ランニングキャップが似合わない人のための5つの対策

ランニングキャップが似合わないという人のために、上手くキャップをに合わせる対策を紹介させていただきます。暑さ対策や邪魔な髪の毛の対策としてキャップをかぶろうにも、似合わず困っているという人は必見です。

「ランニングキャップが似合わない」という悩みを持つランナーは意外と多い

ランニングキャップが似合わなくて悩んでいる人は意外と多いです。ランニングキャップは走りやすく、ランニングの邪魔にならないように、小さく浅めに作られているものが多いです。そのため、通常の帽子では似合っているような人でも、ランニングキャップでは似合わないという問題が出てくるのです。

もちろん、ランニングキャップに限らず、普段からあまり帽子を被らないという人には、ランニング用含め帽子自体が似合わないという人もいるでしょう。

ランニングキャップが似合わないという理由で、ランニングキャップを被れないのは非常に勿体ないです。ランニングキャップは、直射日光が頭に直接当たるのを防いだり、眩しさから目を守ったり、雨の日のランニングをサポートしたりといった様々な役割があります。

ランニングキャップは非常に優れたランニンググッズの一つです。ランニングキャップが似合わずに困っている人は、これから紹介する対策をとって、ランニングキャップを積極的に着用していきましょう。

ランニングキャップが似合わない人必見の対策

対策1、ランニングキャップを被った自分の姿に慣れること

ランニングキャップを被っている自分の姿を見るのに慣れることは大切なことです。どうしても、普段からかぶらないような帽子をかぶると鏡を見た時に違和感を感じやすくなります。ランニングキャップをかぶる自分を見慣れていないため、「自分には似合わない」と思ってしまうのです。

本当に似合っていない場合もありますが、多くの場合は見慣れていないことが原因です。普段から帽子をかぶることがないような人は、特に帽子をかぶった自分に違和感を感じ変だと感じやすいです。そのため、まずはランニングキャップをかぶった自分の姿を見慣れるところから始めてみましょう。

何度か鏡の前で、ランニングキャップをかぶっている自分の姿を見ていくうちに見慣れてきて変だと思わないようになります。見慣れれば、むしろしっくりときて見えるようになります。

対策2、キャップのかぶり方を変えてみる

ランニングキャップを始め帽子はかぶり方によって印象が大きく変わってきます。似合わないと思ったら、自分に似合わうように色々かぶり方を変えてみましょう。

例えば浅くかぶるのか、深くかぶるのかでも印象は大きく違います。一般的に、丸顔の人は深くかぶると顔の大部分が隠れてしまいバランスが悪くなります。バランスを良くするためには浅くかぶることが効果的です。浅くかぶることで縦のラインを出すことが出来、見た目のバランスを改善することが出来ます。

逆に縦に顔が長い面長の人の場合は浅くかぶると、余計に顔の縦の長さが強調され似合わなくなってしまいます。その場合は、深くかぶることで頭の隠れる面積が増え、見た目のバランスが良くなります。

他にも、つばの丸め方によっても印象は大きく変わります。つばを野球帽のように強めに丸めてみたり、カジュアル帽子のように真っすぐにしてみたりして、いろいろいじってみてください。それだけで見た目の印象はかなり変わってきます。

対策3、色やデザインの違ったキャップを試してみる

ランニングキャップには無地でロゴマークだけのシンプルなものから、グラフィックデザインのおしゃれなものまでたくさんの商品があります。

今持っているランニングキャップが無地のロゴマークだけのシンプルなものなら、柄のあるデザインのキャップを試してみると良いでしょう。無地か柄入りかで印象は大きく変わります。無地が似合う人もいれば、柄入りが似合う人もいます。

また、色も大切です。黒やネイビーのような濃い色が似あう人もいれば、白やパステルカラーのように明るい色が似あう人もいます。

色やデザインの違うものを試しながら自分に似合うランニングキャップを探してみましょう。

ランニングキャップの選び方とおすすめ15選【2018年最新版】
ランニングキャップを被ることで熱中症を予防する、紫外線による日焼けを防止する、雨による視界不良を改善するといった様々な効果がありま...

対策4、野球帽タイプのスポーツキャップを選ぶ

ランニングキャップは浅めで小さく作られているものが多いので、そのタイプの帽子自体が似合わないという人もいます。そういった場合は、ランニング用キャップではなく、野球帽タイプのスポーツキャップをかぶることをおすすめします。

ランニング用キャップのように走るための帽子ではないため、やや重く感じたりすることもありますが、スポーツキャップなら汗をかいても不快に感じることなく、着用出来ます。野球帽タイプは、割とどんな人にも合いやすいので、野球帽タイプのスポーツキャップを試してみると良いでしょう。

対策5、ランニング用サンバイザーを使う

キャップが似合わないという人には、代替え商品としてランニング用サンバイザーをおすすめします。サンバイザーはおしゃれなアイテムで、ランニングキャップが似合わない人でもおしゃれにかっこよく、可愛く着用出来るアイテムです。

ランニング用サンバイザーの効果とおすすめ8選
サンバイザーはランニング中のまぶしさ軽減や紫外線対策、汗対策などに効果的なグッズです。そんなサンバイザーのおすすめを紹介させていた...

ランニングキャップ同様に眩しさを軽減する役割や、雨が目に直接入るのを防ぐといった効果があります。どうしても、ランニングキャップが似合わないという人はサンバイザーを試してみましょう。

RUNNAL編集部

走るをもっと楽しく、もっと快適にするためのランニングメディア「RUNNAL(ランナル)」の公式アカウント。ランナルは、健康のために、ダイエットのために、マラソン大会での自己記録更新のために走るすべての人を応援しています。