーがおすすめ

マラソン初心者には基本的に国内メーカーがおすすめです。アシックスやミズノといった国内メーカーは日本人の足に合うシューズを開発しているため、日本人の足にぴったりとフィットしてくれます。また多くのランナーがアシックスやミズノのシューズを選んでいるということもあり安心感があります。さらに、アシックスとミズノはクッション性や安定性に優れたシューズを多く開発しているため、マラソン初心者にはおすすめのブランドです。

ただ、着地時の衝撃を推進力に変える反発性や軽量性に優れたシューズの開発は海外メーカーの方が得意です。海外メーカーはミッドソールに反発性に優れたクッショニングシステムを搭載していることが多く、スピードの乗りやすいシューズになっています。マラソン初心者の人でも優れた反発力によって走りを後押ししてくれるメリットがあります。そのため、反発性や軽量性を重視したいなら海外メーカーもおすすめです。

マラソン初心者におすすめのランニングシューズ

アシックス JOG 100 2

3kmマラソンや5kmマラソンといった短めのマラソンに挑戦する人にはアシックスの超初心者向けシューズ「JOG100」がおすすめ。このシューズは、ハーフマラソンやフルマラソンといった長い距離には向いていませんが、5kmぐらいまでの距離なら対応できるシューズです。初心者でも購入しやすい低価格シューズで、健康のためのジョギングを始める人、ウォーキングとジョギング兼用シューズを探している人、5kmまでの短めの距離を頑張って走ってみようと思う人などにおすすめ。本格的なマラソンシューズではなく、あくまでもジョギングシューズですが、ランニング初心者でゆったりと走る人にはぴったりなシューズです。また、足幅は広めでゆったりと履くことが出来るため、履き心地の良いシューズになっています。

TJG138_0190_0010295011_FR

【メンズ用】
参考価格:5,292円(税込)
サイズ:22~30cm
足幅:ワイド(22~24cm)、スーパーワイド(24.5~30cm)

TJG135_9397_0010258654_FR-min

【レディース用】
参考価格:5,292円(税込)
サイズ:22~25cm
足幅:ワイド

アシックス GEL-KAYANO 24

マラソン初心者におすすめしたいのがアシックスの「ゲルカヤノ」。5km、10km、ハーフマラソン、フルマラソンまですべてのマラソン大会におすすめのシューズです。特に初めてハーフマラソンやフルマラソンといった長い距離に挑戦する人に人気。ゲルカヤノはクッション性に優れたシューズで、初心者ランナーの足を着地時の衝撃から守ってくれます。マラソン初心者の場合はマラソンの途中で足が痛くなってしまうこともありますが、ゲルカヤノは着地時の衝撃を軽減し足を守ってくれるため、マラソン初心者の完走を後押ししてくれます。また、安定性に優れているのもゲルカヤノの大きな特徴。マラソン初心者の場合は、疲れてくると足元がぐらつき安定性がなくなってきます。ゲルカヤノは足元のぐらつきを抑える安定性に優れているため、安定感のある走りをサポート。マラソン初心者には打ってつけのシューズです。

【メンズ用】
参考価格:16,740円(税込)
サイズ:24.5~29.0,30.0,31.0,32.0cm
足幅:レギュラー(スリム、スーパーワイド有り)

【レディース用】
参考価格:16,740円(税込)
サイズ:22.5~26.0cm
足幅:レギュラー(スリム有り)

アシックス GT-2000 NEWYORK 6

ゲルカヤノ同様にマラソン初心者に人気の「ニューヨーク」。ニューヨークはクッション性、安定性、反発性、軽量性といったバランスに優れたシューズ。初心者の場合、ハーフマラソンやフルマラソンではクッション性や安定性が重要。ニューヨークは優れたクッション性と安定性で初心者が無事に完走するのを後押し。さらに反発性や軽量性も備えているため、ハーフマラソンやフルマラソンよりも走るペースが速くなる5kmマラソンや10kmマラソンでも快適。ニューヨークはゲルカヤノよりもスピードの乗りやすいシューズのため、マラソン初心者の中でもある程度体力に自信がある人におすすめです。また、10kmマラソン50分切り、ハーフマラソン2時間切り、フルマラソン5時間切りを狙う人にもおすすめ。

【メンズ用】
参考価格:13,824円(税込)
サイズ:24.5~29.0、30.0cm
足幅:レギュラー(スリム、スーパーワイド有り)

【レディース用】
参考価格:13,824円(税込)
サイズ:22.5~26.0cm
足幅:レギュラー(スリム、ワイド有り)

ミズノ ウエーブライダー 21

アシックス同様にマラソン初心者に人気のミズノ。ミズノのマラソン初心者の定番シューズと言えば「ウエーブライダー」です。ウエーブライダーはマラソン初心者に欠かせない、クッション性と安定性を両方備えたシューズ。本来、クッション性と安定性は相反するもの。クッション性が高いと靴底が柔らかくなり安定性は損なわれ、逆に安定性が高いと靴底が硬くなりクッション性が損なわれます。しかし、ウエーブライダーはクッション性と安定性を高い次元で両立させるミズノウエーブという技術を搭載。優れたクッション性と安定性で初めてマラソンを走る人の走りをサポートしてくれます。また、ゲルカヤノやニューヨークよりも軽いという特徴もあり、マラソン初心者向けシューズの中でも軽いシューズが欲しいという人に人気。クッション性、安定性、軽量性とバランスの取れたシューズで、ハーフマラソン、フルマラソンはもちろん、5kmマラソンや10kmマラソンにもおすすめ。

【メンズ用】
参考価格:12,900円(税抜)
サイズ:25.0~28.0cm
足幅:レギュラー(スリム、スーパーワイド有り)

【レディース用】
参考価格:12,900円(税抜)
サイズ:23.0~25.0cm
足幅:レギュラー(スリム、ワイド有り)

ニューバランス 1040

ニューバランスは海外メーカーでありながら、日本人向けに日本人の足に合うマラソンシューズを作っていることで有名。そのため、マラソン初心者の人にもニューバランスのランニングシューズはおすすめ出来ます。特におすすめなのが「1040」です。ニューバランスが自信を持って日本人におすすめ出来る日本人向けの超長距離用シューズです。このシューズはクッション性を重視し、ハーフマラソンやフルマラソンといった超長距離用レースにおすすめ。また、クッション性を重視したシューズでありながらも軽いというのが大きな特長。ミッドソールにはクッション性とともに軽量性に優れた素材を使用しているので、軽やかな履き心地を体験することが出来ます。

【メンズ用】
参考価格12,800円(税抜)
サイズ:24.5~30.0cm
重量:285g(27.0cm)
足幅:2E(D、4E有り)

【レディース用】
参考価格:13,824円(税込)
サイズ:22.5~26cm
足幅:D(2E、4E有り)

アディダス adizero boston boost 2

マラソン初心者からフルマラソン5時間切りを目指す人まで人気のあるアディダスの「ボストンブースト」。クッション性、安定性、反発性、軽量性とバランスの優れたシューズで、フルマラソン5時間切り、ハーフマラソン2時間切りが狙えるシューズです。また、アッパーには通気性に優れた素材を採用し、長時間のランニングでもシューズ内がムレにくく快適な履き心地です。アディダスのマラソンシューズは細身のものが多いですが、ボストンブーストは日本人の平均的な2E相当のサイズ感なので、窮屈さを感じることなく履くことが出来ます。

【メンズ】
参考価格:12,960円(税込)
サイズ:23.0~30.0cm
足幅:2E相当

【レディース】
参考価格:12,960円(税込)
サイズ:22.0~25.5cm
足幅:2E相当

ナイキ エアズームペガサス 34

反発性を求めるマラソン初心者にはナイキの「ペガサス」がおすすめ。ペガサスはクッション性に優れたシューズでも有名ですが、高反発のクッショニングシステムを採用し、ナイキらしい反発性に優れたマラソンシューズになっています。この優れた反発力によってマラソン大会で良い記録が狙えます。また、5kmや10kmといった短い距離の大会にもおすすめ。ペガサスはフルマラソン4時間切り、ハーフマラソン1時間50分切りも狙うことが出来るシューズなので、マラソン初心者の中でも体力に自信がある人や最初からある程度のタイムを狙ってみたいという人におすすめ。

【メンズ用】
参考価格12,960円(税抜)
サイズ:24.5~30cm
足幅:レギュラー

【レディース用】
参考価格:12,960円(税抜)
サイズ:22.5~26.5cm
足幅:ワイド

ブルックス GHOST(ゴースト)10

ブルックスの人気シューズ「ゴースト」。クッション性と軽量性を備えたシューズでマラソン初心者におすすめ。特に軽量性を重視する人におすすめです。ゴーストはブルックスのマラソンシューズの中でライトクッションという位置にあります。足を守るためのクッション性を備えながらも軽量性を意識したシューズで、通常の初心者向けよりはスピードの出やすいモデルです。そのため、マラソン初挑戦の人の中でも体力に自信がある人や、完走ではなく目標タイムを達成したいという人におすすめ。また、ブルックスのシューズはアシックスやミズノ、ナイキ、アディダスといったブランドに比べると、履いているランナーは少ないので、周りの人と違ったブランドのシューズを履きたいという人にもおすすめ。

【メンズ用】
参考価格:12,960円(税込)
サイズ:25.0~29.0
足幅:D

【レディース用】
参考価格:12,960円(税込)
サイズ:22.0~26.0
足幅:B

ホカオネオネ CLIFTON クリフトン 4

他のマラソンシューズとは一線を画す、極厚ミッドソールが特徴のホカオネオネ。ホカオネオネのマラソンシューズはミッドソールが分厚く、優れたクッション性を発揮。それでいて軽量性にも優れており、まるでマシュマロのような柔らかく軽やかな履き心地。そんなホカオネオネシューズの中でも絶大な人気を誇るのが「クリフトン」です。優れたクッション性と軽量性とともに反発性も備えるバランスに優れたマラソンシューズ。100kmマラソンであるウルトラマラソンに挑戦するランナーが多く着用するシューズで、極厚ミッドソールによる耐衝撃性は抜群。

【メンズ用】
参考価格:18,360円(税込)
サイズ:25.0~30.0cm

【レディース用】
参考価格:18,360円(税込)
サイズ:22.0~26.0cm

チャージドバンディット 3

おしゃれでカッコいいシューズを履きたいという人にはアンダーアーマーの「チャージドバンディット」がおすすめ。アンダーアーマーのシューズはショートラン向けのものが多いですが、チャージドバンディットは優れたクッション性を発揮するクッショニングシステムを搭載。長距離走に対応するシューズです。また、ゆったりペースから速いペースまで対応するため、どんな人にもおすすめ出来ます。

【メンズ用】
参考価格:14,580円(税込)
サイズ:25.0~29.0,30.0
足幅:2E

【レディース用】
参考価格:14,580円(税込)
サイズ:22.5~26.0
足幅:B

RUNNAL編集部

走るをもっと楽しく、もっと快適にするためのランニングメディア「RUNNAL(ランナル)」の公式アカウント。ランナルは、健康のために、ダイエットのために、マラソン大会での自己記録更新のために走るすべての人を応援しています。